ほよほよさんぽみちNEW

いつでも君のこと好きだったよ

方舟、私の道草

2016-09-19 19:09:25 | 日記

 朝から塔を読んでいます。

 

 きのうから息子は旅に出ているので、クーラーがよくきく息子の部屋に塔を積んで、読み返していました。 

 

 すでに読んでいる頁は読み返し、読み飛ばしていた(読んだかもしれないけど忘れていた)頁をかなりじっくり。

 

 今回おもしろいと思ったのは、会員から寄せられるエッセイ欄「方舟」と、「私の道草」「一首評」。 普段の歌にはでてこない個性や暮らし、旅先での出来事などが「方舟」には書かれていて、涙を流すほど笑ったり、しんみりしたり。 「私の道草」は短歌以外の趣味とかのんびりしたいときにいく場所とか、「道草」を書く頁で、ここも楽しい。「一首評」は見過ごしていたいい歌に出会えるのがいいところ。

 

 なにより、のびのびと書かれた文章というのは、読む方も解放される気がします。

 

 吟行会で競馬場へ行ったときの詳細、琵琶湖一周電車の旅でのこと、全国大会のオプショナルツアーのために看板を設置されたというびっくりするような話、妻と娘で計画していた旅行が娘が行けなくなってヨガツアーに参加された男性の話、旅先でのタクシーの運転手さんとのやりとり、亡くなった方との思い出、それぞれにいきいきとしていて、私もこういう吟行会行ってみたいなぁとか、あの人がヨガツアー・・・ といろいろ思いながら楽しみました。

 

 塔を持っておられる人、ぜひ「方舟」の再読をおすすめします。 きっと見逃しているおもしろいことに出会えると思います。

 

 まだ、あと6冊あるのですが、ちょっと休憩でした。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぽわんとしたこと | トップ | 力の差 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。