tetujin's blog

映画の「ネタバレの場合があります。健康のため、読み過ぎにご注意ください。」

なまはげに会いに

2018-02-19 22:09:07 | プチ放浪 都会編



「泣く子はいねがー、親の言うこど聞がね子はいねがー」「ここの家の嫁は早起きするがー」
奇声を発しながら練り歩き、家に押入って怠け者、子供や初嫁を探して暴れる。

子供のころ、テレビで見た「なまはげ祭り」の映像。訪れるなまはげを怖がって子供たちは泣き叫ぶ。
手には大きな出刃包丁、そして片手には生首を入れる手桶(と子供のころは思ってた)。
口べらしのために生まれたばかりの子を殺す間引きの歴史もあって、江戸時代から続くという「なまはげ」行事には、
理不尽な暴力をふるって子供や嫁を脅し叱りつけ、まわりの大人たちはそれを楽しんでいる印象しかなかった。
そうしたテレビの報道を見て、「なまはげ」はトラウマとなった。
子供たちを救ってあげようとする大人は一人もいないように見えた。
土地の人は、世界に誇る「古来からの道徳のしつけ」と主張するが、どんな理不尽でも権威には服従するということを教える側面があることは間違いない。
名目上は子供たちの健やかな成長のためみたいなことを聞くが、見る限り子供たちは大抵、尋常ではない怖がり方だ。
秋田の男鹿と聞けば、今でも少し怖い。

が、しかし、これは祭りの本質ではなかった。
実際は、家々で主人が正装して迎え、怒り狂うなまはげの問いに対し、家族のしでかした日常の悪事を冷静に釈明するなどした後に、酒や餅などのごちそうのもてなしをする。
家々の主人をヒーローに仕立て上げる茶番とまでは言わないが、少なくとも地域コミュニティの中で起こるトラブルに対し、冷静に話し合って解決策を探ための教育と言えなくもない。
つまり、泣き叫ぶ子供たちに祭りの本質があるのではなく、怒り狂う鬼に対して冷静に対峙する一家の主がこの祭りの本質だ。

さらに言うのなら、鬼に扮する若者たちは、最初は各家々になまはげが訪問してよいかどうかたずねたりという種々の雑用を担いつつ、ようやく一人前に認められてから「なまはげ」デビューと相成るらしい。
その「なまはげ」修行期間中に、狭い地域コミュニティでの無難な身のこなし方を学ぶこととなる。
つまりは、「なまはげ」は、仮想する天災などの理不尽なトラブルに対する処置訓練ということになる。
それならば、「なまはげ」は怖い存在でなくてはならない。

最悪なのは、祭りを歪曲して今も伝えるテレビ。今もなお、テレビ画面の前の多くの幼子たちに「なまはげ」に対するトラウマを植えてつけている。
そうした本質を伝えようとしない怠け者たちの生首を切って、手桶に入れて山奥に捨ててきてもらいたいと願う。
「ナマハゲさん、まんず、この餅っこで御免してくなんしょ」とか言っても、許されるもんじゃない。
今までしてきたその罪はめちゃくちゃ重い。
 

ご訪問&最後まで読んでくださりありがとうございます。
お帰りの際、ひとつクリックお願いします。
お手数かけてすいません。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

城下町の冬

2018-02-16 23:14:23 | プチ放浪 都会編



弘前市は、弘前藩の城下町として栄えてきた津軽地方の中心都市だ。
名所旧跡を数多く残し、弘前城さくらまつり、ねぷたなど全国的にも有名なお祭りが催される。
夜にはグッと冷え込む厳しい青森の冬だが、弘前公園、弘前城には暖かい景色が広がる。
 
昨年石垣修理のため建物を解体せずに移動する「曳屋」が話題となった弘前城天守閣。
素朴だけれど力強さを感じる天守閣だ。
雪が降り積もった冬の天守閣もまた格別だが、日中は厚い雪雲に閉ざされたモノクロの天守閣が、
夕闇の中でライトにより照らされて華やかに化身。

弘前市仲町は弘前藩10万石の城下町の旧武家町。
一部の屋敷が一般公開されている。
冬の城下町。ゆっくりと散策するには魅力的なエリアかも。


ご訪問&最後まで読んでくださりありがとうございます。
お帰りの際、ひとつクリックお願いします。
お手数かけてすいません。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弘前城雪燈籠まつり

2018-02-15 22:31:31 | プチ放浪 都会編

江戸時代の天守閣がのこっている弘前城。
春になると桜の名所として知られる青森県弘前市にあるお城。
その季節にはピンクの花いかだで埋まる外堀も、冬はモノクロの幽玄の世界だ。
雪国の日本情緒に浸ろうと外人客も多数見かける。

雪が降り積もった冬の弘前城もすばらしい景色。特に長勝寺の本堂、三門。弘前2代藩主信枚によって建立された三間一戸の楼門だ。
最勝院の五重塔は東北唯一。東北ならではの本物の冬。


この時期、長くて辛い北国の冬を楽しんじゃおうと手作りの雪灯篭もお目見えする。
きりっと冷えた空気に、灯篭にともされた明かりが彩色鮮やかな津軽錦絵を浮かび上がらせる。   
 

ご訪問&最後まで読んでくださりありがとうございます。
お帰りの際、ひとつクリックお願いします。
お手数かけてすいません。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒い日には寒そうな写真を

2018-01-28 22:06:21 | プチ放浪 都会編

「人は寒さを想像すると認知制御機能が向上する」という。
認知制御は突発的な衝動を無視したり、長期的な目標の達成を決断させる能力。
これまで実際の気温が認知制御に与える影響について調べた研究はあった。しかし体感ではなく、視覚により想像された気温による影響を調べた研究。

E Halali, N Meiran, I Shalev
https://s3.amazonaws.com/academia.edu.documents/43131344/keep_it_cool.pdf?AWSAccessKeyId=AKIAIWOWYYGZ2Y53UL3A&Expires=1517146199&Signature=8A9xeJQz5AOo%2Bg%2B%2F6QJ7RbOXkZU%3D&response-content-disposition=inline%3B%20filename%3DHalali_E._Meiran_N._and_Shalev_I._2016_..pdf

認知制御のテストは「アンチ・サッケード作業」により行われるらしい。つまり、動く物体を無視して、画面の反対を見つめる作業。
まずは、試験時に暖かいのと室温のと冷たいパッドを抱いた時の反応は、冷たいパッドの時の方が成績が良くなるものらしい。
この実験を87名もの学生に「冬の寒そうな雪景色」、「夏のカンカン照りの景色」、「アスファルトの道路の景色」の画像を見せ、それぞれの画像の印象を聞いたうえで「アンチ・サッケード作業」をさせた結果、寒そうな画像は認知制御能力を向上させる結果となったという。
つまり肉体的に寒さを感じていなくても、概念としてそれを感じただけで認知制御が向上するという結果だ。
要するに、頭のなかで「寒さ」を認識しただけで、冷静な頭に切り替えられるということ。
そこのsnowをやってて熱くなってるキッズたち。どうぞ、冬景色をたっぷりと堪能してくださいな。


ご訪問&最後まで読んでくださりありがとうございます。
お帰りの際、ひとつクリックお願いします。
お手数かけてすいません。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浅草散歩

2018-01-25 23:15:57 | プチ放浪 都会編



隅田川に架かる言問橋を渡り、 隅田公園をぶらぶら。
川を挟んで向こう側にアサヒビールが見える。水上バスが行き交うと、にぎやかだ。

黄昏前には、年配の男性が佇む姿をよく見かける。川は彼らのやるせなさを飲み込んで静かに流れていくのだろうか。
ぼくにも、ぼんやり悠然と過す老後が待っている。水辺でひとり憩う暮らし。静謐な時間を愉しみつつも、光を選んでフィルム1~2本をゆっくりと撮っているのかもしれない。

黄昏時がくれば、若いカップルの世界。ベンチに座って後優しく抱き合って寒さを楽しんでいる。
燃えている若いカップルには、この位の寒さがちょうどいいのかも。


ご訪問&最後まで読んでくださりありがとうございます。
お帰りの際、ひとつクリックお願いします。
お手数かけてすいません。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加