AKB48 チームBのファンより

鈴木紫帆里さんを中心にAKB48 チームB について語るサイトです。

指原が 獲得した「枠」 (ピーナッツ)

2016-09-19 18:00:00 | AKB48
指原が 獲得してきた「枠」(テレビ番組編)ってものが ある…と思っている。3つほど…。

まずは、
『ワイドナショー』(フジ)
あれは、1年ぐらい前だっただろうか?
実は、僕、″あ、これは、指原、やっちまったな…″ってな瞬間が あったんだ。そんな一瞬の話…。
その時は、テーマが「スランプ」ということで、みんなトークしてたんだけど、最後の最後に ″著名人の名言″というカタチで提示されたのが、王 貞治さんのこれだった。王さんが現役時代のものだ。
「私は、まだ…そういう ″スランプ″とか言える立場、レベルにないので、これからもっと努力、精進して…」と、まあ…こういった感じのもの、内容で…。
で、指原は、この王さんの名言に対して、″ズルい!ズルい!″と言った、叫んだ、響いちゃった。
一瞬、でも、あの時のスタジオは、完全&確実にディスった形になってしまった。
ただ、僕は、この直後、指原の持っている運?のようなものに軽く感動を覚えたんだよ。
それは、指原が、九州出身であること…。
王さんといえば、九州では、特に「神様的」な存在。そして、″九州の人は、九州の人に甘い″という事実。
昔、『ワンナイ』というコント番組をやっていた宮迫博之が、コント内、その王監督を結果的にディスる…というカタチになってしまった時、その時の九州地方の方の怒りは、凄まじく、その後、数年間は、宮迫…九州地方にロケ等で行くの…とか、非常に気を遣った、怖がっていたという話を思い出していた。
それに、指原は、その時のスタジオ内、周りにもスゴく恵まれていた…ってのもあるんだな。
松本人志以下の大人、計5,6人?が、一斉によってたかって、また、食い気味に…
″お前ごときが言うな!″ってな空気を作ってくれて…。
結果、指原は、たとえ、多少&若干…であっても、あの時の宮迫に…は、ならなかった。人生の大先輩たちが、消してくれた、と、私は 思ったりしたんだよ、あの瞬間。
そして、指原は、あのあたりから、かなり…そういうコメント力のようなものが、さらに伸びた、成長してきたように思うんだな、僕は。それに、たぶん、あの時のコメントも、今の指原だったら、全然違うもの…出すだろうとか思うよね。
瞬発力と俯瞰力…引き出しが増えた!と、私、見てます。
そして、あれから しばらく経っての指原…。同番組での立ち位置。
″アイドルには、まあ、これぐらいだろ? でも、指原だったら~ これくらいは~?″から、今だと、さらにそこから1歩踏み込んだぐらいのテーマにまで、もう普通に振られるようになってきたと思ってる。配慮はあっても、遠慮なし!
とりわけ、少し前の放送…「チケット転売」に対するコメントは、素晴らしかった。
AKBには、「チケットセンター」というシステムがあるということ。なるべく、当日近くの日に配送なりをして、少しでも ″ダフ屋禁止!″…そこと 日々、格闘しては、いるということ。アイデア…AKBグループも少しずつ変化してきたこと。そして、一般論も踏まえる。でも、これから、どうしていったら いいんでしょうね?・・・
完璧だった。そして、あれだけ、役目キッチリ応えたら、″そら、松ちゃんも 振りがいあるて″…と思ったよ。
なにより、AKBグループ…指原以外、これだけの答え、いや、応えられる人物がいるか?と思った。
性癖の話、覚醒剤の話、政治の話、核実験の話、地方活性の話、チケット転売の話、紅白の話、熊本地震の話、Bリーグの話…。そして、エンディング。
″この番組では、私、何を求められているのか? 今、何なのか? どこまで…なのか? 周りの人の話す内容…私より この人の方が こっから先は…?″…。

指原は、″1つの「枠」を完全に勝ち取ったな″と思った。この1年の成長ぶりを見せつけられてる。
でも、たぶん、「アイドル」以上のことをやっている…と、思っては いるんだよ。

続いては、
『クイズやさしいね』(フジ)
それは、半年ぐらい前の放送になるのかな? その日は、Aブロック,Bブロックに分かれての個人戦でね。で、その中で、14組中…7組(7名)が、「やさしい7組」として、決勝の舞台に行けるという(MC:ウッチャンの独断で)…。
実は、指原、その決勝のステージには、進めなかったんだ。ちなみに、指原は、0ポイントの成績。でも…。
ただ、この番組の面白いのは、その落ちた理由をウッチャン、1人1人…発表していくことだ。独特の理由…。
もう撮れ高いっぱい、じゅうぶんだから。「○○」という解答にちょっとイラッとしたから。ヘラヘラしてたから。自分が目立つことばかり考えていたから。
等々、そんなのばっか。でも、決勝に行けなかった人は、みんな少し思い当たる節があるようで、納得はしてるという…笑いが起きていた。
で、指原の その日 落ちた理由が、ウッチャンから発表された。
″指原、彼女は、休憩中…「決勝いけないと、ヒマなんですよねー」、(私に)何度も何度もアピールしてきたからです″
当の指原は、これを聞きながら ″ウケる~″と、顔をうつ伏し、でも、真っ赤っ赤になっていた。ま、その裏工作を簡単にバラされ、想定外、意外に素で恥ずかしかったのだと思う。
かくして、彼女は、ガヤひな壇ゾーンで、後半戦を迎えることとなった。残りの1時間をそこで過ごすこととなった。基本、テレビカメラは、来ない…。
でも、この日、指原は、この状態でも頑張っていた。
決勝の7人に答えが出ない!と見ると、″はい!内村さん!″…ウッチャンに耳打ちしに飛んで行った。走ってた。また、その ひな壇ゾーンを盛り上げる、盛り上げる。

坂上さん(坂上 忍)、日村さん等とも 遠~くからではあるんだけど、対立構造を作ったりもした。
お陰で、この日は、かなりの活気のある放送になっていたように感じた。
僕は、この日、この番組のスタッフは、指原を完全に認めたのではないか?と思っている。だって、普通は、あそこで終わりだよ。普通じゃなかった。
「準レギュラー枠獲得?!」は、この日だったような気がしている。

そして、最後の3つ目は、
『痛快TVスカッとジャパン』(フジ)
実は、この番組、『クイズやさしいね』と、ほぼ同じスタッフが やっている。チーフプロデューサー、企画演出、おまけに、MCまで同じ。
指原は、以前より、不定期だけど、この番組には出演してきた。
先週の放送だったかな? おそらく、指原が、最も欲しかったであろう展開があった。
それは、いつも1人で座っているパネラー席。そこに、矢吹奈子を連れてきた、いや、これた!ってこと。2人で、1つの席…。
ウッチャンと矢吹奈子は、おそらくは、初対面だ。
ウッチャンファン歴30年の私は、感じたよ。この日の 内村 × 矢吹のカラミ3つ(前半・中盤・後半)を見ててさ。
ズバリ! ウッチャンは、初対面で、ああいうカラミ方はしない! 僕は、指原が、スタッフ、ウッチャンの所に頭下げに行ってる!と直感した。
そして、カラミの間、指原は、内村―矢吹の中に無理に入って来ず、隣にいる 篠原さん、広瀬すずさん、三田さん、柴田さんの方を向きつつ、手を叩きながら 微笑んでるだけ、ただそれだけだった。

矢吹奈子は、ほぼ1カット状態になっていた。
あれが、指原の本当に望んでいるカタチなのでは?と思えるくらい柔和な表情をしていたよ。
この日の『スカッとジャパン』での枠が、指原が獲ってた枠の中で、1番スゴイ。
ちなみに、この番組は、フジの中で、唯一、成功しているともいっていい番組であり、実は、関東よりも地方の方が、視聴率が高かったりする。特に、名古屋、札幌、九州…。最近、17パーセントを獲ってたりもした。「27時間テレビ」の中で、瞬間最高視聴率だったのも…。
この日、地方に相当…矢吹奈子の笑顔が流れた。でも、指原は、計算してたと思うよ。

指原が獲得してきた「枠」の お話。





当ブログライターが執筆した指原莉乃関連の記事について
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「百合坂46」の動画映像に感... | トップ | 『初恋バタフライ』は奇跡の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (通りすがり)
2016-09-19 19:21:06
ワイドナの話は少し違いますね。努力というテーマで王さんの名言「努力が報われないことなどあるだろうか。報われない努力があるとすれば、それはまだ努力とは呼べない」についてです。
で、指原さんの言いたい事はわかる、と思った事を覚えています。使い方によっては危険な武器だよなぁと。指原さんのボキャブラリーが足りないので上手く伝えられなかった様ですが、松本さんも理解していた記憶があります。
Unknown (Unknown)
2016-10-21 01:05:42
王さんの名言なんですが。
実際は間が抜けちゃっていて
おかげで確かに変になっていたのを記憶しております。
そのおかしい事になっているのを王さんの名前に納得することなく
気付いたのはさすがだと思った覚えがあります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

AKB48」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事