一日の王

「背には嚢、手には杖。一日の王が出発する」尾崎喜八

海抜0メートル(有明海)から登る「天山」 ……天山を丸ごと楽しむ……

2017年04月23日 | 海抜0mから登る天山・単独行


映画『MERU/メルー』を見たら、
〈山に登りたい!〉
と激しく思った。(笑)
すると、
〈また海抜0メートルから登ってみようか……〉
との考えが浮かんだ。(オイオイ)
……ならば「天山」。

天山には、過去3回、海抜0メートルから登っている。
唐津湾から(2011年07月17日)と、
有明海から(2011年11月17日)と、
唐津湾から天山を経て有明海まで(2012年07月08日)の3回。

今回は、約5年半ぶりに、
有明海から登ってみようと思った。




出発地点の「久保田町・江戸」までは、
配偶者に車で送ってもらった。
着いたときが、ちょうど日の出時刻だった。


懐かしい風景だ。


干潮で、かなり遠くまで干潟となっていた。
遠くに見える山は、右が多良山系で、左が雲仙。


いよいよだ。


海水がないので、干潟に登山靴をつける。


遥か彼方に、天山が見える。


6:00
さあ、出発。




この辺りには、麦畑が広がっている。


麦の穂の彼方(右側)に、天山が見える。


影が長い。足も長い。(笑)


暑くなってきたので、
ウインドブレーカー代わりに着ていたレインウェアを脱いでいたら、
視線を感じたので、
横を見ると、なんと馬がこちらを見ていた。


有明沿岸道の下を通過。




日曜日の早朝なので、
まだ町はひっそりしている。


7:14
徳万の交差点で、国道207号線を横切って直進。




この辺りは歩道がないので、注意して歩かなければならない。


7:34
五条の交差点で、国道34号線を横切って直進し、国道203号線に入る。




本日歩くコース上で、最後のコンビニ(ローソン)。
サンドイッチとおにぎりを買う。


佐世保のスイートマヨネーズサンドはセブンイレブンだけかと思っていたら、
ローソンにもあったので、ゲット。


8:32
下町交差点から右折。
須賀神社の方へ向かって歩く。




須賀神社に到着。
ここで映画『ソフトボーイ』のロケがあった。




橋の下を流れる祇園川は、蛍の名所。
子供が幼かった頃に、よく連れてきた思い出の場所。
今年は、孫を連れてこようか……


天山の稜線が近くなってきた。


天山酒造の前を通過。


この辺りから、急坂となる。




今日の私の出で立ちは、
モンベルの「リッジラインパンツ」と、
メレルの「モアブミッド ゴアテックス」。


10:04
石体集落を通過。




この分岐は、右へ。


やや味気ない、面白味のない道に見えるが、


傍らにはツクシタニギキョウが咲いていて、
私を喜ばせてくれる。


いいね~


本日の要注意人物。(笑)


七曲峠が近くなってきた。


11:22
七曲峠に到着。
ここで、おにぎりを1個食べる。


11:30
七曲峠を出発。




新緑が美しい道。


カンアオイの花を発見。
スミレの花と一緒にパチリ。


所々にミツバツツジも咲いていた。


いいね~


バイカイカリソウや、


スミレの花は、
これでもかというくらい咲いている。


稜線に出て振り返ると、彦岳が見えた。


ホソバナコバイモは終盤になっていたが、
美しい花もいくつか見ることができた。




本日、一番美しかったのは、この花。
いいね~


山頂が見えてきた。


13:15
天山山頂(1046m)に到着。
有明海から、7時間15分で到着。
5年半前が7時間だったので、まずまずかな?




一応、記念写真も撮っておくか。


あめ山を見ながらのランチ、
美味しかった~


この後、秘密の散歩道へ。
ヒトリシズカが咲いているかを見に行ったのだ。
「咲いている~」


実は、水曜日にも見に来たのだが、
そのときは影も形もなかった。
たった4日で、姿を現したのだ。


まだ咲き始めなので、
葉に包まれた花が多い。




本日、最も輝いていたヒトリシズカは、この花。
今日も「一日の王」になれました~

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホキ美術館名品展(佐賀県立... | トップ | 映画『3月のライオン 後編』 ... »