一日の王

「背には嚢、手には杖。一日の王が出発する」尾崎喜八

初めてお越し下さった方へ

2025年01月01日 | 「一日の王」とは…
詩人で山のエッセイを多く書いた尾崎喜八(1892~1974)の著書に『山の絵本』(岩波文庫)というのがあります。 この本の巻末に、私の好きな「一日の王」という文章が収められていて、このタイトルを借りました。 「一日の王」という言葉は、元々はフランスの詩人ジョルジュ・シェーヌヴィエールの詩集の「一日の王の物語」からきているようです。 . . . 本文を読む

天山で雲海を楽しむ ……ハンカイソウやオトギリソウも咲き始めた……

2020年07月09日 | 天山・彦岳
7月8日(水) 大雨が続く佐賀県であるが、 今日は、午前中が「曇り時々晴れ」の予報だった。 午後から仕事であったが、早朝に登れば問題ないので、天山に登ることにした。 しかし、朝起きると、晴れてはおらず、曇っており、 外に出ると、小雨が降っていた。 ガッカリしたが、それでも、 〈あとから晴れてくるかも……〉 と、自分に都合のイイように思い直し、(笑) 午前5時半に車で家を出たのだった。 天川登 . . . 本文を読む

映画『MOTHER マザー』 ……長澤まさみの代表作が誕生した瞬間を目撃……

2020年07月07日 | 映画
長澤まさみといえば、 『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年5月8日公開) を思い出す人が多いことと思う。 ヒロイン・廣瀬亜紀を演じ、 第29回報知映画賞 最優秀助演女優賞、 第17回日刊スポーツ映画大賞 新人賞、 第22回わかやま市民映画祭 助演女優賞、 第47回ブルーリボン賞 助演女優賞、 第28回日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞、話題賞(俳優部門)、 第42回ゴールデン・アロー賞 . . . 本文を読む

映画『ワイルド・ローズ』 ……やはりジェシー・バックリーは凄かった!……

2020年07月04日 | 映画
47歳の若さで急逝したミュージカル女優ジュディ・ガーランドを描いた映画『ジュディ 虹の彼方に』(2020年3月6日公開)のレビューを書いたのは、今年(2020年)の3月14日だった。 新型コロナウイルスの感染がじわじわと日本列島全体に広がりつつあった頃に見た映画で、 そういう意味でも強く印象に残っている作品であった。 ジュディ・ガーランドを演じたレネー・ゼルウィガーの演技は素晴らしく、 最初、 . . . 本文を読む

朝陽を浴びて歩く天山 ……カキラン、マイサギソウ、オオバノトンボソウ……

2020年07月03日 | 天山・彦岳
7月2日(木) 今日は午後から仕事なのであるが、 朝から晴れていたので、 急遽、朝食も摂らずに天山に登ることにした。 6:53 天川登山口から登り始める。 朝陽が眩しい。 ゆっくり歩いて行く。 オカトラノオがたくさん咲いている。 緑の中にいるだけで楽しい。 なんと、アキノタムラソウを発見。 ビックリ。 この時間に登ると、朝陽が常に前から降り注ぐ。 もうテリハアカショウマ . . . 本文を読む

夏の花が咲き始めた天山 ……キュウシュウコゴメグサ、ホソバシュロソウ……

2020年06月30日 | 天山・彦岳
6月29日(月) 梅雨真っ只中であるが、 今日は、午前中は曇りで、午後から雨との予報だった。 なので、朝早くに家を出て、天山に向かったのだった。 今日はまず散歩道で、 ヤマアジサイを観賞。 ちょうど見頃を迎えていた。 品種改良された豪華なアジサイよりも、 山にひっそりと(でもないけれど)咲いているヤマアジサイの方が好きだ。 オカトラノオもたくさん咲いている。 セイヨウノコギリ . . . 本文を読む

映画『巡礼の約束』……人生において何が大切なのかを知らしめてくれる傑作……

2020年06月28日 | 映画
かつて、人々は、田舎の“村社会”の“しがらみ”を嫌い、都会へと出た。 都会では、隣に誰が住んでいるかも知らないし、 他人を気にせず、一人でも気軽に暮らしていけると…… しかし、コロナ禍の日本を見ていると、 〈本当にそうだろうか……〉 と、疑問に思うことが多々あった。 なぜなら、コロナ禍にあって、大騒ぎしているのは、 一人暮らしを謳歌している筈の“都会の人々”の方が目立って多かったからである。 . . . 本文を読む

梅雨の晴れ間の作礼山で遊ぶ ……モウセンゴケやジュンサイの花を楽しむ……

2020年06月24日 | 作礼山・奥作礼
6月23日(火) 今日は久しぶりに作礼山へ行ってみることにした。 作礼山は、かつては静かな山であったのだが、 “花の名山”と気づい(てしまっ)たYAMAP族によって、 ここ数年は騒がしい山となってしまった。 週末ともなれば、 福岡や長崎など、県外ナンバーの車が9合目駐車場を占領し、 どこを歩いても人の声がするようになった。 なので、静かな山を愛する私としては、 自然と作礼山から足が遠のいてし . . . 本文を読む

映画『レ・ミゼラブル』 ……今こそ見ておくべき、傑出した衝撃作!……

2020年06月23日 | 映画
パリ郊外に位置するモンフェルメイユ。 ヴィクトル・ユゴーの小説「レ・ミゼラブル」の舞台でもあるこの街は、 いまや移民や低所得者が多く住む危険な犯罪地域と化していた。 ステファン(ダミアン・ボナール)は、 地方都市からモンフェルメイユへ転任してきた若手警官。 犯罪対策班に配属され、 口の悪い先輩、 クリス(アレクシス・マネンティ)、 グワダ(ジェブリル・ゾンガ)と共に、 街 . . . 本文を読む

鬼ノ鼻山 ……白花ママコナ、ムラサキニガナ、コキンバイザサなどを楽しむ……

2020年06月21日 | 鬼ノ鼻山・聖岳
6月20日(土) 今日は、午後から仕事であったが、 午前中に鬼ノ鼻山に登ることにした。 鬼ノ鼻山は裏山であるのだが、 我家は鬼ノ鼻山の北側にあり、 山の西側には国指定重要文化財「多久聖廟」がある。 この「多久聖廟」の近くに、 1570年に龍造寺長信が建てた聖光寺という由緒あるお寺があり、 このお寺の池に、毎年6月下旬から7月上旬にかけて「二千年ハス」が咲く。 「二千年ハス」は正式には「大賀ハ . . . 本文を読む