隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

学ぶ 9課 『新しい教科書』

2013年04月08日 | 学ぶ
隊長が行った展示会・講演・セミナー・発表会や考えた事、など「学ぶ」の第9回は、『新しい教科書』をお送りします。
 
今日(4月8日)から、新学年がスタートし、真新しい教科書を手にされた学生さんも多くいらっしゃると思います。
 
そこで、今日の話題は『新しい教科書』です。
 
以前「上海城市新聞Vol.21『寝台列車初体験』」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2fae2caf407abb051387b8ce70d26cbd にも書きましたが、中国から帰国後の2008年4月から、中国人の老師(教師)に中国語の個人授業をしてもらっています。
 
4年2ヶ月の上海駐在を終えて日本へ帰国する際、せっかく現地で覚えた中国語を忘れないために、勉強を継続したいと思いました。
 
しかし、今さら中国語学校に行きたくなかったので、上海事務所の部下の中国人女性の学生時代の後輩で、日本に留学中の沈さんを紹介してもらいました。
 
毎週の(土)又は(日)に、彼女の自宅近くの東新宿のファミレスで2時間の授業を受けています。
 
沈老師から授業を受け始めてから丁度5年が過ぎ、授業の回数も200回近くになりました。
 
老師も、大学を卒業して、日本の会社にOLとして就職しています。
 
授業で使う教科書も9冊目が終わり、先週(土)から10冊目の『新しい教科書』を使い始めました。
 
 
Dsc_0278
 
10冊の教科書は、どれも「北京大学出版社」発行の“外国人向け中国語教科書”で、『新しい教科書』は「博雅漢語(Boya Chinese) 高級飛翔篇III」です。
 
当初は、神田神保町にある中国書専門店で教科書を購入していましたが、中国から輸入するために現地価格の2~3倍します。
 
その為、最近では上海に行った時に教科書を購入する様にしています。
 
と言うか、授業の程度が高くなり、現在使っている教科書は、日本では需要が少ない為に、神保町では取り扱っていません。
 
中国でいつも教科書を買うのは、上海の繁華街「福州路」にある上海最大の本屋「上海書城【福州路店】の4Fにある “外国人向け中国語教科書コーナー” です。
 
 
Dsc_0024
【上海書城】
 
前回も「博雅漢語(Boya Chinese) 高級飛翔篇III」を2冊購入しました。 1冊は自分用、もう1冊は沈老師用です。価格は、1冊80元(約1,280円)。
 
教科書には、レッスン内容と新しい単語を録音したMP3が付いています。
 
MP3からスマホにダウンロードして、予習・復習に中国語を聞いています。
 
教科書の内容は、だんだんと難しくなり、今では週2時間の授業の為に5~6時間の予習・復習が必要になって来ています。
 
学生時代に以上に、予習・復習をちゃんとしています。
 
何度も辞めたいと思いましたが、沈老師が自分が仕事を持っていて、貴重な週末の時間にも関わらす、熱心に教えてくれるので辞められません(苦笑
 
さあ、この記事をアップしたら、また予習をしなければ!

 

 

=== 「学ぶ」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/f5db9e9e6a9e758b72bc946d007772f7

 1課 2012/11/15『展示会 本郷・旅館のある風景』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9b9ff1e016962cfd51c1ab830f76d004

 2課 2012/11/21『山本高樹 昭和幻風景ジオラマ展』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bb8f5d2e4b3165f1fb3fa71ed88f9312

 3課 2012/12/13『セミナー 漢字、日本語、中国語』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e5921fc0f992930038126fdcc43bc1a0

 4課 2013/1/22 『講演 インテルの決断』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b2e94b39f5ab007be03deca2510bb545

 5課 2013/1/26 『第54回 有山社書展』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a697deafb54cf6b5fbfbf98fd7ace3fb

 6課 2013/1/30 『光HOUSE新宿 ショールーム』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/02a546d21f1230597f026772fae14fe5

 7課 2013/2/1  『講演 資生堂海外事業の38年間を通して』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1ec894adc7b57968479d8deedb05de1d

 8課 2013/2/18 『セミナー アジア進出戦略』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/12a7cdc474512f5ca4607af3e7c51db4

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食の文京 No.6 『FIRE HOUSE... | トップ | テレビ Vol.33 『「あまちゃ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL