隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

学ぶ 2課 『山本高樹 昭和幻風景ジオラマ展』

2012年11月21日 | 学ぶ

      =写真をクリック・タップすると拡大画像が表示されます=

 

隊長が行った展示会・講演・セミナー・発表会や考えた事、など「学ぶ」の第2回は、『山本高樹  昭和幻風景ジオラマ展』をお送りします。

記事をアップするのが、1ヶ月近く遅れてしまいましたが、10月24日(水)に、“COREDO(コレド)室町”の 『日本橋 平田』で「ランチロースカツ膳」を食べ、日本橋三越本店の『お得意様サロン』でコーヒーを飲んだ⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/d/20121106 あとに向かったのは「日本橋高島屋」です。

 

目的は、10月18日~30日まで同店8階ホールにて開かれていた『山本高樹 昭和幻風景ジオラマ展』を見に行くためです。

 

山本 高樹(たかき) さんは、昭和の町並みのジオラマ(展示物とその周辺環境・背景を立体的に表現する方法) 作家として有名な方です。

2012年4月~9月にNHKで放送された、堀北 真希ちゃん主演の連続テレビ小説『梅ちゃん先生』のオープニングに、同氏のジオラマが登場していたのを覚えている方も多いと思います。


Dsc_0421


「日本橋高島屋」へ行くのは、9月22日に同店で開かれていた「第2回大東北展」に『あわまんじゅう』を買いに行って以来です⇒ http://shanghai-taichou.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/09/post_d251.html

 

『ジオラマ展』の会場に入ると、多くの人で賑わっていました。

浅草、銀座、新宿の昔の町並みのジオラマ作品が、数多く展示されていました。

隊長が感心したのは、再現された建物だけでなく、作品中の人形の表情が豊かなことです。それも、群集の一体ごとの表情が違って描かれています。

テレビにも登場した『梅ちゃん先生の町』をジオラマは、最後の方に展示されていました。

見終わってから心が暖かくなる、展示会でした。

=== 「学ぶ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/f5db9e9e6a9e758b72bc946d007772f7

 1課 2012/11/15『展示会 本郷・旅館のある風景』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9b9ff1e016962cfd51c1ab830f76d004

 

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上海城市新聞Vol.21 『寝台列... | トップ | 上海城市新聞Vol.21 『寝台列... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL