職人たちの徒然草

新潟県・燕市在住の職人ヤスさんと、東京都・杉並区在住の職人ナガさんの交換?日記です。

身体の変化

2016年10月13日 | ヤスさん日記
「参った!」の後に
丁度良く企画されている
東京は御茶の水の
書家さんの講義。
もぐりで
講義に参加させてもらうことは
幾度かあるのですが
こう
急に思い立って
そこに向かうのは
やはり衝撃だからでしょう。

書家の身体性と職人の身体性。
私は華雪さんのお話を聞きながら
職人として変わってゆく
身体のことを考えていました。
右指より左指が長いのは
やはり
器を抑えようとする作用だったり。
右足と左足の長さが違うのは
捻られている身体の作用だったり

労働にいそしむ中で変わってゆく身体に
愛おしさを感じるのは
自分自身の時間がそこに刻まれているから
でしょうか。

身体の変化。
そんな事を意識しつつ
今日も工房に籠りたいと思います。

ながさん
11月は長逗留させてもらうかもしれません。
その際は身体についても
ゆっくりとお話しましょうね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「参った」 | トップ | 生域速度 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。