セレンディピティ ダイアリー

映画・アート・本・おいしいものなど、日々出会った感動を、心のままに書き留めています。

ガール・オン・ザ・トレイン

2017年06月04日 | 映画

ポーラ・ホーキンスのベストセラー・ミステリー小説を、エミリー・ブラント主演で映画化。「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のテイト・テイラーが監督を務めています。

ガール・オン・ザ・トレイン(The Girl on the Train)

離婚したレイチェル(エミリー・ブラント)は、毎日、電車の中からかつて夫と暮した家を眺めては、失意に暮れていました。やがて、そのすぐ近くに住む仲のよい夫婦が目に留まり、理想の夫婦として憧れを抱くようになりますが、ある日その妻が夫以外の男性と仲睦まじくしているところを目撃してしまいます。

後日その女性が死体で発見されたことを知り、レイチェルは衝撃を受けます。しかし女性が行方不明になったその日に、近くでレイチェルが目撃されていたことから、殺人の疑いがかけられてしまいます。

DVDで鑑賞。なるほど、こういうのをイヤミス(嫌な気持ちになるミステリー)というんだなーと膝ポンでした。最後に事件は解決しますが、なんとなく晴れやかな気持ちになれません。ミステリーではあるけれど、犯人捜しや謎解き以上に、あれこれ考えさせられる作品でもありました。

レイチェルはアルコール依存症で、仕事をクビになり、夫からも離婚されてしまいます。彼女は夫に未練があり、彼が新しい妻(しかも元愛人)と生まれたばかりの赤ちゃんといっしょに幸せに暮らしていることが許せません。今なおストーカーのように2人につきまとっているのです。

一方その近所に住む、電車の中からたまたま見ただけの女性に、一方的に自分の理想像を重ね、彼女が不倫していることが許せません。レイチェルは真相を確かめるため、わざわざ途中下車して、彼女に近づこうとしますが、事件はまさにその日に起こったのでした。

明らかにふだんの行動が常軌を逸しているうえ、アルコール依存症で時々記憶を失ってしまうレイチェル。この日も自分が何をしたのかまったく憶えていない空白の時間があり、恐怖におののきます。彼女を殺したのは私なの??

映画はおもしろかったですが、なんとなく暗澹たる気持ちになるのは、人間の嫌な部分ばかりを見せつけられるからかもしれません。互いに信頼し、尊重し合う関係のはずなのに、腕力でねじ伏せられてしまう女性たち。外からは幸せそうに見える家庭のほんとうの姿。そして裏切り。

本作に登場する主要人物たちは困ったことに、男性にしても女性にしても、誰ひとり共感できないのです。あんなダメ男のいいなりになってはダメ。もっとしっかりしようよ。と歯がゆく思う時もありました。男女によっても、受け止め方が違う作品かもしれません。

(映画のシーンではありません)

舞台はニューヨーク郊外のアーズリー・オン・ハドソン(Ardsley-on-Hudson)。マンハッタンから電車で45分の通勤圏ですが、電車はハドソン川に沿って北上し、川と緑の景観がすばらしい。この辺りを通って、リンゴ狩りや紅葉狩りに行ったことを懐かしく思い出しました。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クレマチスの丘(2) | トップ | パインとココナッツのフラッ... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
イヤミス (ノルウェーまだ~む)
2017-06-04 16:17:15
セレンさん☆
「イヤミス」って言葉を初めて聞きました!
なるほど~誰一人共感出来ないとしたら、確かに嫌な気分になりそうですね。
気になっていて見てなかった作品なので、私もチェックしてみまーす。
Unknown (tomo)
2017-06-04 18:11:14
セレンディピティさんの感想で面白そうなミステリーだから観てみたいって思いました。
登場人物に共感が持てないって、ちょっと残念ですね。感情移入して観れないと、うーん、ってなりそう(笑)
最近、週末は観たいテレビ番組がないから、そんな時に観ようかな?うーん、週明けの仕事、気分どんよりで始まりそうかな。(汗)
☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ (セレンディピティ)
2017-06-05 07:30:53
まだ~むさん、おはようございます。
湊かなえさんが、よく「イヤミスの女王」と言われてますが
人気がありますよね。私はどちらかというと苦手ですが...
といいつつ湊さんの作品、いくつか読んでます。^^;

好きな人は好きな作品だと思います!
特に女性はいろいろと感じるところがあるかも...よかったら是非☆
☆ tomoさま ☆ (セレンディピティ)
2017-06-05 07:39:01
tomoさん、おはようございます。
う~ん、私の感想だと本作のおもしろさが伝わらず
逆効果かな?なんて思いながら書いていました。
ちょっとネガティブな感想になってしまいましたが
少し前に流行った「ゴーン・ガール」とテイストが似ているかな?
好きな方は好きな作品だと思います。
ご興味がありましたら☆
なーるほど! (ノルウェーまだ~む)
2017-06-05 14:01:45
セレンさん☆再び
なぁーるほど…
湊かなえさんのミステリーが「イヤミス」なのですね、納得!
私、彼女の作品大好きだから、この映画もイケルくちかも…
Unknown (なな)
2017-06-05 22:31:40
こんばんは

わたしは「イヤミス」けっこう大好きなんです・・・・
あ、もちろんすっきりする勧善懲悪のミステリーも好きですよ。
でも、イヤミスの、解決したけど結局誰も幸せにならないとか
ラストが救いようがないとか
人間の闇の部分をみてしまったとか
そんなサスペンスも好きですね~~
港かなえさんはちょっと非現実すぎてあまり好みではありませんが。

この作品はたしかに誰にも共感しにくいです。
三人の女性が、アル中やら不倫やら略奪婚やらで
みんなどこか共感できない要素をもっているからかなぁ。
☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ (セレンディピティ)
2017-06-06 08:03:41
まだ~むさん、再びありがとうございます♪
湊かなえさん、お好きですか!
そうしたら本作、気に入られるかもしれません。
ちょっとどろどろしています。^^
☆ ななさま ☆ (セレンディピティ)
2017-06-06 08:17:48
おはようございます。
ななさんもイヤミス、お好きでしたか!
私は女性同士のどろどろした話は苦手ですが
人間の闇が描かれているものは嫌いではないし...
ケースバイケースでしょうか。^^

男性が3人ともひどかったですね。
ヒロインは気の毒としかいいようがないですが
あとの2人は裏切り行為をしていたわけで...
それも彼女たちにとっては小さな反抗だったのかもしれませんね。
ひどいお話 (ごみつ)
2017-06-06 22:47:04
こんばんは!

先日はTBとコメント有難うございました!

この映画、友人3人見に行ったのですが、そのうちの一人は具合が悪くなりそうだった・・と言ってました。
何だか救いがありそうで、結局ないお話なので、見終わってどよ~んとしますよね。

記事の最後で写真アップされてる、電車のシーン、とても印象的ですよね。気持ち良く通勤出来そう!
☆ ごみつさま ☆ (セレンディピティ)
2017-06-07 07:26:01
おはようございます♪
女性たちの復讐劇...としては痛快なはずなのに
その女性たちもそれぞれ難あり、というところが
すっきりしないポイントかもしれませんね。
でもこの後、彼女たちには
しっかり、前向きに生きていって欲しいな...と思います。

映画で何度も登場する、空撮のハドソンラインの映像が印象的でした。
(映画の画像が見つからなくて、他から探しましたが)
通勤電車とは思えないほどシーニックですよね!
こちらにも〜 (margot2005)
2017-06-07 21:30:38
イヤミスって面白い表現ですね。初めて知りました。
そう、映画は面白かったけど、確かに暗澹たる気持ちになりました。
レイチェルのキャラが哀し過ぎますね。

電車の中で朝から酒を飲んでいるシーンが幾度かあり、一日中酔っぱらっている状態なので自分のしたことの記憶も飛んでしまうアルコール依存症ってコワいなぁと思いました。
ラスト爽快でした。
☆ margot2005さま ☆ (セレンディピティ)
2017-06-08 10:16:13
こちらにもありがとうございます~♪

イヤミス、私も最初に知った時はなるほど~でした。
主要な登場人物たちが、なかなか感情移入しにくい設定でしたね。
レイチェルは理由があって精神的に追い詰められていたわけですが
それにしてもアルコールって怖いな...と改めて思いました。
でもラストで、諸悪の根源を自らの手で葬ったわけで...
これがきっかけで、前向きに生きられるようになるといいな、と思います。
こんにちは (ここなつ)
2017-06-12 14:03:57
こんにちは。ご訪問が大変遅くなって申し訳ありません。ちょっとしばらくブログに接せない環境にいたものでして…すみません。
こういうのを「イヤミス」って言うんだ!面白い!私、初めて知りました。
確かに、3人の女性の事、受けた仕打ちなどを考えると、暗~い気持ちになりますよね…
でもでも、ラストの展開は、ちょっとだけすっきりしませんでしたか?私は、「もっと早くにこうすれば良かったのに」と思わないでもなかったですが(笑)、なかなか良かったです。
ところで、川沿いを走る列車の写真、素敵です。リンゴ狩りや紅葉狩りの思い出があるなんて羨まし過ぎる!こういう美しい風景、瀟洒な家々が、犯罪の本質を隠してしまうのかもしれませんが。
☆ ここなつさま ☆ (セレンディピティ)
2017-06-13 09:47:57
ここなつさん、おはようございます。
いえいえ、ここなつさん、きっとお忙しいだろうな...と思いつつ
3つも立て続けにコメント&TBをお送りしてしまい、かえって失礼しました。
まるで「ある天文学者の恋文」のエドみたいでしたね。^^;

登場する男性たちがあまりにひどかったので
ラストのあの展開は痛快...ではあったのですが
女性たちもそれぞれ問題があったので、なんとなくすっきりしなかったのでした。
でも、ヒロインはこれで呪縛から解き放たれ
前向きに生きていけそうな未来が暗示されていましたね。

川沿いの美しい風景の中を走る通勤電車、映画でも印象的でしたね。
これでマンハッタンから1時間かからないのですから
日本の首都圏からするとうらやましい環境ですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ガール・オン・ザ・トレイン (ごみつ通信)
The Girl On The Train 2016年/アメリカ (監)テイト・テイラー (演)エミリー・ブラント レベッカ・ファーガソン ヘイリー・ベネット ジャスティン・セロー ルーク・エヴァ......
ガール・オン・ザ・トレイン (虎猫の気まぐれシネマ日記)
ポーラ・ホーキンズ原作のベストセラーを映画化したサイコサスペンス。DVDで鑑賞。 一応殺人事件が絡むので、ミステリーともいえるのだが、ミステリーとしては犯人が早く予想......
「ガール・オン・ザ・トレイン」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Girl on the Train」2016 USA愛する夫トムとの間に子供ができず飲酒に走り、アルコール依存症になったレイチェルは離婚し、友人キャシーの家に身を寄せているが、傷ついた心もアルコ......
「ガール・オン・ザ・トレイン」 (ここなつ映画レビュー)
エミリー・ブラント渾身の作品。そして終始緊張を強いられる。エミリー・ブラントと共に、緊張感溢れる想像力の旅と記憶の旅を彷徨うのだ。マンハッタンへ行って帰る電車に乗って......