Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レッドクリフ PartI

2008年11月02日 00時41分09秒 | 映画(ら行)
かの有名な「三国志」の中でも最も有名な合戦である「赤壁の戦い」を、ジョン・ウー監督の手により映像化。出演は、トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童など。

<あらすじ>
西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に驚異を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、同盟は容易に成立しそうもない。そんな中、孔明は赤壁で孫権軍の司令官・周瑜と出会い、そのカリスマ性に魅了される。一方の周瑜も孔明の人柄と戦術眼に驚嘆し、その存在を意識するようになる。そして二人は信頼を深め、共に戦う事を決意するのだった。(goo映画より)


映画の日ということで、今日から公開の「レッドクリフ PartI」を見てきましたー♪「三国志」は、昔小説で読んだことがあり、その中の赤壁の戦いも、すごく面白かった覚えはあるのですが、それから10年以上経っているので、かなり内容はあやふやで・・・。映画用に脚色されている部分がどれなのか、ちょっと分かりづらかったのですが・・・。

とにかく、合戦のシーンはすごく迫力あって見ごたえありましたね。ありえないと思うような部分もありますけど、とりあえず許容範囲内でしたし、映画館でなければ味わえないようなスケールの大きさ&ド迫力シーンの連続で、すごく良かったと思います。
けど、ちょっと合戦シーンが長すぎるんじゃ・・・と思ったのも事実。武将ひとりひとりの戦いぶりを見せたいんだろうと思いますが、ちょっと疲れてしまいました。
ちなみに、八卦のなんとかっていう戦術(亀の甲羅のやつ)は、ちょっとよく分からなかったんですよね。なんで、敵が簡単にあれにひっかかっちゃうのか。どう見ても罠だと分かりそうなものなのに・・・。あれって、史実の出来事なんでしょうか???

孫権・周瑜と孔明のやり取りはなかなか丁寧に描いてあって、好感持てました。どうやって、呉を味方に引き入れるかは、腕の見せ所ですもんね。周瑜役のトニー・レオンと孔明役の金城武も、最初はミスキャストでは?と思っていたのですが、意外と雰囲気に合ってて良かったと思います。
それに中村獅童も予想外に目だってたように思います。ちょい役だって聞いていたのでビックリ。いかつい顔立ちだから、武将役はなかなか良かったと思いますよ。

また、戦ばかりの殺伐とした雰囲気の中のも、ちらっと笑える部分も作ってあって、なんだかホッとしました。やっぱり息抜き的な部分も欲しいですしね~。

とりあえず、本当の意味での「赤壁の戦い」はこれから!という所で終わっているので、PartⅡを待ちたいと思います。

あ、ちなみに鳩って洗えるの!?めっちゃ疑問だったんですけど・・・。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (24)   トラックバック (115)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 太王四神記 | トップ | ジャスト・マリッジ »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とり (たいむ)
2008-11-02 10:10:18
>鳩って洗えるの
洗剤は使うのは必要最小限としても、洗えますよ(笑)きっと水浴びの豪華版みたいなものでしょう。
羽毛布団のお洗濯ってアリでしょ(^^)
>たいむ様 (Yuhi)
2008-11-02 16:25:02
こちらにもTB&コメント、ありがとうございます~!

鳥って、洗えるんですね~。なんとなく、油を取ったらいけないと思ってました。
でも、羽毛布団を洗う・・・と聞けば、ナットクですね。
たいむ様、ありがとうございます!!
八卦の陣 (にゃむばなな)
2008-11-02 21:10:17
戦における陣法って、この映画のように鳥瞰図で見れば分かりやすいのでそういう疑問を持たれて当然なんですが、実際に現場にいると全体図がつかめない分、状況把握に時間がかかるそうですよ。

陣営を用いるスポーツであるアメフトが高いところから見たほうが面白いとよく言われるのも、こういう理由らしいです。
>にゃむばなな様 (Yuhi)
2008-11-02 22:18:54
こんばんは!TB&コメント、ありがとうございました~。

>鳥瞰図で見れば分かりやすい
なるほどなるほど~。確かに映画では、上から見た映像がほとんどでしたもんね。普通に突っ込んできたら、まさかそんな陣形になってるなんて分からないってことですね。とってもよく分かりました。
疑問にお答え下さって、ありがとうございます!
こんにちは♪ (ミチ)
2008-11-03 12:24:19
先月からNHKで三国志にまつわる番組があったりして、この映画の予習に最適でした。
アクションシーンではキャラクターを見せるシーンが多々あって、そこは、贔屓のキャラクターにスポットが当たっているととっても嬉しく感じました。
こんばんわ (HIROMI)
2008-11-03 18:54:40
TBありがとうございます。
私も初めはミスキャストでは?と思ったのですが、金城武、孔明役にぴったりでしたね。
周瑜と孔明は、赤壁の戦いの後、関係が悪くなったらしいです。Part2でも友情が続いてほしいですが。
>ミチ様 (Yuhi)
2008-11-03 19:49:14
こちらにもTB&コメント、ありがとうございました~。

テレビ各局で、三国志関連の番組をやっていましたよねー。私は最初、この映画を見に行くつもりがなかったので、スルーしちゃってたんですよ。ちゃんと見て予習しておけば良かったと後悔してます・・・。

各キャラクターに焦点をあてた見せ場がちゃんと用意されていて、それぞれのファンのことを考えて製作してるんだろうなーって思いました。人気のあるお話だけに、監督は気を使ったでしょうねぇ・・・。
>HIROMI様 (Yuhi)
2008-11-03 19:54:28
こんばんは!こちらこそ、コメント下さってありがとうございます~。

>周瑜と孔明
やっぱり、この後関係が悪くなっちゃうんですねー。映画の作中でも、そんな感じのことが仄めかされていましたし・・・。
主君に忠義を尽くす者同士、仕方のないことかもしれませんが、ちょっと寂しいですよね。
アクションはもう少し・・・ (メビウス)
2008-11-03 20:05:35
Yuhiさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

個人的にウー作品はドラマ性よりもアクション性に期待してるので、自分はもうちょっとアクションが多くても良かったですね~・・。でも人はちょっと斬り過ぎです・・・(汗

でも全体的に固くなりすぎず、時折のユーモアを加えてバランスを取っていたのは良かったですね。尚香のツボ突きで『やっちまった・・・』と周瑜が目を反らすシーンは面白かったですw
>メビウス様 (Yuhi)
2008-11-03 20:39:28
こんばんはー!こちらこそ、TB&コメントありがとうございます~。

>アクション性に期待
そうなんですねー。確かにジョン・ウー監督はアクションのイメージが強いですもんね。

>尚香のツボ突き
あれは面白かったですねー。殺伐とした中に、ああいう笑いがあると、ホッとします~。
それに尚香役のヴィッキー・チャオさんも男勝りな性格でカッコイイー。
こんばんは! (アイマック)
2008-11-04 23:18:33
合戦のシーンは見応えありましたねー。
あの迫力とスケール感は劇場でしか味わえないですよね。
中村獅童は中国人にみえるほど、なじんでました。
クライマックスの第二部、今から楽しみですよ~。
鳩洗うところ、私も気になってました。笑
>アイマックさま (Yuhi)
2008-11-05 00:09:06
こんばんはー!コメントありがとうございます~♪

やっぱり劇場でしか味わえないスケールと迫力でしたよね。やっぱり見に行って良かったなーと思ってます。

>中村獅童
武人の役がすごく合ってましたよね。他の役者さんと並んでも、全然違和感なかったですよ。

PART2が今から楽しみですねーv
TBありがとうございました。 (sakurai)
2008-11-07 08:47:24
もともと、我々がよく知ってる「三国志」という話自体が「三国志演義」という後でから書かれた読み物が元になっているので、登場人物と、大まかな話以外は、史実??とか考えない方がいいかと思います。
インドのお経取りに行った玄奘のお話が「西遊記」みたいなもんになるわけですから。
それはともかく、かっこええ男満載で、結構満足しました。
今回は趙雲でしたわ!
>sakurai様 (Yuhi)
2008-11-07 23:23:02
こちらにもTB&コメント、ありがとうございましたー。

>趙雲
同じく私も思いましたよ!趙雲自体も役者さんも、めっちゃ、カッコイイですよねー。
他の人たちも、カッコイイひと続出で、私もかなり満足できました(笑)
こんばんは~^^・ (由香)
2008-11-10 17:55:50
お邪魔します♪
面白かったですね~
戦闘シーンに迫力があって興奮しました!
でも、関羽や趙雲の見せ場がカッコよかったのはいいのですが、一般兵をしつこくグシャグシャ斬るのはやり過ぎだったかも・・・目を伏せちゃったわ。
孔明役の金城さんは意外にハマっていましたね~涼やかな雰囲気が素敵でした。
獅童さんも出番が沢山ありましたね。
日本人には見えないほどキマッテいました(笑)
>由香さま (Yuhi)
2008-11-10 22:55:15
こんばんはー!コメントありがとうございます~♪

>戦闘シーン
ホント迫力ありましたよねー!皆に見せ場が用意されているのも良かったんですけど、確かにちょっとやりすぎなところもありましたよね。それがジョン・ウーらしいって言えばそうなんですが(^^ゞ

>金城さん
私も見る前は、ちょっとイメージが違うかなーなんて思ってたんですけど、なかなかハマってて良かったです。
金城さん以外の方も、皆さん役柄にすごく合ってたと思いますよ~。
こんにちは~ (hito)
2008-11-12 14:50:22
面白かったですね!Part2がとても楽しみになりました♪

一人で何十人も相手にバッサバッサと倒すシーンは「あれ?」というあり得ない展開でしたが、でもこれはこれでアリって思えました。

今まで何度も三国志は挫折してきたのです、再挑戦してみたくなりました!
>hito様 (Yuhi)
2008-11-12 22:34:36
こんばんはー!TB&コメントありがとうございます~。

私もこの映画、予想以上に楽しむことができて嬉しくなりました。

アクションシーンは、すごい迫力でしたよねー。ひとりひとりの見せ場もちゃんと用意されていて、見ごたえありましたー。

私も三国志は何度か読んだことがあるのですが、いつも途中で挫折しちゃっていまして・・・(汗)。
また読んでみたくなりました。
Unknown (エクスカリバー)
2008-11-12 22:41:43
以前から気になっていた趙雲が、かなり格好良く描かれていたのでその点では満足でした。
関羽や張飛は、ちょっとリーサル・ウェポンになりすぎてる感はありましたが(苦笑)。

また「三国志」は劉備や孔明目線で見てる人が多いと思うのですが、今回の周瑜の描き方はかなり新鮮だと思います。
これで今後は周瑜ファンが増えるかも。
ただ、やっぱり(?)曹操が悪人になっちゃってるのはちょっと残念ではありますが。
>エクスカリバー様 (Yuhi)
2008-11-12 23:21:39
こんばんはー!いつもコメントありがとうございます~。

>趙雲
カッコ良かったですよねー。三国志を読んだのはずっと以前の事なので、実は趙雲がいたかどうか覚えてなかったのですが・・・(汗)。
この映画で、完全にインプットされました(笑)。

>劉備や孔明目線で見てる
以前に読んだ時は、完全にそうでしたねー。で、曹操は悪者って感じで(笑)。
周瑜のことは、ある作品で主人公として描かれていたのを読んだことがあったので知っていたんですが、今回の映画ではそれともちょっと違う印象で描かれていて面白かったです。
Unknown (moriyuh)
2009-01-18 23:20:58
こんばんは。
コチラのTBもありがとうございます。

>とにかく、合戦のシーンはすごく迫力あって見ごたえありましたね。ありえないと思うような部分もありますけど、とりあえず許容範囲内でした

おっしゃる通りですね。
ちょっと「ジョン・ウー技」が多すぎて、
マイナスだったかも?と感じています。

もっとアッサリ撮っても十分というところもあありますが…パート2も楽しみです。



>moriyuh様 (Yuhi)
2009-01-19 00:13:11
こんばんはー!TB&コメントありがとうございました~。

ジョン・ウーって、アクションの撮り方がホント派手ですよね(笑)。少々やり過ぎ感はありましたが、ひとりひとりの活躍を存分に見ることができたので、まずは良かったかなと思ってます。

パート2がさらに盛り上がることを期待しています!!
漸く観る事が出来ました (ぼの)
2009-05-29 01:59:46
こんばんわ。
私も遅まきながら漸く観る事が出来ました。
いやいや、結構面白かったですね。
頭脳戦、相手とのかけひきのシーンは中々のものでした。
周瑜と孔明の琴でのかけひきも素晴らしかったし。

しかし、ジョン・ウー。やはり自分の必須アイテムは
必ずストーリー内に組み込むお方ですね(笑)。
スローモーションの多様に、白い鳩の起用(笑)。
今回もまたガンガン使っていましたね(笑)。
>ぼの様 (Yuhi)
2009-05-29 23:19:19
こんばんは!ぼの様もご覧になられたんですねー。
三国志に興味がなかった私でも、結構楽しめたし、迫力ある映像もサスガでしたね。

>白い鳩
これは私も思わず笑っちゃいました。どんな映画でも、これだけは外せないってわけですね(笑)。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

115 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
レッドクリフ Part I (Memoirs_of_dai)
結局は女のために闘う 【Story】 はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めた...
劇場鑑賞「レッドクリフPartI」 (日々“是”精進!)
「レッドクリフPartI」を鑑賞してきましたゲームやコミックの題材にもなり、日本でも多くのファンがいる「三国志」から、有名な赤壁の戦いをモチーフに、「フェイス/オフ」「M:i-2」でハリウッドでも成功を収めたジョン・ウーが、故郷、中国に戻り、製作費100億円をか....
レッドクリフ「赤壁」感想 続きものだったとは・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
三国志を恥ずかしながら良く知りません・・・。知ってから見た方が良いに決まってます・・。以前から三国志を読みたいと思いつつも、壮大な...
「レッドクリフ Part?」 (てんびんthe LIFE)
「レッドクリフ Part?」試写会 よみうりホールで鑑賞 この超大作、ジョン・ウーったらあっという間に作ってしまったのね、すごい。 近年、活字離れが激しい私はこの歴史絵巻が上っ面しか分からず、もっと勉強してから行くべきだったと、ちと後悔。 これから Pa...
「レッドクリフ」:船堀駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}何でこんなところにあんなタワーがあるの? {/kaeru_en4/}敵が攻めて来たときに見つけやすいようにじゃないか? {/hiyo_en2/}敵? {/kaeru_en4/}洛陽へ進軍した曹操とかさあ。 {/hiyo_en2/}って、いつの時代のどこの国の話してるのよ。 {/kaeru_en4/}三国志の...
「RED CLIFF(レッドクリフ)Part1」(試写会)みた。 (たいむのひとりごと)
白いハトは今日も元気に”赤壁”の空を舞う。・・ということで、一足先に試写会で鑑賞できて嬉しく思う。字幕作品なのに、いきなり日本語で”三国志”の世界観と”赤壁の戦い”の背景が説明され始めたのには「いった
レッドクリフ Part1 (Akira's VOICE)
興奮と退屈が,いったりきたり。
レッド・クリフ(Part1)/RED CLIFF/赤壁 (我想一個人映画美的女人blog)
ジョン・ウー監督が、構想18年、制作費100億、更に10億、自らの資産をつぎ込んで創り上げた最新作はなんと三国志{/ee_3/} 中国、香港、台湾、韓国、タイ、シンガポールとアジア各国で7月10日から公開中! のきなみ興行成績の記録を更新するほどの大ヒット。 今年の上...
映画 『レッドクリフ Part I』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆『M:I-2』などの巨匠、ジョン・ウー監督が100億円を投じて作り上げた歴史アクション大作。中国の英雄伝「三国志」を基に、国を賭けて戦う男たちの壮大なロマンと、彼らを陰で支える女性たちの姿も浮き彫りにする。はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操...
「レッドクリフ Part ?」 Part?って・・・?聞いてないよ (はらやんの映画徒然草)
試写会っていうのは、日頃自分では観に行かない映画に出会えて、自分の興味が広がった
RED CLFF  レッドクリフ Part.1 (★ Shaberiba ★)
 蘇った 1800年前の愛と勇気の伝説・・・。
『レッドクリフ PartI』 (ラムの大通り)
(原題:Red Cliff 赤壁) 「もう、これは大満足。 映画の日にこの作品の初日をもってくるなんて、 配給・興行も憎いことをするね」 ----そうニャンだ。 最初、えいは「『三国志』を知らないし、 分かりにくいかも」と心配していなかった? 「いや、それがね。 映画の前...
[映画『レッド・クリフ PART1』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆最初は、TVゲーム的な画面構成で、時代状況や、英雄の配置を説明されて、「おやおや随分とザックリした映像作りだなあ」と思って見ていた。  でも、そのカンニング的な作りが、すぐに語られる曹操軍や劉備軍の世界にスムーズに移行させてくれて嬉しい。  私は「三...
レッドクリフ PartI (映画鑑賞★日記・・・)
【RED CLIFF/赤壁】2008/11/01公開(11/01鑑賞)製作国:アメリカ/中国/日本/台湾/韓国監督:ジョン・ウー出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童 帝国が、襲ってくる。信じる心、残ってい...
レッドクリフ Part I/試写状 (ともやの映画大好きっ!)
本日届いたのは、ジョン・ウー監督が描く三国志映画「レッドクリフ Part I」(原題:赤壁/RED CLIFF)の試写状。 中国の三国時代の歴史を書き留めた「三国志」。 その中でも、長江の赤壁において、曹操軍と孫権・劉備連合軍の間で行われた赤壁の戦いを取り上げた物語...
レッドクリフPart? (めでぃあみっくす)
男義の世界「三国志」の中で最も有名な「赤壁の戦い」を描いたこの映画は、良くも悪くもジョン・ウー作品であり、呉宇森作品ではない。そんな風に感じました。そしてこれは日本公開版だけなのか、エイベックスの無粋すぎる字幕対応に心底怒りを覚えた映画でもありました。...
映画 【レッドクリフ Part 1 】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「レッドクリフ Part 1 」 ジョン・ウー監督が100億円を投じて「三国志」を映画化。 おはなし:今から1800年前の中国。絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、孔...
レッドクリフ Part? (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
曹操の大軍80万に義と知略で立ち向かう劉備軍・孫権軍5万の連合軍、勝機は何処に! 物語:西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。 しかし孫権軍では曹操に驚異を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、...
レッドクリフ Part I (eclipse的な独り言)
 昨日に続き歴史の勉強会です。いやあ、本当にためになります。(11月3日 清水M
レッドクリフ Part I (だらだら無気力ブログ)
ジョン・ウー監督が「三国志」で有名な闘いである赤壁の戦いを全2部作で 描く歴史劇の第一作。西暦208年。後漢王朝の丞相である曹操は、荊州・新野に駐屯している 劉備と江南の孫権を討つべく80万の軍をさし向ける。 太刀うちできない劉備軍は、曹操軍の攻撃を凌ぎ...
「レッドクリフ Part I」少数精鋭で大軍に挑んだ孔明の周瑜の策略と陣形 (オールマイティにコメンテート)
「レッドクリフ Part I」は1800年前の後漢時代の後期に行われた赤壁の戦いを舞台にし、三国志のワンシーンとして今でも語り継がれる戦いを映画化した作品である。1度でも三国志を読んだ人には見応えのある内容となっており、歴史を知らない人でもその迫力と攻防戦は...
レッドクリフ (シネマ大好き)
昨夜、試写会で「レッドクリフ」を観た。 中国琴の生演奏の後、ジョン・ウー監督、孫権役のチャン・チェン、小喬役のリー・チンが会場に現れ、挨拶と長いインタビュー。豪華な試写会でした。 1800年前の中国、後漢が滅んだあとに興った、魏・呉・蜀の三国時代を描...
レッドクリフ Part1 (Diarydiary!)
《レッドクリフ Part1》 2008年 中国/アメリカ/日本/台湾/韓国映画
クオリティーの高い作品が台無し。『レッドクリフ Part I』 (水曜日のシネマ日記)
中国の英雄伝「三国志」を基に、国をかけて戦う男たちの姿を描いた作品です。
レッドクリフ Part I (利用価値のない日々の雑学)
「ワルキューレ」の国内年内公開がなくなり、年頭の筆者の期待度ランキングでは結果的にトップなった作品がいよいよ公開された。というより、ここ数年「スペクタル史劇」の映画作品が大変多く、このブログでも、中国といえばなんといっても「三国志」であることを何度と...
レッドクリフ Part I (評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ジョン・ウー 【出演】トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー/チャン・チェン/ビッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/リン・チ...
レッドクリフ Part I (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1800年の時を超えて、愛と勇気の伝説が、今、よみがえる。』  コチラの「レッドクリフ Part I」は、日本でも人気の高い「三国志」の有名なエピソード「赤壁の戦い」を100億円の製作費で映画化した11/1公開のヒストリカル・アクションなのですが、早速観て来ちゃい...
『レッドクリフ/Part I』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
 とりあえず、諸葛孔明が素敵なら、私はそれでいいのだ。 『レッドクリフ/Part I』 "RED CLIFF" "赤壁" 2008年・アメリカ&中国&日本&台湾&韓...
レッドクリフ見てきたよ♪ (+++turbo addiction+++)
「レッドクリフ」見てきました!! http://redcliff.jp/index.html 混んでたー。 ヽ(`Д´)ノ 一番前の席はやっぱ、目が疲れる。。。 この映画、2部作でした。 次は来年の春・・・。 内容、忘れちゃうよー!! 。・ ゜・。* 。 +゜。・.。* ゜ + 。・゜・(ノД`)
映画 「レッドクリフ」 (ようこそMr.G)
映画 「レッドクリフ」 を観ました。
レッドクリフ Part1 (future world)
三国志をあまり知らずに観ましたが、おもしろかったです。 むしろ知らない分、楽しめたのかもしれません。 公開初日のレイトショー、「映画の日」もあってか満席。 配給がエイベックス?やはり広告・宣伝には抜かりないってこと。 ジョン・ウー監督でトニー・レオ...
★★★★ 『レッドクリフ Part?』 (映画の感想文日記)
2008年。アメリカ/中国/日本/台湾/韓国。"RED CLIFF".   ジョン・ウー監督。  世界で1番カッコいい俳優は、トニー・レオンだと信じて疑わない者にとっては、この...
映画「レッドクリフ Part I 」 (FREE TIME)
11月1日のファーストデーに、映画「レッドクリフ Part I 」を鑑賞しました。
『レッドクリフ Part ?』('08初鑑賞140・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 11月1日(土) ファースト・デイで ¥1000  109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:20の回を鑑賞。
映画『レッドクリフ Part1』 (闘争と逃走の道程)
 『三国志』最大の戦い《赤壁の戦い》を、総制作費100億円をかけて映像化した、壮大な歴史ロマン。監督は『男たちの挽歌』シリーズや『...
レッドクリフ Part1 (A・B・CINEMA)
『レッドクリフ Part1』未来を、愛を、そして友を信じる。西暦208年、中国三国時代。天下統一という野望に燃える曹操は80万もの兵力を率い、怒涛のごとく敵国を攻めていた。そして、誰もが彼らの勢力に圧倒されていた。そんな中、劉備軍の若き天才軍師・諸葛孔明と....
レッドクリフ Part I (小部屋日記)
赤壁/RED CLIFF(2008/中国=台湾=韓国=アメリカ=日本)【劇場公開】 監督: ジョン・ウー 出演:トニー・レオン/金城武/リン・チーリン/チャン・チェン/ヴィッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/チャン・フォンイー 帝国が、襲ってくる。 信じる心、残って...
レッドクリフPart1 (ぷち てんてん)
☆レッドクリフ☆(2008)ジョン・ウー監督トニー・レオン金城武ストーリー 西暦208年。帝国を支配する曹操は、いよいよ劉備軍、孫権軍の征討に向け80万の大軍を率いて南下を開始した。最初の標的となった劉備軍はわずか2万。撤退が遅れ、曹操軍に追いつかれてしまい全....
レッドクリフ Part I (映画通の部屋)
「レッドクリフ Part I」RED CLIFF/製作:2008年、アメリカ=中
レッドクリフ Part?◆よみがえる「三国志」の世界 (好きな映画だけ見ていたい)
     「レッドクリフ Part?」 (2008年・アメリカ/中国/日本/台湾/韓国) 中国、後漢末期から100年にわたる群雄割拠の時代を記録した歴史書「三国志」。覇権を争う魏、呉、蜀、三国の興亡を描いた全65巻に及ぶこの史書は後年、説話や講談を取り込みながら歴史通俗小...
レッドクリフ Part 1 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ・中国・日本・台湾・韓国 監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン    金城 武    チャン・フォンイー    チャン・チェン    ヴィッキー・チャオ    フー・ジュン    中村獅童    リン...
レッドクリフ Part1・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
中国歴史文学の中でも、汎アジア的な人気を誇る「三国志」中の、前半部分のクライマックス「赤壁の戦い」の映画化。 ジョン・ウー監督が長年...
レッドクリフ Part? (5125年映画の旅)
曹操、劉備、孫権の3つの勢力に分かれた1800年前の中国。曹操は全土を支配下に置くため、劉備軍と孫権軍に攻勢を仕掛ける。劉備軍の天才軍師・孔明は、孫権軍と同盟を結ぶために、孫権が治める呉の国を訪れる。そこで孔明は、孫権軍の司令官・周瑜と出会う。ここ...
レッドクリフ Part? (スワロが映画を見た)
原題:赤壁/RED CRIFF 製作年度:2008年 製作国:アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 上映時間:145分 監督:ジョン・ウー 原作:―― 脚本:ジョン...
パート1だってさ。(笑)~「レッドクリフ」~ (ペパーミントの魔術師)
↑そらもうあーた、それだけで十分よという Agehaさんにとって、 ストーリーなんてどうでも・・・(いやそれは言いすぎ) だいたい名場面のフォトじゃなくて 金城さんの笑顔をもってくるとこから 壊れてますが。(笑) 三国志の話題はスタッフブログの コチラとコチラで ...
★「レッドクリフ Part I」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その2本目。
レッドクリフ Part1 (迷宮映画館)
周瑜と孔明のキャストがなあ・・・。
[Review] レッドクリフ Part I (Diary of Cyber)
赤壁の戦い(中国語:赤壁之戰) 中国の後漢時代(三国時代)の208年、長江の赤壁(現在の湖北省)において曹操軍と孫権・劉備連合軍の間の戦い。 孤立した劉備は長江づたいに南下し、曹操軍の侵攻の難を逃れ、荊州の動向を探りに来た魯粛と面会し、一万人余りの軍勢...
レッドクリフ Part? (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『三国志』には詳しくありませんが、チラホラ知ってはいるので、例によって「諸葛孔明って素敵~」的なミーハーな認識程度はあります(照)で、、、智に長けた孔明を金城君が、そして孔明に勝るとも劣らない知力と仁徳のある周瑜をトニー・レオンが演じるんだもの・・・こ...
『レッドクリフ PART1』 (『映画な日々』 cinema-days)
 構想18年 製作費100億円  監督自ら私財10億提供  「三国志」を完全映画化。  個人評価 ★★★  『 映画雑感 』 (劇場鑑賞)
『レッドクリフ PART1』 (『映画な日々』 cinema-days)
 構想18年 製作費100億円  監督自ら私財10億提供  「三国志」を完全映画化。  個人評価 ★★★  『 映画雑感 』 (劇場鑑賞)
「レッドクリフPartI」 (かいコ。の気ままに生活)
「三国志」を基にした歴史アクション大作。「レッドクリフPartI」公式サイト「M:I-2」がびみょうだったので ジョン・ウー監督どうかなあと思ってたんですけど・・単に三国志好きだからか、タダの金城ファンだからか結構楽しかったデス~子供の頃見てた人形劇三国志からこ...
レッドクリフ Part? (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年11月1日 公開 異体同心なればなにごとか成就せん すんげぇぇぇー!!! も、ジュン・ウー監督って やっぱすっげぇぇぇえぇぇぇ!!! 鑑賞中、心の中で何度ジョン・ウー監督に拍手を贈ったことでしょう。 全てにおい...
レッドクリフ Part I (to Heart)
帝国が、襲ってくる。 信じる心、残っているか。 三国志の有名なエピソード“赤壁の戦い”を全2部作で描く歴史スペクタクル巨編の前編。ジョン・ウー監督が100億円を投じて作り上げた歴史アクション大作。 上映時間 145分 製作国 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 監...
レッドクリフpart1 (Simple*Life)
レッドクリフパーフェクトガイド 完全解剖!三国志~赤壁の戦い~ (TOKYO NEWS MOOK) レッドクリフ 公式ビジュアルBOOK 小説レッドクリフ(上) を見た。 世界史はとんと疎いのでよくわかりませんけど、 三国志の中の戦いのことをレッドクリフと呼んでるだけなんで...
レッドクリフ Part1☆独り言 (黒猫のうたた寝)
誰が誰かはわからなかったけど^^;観ているうちにきっちり敵味方色分けができそういえば、彼が・・・あの人がっと思いだした三国志の物語『レッドクリフ』知らないうちにPart1になっていたのと試写会ですでに鑑賞していらっしゃったblogerサイトで本題の赤壁の戦いの直...
レッドクリフ Part1(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
どうも、『真・三国無双5』よりは『真・三国無双4』のほうが好きなエミです。 最も、ゲーム三国志で一番すきなのは同じKOEIが出してる『三國志』なんですけどね(笑) さて『三国志』と言えば学校図書で唯一置くことが許された横山光輝のマンガを読んでハマる人...
「レッドクリフ Part I」 (みんなシネマいいのに!)
 世間では好きなおぢさん連中は多いし、若い娘も同人誌とか作っているらしい三国志だ
映画「レッドクリフ PartI」(2008年、米・中・日・台・韓) (富久亭日乗)
    ★★★☆☆   「三国志」の「赤壁の戦い」を描いた戦争スペクタクルの前編。 監督は呉宇森(John Woo )。 原題は「赤壁」。     ◇  天下統一の野望を抱く魏の曹操(張豊毅)は、 南の蜀に狙いをつける。 蜀の劉備(尤勇)軍の天才軍師、孔明(金城武)は...
『レッドクリフ Part?』 (Sweet*Days**)
監督:ジョン・ウー  CAST:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン 他 西暦208年。中国では絶大な権力を...
「レッド・クリフ」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  実はあまり期待していなかったのです。だからかもしれませんが、なかなか面白かったです。ジョン・ウー印が至る所にあって面白い…というのはオマケみたいなものですが、予告編で白い鳩が飛んでいるのを見て、「あの時代の中国に、それは...
レッドクリフ (描きたいアレコレ・やや甘口)
張飛の虎ひげや逆立つ眉毛や、関羽の美髭を見ると、嬉しくなるけれど...。 孔明役の金城武が、案外良くてビックリ!この人の映画や演技と...
レッドクリフ (mahirose cafe)
三国志の「赤壁の戦い」を舞台にした映画。 三国志好きの私としては見に行かないわけにいかないので、映画館に足を運んできました{/グッド/} 冒頭の説明が日本語だったので、誤って吹き替え版を見てしまったのかとあせりましたが・・・ 本編は字幕版でした^^ ...
●レッドクリフ Part?(78) (映画とワンピースのこでまり日記)
日本語で始まるから吹き替え版と間違えたのかと思っちゃった。
レッドクリフ PartI (ダイターンクラッシュ!!)
11月9日(日) 16:30~ 日劇1 料金:1250円(有楽町の金券屋チケットフナキで前売り券を購入) プログラム:不明(未確認) 『レッドクリフ PartI』公式サイト ジョン・ウー先生の渾身の三国志。 諸葛孔明しか知らず、劉備を劉邦、関羽を項羽とごちゃ混ぜにしてい...
レッドクリフ Part I (ルナのシネマ缶)
「三国志」の中でも有名な 「赤壁の戦い」をジョン・ウー監督が 100億!をかけて映画化! たしかに、お金かかてる~って 感じのスケールでした! 2時間半ちかくの長編ですが、 肝心の赤壁の戦いの前までです。 西暦208年、中国で絶大な権力を握る曹操(チャ...
『レッドクリフ Part I』2008・11・3に観ました (映画と秋葉原と日記)
『レッドクリフ Part I』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 西暦208年。中国において強大な勢力を有する曹操は、いよいよ劉備、孫権の征討に向け80万の大軍を率いて南侵を開始した。劉備軍はわずか2万人で曹操軍の猛攻に全滅の危機に陥るが。関羽と張飛
レッドクリフ Part I (お気に入りの映画 2)
2008年 アメリカ=中国=日本=台湾=韓国映画 監 督 ジョン・ウー 出 演 トニー・レオン 、金城武 、チャン・フォンイー 、チャン・チェン 、ヴィッキー・チャオ 、フー・ジュン 、中村獅童 、リン・チーリン あらすじ goo映画 、 allcinema 感...
映画『レッドクリフ Part I』 (オタマ・レベルアップ)
映画『レッドクリフ Part I』を見たよぉ~ メディア 映画 上映時間 145分 製作国 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 公開情報 劇場公開(東宝東和=エイベックス・エンタテインメント) 初公開年月 2008/11/01 ジャンル 歴史劇/アクション/ドラマ ...
「レッドクリフ Part?」 (或る日の出来事)
はじめに、舞台となった中国の当時の状況説明(どこの国の誰がどうした、とか)が日本語であったので、一瞬、吹替え版が間違って上映されて...
『レッドクリフ PartI』 (Rabiovsky計画)
『レッドクリフ PartI』公式サイト 監督・製作・製作総指揮・脚本:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン 、金城武 、チャン・フォンイー 、チャン・チェン    ヴィッキー・チャオ 、フー・ジュン 、中村獅童 、リン・チーリン 2008年/アメリカ・中国・日...
「レッドクリフ Part I 」 ~赤壁の戦いへ (cocowacoco)
映画 「レッドクリフ Part I 」 RED CLIFF 赤壁 (日本語吹替版)観ました      ジョン・ウー監督 2008年 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国     あー私のバカバカ!時間に遅れて、また日本語吹替えになった~。 でも『三國志』素人な私には反って良かった...
赤壁の戦い・前編~『レッドクリフ Part I』 (真紅のthinkingdays)
 RED CLIFF  赤壁  今を遡る事1800年、西暦208年の中国、群雄割拠の時代。80万の兵を率いる 魏の曹操(チャン・フォンイー)は、小国であ...
『レッドクリフ Part I』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
「レッドクリフ」とカタカナで書かれるとピンとこないが、漢字で書けば「赤壁」。『三国志』中でおそらく最も有名であろう「赤壁の戦い」を、中国のみならず、アメリカ、韓国、台湾、それに日本の合作で、ジョン・ウー監督が映画化した超大作。 『グラディエーター』や『...
【レッドクリフ Part1】 (日々のつぶやき)
監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、リン・チーリン、中村獅童 歴史物はあまり得意じゃないし、三国志は何度も挫折しているし・・・ということでパスしようかな~と思っていたのですが、三国志知らなくても楽し
レッドクリフ/赤壁 Part I (そーれりぽーと)
「あんまり三国志知らないから観ないでおこうかなぁ」と言うと、「え?三国志知らないの?」と返されること数回。 やっぱボキャブラリーとして三国志は知っておいた方がいいのかなぁ。 俺の世代だと、子供の頃から漫画やシミュレーションゲームで人気なんだけど、漫画(横...
『レッドクリフ Part I』 9P (OL映画でいやし生活)
私的オススメ度:9P連休中に見ました。前日に友達のライブを見にいったら、とあるロマン歌謡グループのMCの人が三国志を制する女は男の8割を制するというMCを繰り広げ、自分たちのライブ以上にレッドクリフをPR。ま、元々みようと思ってたんですけどね。【STORY....
レッドクリフ Part I (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「レッドクリフ Part I」の感想です
『レッドクリフ』 (You got a movie)
監督・製作・脚本 ジョン・ウー キャスト     トニー・レオン 金城武 中村獅童 チャン・フォンイー 、          チャン・チェン ヴィッキー・チャオ フー・ジュン リン・チーリン    三国志の有名な戦いのひ...
レッドクリフ Part1 (悠雅的生活)
西暦208年 長江 赤壁の戦い。
レッドクリフ PartI 赤壁 (まてぃの徒然映画+雑記)
まだ序章にすぎなかった。あの呉宇森を監督に迎え、梁朝偉や金城武、張震、趙薇といったアジアの大スターたちをキャスティングした歴史大作。有名な三国志をメインテーマに据え、曹操軍と劉備、孫権の合同軍の赤壁の戦いを空前のスケールで描いた大作の第一部。戦闘の場面...
「レッドクリフ Part I」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「赤壁」 2008 中国/台湾/日本 “三国志”を元に描かれた歴史スペクタクル巨編。 司令官、周瑜に「花様年華/2000」「インファナル・アフェアー/2002」「ラスト、コーション/2007」のトニー・レオン。 軍師、孔明に「ラヴェンダー/2000」「ウインター・ソン...
レッド・クリフPart1 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  三國志の中の『赤壁の戦い』に焦点を絞って製作された中国の大作映画である。二部構成になっているため、本編では赤壁の海戦が始まる直前までしか描かれていない。 『赤壁の戦い』は、三國志全体からすればほぼ最終章ともいえるため、登場人物も限定的になっ...
レッドクリフ PartI (週末映画!)
期待値: 92% 三国志の赤壁の戦いを映画化 出演:トニー・レオン、金城武、ザン・ジンシェン、バーサ
【映画】レッドクリフ Part I (新!やさぐれ日記)
▼動機 今月末期限の無料鑑賞券を使うため ▼感想 つみきみほがでてた。 ▼満足度 ------- おいとき ▼あらすじ はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打...
レッドクリフPart1 (ドラ☆カフェ)
  監督・製作・製作総指揮・脚本 ジョン・ウー  製作国 アメリカ、中国、日本、台湾、韓国
レッドクリフ Part 1 (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:アメリカ/中国/日本/台湾/韓国
レッドクリフPart1 (ドラ☆カフェ)
  監督・製作・製作総指揮・脚本 ジョン・ウー  製作国 アメリカ、中国、日本、台湾、韓国
レッドクリフ Part1 (映画君の毎日)
あらすじ//はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、孔明(金城武)と周瑜(トニー・レオン)はともに協力し、連合軍を結成。だが連合軍の数はわずか6万、片や...
レッドクリフ Part Iなど (シネマと!)
久々の更新です。 先日の映画祭でお腹いっぱいになってしまった、というわけではなく、 友達から借りた『SATC』のDVD(全シリーズ)を観たりしてました。 日本語吹き替えで見てるんだけど、 サマンサの決めゼリフと高笑いが頭から離れない~(笑) 面白くて、日常の...
レッドクリフ (金城武さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆孔明 役の金城武さん(のつもり) 金城武さんは、現在公開中の映画『レッドクリフ Part I』に諸葛亮(孔明)役で出演しています。 昨日、ようやく劇場に観に行くことができました。 ●あらすじと感想
レッドクリフ Part? (メルブロ)
レッドクリフ Part? 231本目 2008-37 上映時間 2時間25分 監督 ジョン・ウー 出演 トニー・レオン 金城武 チャン・フォンイー チャン・チェン ビッキー・チャオ フー・ジュン 中村獅童 会場 TOHOシネマズ府中 評価7点(10点満点)  三国志の「...
レッドクリフ第1部 (充実した毎日を送るための独り言)
・レッドクリフ第1部(11月1日より公開 出演:トニーレオン・金城武出演) 三国志の「赤壁の戦い」をモデルにしており、2部構成で今回は前半部分(後半は来年の4月に公開予定) 「赤壁の戦い」のメイン(船を燃やす)は後半部分となるので、今回はそれを際立たせ...
レッドクリフ PartI(ネタバレ) (RE:ねこのうたたね)
Wanted (2008) Director : John Woo Cast : トニー・レオン, 金城武, チャン・フォンイー Genre : Action | Adventure | Drama Runtime : 145 min 配給 : Beijing Film Studio (日本国内配給:東宝東和、エイベックス・エンタテインメント) 参考リンク → IMDb ...
映画『レッド・クリフPart?』 (いんどあかめさん日記)
ことし映画館で観る、65作目はこちら。このテの作品はどうしても気になってしまいま
レッドクリフ part1 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ジョン・ウー節炸裂!エンタメ系・三国志!!  
レッドクリフPart1 (Sweetパラダイス)
レッドクリフ「赤壁」を見て来ましたPart1、Part2の二部作ですね~私の大好きな三国志のお話二時間半を超えましたが全然飽きなかったです上映時間も長いとは思わず見るのに夢中これは劇場版で見るべきですよね~最初は劉備軍の敗走から。趙雲が劉備の1人息子を助ける所...
151●レッドクリフ Part.? (レザボアCATs)
最高に面白かった~!!『三国志』を舞台に繰り広げられる、ジョン・ウーの歴史超超超大作。もう、全てが見所すぎて、疲れました(笑)どこまでもカッコいいアクション。やっぱりジョン・ウーはこうでなくっちゃ!
[映画]レッドクリフPart1 (オレメデア)
待望の「レッドクリフPart1」を見てきました。 ひとりの三国志好きとして、赤...
【レッドクリフ Part I 】 (+++ Candy Cinema +++)
【RED CLIFF/赤壁】【監・製・総・脚】  ジョン・ウー 【製作国・地域】  アメリカ/中国/日本/台湾/韓国  【配給会社】      東宝東和...
レッド・クリフ Part1 赤壁の戦い前夜 (ネット社会、その光と影を追うー)
壬申の乱、応仁から戦国、幕末から明治維新……わが国
レッドクリフPart1 <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
 武ちゃんが出てなかったら多分・・・観に行ってない  三国志は難しいし よー分らんから  ってか興味ないけど、旦那が大好きで どーせ観に行くなら 予習しとき~ って 一応はちょぴっと 予備知識を入れてもろーてから観に行ったこれが、観に行ってみたら 結構...
レッドクリフ part1 (ネタバレ映画館)
大スクリーン最後の日に慌てて鑑賞。臨場感を味わおうと前の方に着席・・・でかい!とにかく字幕がでかすぎる。
『レッドクリフ Part1』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part1」□監督 ジョン・ウー □キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、チャン・フォンイー ■鑑賞日 12月14日(日)■劇場 チネチッタ...
「レッドクリフ Part?」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
今から30年以上前、偶然手にした一冊の漫画。中国の歴史小説を題材とし、横山光輝氏が手掛けたその作品に、自分はすっかり魅せられたしまった。後漢末期から三国時代にかけての群雄割拠の時代を描いた「三国志」で在る。それ以降、全60巻を買い揃えるに到り、これ迄に...
『レッドクリフ PartI』 @新宿ピカデリー (映画な日々。読書な日々。)
西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に驚異を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、同盟は容易に成立しそうもない。そんな中、孔明は赤壁で孫権軍の司令官・周瑜と出会い、そのカリ...
レッドクリフ Part?/女性陣の存在感 (マダム・クニコの映画解体新書)
 中国旅行をすると各地に三国志の史跡がある。その知識がないと興をそがれるにも関わらず、ほとんど関心を持っていなかった。ハリウッド調の超大作は苦手だが、本作を観て少しは勉強できるかも?ということで、珍しくシネコンへ。 goo 映画 2002年に訪れた四川省の成...
レッドクリフPart1 を観ました。 (My Favorite Things)
実は11月の公開初日に観ていたのですが、睡眠不足の日々でおちまくり。
レッドクリフ Part I (ぶっちゃけ…独り言?)
5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 三国志の中で最も有名な合戦である「赤壁の戦い」を描いて・・・ 描いてないし~! う~ん、どーなんでしょうねぇ。 「赤壁」以外にも描きたいところがあるのは分かりますし、それがそれぞれそれなりに ...
レッドクリフ Part I (しーの映画たわごと)
赤壁やっと観ました。三国志通であれば、誰もがご存じの赤壁の戦い。それをジョン・ウーが映画にすると……まぁ、あまり最初からそんなに期待していませんでした。ただ、とにかく懐かしい思いがあります。三国志にハマっていた時期が高校、大学の頃なので、もう10年以上前...
映画評「レッドクリフ PartI」(地上波放映版) (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年中国=台湾=アメリカ=韓国=日本映画 監督ジョン・ウー ネタバレあり
レッド クリフ Part I (Any Colour You Like)
80万人の兵と2000隻の戦艦を率いて、あの男が攻めてくる! 1800年の時を越え ”愛と勇気の伝説” が今甦る。
ストレス解消活劇 「レッドクリフ Part I」 (ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋)
「レッドクリフ Part I」 ハリウッド活劇と京劇の融合   【原題】赤壁 【英題】RED CLIFF: PART I 【公開年】2008年  【制作国】米・中...
『レッドクリフ Part I』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 レッドクリフ Part I 』 (2008)  監  督 :ジョン・ウーキャスト :トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、リン・チーリン、中村獅童...
ジョン・ウーとは何だったのか (RISING STEEL)
この作品が好きな人、ジョン・ウー監督のファンである人は気分を害されるかもしれません 言いたい放題の辛口です レッドクリフ / 赤壁 2008年 中国/日本/アメリカ/台湾/韓国合作映画 監督:ジ...