Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

黒子のバスケ EXTRA GAME(後編)

2016年06月15日 23時04分07秒 | マンガ
「黒子のバスケ EXTRA GAME(後編)」の感想です!

キセキの時代を主メンバーとしたドリームチーム!!だなんて、本編では考えられなかったですよね。
あれだけ、バラバラになっていたキセキ達が、また一つのチームとしてまとまってくれるなんて、ファンとしてはこんな美味しい話はありません(^^♪

後編は、そんなチームがさらにまとまってくれました~。みんな成長したんだね・・・(しみじみ)。
チームのために捨て身になって、あるいは自分の最大限の力を発揮して、とても敵わないような相手と戦う姿は、ほんとカッコ良かったです。

こんなカッコいいキセキ達をもっと見たかったので、ラストはなんだか呆気なく感じてしまって・・・(-_-;)
余韻がないというか、もっと浸りたかったのに!って思ったりして。

後編はかなり話を詰め込んだ感じで、もっと一人ひとりの活躍をたっぷりと見たかった私としては、少々物足りなかったかな~。
せめて、前編・中編・後編の三冊だったら良かったのに。
相手チームのことも、もっとよく知りたかったしね。相手の事を掘り下げれば掘り下げるほど、勝ったときの感動も大きかったような気がします。

いろいろと書いたけど、本編だけで終わっていたより、絶対にこっちのほうが良かったと思うので、また続編を書いてほしいな~。
例えば、オリンピック編とかね(^_-)-☆
さらに大人になったキセキ達を見てみたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソロモンの偽証 後篇・裁判

2016年06月11日 22時06分27秒 | 映画(さ行)
宮部みゆきのミステリー巨編を映画化した『ソロモンの偽証』の後編。男子生徒の転落死により動揺が広がる中学校内で、生徒たちが自主的に行う校内裁判の様子を臨場感たっぷりに映し出す。

<あらすじ>
被告人大出俊次(清水尋也)の出廷拒否により校内裁判の開廷が危ぶまれる中、神原和彦(板垣瑞生)は大出の出廷に全力を尽くす。同様に藤野涼子(藤野涼子)も浅井松子(富田望生)の死後、沈黙を続ける三宅樹理(石井杏奈)に証人として校内裁判に出廷するよう呼び掛ける。涼子は柏木卓也(望月歩)が亡くなった晩、卓也の自宅に公衆電話から4回の電話があったと知り……。
(シネマトゥデイより)


前編に続いて見てみましたが、やはり現実感の無さが目につきすぎて、内容に入り込めなかったです・・・。
中学生が裁判というのも違和感があるのですが、周囲の大人たちもそれに簡単に&真面目に付き合いすぎ。
普通はもっと抵抗とか真剣に向き合あわない人がいたりとか、いろんな事があるのでは???と思ったら、白けてしまうんですよねぇ。

原作を読んだ人の評判はすごくいいので、これは映画化されたときに内容を端折りすぎたのと、映像向きの作品ではなかったということかもしれませんね。楽しみにしていたので、残念です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソロモンの偽証 前篇・事件

2016年06月06日 21時52分57秒 | 映画(さ行)
人気作家・宮部みゆきのベストセラーを実写化した、ミステリー2部作の前編。

<あらすじ>
クリスマスの朝、雪に覆われた中学校の校庭で柏木卓也という14歳の生徒が転落死してしまう。彼の死によって校内にただならぬ緊張感が漂う中、転落死の現場を目にしたという者からの告発状が放たれたことによってマスコミの報道もヒートアップ。さらに、何者かの手による殺人計画の存在がささやかれ、実際に犠牲者が続出してしまう。事件を食い止めようともせず、生徒たちをも守ろうとしない教師たちを見限り、一人の女子生徒が立ち上がる。彼女は学校内裁判を開廷し、真実を暴き出そうとするが……。
(シネマトゥデイより)


テレビ放送を録画して見ました~!
宮部みゆきさんの作品は好きなので、いずれ小説版を読んでみたいと思っていたのですが、小説を読む前にもう映画版が放送されるというので、とりあえずこちらが先になりました。

小説を読んだ人の評判が良かったので、この映画を見るのをすごく楽しみにしていたのですが、映像で見てみると、ちょっと微妙・・・。
面白くない訳ではないし、オーディションで集められたという生徒たちの演技もなかなか良かったと思うのですが、いかんせん中学生が学校で裁判を行うというのが、リアリティが無さ過ぎて、今一つ作品の中に入り込めなかったというか、白けるというか・・・。
こういうのは、やはり小説の方が違和感が少ないのかも。
とはいえ、裁判の行方は気になりますし、後編を楽しみにしたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白ゆき姫殺人事件

2016年04月01日 23時21分31秒 | 映画(さ行)
本日テレビ放送されていた「白ゆき姫殺人事件」を見てみました。
以前から、湊かなえさんの作品には興味があったので、すごく楽しみにしていました。

すごいドンデン返しがあるとかではないけど、これまでのミステリーにはない手法をとった作品で、なかなか見ごたえありました。
今時風のSNSで噂がどんどん広がっていくところとか、あっという間に個人情報がさらされたりとか、ミステリーの部分意外でも、ハッとさせられる部分があって、今だからこそできる作品なんだなーと、しみじみ思いました。

ラストの方の、アンとダイアナの友情部分が、私にはグッときましたね~。私も実は子供のころの愛読書は「赤毛のアン」だったので、何年経っても心がつながっている親友のいる美姫がちょっとうらやましくなりました。

この作品、小説版だともっと味わいが違うのかもしれませんね。ぜひ一度、そちらも読んでみたいな・・・。
コメント (2)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ハイ☆スピード! ―Free! Starting Days―

2015年12月30日 23時59分23秒 | 映画(は行)
本日はレディース・デイということで、突如思い立って見たのが、映画 「ハイ☆スピード! ―Free! Starting Days― 」でした。アニメだし、空いているだろうと直前の予約でもいいだろうと軽く見ていましたが、ほぼ満員!!で、予約するのもやっとのありさま・・・。まさか、ここまで人気があるとは思ってなくて、本当にビックりしました(^^;

もともと見るつもりは全くなかったのに、なぜ、突然見る気になったかですが、実は先日からGYAO!さんで、「Free!」のTVアニメの無料放送をやっていたのを、たまたま見かけたのです。
アニメ自体には、あまり興味はない方ですが、スポーツものはわりと好きなので、この「Free!」というアニメが、水泳ものという珍しい種目を題材にしていると知り、ちょっと見てみようかなーという軽い気持ちで見始めました。(実際、話数もわりと少な目でしたので、ちょうど良かったのもあります)

見てみると、序盤はいわゆる「腐女子向け」なのでは?という見た目のイメージがあり、ちょっとついていけないかも・・・と思っておりました。(正直、私はあまりに露骨な腐女子向けは、好みません。ほのかにそういう風に感じるという程度だったら大丈夫なのですが)
でも見ているうちに、青春スポーツものとして純粋に楽しめている自分に気づき、すっかりハマってしまいました(^^;

TVアニメ版は、一期、二期に分かれていたのですが、どちらも途中というか最終回で、「ん???」という描写があり、何やらもやもやしまして・・・。続きとか、あるんじゃないの!?と思っていたところ、なんと映画が公開されているというびっくり情報がありまして。

でも、最初は、DVDになったときにでも見ようかなと思っていたくらいなんですが、見た方のレビューをチラっとだけ拝見したところ、なかなか評判は良いらしい。しかも、TVアニメ版の時代(主人公が高校生)よりも、もっと前(主人公が中学生)の時代を描いているというではないですか!
よって、登場人物もTV版にはいない人たちもいるらしい・・・と聞き、なんだか見たくなってしまったんですよねー。
TV版でも水の描写などは、本当にきれいで見ごたえありましたが、映画版はそれを上回る&大スクリーンで見る迫力は半端ないと聞いて、これは見なければ・・・と思ってしまったんですよね~。

前振りが長くなりましたが、結果、この映画を見て、私としては大満足でした!!!

TV版を見ていなくても十分に楽しめる、王道の青春スポーツものでした。しかも、映像は文句なしに美しいし、登場人物もそれぞれ素晴らしい!!
映画版で初めて出てきた登場人物にうまくなじめるか、最初は心配でしたが、まったく問題ありませんでしたね。
みんなまだ中学生ということで、まだまだ未熟で失敗もあるけど、誰一人嫌いになる人はいなくて、本当に素晴らしい青春ものでした。

ただ正直、TV版を見ていない方が、純粋にこの映画を楽しめ、また正当に評価できるんではないでしょうか。
なまじ、私はTV版を見てしまっているだけに、高校生(TVアニメ版)になった主人公の言動が、この映画のストーリーとあまりにも一致しなくて、見終わった後、混乱してしまいました。

こんなに素晴らしい仲間たちと出会えた主人公の遙が、この半年後には水泳部を辞めてしまうなんて、正直考えられないからです。もちろん、辞めるにはそれなりに理由があったわけですけど、それにしたって辞めるなんて唐突すぎるんですよね。
しかも、TV版の方には、旭や郁弥といった映画版の登場人物が、まったく出てこない訳ですし・・・。この二人なら、他校であっても水泳は続けてると思うし、名前すら出てこないなんて、あまりにもおかしいので。

先に中学生時代を描いておいて、のちに高校生時代を描けば、すべてのつじつまを合わせることができたのに、時系列を逆に絵が描く事になってしまったのが、そもそもの間違いなんでしょうね。
やはり、この映画版とTV版は、パラレルワールドの関係で、もしかしたらあったかもしれない未来(過去)の一つと考えた方がしっくりしますね。

ま、いろいろと書きましたが、王道の青春スポーツものとして考えれば、本当によくできた作品だし、見て損はないと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点

2015年11月15日 23時25分26秒 | 映画(た行)
ここのところ、過去に録画していたドラマや映画を整理して、順番に見ていってるのですが、今回は「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」を見ることにしました。

前作も見たのですが、相変わらず、昭和っぽい映像とセットですよね。しかも、大泉洋さんの変にクールな語り口調が、作中のキャラとは違いすぎて笑えます。

大泉洋さんと松田龍平さんのキャラは好きなんですが、全体的にドタバタしすぎているので、じっくり見る感じではなく、ちょっともったいない気がしました。
でも、今回の犯人は、ホントに最後まで分からなかった!!!!普通こういう作品って、配役を見たり、内容をちょっと見ていれば、「ああこの人が犯人なんだろうな」と予想がつくんですけど、今回は全く分からなかったので、犯人が分かった瞬間は、もうビックリー!
まさか、こんなどんでん返しがある作品だと思っていなくて、油断してました(^^;
(犯人の動機が弱いということの現れなのかもしれませんけどね・・・)

ちなみに、このシリーズは「3」もあるんでしょうか???あるなら、また見てみたいな~。

コメント   トラックバック (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ノウイング

2015年11月14日 23時48分20秒 | 映画(な行)
ずっと以前に録画して放置したままだった「ノウイング」をようやく見てみました~。
なぜこんなに長い間放置していたかというと、見る時間がなかなか取れなかったというのもありますが、何より、見た人の感想があまり芳しくないものだったのが大きいです(^^;

<あらすじ>
消滅の危機にひんした地球を舞台に、ある重大な事実を知った大学教授とその幼い息子による愛と勇気のドラマが展開する。主演はニコラス・ケイジ、その他のキャストはローズ・バーン、チャンドラー・カンタベリー他。


噂が噂だっただけに、なかなか見る気が起きなかったのですが、実際に見てみると、そういう感想になってしまうのも、しょうがないのかな~と変にナットク。
途中までは、結構面白かったんですよね。50年前にある少女が書いた数字の羅列が何を意味しているのか?とか、謎解きの風味が効いていて、興味をそそられたんですけど、何と言っても結末がねぇ・・・。
こういうパニック映画を見る場合って、大抵は最後は主人公の必至の行動がキッカケで、なんとかパニックが収拾される・・・という、サクセスストーリーであることを、心のどこかで望んでいるんだと思うんです。
でも、この映画は、思い切り、そういうのから外れていますからね・・・。娯楽映画でこんな結末があるなんて・・と、ちょっと受け入れられない気持ちでした・・・。

しかも、主人公であるニコラス・ケイジの子供は助かる(選ばれる?)んですが、どういう理由でそうなったのかという明確な回答はないわけです。
それで、余計に消化不良で、評価が下がるのかも・・・。(しかも、なぜウサギはOKなの?とか、犬やネコじゃなくて、ウサギじゃないとダメなの?という疑問もありますし)

面白い面白くないは別にして、見た後に消化不良になる映画であることだけは、間違いなさそうです(^^;
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

図書館戦争

2015年11月09日 00時29分51秒 | 映画(た行)
この間テレビで放送していた「図書館戦争」の映画版を録画して本日見てみました♪
実はずっと、この原作の本を読んでみたかったのですが、図書館ではいつも借りられていて、ついつい忘れてしまっておりました。
で、映画版をテレビで放送してくれるというので、ラッキーとばかりに見てみたのですが・・・。

なんか、予想していたのとは違った感じでした。面白くない訳ではないし、榮倉奈々ちゃんも岡田准一くんも、役柄には合っていたと思うんですけど、なんかこの世界観についていけない感じがあったんですよね~。(好きな方、ゴメンなさい)

図書を守りたいというのは分かるんですけど、そのために実際に銃器を使って戦争をするとか、リアリティをイマイチ感じない・・・。
本を守るのに、本当に人が死んだり傷ついたりするなんて、そんな事があるの???って感じで・・・。しかも、戦争するのも時間制限とかもあるんですよね???私の理解が甘いのか、作品の世界観がはっきり分からなくて、作品にどっぷりとはまることはできませんでした。

確かに、権力者が色んな思想や考え方、表現を一方的に排除しようとするのは間違っているし、それに対して抵抗する組織があるというのもわかるんですけど、実際の映像で見ると、正直違和感を覚えるんですよ・・・(^^;
きっと、小説だとそこまで気にはならないんじゃないのかな、という気がします。

というわけで、やっぱり私は原作を読んでみたいかな。なんか一冊のボリュームがかなりあるので、読むのには時間がかかりそうなんですけど・・・。頑張ります(^^;
コメント (2)   トラックバック (10)
この記事をはてなブックマークに追加

白月の挽歌/ハイスクール・オーラバスター・リファインド

2015年09月12日 01時07分38秒 | 小説
若木未生作「白月の挽歌: ハイスクール・オーラバスター・リファインド 」を読了しました~!
これにて、里見十九郎編三部作は完結したそうです~。いやー、長かった・・・(^^; 長いという言葉しか思い浮かびませんよ・・・。

里見編の一冊目「オメガの空葬」は実に11年前の作品、そして2冊目の「天の傷痕」は4年前というから、ホントびっくり!!!
そして何より、この「ハイスクール・オーラバスター」シリーズが始まったのって、もう26年も前なんですよー!
初期からの読者は、もうこのシリーズが完結しないものと思ってあきらめちゃった人も多数いるんだろうな・・・。私は「天冥の剣」の辺りで読み始めたので、最初期からとは言えないんですけど、それでももう正直再開はないんだろうなーと思っていたときもありましたね(遠い目)
それが、つい最近、たまたまその後どうなったかを何となくHPで検索してみたら、新刊が出る予定と聞いて、ついつい購入してしまいましたよ・・・(苦笑)。
で、今作を読んだ感想なんですが、以下ネタバレしておりますので、ご注意くださいませ。

  *    *    *    *    *    *    *    *    *    *

里見編の完結というだけあって、近年にないまとまり感のある作品に仕上がっていたと思います。実は今作を読む前に、これまでの作品を読み返したりしなかったので、細かい部分は忘れてしまっていて、適当に読み飛ばしてしまったところもあるのですが、それでも、十九郎の事を見届けられただけでも満足感はありました。(とは言えやはり「オメガの空葬」以降だけでも読み返していた方が、更に面白くなったとは思いますが・・・)
やっぱり、物事に決着が着くと、スッキリするというかまた新たな気持ちになれる感じがしていいですね!

もっとも、今後の十九郎と希沙良との関係が今後どうなるのか等、まだ混沌としてる部分はあるんですけどねー。でも、十九郎が京都の大学を希望しているというのが分かったのは良かった。希沙良も今回の件ではかなり傷ついたけど、その分大人になったと思うし、これまでの依存関係を解消して、新たな一歩を踏み出すいい機会になりそうですし。でもその前に、術力を失っても、忍達に協力したいという気持ちがあるとわかっただけでも、収穫はあったかなと思います。少なくとも、白狼王のように加羅王に討たれるというような悲劇がなくてホッとしましたよ~。

次作からは、いよいよ最終章に突入ですね。加羅王&忍さまが中心の物語になるんでしょうね。私がストーリーを覚えているうちに、ぜひ続きを書いて頂きたいものです。ここまで長い間読んできた以上、結末は見届けたいので。

私は十九郎と希沙良の関係がとっても気になっているので、今作以降の二人の関係にはすごく興味があります。今回の事で決定的に傷つけられた絆をどう修復していくのか。従兄弟であり戦友であり、幼馴染でもある二人の関係は、最終的にどういう形に収まるのか、どうしても見てみたいです。
一日も早く、次の物語が読めることを祈って・・・。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メンタリスト/シーズン1

2015年09月11日 23時53分25秒 | ドラマ(その他)
「メンタリスト」シーズン1を先ほど見終わりました~!

最初は、超能力的を駆使するようなオカルトっぽいストーリーなのかと思って、何となく期待せずに見てみたのですが、意外や意外!なかなか、ちゃんとした捜査もので、見ごたえありました。

主人公のジェーンは、もともとは霊能力者としてテレビなどで活躍していたのですが、テレビ番組で「レッド・ジョン」という凶悪犯に関わってしまった事が基で、妻と子供を殺されてしまったそうです。
そういう経緯もあり、現在はカリフォルニア州捜査局(通称:CBI)でニセ霊能力者の技を駆使して、凶悪犯の罪を暴き出す手伝いをしているのです。

ニセ霊能力者ではあったものの、さもそれらしく見せかけるには、相当な観察眼が必要で、それが現在の仕事に生かされているんだからスゴイ。しかも、自分がニセ霊能力者だったこともあって、霊能力なんていうものは全く信じていないのが特徴です。
おかげで、見ている私にとっても、このストーリーがSFチックというかファンタジーなものではなく、現実的な事件ものなんだなーと思って、安心して見ることができた一因かな。

毎回、事件が起こって解決していく手法は、外の刑事もののドラマとほぼ同じ。ただ「レッド・ジョン」に関するストーリーが、1シーズンの中に何話かあって、それがこのドラマの続きを見たいなーと思わせる原動力になっているのかな。
特にシーズン1のラストは、いよいよ「レッド・ジョン」のすぐ近くまで迫ったんですよねー。でもあと一歩のところで取り逃がしてしまいました。
こうやって、何シーズンが引っ張るんだろうな・・・。
製作者側の意図に乗ってしまっているとわかっていながら、やっぱり気になるから見てしまうんですよねー(^^;

とりあえず、続きを楽しみに待ちたいと思います♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加