Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ニュー・シネマ・パラダイス

2008年05月04日 00時31分10秒 | 映画(な行)
評判が高い作品だと聞いていたので、以前から興味はあったのですが、ようやく見ることができました。噂に違わずすごくいい映画で、観て良かったです!特に音楽が郷愁を誘うというか、ノスタルジックでストーリーと見事にマッチしてたように思います。(今じゃ、色んなドラマなどで使われている曲ですもんね。でもやはり、このストーリーにピッタリです)
ちなみに、この作品は、オリジナル版と劇場公開版があるらしいのですが、私が見たのは、エレナと再会しないバージョンの方だったので、どうやら劇場公開版のようです。

<あらすじ>
映画監督のサルヴァトーレ・ディ・ヴィータ(ジャック・ペラン)は、留守中に母マリア(プペラ・マッジョ)からアルフレードが死んだという電話があった事を知らされる。その名を耳にした途端、サルヴァトーレの脳裏には、シチリアのジャンカルド村での少年時代の思い出が甦る・・。
当時、映画好きのサルヴァトーレ(サルヴァトーレ・カシオ)はトトと呼ばれており、「パラダイス」映画館の映写室と映写技師のアルフレード(フィリップ・ノワレ)に惹かれ、なんとか映写室に入り込もうとしていたが、アルフレードは彼をなんおか追い返そうとしていた。そのうち2人の間には不思議な友情の絆が結ばれてゆき、トトは映写室でカットされたフィルムを宝物にして集めるのだった。しかしある日、フィルムに火がつき、「パラダイス」は瞬く間に燃え尽きてしまう。そしてトトの懸命の救出にもかかわらず、アルフレードは火傷が原因で失明してしまうのだった・・・。

ストーリー的には、ものすごくドラマチックな展開があるというわけではなかったんですけど、そこがまたしみじみとした感慨を生んでいいなと思いました。少年のトトもすごく可愛いし、キャスティングもすごく合ってましたね。

少年時代・青年時代を、現在映画監督として成功をおさめている、この映画の主人公であるサルヴァトーレ(通称トト)が振り返るわけですが、誰にでもあるような少年時代・青年時代の心の動きが、さりげない演出ながらもすごくよく感じられて、余計に心に染み入りました。

特に序盤のアルフレードと少年トトの心の交流はすごく見ごたえありました。年は祖父と孫ほどに離れていても、映画好きという一面で通じ合う心は、ものすごく説得力を持って感じられました。

ジャンカルド村を出てローマへ行き、決して帰ってくるなと言ったかつてのアルフレード。トトの才能と映画への情熱を誰よりも認めていたアルフレードは、ある意味、実の親よりもトトの事を分かっていて、切ない気持ちになりました。

そして、30年も実家に帰ってこなかった息子に対する母親。もう自分達の事なんて忘れているわよと言った娘の言葉を容れず、アルフレードの死を息子に知らせようとしていました。アルフレードが息子にとってどれほどの人物だったかを理解してなかったら、こんな事できませんよね。

で、アルフレードの訃報を聞き30年ぶりにジャンカルド村へ帰ってきたトト。実家は改装されていたが、自分の部屋をちゃんと残しておいてくれた母や、あれほど熱を入れていた映画館「パラダイス」が取り壊される事を知り、複雑な気持ちを抱く・・・。

それぞれの気持ちが交錯したラストは、何ともいえないようなしみじみとした,感慨をもたらしました。
派手なストーリー展開・演出があるわけではないけれども、とても郷愁を誘う映画で心に残る作品でした。
きっと見るたびに新たな発見があるタイプの映画だろうなーという気がしてなりません。

私は、同じ映画を何度も見るようなタイプではないのですが、この映画はきっとまた見直したくなるだろうなーという予感がします。
(オリジナル版があるようなので、そちらも是非見てみたいです!)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 彩雲国物語/隣の百合は白 | トップ | ペイチェック 消された記憶 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ラストのフィルム (にゃむばなな)
2008-05-04 18:29:08
ラストでトトが残されたフィルムを見るシーンは号泣ものでしたね。
この映画は映画好きのための映画といってもいくらいに素晴らしく心に残る作品ですよね。
>にゃむばなな様 (Yuhi)
2008-05-04 22:51:08
こんばんはー!コメントありがとうございます♪

仰る通り、ラストのあの場面は、すごく心に残りますよね。

いい映画だと聞いていたけど、思っていた以上でした。
見て良かったです!!
最高傑作です。 (Bono)
2008-05-25 01:40:03
こんばんわ。
この映画は、私の観てきた作品中5本の指に入る位の傑作です。
もう、何十回と観ましたよ。

勿論劇場公開版のほうでね(笑)。
>Bono様 (Yuhi)
2008-05-25 15:03:59
こんにちはー!またお越し下さいまして、感謝感激です~♪

この映画、劇場公開版の方が評判いいんですってね。
私が観たのも、たまたまこの劇場公開版だったようなんですが、オリジナル版の方もどんな感じか興味あります。

僕も見ました。 (間諜X72)
2012-12-27 21:59:18
そして感動しました。

サルヴァトーレとアルフレードの関係。
いいですよね!

そしてラストは涙が出ました・・・・。
>間諜X72様 (Yuhi)
2012-12-28 23:20:35
こんばんは!

この映画、名作だと聞いていたのですが、見てみたら、やっぱり<名作>に相応しい作品でした(^^)

思っていたようなドラマチックな展開はなかったのですが、そこがまたいいんですよね。
派手さがない分、何度でも見たくなるような、奥の深さを感じました。

Unknown (間諜X72)
2012-12-30 14:28:03
>派手さがない分、何度でも見たくなるような、奥の深さを感じました。

いい事を仰いますねー!そうなんですよ!
素晴らしい映画って、そう言うものです。

また、現在→過去→現在と言う展開も良かったです。

コメントを投稿

映画(な行)」カテゴリの最新記事

19 トラックバック

ニュー・シネマ・パラダイス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『映画から 夢が広がった 大切なぼくの宝箱』  コチラの「ニュー・シネマ・パラダイス」は、アカデミー賞最優秀外国語映画賞やカンヌ映画祭審査員特別グランプリを始めとする数々の賞レースで受賞し、日本では単館興行成績No.1を誇る不朽の名作として知られる感動...
ニュー・シネマ・パラダイス (めでぃあみっくす)
全ての映画ファンが感動する作品といえば、やはりこれですよね。ジュゼッペ・トルナトーレ監督の唯一の成功作というよりは作曲家エンニオ・モリコーネの名を世界中に印象付けた感じの作品ですが、映画への愛に満ち溢れたストーリーと音楽は時代がどんなに変化しても素晴ら...
ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 (ひめの映画おぼえがき)
ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 スペシャル・エディション 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ 出演:フィリップ・ノワレ、ジャ...
ニュー・シネマ・パラダイス (シェイクで乾杯!)
ニュー・シネマ・パラダイス 1989年度・伊/仏・175分 NUOVO CINEMA PARADISO ■監督:ジュゼッペ・トルナトーレ ■出演: フィリップ・ノワレ/ジャック・ペラン/アニェーゼ・ナーノ/サルヴァトーレ・カシオ/マリオ・レオナルディ いかにも映画らしい映画でした。 イ...
ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 (しーの映画たわごと)
評判のいい映画なので借りてみました。 完全版と劇場版があるようで、完全版はあまり評判が良くないようです。 ・・・でも、カット無しの完全版がもともとなんだろうから、これはこれで満足なんですが・・・劇場版は見てないし。
ニュー・シネマ・パラダイス Nouvo Cinema Paradiso (映画!That' s Entertainment)
「ニュー・シネマ・パラダイス Nouvo Cinema Pradiso」              ~3時間完全オリジナル版~ 1989 イタリア/フランス 175分 監督・脚本:ジョゼッペ・トルナトーレ 音楽:エンリオ・モリコーネ 出演:フィリップ・ノワレ、ジャック・ペラン、サ...
ニュー・シネマ・パラダイス/完全オリジナル版(DVD) (ひるめし。)
映画から夢が広がった 大切なぼくの宝物
ニュー・シネマ・パラダイス(デジタルリマスター版) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★ 決して色褪せることのない、あのときあの場所
「ニュー・シネマ・パラダイス」 (ひらりん的映画ブログ)
どこの「感動映画ランキング」にも必ず登場する名作らしいので、 ちょっと見る気になりました。
ニュー・シネマ・パラダイス (BLACK&WHITE)
【NUOVO CINEMA PARADISO】1989年/イタリア、フランス 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ  出演:フィリップ・ノワレ、ジャック・ペラン、アニェー...
●ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版(126) (映画とワンピースのこでまり日記)
いやぁ、長かった
『ニューシネマ・パラダイス』 (La.La.La)
 制作年:1989年  制作国:イタリア・フランス  上映メディア:劇場公開  上映時間:175分  原題:NUOVO CINEMA PARADISO  配給:角川エンターテイメント  監督:ジョゼッペ・トルナトーレ  主演:フィリップ・ノワレ      ジャック・ペラン    ...
『ニュー・シネマ・パラダイス』(Blu-ray) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 2月3日(日) Blu-rayディスクにて鑑賞。
ニュー・シネマ・パラダイス (Whiskey from the Glass)
『映画から夢が広がった大切なぼくの宝箱。』 シチリアの小さな村にある映画館、パラダイス座。 親の目を盗んでは映画館に通いつめる少年トトは、大の映画好き。やがて、映写技師のアルフレードと心を通わせるようになり、、映画に魅せられて彼は大人になってゆく・・。...
ニュー・シネマ・パラダイス (<映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅)
【公  開】 1989年 【時  間】 124分 【製  作】 イタリア/フランス 【監  督】 ジュゼッペ・トルナトーレ 【音  ...
ニュー・シネマ・パラダイス (mama)
NUOVO CINEMA PARADISO / CINEMA PARADISO 1989年:イタリア・フランス 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ 音楽:エンニオ・モリコーネ、アンドレア・モリコーネ 出演:フィリップ・ノワレ、ジャック・ペラン、アニェーゼ・ナーノ、アントネラ・アッティーリ、イサ・...
ニュー・シネマ・パラダイス (こんな映画見ました~)
『ニュー・シネマ・パラダイス』 ---NUOVO CINEMA PARADISO   CINEMA PARADISO [仏]--- 1989年(イタリア/フランス) 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ 出演: フィリップ・ノワレ 、ジャック・ペラン、サルヴァトーレ・カシオ 、マルコ・レオナルディ、アニェーゼ...
「ニュー・シネマ・パラダイス」 人生を経るに従い感じ方が変わる作品 (はらやんの映画徒然草)
大学生になってから本格的に映画に夢中になりました。 学生時代は東京には住んでなか
ニュー・シネマ・パラダイス (映画鑑賞★日記・・・)
【NUOVO CINEMA PARADISO】 1989/12/公開 イタリア/フランス PG12 175分分監督:ジュゼッペ・トルナトーレ出演:フィリップ・ノワレ、ジャック・ペラン、サルヴァトーレ・カシオ、マルコ・レオナルディ、アニェーゼ・ナーノ、プペラ・マッジオシチリアの小さな村にある映...