そりゃおかしいぜ第三章

北海道根室台地、乳牛の獣医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界政治を問う

インド以外は低迷期に入ったBRICS

2016-10-18 | BRICS
21世紀の地球を担うと持ち上げられていた、BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)であったが、このところ陰りが見えてきている。20世紀あるいはそれ以前から先進国(ヨーロッパ諸国であるが)に侵略され、収奪され、人的にも大きな被害をこうむっていた国々である。
先進国は科学技術に優れ、多くは軍用に転用されて侵略し収奪したのである。軍事力による差ともいえるが、これらBRICSには国家としての可能性を、先進国によって失われたといえる。ロシアは少し外さなければならない要因があるが、いずれにしても経済がグローバル化する中で、国家としての威厳と権利を回復し、21世紀の地球を担うものと思われていた。事実今世紀に入っての経済発展は素晴らしく、人口は世界の半分ほどであるが、GDPは世界の30%を超えるまでになった。
中国は明らかな低迷期に入った。前年度を下回る成長率は4年ほど続いている。国家自身が経済を粉飾している可能性すらあり、格差の拡大は日本の比ではない。社会主義を標榜するのが恥ずかしくないのだろうか。
ロシアとブラジルそれに南アフリカは、明らかに低成長期に入っている。ロシアはウクライナ問題による西側の経済制裁と、プーチン主導の経済を支えていた天然ガスと石油の価格暴落が大きく響いている。
ブラジルは様々な国内事情を抱え、オリンピックを誘致に奔走しいたころの2010年には7.53%あった成長が一気に暴落して、回復することなくオリンピックを迎えた。昨年からマイナスに転じ、今年はマイナス3.8%が見込まれている。鉱物資源の暴落と、政治スキャンダルがこれに絡み大統領まで、オリンピック直前に罷免される内政不安も抱えている。オリンピックというカンフル剤が亡くなった後の、低迷が不安視されている。
人種隔離政策をようやく克服して、BRICSの仲間入りさせてもらった南アフリカであるが、経済基盤がぜい弱な上鉱山ストライキなどあって輸出が低迷している。過剰投資も社会資本の投資も低調であるが、金融は新興国の中では珍しく堅調である。インフラ整備が進んで社会不安が少なくなれば伸びる可能性はあるが、元々容量は少な(3500億ドル)く対外定期な意味は少ない。

BRICSで唯一堅調なのがインドである。あと数年で中国の人口を追い越すことになる。数年前の10%を上回るこてゃないものの、7%台で堅調に推移している。賀寿依存の少ない経済体制は、中国とは異なりこれからもそれほどの落ち込みが起きるとは思えない。
中国とインドの共通する問題は、農村部を置き去りにしてきていることである。インドはこうした中間層の底上げをやろうとしている。中国を教訓にしているかに見える。モディ政権は、5月に「破産・倒産法」を成立させ、地方選で躍進。実績を背景に改革のスピードを上げている。

シノン主義経済は常時インフレでなければならないシステムである。しかし、先進国が途上国を食い物にして成長したシステムは、今や通用にはしない。発展するにはその広がりを受け入れる空間がなければならないが、地球は無限ではない。BRICSなど新興国がそうしたことに気が付くころにならなければ、資本主義体制は見直されないのかもしれない。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新潟知事選の結果から見てく... | トップ | 恐怖のモスル奪回作戦、その... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (タンケ)
2016-10-20 10:45:05
白人が人種差別やキリスト教徒でないことを基に暴力迫害や強奪してきたのが近代だ。「資本主義」などともっともらしい題目付けているが、何のことはない。それは彼ら如く残虐で貪欲な者らが、彼らが勝手に決付けた野蛮人からその富や土地をドロボーしてきた制度の断片である。例えばイギリスのインド支配と強奪の事実を知ると、それが如何に過酷冷酷で身勝手きわまりないものだったかが判る。狡猾な彼らは、分断支配して内部対立を煽り、その張本人はイギリスであることを隠して現在のインドの状況を固定化してしまったのである。

日本もいつまでもアメリカの奴隷支配と収奪から離脱して、寧ろBRICS陣営に属する方が賢い選択だっただろうに。少なくとも、我々の巨額の金をアメリカに貢ぐなども終わり、日本人自らがもっと豊かな経済を謳歌できていた可能性がある。だが、残念なことに、今の日本はアメリカの犬が支配しているというのが事実である。自国同胞を虐げ搾取し、逆にアメリカには諂い貢ぎ奉仕し続けるのが今の日本の権力者たちだ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL