二草庵摘録

本のレビューと散歩写真を中心に掲載しています。二草庵とは、わが茅屋のこと。最近は詩(ポエム)もアップしています。

塩野七生「ルネサンスとは何であったのか」

2008年06月08日 | エッセイ・評論(国内)
「ルネサンスとは何であったのか」(塩野七生著・新潮文庫)を読み終えてから、 もう一週間あまりが経過した。 レビューは読み終えた直後に書くのが、感情移入がスムースにいくので、 いちばん書きやすい。二週間もしたら、いそがしい現代人は関心がほかの本や映画などに移ってしまい、 書かずに終わってしまう。 ここで話が飛ぶが・・・、歴史上の人物ではなく、 「いま生きて活動している人のなかで、最も尊敬するのはだ . . . 本文を読む
コメント

うれしい遭遇

2008年06月03日 | Blog & Photo
モンキアゲハの写真が撮りたくて、 藤岡市の庚申山へ出かけた。 林縁にある農家の庭先や、畑の花壇は、 チョウや昆虫に大人気! 数本の木の陰では、コアオハナムグリが大発生。 小豆粒大の白い花に、 100頭をこえるコアオハナが群がっていた。 あれだけの数になると、可愛いを通り越して、 気持ちわるくなる(^^;) さて、念願のモンキアゲハ。 散策中、蝶道で数度見かけたが、撮影のチャンスにはめぐまれな . . . 本文を読む
コメント