まこの食いしん坊日記 Ⅱ

食いしん坊な主婦 まこの、毎日のごはん日記です
普段の食事を中心に、何気ない日常を ゆるりと ♪

台湾へ親子三世代旅行(4)~1日目「九份(きゅうふん)」編~

2017-03-23 | 2017年 台湾旅行

夕方くらいから「千と千尋の神隠し」のモデルになったと言われる街「九份(きゅうふん)」に行きました。

「千と千尋の神隠し」の制作者の宮崎駿監督が自ら「台湾の九份は千と千尋の神隠しのモデル地ではない」とおっしゃっているようですが、ここは、台湾に行ったら絶対に行きたい所の1つでした 

 
ホテルのある台北から九份は、車で1時間くらいと少し距離があります。

ツアー利用、タクシー、バス、電車+バス等、 行き方もいろいろあって迷う所ですが、私たちはタクシーを利用しました。

ツアーだと1人6,000円(4人で24,000円!)と高額だし、自由時間が1時間くらいしかないみたいなので、あまり散策出来なさそう。

バスは安いけど 混んでいるみたいで、座れなかったら ちょっと大変かも。

と消去法で考えて、タクシーに。

タクシーだと往復で1万円ほどかかりますが、4人で行く事を考えたら そんなに高くないと思うし、好きな時間に行って好きな時間に帰れるので、自由度が高いのもメリットです。


早朝のフライトだったので、タクシーの中では全員 爆睡(笑)

安心してタクシーで爆睡出来るのも、安全な台湾だからこそかもしれません。

目が覚めたら、到着していました 

残念な事に、着いたら雨でした 

タクシーを降りてすぐ、目の前のお店で全員で傘を購入。 

九份は 夜市のような感じで、狭い道の両側に ずらっとお店が並んでいます。

食べ物屋さんや お土産屋さんが多いです。

ところ狭しと物が置かれ、ごちゃごちゃとした雰囲気は 見ているだけで楽しい!!


これ、なに〜 

カンナみたいなもので、大きなピーナッツが入った飴みたいなものを削っています。

この削った粉をクレープの上に乗っけて、その上にアイスを乗せて包んで売っています。

ダンナと息子が食べました(私はアイス苦手なので食べなかった)

 
こちらが、老舗茶芸館の「阿妹茶酒館」

「千と千尋の神隠し」の "湯婆婆湯屋" のモデルになったのではないかと言われている茶屋です。

夜になるとライトアップされ、さらに雰囲気が良くなります。

雨で混んでいるため、写真を撮るのが大変でした 

 
霧がすごいわ。 

結構高い所にあるのね。

  
雨で傘をさしているため あまり ゆっくりと建物等を見られませんでしたが、 

建物も、味があります。

 
お腹が空いたので、

夕食にと九份内にある適当なお店に入り、アレコレと食べました。

 

やはり小籠包、美味しいわ〜 

 

鶏肉に添えられた生姜の量がハンパない(笑)

  
鶏油飯と ルーロー飯。 

ルーロー飯、お昼に食べた物は豚のひき肉だったけど、こちらのは豚の角煮が煮くずれたような感じで、これまた美味しかったわ 

 

小籠包は、美味しいから2つ。

 
この後、帰る前にスイーツ屋さんにも寄りました。

私はやっぱり、甘いものが食べたい 

女子だもの〜(笑)

難しい名前が並んでいるけど、写真を見れば だいたいわかる感じ。

どれも200円前後です。

 
そうそう、この「豆花(トウファ)」 が食べたかったの!!

豆花とは、豆腐のようなものに甘いシロップをかけて食べる台湾の伝統的なスイーツ。

豆腐との違いは、材料にさつまいも粉が入っていることだそう。

なんていうのかな? 豆乳で作った甘くないプリンのような感じです。

 
父は、豆花に小豆+いも団子が入っているもの。

私たち3人は、豆花に黒糖タピオカ+いも団子が入っているものに。

冷たいのと暖かいのが選べます。

全員、暖かい豆花に。

 
ほんのり黒糖風味のタピオカが大きくて、ぷるっぷる〜

いも団子も もっちもちで、全体的に甘過ぎない。

こういうの、大好きだわ 

ずっと食べ続けたいくらい(笑)


豆花(トウファ)が食べたかったので、もう大満足 

豆花にハマりそうです。

都内でも食べられるお店がいくつかあるので、調べて行ってみようかな?


雨の九份、道が狭いので行き交う人の傘の雨がかかったりして大変でしたが、一度行ってみたかったので大満足です。

コメント (5)

台湾へ親子三世代旅行(3)~1日目「ホテル 台北国際飯店」編~

2017-03-23 | 2017年 台湾旅行

夜のお出かけの前に、ホテルのチェックアウトを済ませて お部屋に入りました。

今回のお宿は、中山駅の近くにある 台北国際飯店(台北インターナショナルホテル)です。

 

このホテル、規模的には小さいのですが とても綺麗なホテルでした。

 

ロビーも こぢんまりとしているのですが、落ち着く感じです。

 

ホテル内に、鯉がいました。


お部屋は、とにかく すご〜くシンプルで。

でも どこも清潔で、お部屋にいても とても気持ちがいいんです。

 

ベッドの横にソファーがあり、デスクもあります。

  

テレビは、日本のものは NHKが見られます。

 

洗面の横にお風呂と、 

 
反対側に、トイレとシャワー。 

建物は そんなに新しくはないと思うのですが、シンプルで清潔で、とても気持ちがいいホテルで。

最高級のホテルではありませんが、でももし また台湾に行く事があったら、また泊まりたいな、と思えるホテルでした 

コメント (1)

台湾へ親子三世代旅行(2)~1日目「庶民食堂& 屋台の餅菓子」編~

2017-03-21 | 2017年 台湾旅行

ホテルの近くで、地元の方達しかいないような食堂を見つけたので入ってみました。

メニューの紙にラミネート加工がしてあって、そこにオーダーを自分でペンで書くシステムでした。

 
このシステムなら聞き間違いによるオーダーミスもないし、最後に消せばこのシートは何度でも使えるので紙が無駄にならない、効率が良くある意味すごいなと思いました。

水餃子や、麺類の小サイズをいくつか注文。

どれも200円前後です。

台湾の年収は日本の約半分だそうで、一般の方達の食べるものは 比較的お安いようです。

 
ダンナが注文シートを持って行くと、お店の方に「これは美味しいから、よかったら食べてみて」と言われた おつまみみたいなもの。

煮玉子、昆布、大豆で作った厚揚げの揚げてないようなものの3種類。

上から、焼豚のタレみたいなものが かかっています。

お隣のテーブルの方達も コレ、食べてました。

わざわざ美味しいからと勧められたので期待に胸を膨らませて食べたけど、ええ、普通に美味しい感じでした(笑)

 
水餃子と、麺類の小サイズをいくつか。 

店内で水餃子を包んでいたので、手作り水餃子です。

水餃子 美味しい 

 
あと、台湾名物「魯肉飯(ルーロー飯)」 

ルーロー飯は、台湾の煮込み豚肉かけご飯です。

150円くらいと、とってもお安いくせに、これまた美味しいの 

台湾のB級グルメだね。

 
これ なんだっけ? (笑)

汁無し麺の上に、そぼろと椎茸を煮込んだ具がかかっています。

麺と具を 混ぜて食べます。

 
台湾って街中に こういうお菓子の屋台がチラホラあって、気になる気になる〜 

上がお餅みたいなもので、下が茶色いゼリーみたいなもの。

茶色いゼリーは「愛玉(アイユー)」という植物の実で作る硬めのゼリーで、ゼリー自体に味は無く、レモンシロップをかけて食べるそうです。

 
ダンナがお餅みたいな方を買いました。 

注文をすると、おじさんがお餅に何やら加工をし始めました。

 
お餅を平に伸ばし、中に白い粉のようなものを包んでいます。 

包んだ後は、きな粉のような黄色い粉を表面にまぶして終了。

 
早速 立ち食いです 

表面の黄色い粉は、ピーナッツの粉でした。

やわらか〜い お餅の中に、ココナッツの甘い粉が入っています。

コレ、すご〜くすご〜く好き 

なんだろう?って感じで買ってみたけど、思ったよりも美味しくて、みんな「美味しい、美味しい!」と言って食べました 


この後 一度ホテルへ寄ってチェックインをしてから、夜は「千と千尋の神隠し」のモデルになったと言われる街「九份(きゅうふん)」に行きます。

コメント (6)

台湾へ親子三世代旅行(1)~1日目「機内食&ホテルロビー」編~

2017-03-21 | 2017年 台湾旅行

3、4日 ブログをお休みしていましたが、無事に台湾旅行から帰って来ました!

今回の旅行は私の父も一緒の三世代旅行。

メンバーは、私の父、ダンナ、私、息子の、4名です。


父との海外旅行は、2010年に韓国旅行、2011年にバリ島旅行、2012年にタイ旅行と、過去に3回。

父は80歳と高齢なのですが、今回の台湾でも私たちが まだ寝ている間に朝から1人で散歩に出かけ、万歩計を見ながら「4,000歩 歩いてきた」というくらいで、ありがたい事に もう本当に元気でシャキシャキしている、スーパーおじいちゃんなんです。

息子の受験等もあり 間が少し開きましたが、また今回 父と一緒に旅行に行く事が出来て良かったです 
 

そういうわけで、今週はいつもの ごはん日記をお休みして、台湾旅行記のUPになりそうです。 

良かったら、是非 お付き合いくださいませ 


成田より羽田が断然近いので 出来れば羽田発が理想なのですが、今回 飛行機を取ったのがギリギリで 羽田発は無理かな〜?という状況だったのですが、早朝便なら空きがあるという事で、なんとかギリギリ4席、羽田発が取れたんです。


そういうわけで、早朝の5時台に、羽田へ。

早朝だから閑散としているのかなと思いきや、羽田空港は思ったよりも人で賑わっていました。

 
朝食は、チャイナエアラインのエコノミークラスの機内食です。 

「魚ごはん」か「オムライス」か? と聞かれたので「オムライス」と答えると、どうやら聞き間違えだったみたいで、オムレツでした(笑)

 
朝食を食べてウトウトしていると、あっという間に台湾に到着。 

台湾も、台北に行く場合は 成田と羽田のように 台北の街に近い空港と遠い空港があるのですが、今回はラッキーな事に こちらも街に近い「松山空港」着が取れたので、行き帰りがラクラクです 

 
松山空港は本当に市街地が近いので、あっという間にホテルに到着。

今回のお宿は「台北国際飯店」というホテルで、台北インターナショナルホテルと呼びます。

台湾では「飯店」って書いて、ホテルの意味なんですね。


台北インターナショナルホテルは 台北駅のお隣の中山駅の近くにある、規模的には小さいのですが とても綺麗なホテルです。

ロビーも本当に こぢんまりとしていて、落ち着く感じで。

 
ロビーのソファーも、 

可愛らしいソファーが3つほど 置いてあるだけです。 


でも お掃除も行き届いているし、

とっても清潔で綺麗な、すごく気持ちのいいホテルです。


ホテルに荷物を預け、

お昼ごはんを食べようと、ホテルの近くを散策しました。

 
海外に行くと、日本にないメニューがあったりして マクドナルドが気になる〜 

でもメニューは そんなに変わらない感じかな?

でも どのセットも200円弱と、お値段は日本よりお安いね。


少し散策した後、地元の方達が行くような食堂で お昼ごはんを食べましたよ。

写真がいっぱいで長くなるので、今回はこの辺で 

コメント (6)

お赤飯と すき焼きで夜ごはんと 行ってきま〜す♪

2017-03-17 | 夜ごはん

お赤飯
すき焼き
(牛肉、豆腐、ねぎ、春菊、椎茸、しめじ、エリンギ、えのき、しらたき)
デコポン 

 
父が来たので、すき焼きに 

息子の大学合格のお祝いに、母がお赤飯を作って父に持たせてくれたので、すき焼きと一緒に食べました。 

 
あと ホワイトデーのお返しに、

東京駅で買ったお菓子を父にもらったので、食後にみんなで食べました 

 

「キャラメルたまご」と、

  

「チョコたまご」

 

どっちも美味しかったです 


いつも、私のブログを見てくれている父。

「食べたものは そんなに興味ないけど、アレコレ(息子の事とか)書いてあるのを読むのが楽しい。」と。
 

うん、それ、前に私の友達にも言われたよ。

だから、いろいろとアレコレ 自分の事とか息子の事とか、もっと書きたいとは思うんだけど、でもね〜、私の生活なんて、毎日 職場と家の往復で、合間に せいぜいスーパーに行くくらい(笑)

びっくりするような事も起こらないし、そんなに書く事もないんだよねぇ 


ブログを書こうと思ってパソコンの前に座るんだけど、でも なんにも書く事がないから、結局 更新するのをやめて寝ちゃう事もしばしば 

それに つっこんで書きすぎると、例えば 勤めている会社や、息子の学校名なんかが わかっちゃう、なんて事もあるしね。

難しいわ 


さて、今週末から待ちに待った 台湾旅行です!

小籠包、いっぱい食べるぞ〜 

台湾茶も飲みたい〜!

パイナップルケーキも買わなくちゃ 

って、相変わらず食べる事ばっか(笑)

海外旅行でも、興味があるのは やっぱり食文化なんです。


では、行ってきますね 

コメントのお返事が出来るかわからないので、すみませんが コメント欄は閉じておきます。

コメント