梅さんのかわら版.umelog

梅本ダンスチームのコンテンツの一つです。
日々の出来事、趣味の話など綴っていきます。

”埴輪の土鈴”

2017-06-17 15:50:15 | 市民講座
 
笛吹市には沢山の埋蔵物が出土していて、風土記の丘などに展示されている。
我が家も「寺の前遺跡」の上に立っている。
昔は、畑を耕すとゴロゴロと貴重な壷など出てきたのではないだろうか。
今日は、埴輪の形をした土鈴づくりだ。
丸く土を延ばし、その中に鈴となる小さな土の塊を新聞紙に包んで入れる。
新聞紙は、粘土を焼く時に焼けてなくなる。

 
餃子を包むようにして包んで、あとはしっかりはりつけて、顔や髪の毛を作る
見本が3体…

 
umeさん作品は、両端をきるか、折りたたむ部分が少なかったので、本当に餃子のようになってしまった。
でも、顔は可愛い… 姫ちゃん埴輪になった。
1か月程家で乾燥させて、次回に焼くのだが、
どんなになるかちょっと楽しみ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« "お母さんまだぁ~” | トップ | ”ひかりつめたきほたるかな~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。