電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.515 (2/3)

2007年07月11日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/10/12~06/10/13

◎護くんに女神の祝福を!
 (第2話)
 世界の危機って……アストラルファイアが盗まれたからって絢子が暴れてただけかいっ! 犯人にはなんか心当たりは有り過ぎのような気がするけど。
 頬被りして様子を伺ってる露骨に怪しげな友香を見付けた護。飼い犬をさらわれたからアストラルファイア強奪に加担させられてたってか。
 護と犯人探しに出掛けることになった絢子だけど、まるでデート気分。初々しくていいね。しかし、それを犯人に邪魔されて大激怒。ビルに追い込んだと思ったら、それはビアトリスの無い場所に絢子を誘き出そうとしてる犯人の罠ってか。
 犯人は3年前に何かを絢子に邪魔されたのを恨みに思ってるみたいだけど、よくわからん話。飛び出した護を庇って絢子は負傷。怒った護は犯人を焼き殺し……ま、死んではいないみたいだけど、絢子でさえ使えなかった環境でビアトリスを使ってるって、護って絢子以上の才能があるのか? 犯人がアストラルファイアを絢子に向けて放った時点で、そのビアトリスが周囲に拡散したってことかも知れないけど……
 それで自分に自信を持った護は絢子の告白にOKしたって話なんだけど……護が絢子に対してコンプレックスを感じてたって描写がほとんど無くて、とってつけたような感じだったのが不自然だな。ま、コンプレックス以前に絢子のことをほとんど知らなかったって面も大きいとは思うけど。

◎ザ・サード ~蒼い瞳の少女~
 (第22話)
 浄眼機を殺したと偽って火乃香に戦いを挑んでるローナ・ファウナだけど、火乃香は戦おうともせず、逆にローナ・ファウナを救い出そうとしてるけど……
 そのローナ・ファウナはクローンですでにクローン体としての寿命が尽き掛けてるって話。以前に火乃香とブルーブレイカーの前に出て来た遺体が本物のローナ・ファウナだったって話ね。
 ローナはバイオームの心がわかるのが異端扱いされてザ・サードから隔離されていたのを浄眼機だけが受け入れてくれたってか。バイオームってのは生物群集とか人工的な生態環境系とかあるけど、ここではどういう意味かってのはよくわからんね。ま、この世界が最終戦争後の復興された世界だから、完全な自然環境と言うのはなくて、コロニーごとに人工的なバイオームが構築されてるってことかも知れないけど。
 おや、ザ・サードは生殖能力が無いってか。基本的に人類の中から突然変異で生まれてくるだけなのね。だから異性の概念も無く、恋愛感情も無いってか。それでローナ・ファウナの好意を受け入れることができなかったってか。
 結局、ローナ・ファウナは火乃香の前で息絶えたけど、その途端に暴走を始めてるナノマシンの生態融合システム。ローナの遺志を継ぐを継ぐと言ってワームホールドライバーを起動させてるけど……最後は火乃香があっさり一刀両断してお終い。もちょっと粘ってくれた方が緊迫感があったんだけどねぇ。ま、ワームホールドライバのカウントダウンがあれだけ短けりゃ粘ってる時間も無いわな。

◎XXXHOLiC(終)
 (番外編)
 モクレンから生えてる手を見付けた四月一日。今より若いって感じだけど、リュック背負ってるってことは小学生か。
 その手は通学路にも現れて四月一日を手招き。追われた四月一日を桜の木の上から呼んで助けてくれた謎の少年。四月一日の苗字から誕生日が4月1日を想像するのも無理があると思うけど、4月1日はその少年にとっても特別な日だって話だけど……
 四月一日が持ってた食塩で手を追い払ってるけど……特別に清められてない普通の食塩でも効き目あるのか?
 桜の木の地縛霊か何かと思ったけど、なんか普通の人間のガキみたいだな。で、4月1日の四月一日の誕生日に約束してるけど……
 桜の木の前で手の大群に囲まれた四月一日。それを救ったのは例のガキだけど、そのガキは7年前にそこで手に招かれて神隠しに遭ったってか。そして、この日が完全に消え去る日だって話だけど……意味がよくわからんね。今まで四月一日だけに見えてたってわけでもないんだろうけど……。
 ま、桜の木の下には死体が埋まってるって都市伝説のバリエーションのひとつか?

◎コードギアス 反逆のルルーシュ
 (第2話)
 ギアスによって敵のナイトメアを奪ったルルーシュ。ゲリラに勝手に命令してブリタニア軍のナイトメア部隊を次々に殲滅していくけど、なんかゲーム感覚で戦争やってるみたいで、感じが悪いね。
 情報統制のために大規模な増援を出せないブリタニア軍。ルルーシュにナイトメア部隊を全滅させられた総督のクロヴィスは実験中の新型ナイトメア、ランスロットの投入を命じてるけど、そのパイロットが奇跡的に一命を取り留めたスザク。
 スザクを始末した連中はルルーシュによって全滅してるから、その場にやってきた救護班はスザクが口封じのために殺されたってのは知らないから、それで単純に救護されたってところか。
 スザクはルルーシュと少女を助けるつもりで出撃してるけど、ランスロットの威力は圧倒的で、ゲリラ側のナイトメアはみるみるうちに壊滅状態。隠れて指揮をとってたルルーシュも追い込まれるも、ゲリラのねーちゃんの助けで何とか生き延びたってところ。
 脱出したルルーシュは戦術的勝利ならくれてやるが戦略的にはそうはいかないと、ギアスを使ってクロヴィスの元へ。
 一方、ゲリラを掃討するブリタニア軍は退避した一般人のイレブン毎、ゲリラを殲滅しようとしてるけど、ギリギリでクロヴィスの停戦命令。てっきりルルーシュがギアスを使ってクロヴィスを操ってるのかと思ったけど、そうでもないみたいね。単純に銃で脅迫されたからか。
 で、クロヴィスに久しぶりとばかりに素顔を見せるルルーシュ。おいおい、ルルーシュもブリタニアの公子だったってか。なんかとっくに死んだことになってるみたいだけど……

◎銀色のオリンシス
 (第2話)
 コウイチを守ると言ってテアが呼び出したズィルバだけど、住民にガーデナーだと思われて攻撃されてるとは悲惨だね。それを防ごうとしたトキトもズィルバーに飲み込まれてるけど、その途端に銀色に変わってるズィルバー。それを見てトキトとテアの旅が始まったとか言ってる謎のねーちゃん。
 ズィルバーはガーデナーより古いものだと言ってるテア。ハンターの仲間の1人がそれを見てオリンシスマシンとか言って、今の時代にはもう無いはずのもののように言ってるけど……
 タウンを守ったのに、住民からは責められてるトキト。ズィルバーを自分たちが捕獲して乗っ取ったガーデナーだと言い張ったのはいいけど、結局は厄介者のテアを引き取ってタウンを追い出されてるって展開。ま、商売よりも仲間思いのグループで良かったね。

◎ケロロ軍曹
 (第131話)
 クソ真面目なギロロが休暇を取ったからって大騒ぎのケロロたち。いや、それはいいけど、おまいら最前線の兵士の分際で休暇なんか取れるのか? ま、侵略される側に侵略されてるって自覚が無いから砲火を交えずに済んでるけど、ケロロ小隊はあくまで前線の部隊であって、後方待機の部隊じゃないだろ。ベトナムやイラクの米軍兵士もそりゃ休暇を取るだろうけど、それは部隊が交代で後方に下がってる時の話。生きるか死ぬかの最前線で休暇なんかあるわけないわな。
 それにしても、薩摩半島でサツマイモって……ベタ過ぎ。
 どうでもいいけど、ギロロの休暇は今回が初めてってことは、そのサツマイモ畑を作るのはどうやったんだ?

 運動会が嫌で雨乞いをする冬樹のために気象コントロールで当日を雨にしようとしているケロロたちだけど、なぜか強制的な力で天気は晴れに。運動会で娘と一緒に出たいと思ってる桃華の父親の仕業……出たな、池田秀一。サブタイトルに見慣れない名前があると思ったら、このおっさんの名前だったかい。
 で、せっかく大金を投じて晴れにしたのに、時差を忘れてたってマヌケ過ぎ。しかし、相変わらずケロロ小隊ってこのおっさんには勝てないんだな。

◎くじびきアンバランス
 (第2話)
 最初の雑用で購買部の手伝いさせられてる次期生徒会……はいいけど、教師の給料まで握ってる生徒会って、どんな権限のある生徒会なんだ。
 放課後はねずみ退治だけど、蓮子のメカが暴走して失敗。しかし、その暴走メカをでこピン一発で倒してる副会長の如月香澄。ただ者ではないな。どうでもいいけど、この一件だけで失格かと思ったんだけど、そこまでシビアじゃないのか。
 翌日はくじ引きで廃部が決まったのに部室を明け渡さない悪質同好会の排除。ターゲットはドミノ部。ドミノをやってる連中かと思ったら部室の中には一面に敷き詰められたドミノの牌。ドミノ倒し部かいっ!
 しかし、そいつらの真の目的は生徒会長・律子の時限爆弾による抹殺。なんか高校の部活云々のレベルの話じゃないな。こいつら最初からテロ目的で立橋院に入ってダミーの部活を立ち上げてたってところかい。
 小雪の通報にも予定を変えようとしない律子。次期生徒会が何とかするだろうって……生徒会長になったらそこまでくじ引きに委ねなければいけないってか。ま、いざとなったら香澄とリサが何とかしてくれるって信じてるところもあるんだろうけど……

◎BLACK BLOOD BROTHERS
 (第6話)
 オーギュストの襲撃を撥ね避けたところを、夜会のリーダーであるゼルマンの招待を受けたジローたち。部下には過激な連中が多いみたいだけど、当人はそんなものは超越してるって感じだね。
 カンパニーが自分たちを受け入れようと知らされた上でジローを仲間に誘ってるゼルマンだけど、自分たちは正義の吸血鬼だからって拒否してるコタロウ。ゼルマンに面と向かってそんなこと言えるって、度胸があるというか何というか……
 その後、協定血族めぐりを続けるも、どこも門前払い。暗くなったから帰ろうとすると、ジローたちを呼び止めるガキの声が。そこには特区の有力者の龍王セイと、その従者でジローの旧友であるケインが。昼間は門前払いを食わせたのは、協定血族としてはジローを特区に受け入れることは出来ないからだと言ってる2人。なんか厄介払いでもしてるって感じなんだけど、それってジローがいたら争いを生む火種にでもなるって考えられてるみたいね。
 2人と別れた後、再びオーギュストの襲撃を受けるジローたち。しかし、今度のオーギュストはドーピングでもされたかのようにバーサーカー状態。オーギュストの仲間にそれを質そうとすると一目散に逃げてるって……何か裏がありそうだな。
 何とかオーギュストを追い払ってミミコの部屋に戻ろうとするけど、いきなしミミコの部屋が爆発。ジローたちと関わったばかりにミミコも大変だね。

◎ときめきメモリアル ~Only Love~
 (第2話)
 バレー部の新人、春日つかさ。朝練中に他の部活の男子たちの視線を引き付けてるけど、本人は運命的な出会いを待ってるという、よくわからん女。
 相変わらずどうみても高校生には見えないクラスメイトが2人いるんだけど、こいつらひょっとして元ネタはキンドーちゃんとトシちゃん25歳じゃないだろうな。
 前回の天宮小百合のケータイ番号争奪戦で逃げ切った青葉に目を付けた体育会四天王が各部の青葉争奪を賭けた勝負を挑んでくるって展開だけど……今回も運だけで体育会四天王(-1)を破ってる青葉、凶悪な運強さだな。
 しかし、相手にデッドボールをぶつけて勝ちってのは酷くないか? ま、昔ある野球マンガでノーコンの投手が敵にデッドボール与え続けて押し出しで何点も取られるんだけど、そのうち相手チームは負傷者続出で選手がいなくなって不戦勝になったって話があったけど、それに匹敵するぐらい凶悪だな。ま、ひよこの特訓が何の意味も無かったのが一番笑ったけど。
 それにしても、バストへの視線を意識してリタイヤしてる水泳部長って……
 体育会四天王を撃退した青葉だけど、そんな青葉にぶつかってきた春日つかさ。ぶつかったからって運命的な出会いって……「遅刻、遅刻~~」と咥えたパンが足りないぞ。(おい)

アニメ魂
 Gift ~ギフト~ eternal rainbow
 (第2話)
 学校から帰ってきたら、いきなし帰って来てた義妹、莉子。驚いてる春彦はともかく、なんかとてもショックを受けてる感じの霧乃が意味深だね。
 冬でもないのに本物の雪が降ってる喫茶店。ギフトって便利だね。
 転校生の莉子を紹介してる担任はいいけど、「血のつながらない若い男女が同じ屋根の下」って煽ってどうする。おまけに「若いうちは何をやっても許される」って……
 その後はサブキャラ紹介みたいなものか。しかし、魔女っ子は引っ張るな。あの露骨に正体がばれるのを避けてるのって、やっぱり他人に秘密を知られたら魔法が消えてしまうのか?
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.515 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.515 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。