電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.515 (3/3)

2007年07月11日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/10/14~06/10/15

◎彩雲国物語
 (第24話)
 琳千夜の付き人になって金華を目指そうとする秀麗だけど、千夜は一行に出発しようとはせずに自堕落な生活。金持ちのボンボンといえばそうなんだろうけど、秀麗のいうようにこいつで身代を潰すのは確実だな。
 崔里関塞に捕らえられた影月たちの前に現れた茶家の三男、克洵。香鈴とは顔見知りなので偽の秀麗だってことバレバレなんだけど、なぜか兄の草洵たちには告げずに、逆に燕青たちの脱獄の手助けをしてるんだけど……。ま、気が弱そうなやつだから最初から悪事に加担するのは気が咎めてたって感じだし、茶家の人間だからって悪人ってわけではないんだろうね。
 結局、燕青と静蘭が二人を残して脱獄したおかげで、克洵が影月と香鈴を金華に連れて行く羽目に……
 一方、タイミングを見計らってたようにいきなり出発を言い出してる千夜。それはいいけど、それを聞くや否や茶の買占めに走ってる秀麗って……ま、普通の庶民が飲むお茶だからそんなに値段はしないんだろうけど。
 そして、20日後。秀麗って行く先行く先で茶を買い占めてたってか。ま、確かに何ら情報を漏らすことなく自分の足取りを伝えるには良く考えた手段なんだけどねぇ……最初から相手に知られてたら意味無いというか……
 いきなし秀麗にプロポーズしてる千夜。自分たちは巷で結婚が噂されてる茶家次男の朔洵と新州牧の紅家の姫と年頃が似てると言ってるんだけど、いきなし自分の結婚話の噂なんて聞かされたら驚くわな。
 しかし、その朔洵って千夜の正体なんじゃないのか? 何か最初から相手が秀麗だと知って自分の付き人に加えたみたいな気がするぞ。全商連に行く前はそんな感じはしなかったから、全商連にいる間に秀麗の正体を知ったってところか。
 同じ頃、その噂を知った静蘭。例え結婚が成立しても黎深が放った刺客に殺されることになるって……紅家も物騒だね。

◎おとぎ銃士 赤ずきん
 (第16話)
 白雪の転送魔法で移動した先は、いばらの故郷であるエルフ族の国だったって話。いや、いばらってお姫様だったのか?(ま、ネーミングの元はペローの『眠り姫』に相当するグリムの『いばら姫』だから当然といえば当然だろうけど、その線でいけば白雪だってお姫様だな。ま、継母に追放されて王族としての資格を失ってるかもしれないけど)
 エルフの国に着くや否や、せっかくの故郷で両親の歓迎を受けてるのに眠り込んでしまってるいばら。しかし、この両親も国王夫妻というよりはただの農家のおっちゃんとおばちゃんだな。
 そんないばらが眠ったふりをしてると見破ってる草太。いばらはガキの頃に眠って魔法を暴走させ周囲に迷惑を掛けてしまったから、それ以来、夜は寝なくなって、代わりに昼間にうとうとするようになったって話だけど……それって、昼間に魔法を暴走させてりゃ意味無いじゃないかい。
 そこに偶然、ランダージョが襲ってくるけど、魔法の暴走を恐れるいばらは戦えないって話。赤ずきんと白雪が2人で戦うけど、ランダージョの放ったハチの数に苦戦。結局、草太のアドバイスでいばらが参戦して形勢逆転ってお約束の展開。
 ところで、いばらの両親がらみのところで草太の母親の話が出てきてるけど、死んだんじゃなくて、いつの間にかいなくなってしまったって話。そして草太の夢には母親が何者かに連れ去られてるような光景。おまけに、2つの世界の物語をエルデで知ってる人がいるってことに不思議そうな反応してたってところ……
 どうやら、草太の母親ってファンタヴェーレの出身で、だから2つの世界の物語を知ってたってところか。そして、何者かによってファンタヴェーレに連れ戻されたって感じだな。草太の父親はそれを知ってるから、草太が出発するときに物分りが良かったのか。

◎ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!
 (第29話)
 校内放送で悩み相談を始めたレインだけど、おまいらみたいに悩みとは無縁のような人間に他人の悩みを解決できるのか?
 運動部の助っ人を掛け持ちしすぎのファイン。いつの間にかシフォンがマネージャーになってるのがいとおかし。
 レインに採用されたのは差出人不明のラブレターを受け取ったというミルロの投書。しかし、こいつも身内みたいなものなんだから、わざわざ投書して解決してもらうようなことなのか?
 ま、差出人が美術部のってのはミエミエなんだけど、それに気付かず勝手な妄想で探し回ってるレインもねぇ。
 しかし、ミルロってすっかり影が薄くなったな……はともかく、キャラクターデザインが変になってないか? 同じふしぎ星出身でもアルテッサ&ソフィーのお笑いコンビに比べたら扱いが悲惨過ぎだね。

◎ツバサ・クロニクル(第2期)
 (第49話)
 カオスのことを夢で思い出してるサクラ。ま、カオスにもらった羽根にあった記憶なんだろうけど……どうも胡散臭いね。カオス自身も以前にサクラと約束してたって記憶を持ってるんだけど、これも本当のことなのかどうなのか……
 サクラの記憶の中でカオスに助けられたってところ、これって小狼の記憶をいじったとかじゃないのか? カオスの探してたサクラも本来は玖楼国のサクラとは別世界のサクラの事じゃないのかなぁ。
 カオスの作った幻覚と戦わされてる小狼たち。小狼の前には星史郎が現れてるんだけど、そういえば星史郎ってサクラの羽根を持ち逃げしたままだったね。これの決着っていつつけるんだ?
 一緒に旅をしようという申し出をサクラに断られると馬脚を現してサクラを術で捕らえてるカオス。そこに小狼たちが帰ってきたけど、黒鋼もファイもカオスに前に呆気なく敗退。残った小狼1人がカオスと対峙してるけど……

◎地獄少女 二籠
 (第2話)
 行方不明の妹のビラを配ってる姉。その耳にはどこからか水の音が……
 夜中に妹の部屋から水音がすると見に行ったら、勝手にパソコンが立ち上がって地獄通信の画面が。で、いきなしやってきた閻魔あい。そりゃ、びっくりするわな。
 地獄通信のことを知った姉は、妹がすでに死んでて、怨念が恨みを晴らそうとしてるのだと知り、今度は自分で地獄調査して通信にアクセスしようとしてるけど……
 前作の柴田親子みたいな余計なオプションが無くて、本来の復讐話がメインに戻ってるのは良いんだけど、今回のはどうも物語として後味が悪いというか、消化不良のような気がするなぁ。
 まず、姉は最後まで恨みを晴らす相手が誰なのか知らないってことだね。ま、地獄少女側がちゃんと突き止めてるのはわかるんだけど、当人に相手がわからなくて良いのか? だいたい地獄通信って恨みを晴らす相手の名前を入力するんじゃなかったっけ?
 それから、当人が恨みを晴らそうとしてるというより、妹の怨念に脅迫されて仕方なくやってるって感じがあることだね。そりゃ当人も、その時に喧嘩して妹と別れたことが事件の原因じゃないかって後悔で自責の念には捕らえられてるんだけど、それが犯人への恨みに結びついてるかといえば、作品上の描写では疑問にしか思えない。で、妹の怨念が姉にも恨みを持ってるから、地獄通信の依頼者への呪縛を姉に背負わせようとしてるって感じがあるのがどうもねぇ……

◎ゴーストハント
 (第2話)
 巫女の除霊は失敗して校長が病院送り。黒田に霊はいないと言い張る霊媒師の真砂子はポルターガイストで校舎から叩き落されても、不注意でベニヤ板を突き破っただけだから霊なんかいないと勝ち誇って病院送り……ある意味すごい根性だね。
 関西弁のにーちゃんが悪魔祓いを始めたら、天井が崩落して危機一髪のところを麻衣が察知したおかげで何とか助かってるってところ。
 とりあえずその晩は一同が引き上げ、渋谷だけが残ったけど、翌日やってきたら渋谷は事件は解決したと帰り支度。旧校舎の場所は地下水が枯渇して地盤沈下が起こってて、ポルターガイストのような現象は校舎が沈む時に起こってる現象だって話。しかし、直後に明白なポルターガイスト現象が起こって事態は振り出し。
 再度、巫女と坊さんが除霊をやり直すも効果は無く、現象はさらにエスカレートしてるだけ。もう打つ手無しって感じなんだけど……
 これ、何か裏がある事件だとしたら、1人だけ明確に霊を感知してるという黒田が怪しいといえば怪しいんだけどね。

◎はぴねす!
 (第2話)
 準の正体はクラスの自己紹介のときに呆気なくばれてるかい。もうちょっと引っ張ったら面白かったのにね。
 入学式の準備で椅子並べさせられてる春姫のクラス。魔法で一気に並べようとする杏璃だけど、例によって大失敗。おかげで男子は遅くまで居残って並べ直させられる羽目になってるけど、女子に紛れて先に帰ってる準が酷いね。
 翌日、入学式ですもものことばかり気にしてる雄真が気になる春姫。
 花見に誘われた春姫。買出しで雄真と一緒になった春姫はバレンタインのチョコのことで男の子のことと占い師の話を語るけど、それを聞いた雄真の反応はあまり魔法を良く思っていない感じ。
 特等席なのにガラガラな花見の場所。何か結界みたいなのが張ってあると思ったら……タマちゃんを使って花見の計画を盗み聞きしてた小雪の仕業かい。しかし、なんか花見に魔法で家財道具一式出して来そうな人だな。上級生だけあって杏璃とは違って魔法の使い方をわきまえてるみたいだけど……
 すももと春姫が幼馴染だって話だけど、雄真とすももが兄妹になる前の話って、文字通り相当幼い時の話みたいだね。
 しかし、その花見も途中から雨が降り出してきて残念ってところ。また杏璃の魔法の暴走で酒が降って来て、さすがに春姫も酔っ払ってダウン。この状況で最後までしらふでいた雄真と小雪ってのも怖いけどねぇ……

◎ふたりはプリキュア Splash Star
 (第36話)
 文化祭のモニュメントのデザインを任されて悩んでる舞。いや、すでに名の知れた芸術家だとか言うならともかく、ちょっと絵がうまい程度で一人に押し付けるようなものじゃないだろ。こいつは何様だ?
 文化祭と聞いて運動会なら見逃してやると言ってるキントレスキー。こういう運動バカのオヤジとは関わりになりたくないね。
 おや、次回も文化祭を引っ張るんかい。

《おまけ》
◎ウルトラマンエース(再)
 (第23話)
 地球を侵略するためには手段を選ばないヤプール……確かに、これだけマヌケな手段ばっかり取ってる侵略者は他にはいないだろうねぇ。
 街中で怪しげな踊りをはやらせ、子供たちをさらってる麻原彰晃の親玉みたいなおっさん。ハーメルンの笛吹き男みたいなものだけど、この時点で社会問題になってないのが変だね。
 XYZ地点とかいうどういうポイント座標なのかわからない場所をパトロール中の北斗が、浜辺でおっさんと一緒に消える子供たちを目撃。しかし、そんな場所に砂浜なんか無いと信じてもらえないんだけど……
 北斗の報告を信じないTACに世界中から子供失踪の情報が。自分の甥っ子たちがさらわれて初めて北斗の言葉を信じてる竜隊長……現金だね。夜空の星が増えてるのは消えた子供たちに対応していて、こんなこと出来るのはヤプールだけだというんだけど、どういう理屈でそういう判断が出来るのかよくわからんね。
 異次元を攻撃するためにメビウスリングの原理を応用した異次元転送装置を作る梶。いや、もっともらしいこと言ってるんだけど、そんないい加減な理屈でヤプールのいる異次元なんかに行けるのか? だいたい、ヤプールのいる異次元空間の定義すら出来てないように思うんだけど。
 その装置で異次元に飛び込む北斗。おいおい、ヤプール相手に生身の北斗1人送り込んで相手になると思うのか? で、いきなしゾフィーが現れて南夕子を異次元に送り届けてるんだけど……そんなもったいぶったことやってる暇があったら、自分でヤプールと戦えよ>ゾフィー。
 で、異次元空間ではエースとヤプールがタダの殴り合い。それにしても異次元って何も無いのね。そりゃ、こんなとこに生きてたら地球を侵略したくなるのも当然だな。
 結局、「ヤプール死すとも、超獣は死なず」と言ってヤプールは四散。子供も戻ったけど、ヤプールの欠片が地球に降り注いでるって不気味な結末。ま、これくらいでヤプールが滅んでくれたら誰も苦労しないからね。

◎ウルトラマンメビウス
 (第28話)
 フェニックスネストに現れた赤い幽霊。マリナはともかく、アイハラやジョージが真っ先に逃げ出してるのってねぇ。逆に正体を突き止めると言って飛び出してるテッペイも意外だけど……
 そんな時にコノミが再会した幼馴染。なんかいきなしデートモードだけど、その幼馴染に会ってほしいと紹介された相手がゴシップ専門の悪名高い記者ヒルカワ。かつてヒルカワにぼろ糞に書かれたジョージは怒りまくってるけど、こいつ、ラスト近くでヤプールが復活した時に出てくるやつだな。
 結局、円盤生物ノーバの出現でヒルカワの件はうやむやに。しかし、円盤生物って……『レオ』でMACが壊滅した後で出て来たヤツみたいだけど、そんなのよく資料が残ってたものだね。
 しかし、所詮は赤い照る照る坊主ってとこか。

◎仮面ライダーカブト
 (第37話)
 霧の中で自分たち自身とすれ違った野球部。そのままどちらも蒸発してしまったみたいだけど……
 野球部が消えたのが呪いの鏡の仕業だと言ってる樹花。野球部に出されていた捜索願がなぜか取り下げられたってことで潜入捜査を始める天道だけど……
 樹花のクラスに転入生。蓮華でも潜入してきたのかと思ったら、神代……おいおい、おまい何歳なんだ?
 成績トップの樹花はいいけど、小林恵子とかいう屋上で天道に野球部の悪口を言ってたガリベン女は下の方……全員分貼り出してあるのか、上位何名かなのかは知らないけどね。怒って御守を捨てたところに現れた影山。その御守が自分と同じだと言ってるけど……そこに現れたワーム。変身して戦う影山だけど、それにいちゃもんつけてる矢車。自分たちは人助けして満足なんかしてはいけない存在だってかい。
 潜入捜査はいいけど、屋上でパン屋やってる天道に意味があるとも思えんし、加賀美と蓮華はラグビー部、祐月が数学教師……はいいけど、樹花のクラスの授業で神代と出くわしてしまった祐月。ご苦労さんね。
 自分で手を上げて当てられながら、じいやに問題を解かせて廊下に立たされてる神代。いや、いまどき生徒を廊下に立たせたら、色々とうるさいだろ。
 何年か前にも合唱部が消えたって話で、時折その合唱部の歌声が聞こえるときにあの世の扉が開くという話……まさか、そっちの世界にひよりがいるって話なんじゃないだろうな?
 で、歌が聞こえてきたと思ったら、霧の中から戻って来た野球部。しかし、加賀美が駆けつけたら野球部の姿は無く、そこにはワームが。こいつらが野球部に擬態してたって話か?
 一方、呪いの鏡に願いを唱えるガリベン女だけど、そこに現れたもう一人の自分……やっぱしこれってワームの擬態なのか?
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.515 ... | トップ | 【Kanon】鯛焼きと羽根リュッ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。