電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.515 (1/3)

2007年07月11日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/10/09~06/10/11

◎乙女はお姉さまに恋してる(新)
 (第1話)
「緊張しないで」「力を抜いて」「あたしに身を委ねて」……怪しげな手の動きと喘ぎ声。いったい何をやってるんじゃい。
 祖父の遺言だからって女装して女子高に編入させられてる瑞穂。それで、幼馴染のまりやに女装させられてたって話ね。どうでもいいけど、聖應の制服ってこの手の制服ではお約束の乳袋がちゃんと付いてるのね。
 女装はともかく、高校3年にもなって声がそのままで通用するのか? どこぞの女装教師みたいに変声マイク付きのチョーカー付けてるってわけでもないだろうし。
 トイレに行きたくなってる瑞穂だけど、学校の女子トイレには入れないってか。寮に帰っても女子トイレしかないと思うんだけど……ワンルームマンションでもないんだから各室にトイレ付ってわけでもないだろうし。
 別に女子トイレって言ったって特別なものあるわけでもないだろうし、扉を開けたら女の子が立ちションしてるってわけでもないだろうに。
 帰る途中にすれ違ってる謎の美少女……なんか意味ありげなキャラだけど、何者だ?
 寮に付くや否やトイレに直行してる瑞穂。脱ぎっぱなしの靴や放ったらかしのカバンはお嬢様としての品位を疑われるだけだろうけど、上げっぱなしの便座は確かに致命的だろうね。最近のお子様は男の子でも便座で座ったままするようにしつけられてるみたいだけど……
 それにしても、まりやも地はあんななのか。良い意味で浅野真澄らしいキャラになってるな。
 後輩の天枷美春……じゃなく上岡由佳里に紹介されてる瑞穂……はいいけど、その背後でこっそり階段を登ってるキャラがいるんだけど、何者だ?
 ……と思ったら、瑞穂が階段を上ろうとすると、まだ途中でおっちらこっちら。何かお茶のセット一式を運んでいてバランスとるのに苦労してるって感じね。大きな盆を瑞穂に指摘されてリボンを羽ばたかせてるのがなんとも……
 上級生が下級生の世話をするのがこの寮のしきたりって、どこぞのいちご舎みたいだな。で、瑞穂の世話係がこの周防院奏って話ね。こっちは声が天枷美春か。
「瑞穂ちゃん歓迎、第一回パジャマパーティーを開催しま~す!」
 いや、まりやのはどう見てもパジャマじゃなくてネグリジェだろ。しかし、そんな格好で迫られたら女の子に慣れるというより、速攻で押し倒したくなるだろ。

 エンディングの異様にあごの張った2頭身キャラが何ともいえないね。それはそうと、堀江由衣もこの瑞穂と『藍蘭島』のすずで、けっこう役の幅を広げたって感じだな。

◎N・H・Kにようこそ!
 (第14話)
 なんかすっかり祭りが終わった後のような一同。
「死ななくて良かったね」という岬に拳を振り上げる佐藤だけど、それを怯えてる岬って、なんか昔から虐待を受けてたような反応だな。岬の引きこもりの原因って、親の虐待が原因か何かなのか?
 島を出て港に着いたら、そこに旅館の迎えの人が……。先輩の彼氏ってなんか用意が良いね。で、風呂掃除の爺さんに説教されてるけど……この爺さんも経験者ってか。
 佐藤にオンラインゲームを勧めてるガキ。RMTで金が稼げるって……それ、今はどこも規制が厳しくてRMTやってることばれたらID剥奪されるぞ。
 山崎が先に帰ったと聞いた佐藤。体験版で3000円って……どこの同人ソフトの体験版が3000円もぼったくるんじゃい。
 もともと死ぬ気も何も無かった佐藤にとっては散々振り回されただけだって気がするけど、でも、佐藤のおかげで死ぬのをやめた人間があれだけいるってことは誇りにしても良いと思うけどね。
 例のカウンセリングを再会してる岬だけど、相変わらず勝手な契約書の条項読んで罰金100万円とか言ってるし。どこをどう見ても佐藤よりも岬の方が重症だよな。
 佐藤が帰ってきたら母親から電話。なんか深刻な話って感じだけど、背後で救急車の音が鳴ってるってことは、父親が倒れたとか、そういう話か。で、金の仕送りが出来なくなるとかいう展開か。いや、あんな二十歳過ぎたやつをぶらぶら遊ばせておくだけの仕送りしてる方がおかしいんだけどね。ニートだって普通は親と同居してるから出来るようなものなんだし……

◎僕等がいた
 (第15話)
 祭に矢野から誘われなかったことを少し残念に思ってる七美。その一方で竹内のことは現実逃避。
 亀を釣ってたおっさんが、かわいいからと亀をくれようとしてたけど、いきなり現れた竹内に引っ張られてる展開。どうやらおっさんは的屋のサクラで、亀をただでくれる代わりにボッタクリの餌を売り付けようとしてるって話。こりゃ引っ掛かりそうだね。

 いよいよ文化祭本番。去年は矢野と対立してた山本だけど今年は少しは融通利かせてるって感じ。しかし、ボッタクリメニューで打ち上げ費用捻出って、どんな高校文化祭じゃい。
 それにしても文化祭で神輿を担いで町を回るってのも珍しいね。宗教系の私立校じゃそうじゃないのかもしれないけど。
 文化祭の後夜祭で告白したら恋が成就するってジンクス、去年の矢野の告白で1年持たなかったことから今年は懲りるかと思ったら、矢野も竹内も七美に告白するつもりって……ご苦労さんね。少女漫画じゃなきゃありえない展開だな。

◎らぶドル ~Lovely Idol~
 (第2話)
 ネットに詳しい情報が載ってる榊瑞樹。ま、本人が売り出してるんならともかく、一介のストリートミュージシャンの情報があからさまに載ってるというのは、ほとんどストーカー並みの個人情報の漏洩だね。
 瑞樹に夢中で3期のメンバーのことは上の空の智弘。4人も気になって瑞樹にアクセスしようとするけど、相変わらず剣もほろろだね。
 一方、2期の結城瞳子と逢引してる智弘。ま、瑞樹のことを相談しようとしてたみたいだけど、瑞樹のところに行けば4人が……。瞳子の変装を見て驚いてる4人だけど、何かまだ業界慣れしてないところが初々しいね。
 その瞳子を連れ戻しに来てるマネージャーの藤沢美樹。智弘を無理やりマネージャーに仕立てて新人たちの世話をさせてる姉だってかい。
 後日、3期にメンバーが1人追加されたという連絡が。みんなが瑞樹かと期待していたら、やってきたのは妹の瑠璃ってかい。いや、本気なのか? マネージャーの妹だからって簡単にアイドルになれるわけでもあるまいに。

◎ちょこッとSister
 (第14話)
 いつの間にかちょこがはまってるオダエリの「ねこにゃんダンス」。2クール目からのテコ入れですか。
 幼稚園のお遊戯で流れてる「ねこにゃんダンス」に合わせて踊ってるところを園児たちの注目を集めてるちょこ。そのまま幼稚園で一緒に踊ってるけど……いまどきカセットテープの音かい。幼稚園も予算不足なのね。(でも、空のカセットの調達も難しくなったと思うけど、どうせ古いのを使い回ししてるんだろうな。そのうち伸びて切れるぞ)
 園児に比べたらちょこはけっこう大きいけど、小学生ぐらいの体格なのか。こいつ、設定年齢がわからんからねぇ。ま、ゆりぴょんが小学5年生とかいうから、ちょこもそれくらいなのかね。ま、昔、はるまがサンタクロースに願った時にちょうど生まれたのと同じって計算なのかな。
 しかし、大学のチアリーディング部が「ねこにゃんダンス」踊るかい。どこでも流行ってるってのはわかったけど。
 ゆりぴょんから電話で呼び出されたちょこ。何かと思ったら自分もブラを買ってもらったからって見せに来たってか。しかし、そこに通り掛った真琴にも見させられる羽目になってるとは、いとおかし。
 渋るゆりぴょんに自分も見せるからとせかしてる真琴。さすがに仕事に出てる時はノーブラじゃないってか。巨乳に圧倒されて帰ろうとするゆりぴょんだけど、実力で脱がされてるとは悲惨。おまけにそこにはるまが帰ってきてるし……
 どうでもいいけど、真琴ははるまに見られても平気なのか。ま、朱美さん的キャラだから下着はデフォって話ね。

 真琴の予告。前に温泉に行けなかったのを相当根に持ってるな。

◎Pumpkin Scissors
 (第2話)
 おや、上官に噛み付いたからって軍用犬にも降格があるのか。転属初日に伍長が遅刻してるのに怒りまくってるアリス。なんか前回と違って怖そうだね。
 ゲームと称して平民を戦車砲で撃ち殺してる領主の調査に出掛けた陸情3課だけど、戦災復興部隊と言うのは軍が予算確保のために作った茶番部隊だと言われて激怒するアリス。しかし、銃を持ったメイドたちに取り囲まれて捕まってるとは悲惨ね。
 部下3人を標的にしたゲームを観戦させられるアリス。自分も貴族だと名乗りメイドたちに反乱を起こさせるアリスだけど、後でどうにでもなると戦車の中の領主は意に介さず。で、いつものように標的を追おうとするけど……
 結局、青いランタンを使って無敵のアンチタンクトルーパーと化した伍長の前に領主は砲弾を撃ち尽くして敗北。止めを刺そうとした伍長だけど、アリスの声に正気に返ったおかげで命拾いした領主。でも、もう人生終わりだろうね。

◎金色のコルダ ~Primo Passo~(新)
 (第1話)
 学園で音楽コンクールを開きたいけど、誰も自分に気付いてくれないと嘆いてるリリ。リリに気付くのと学内音楽コンクールとどう関係あるのかと思ったら、裏庭のカリヨンが鳴ったら音楽コンクールを開くって伝統があるのか。で、そのカリヨンを鳴らすのがリリってことみたいだけど……
 そのリリに気付いたのは普通科の日野香穂子だけど、この学校には音楽科というのがちゃんとあって、そいつらは何か特別身分って感じだな。制服も違うし。
 そのコンクールの出場者は学校側が勝手に決めてるけど、なぜか選ばれてしまってる香穂子。音楽で特別に成績が良いってわけでもないみたいだけど、選んだやつって何らかの形でリリから情報が伝わってるのか?……と思ったら、校長がリリのことを見えてるみたいね。いや、最初にリリに会ったのか、あるいは27年前に祝福を受けたのがこの校長って話なんだろうけど。
 音楽室に香穂子を呼び出し、音楽の妖精だと名乗るリリ。で、香穂子に渡したのが魔法のバイオリン。誰にでも音が奏でられるってか……なんか魔法で手品をする『マジカルエミ』みたいな話だな。
 しかし、それを拒否しようとしてる香穂子。ケースを付けたら良いってわけでもないだろ。
 1年でコンクール参加者に選ばれたことで上級生にいじめられてる冬海笙子を見掛けた香穂子。売り言葉に買い言葉でバイオリンを弾いてみせることになったけど……

(ワンポイント・クラシック)
 楽器の女王はいいけど、バイオリンってオーケストラじゃダントツの大所帯だろ。そんなに多けりゃ希少価値も何も無いと思うんだけど……

◎ネギま!?
 (第2話)
 あ、エヴァに捕まってたのって本屋ちゃんだったのか。どうでもいいけど、こっそり魔法で本屋ちゃんと木乃香の首筋の噛み傷を消してる高畑先生って……
 明日菜に魔法のことを知られて記憶を消そうとするネギだけど、明日菜のマジックキャンセルの前には記憶消去も効かないってか。
 部屋に戻ってガキの姿に戻るエヴァだけど、パンツ丸見えって……TV東京の夕方のアニメでよく通ったものだね。パンツじゃないって言い訳でもしたのか。それとも地上波は修正入ってたのか?
 サウザンドマスターとの戦いを回想するエヴァだけど……何か作品違うだろ。
 本屋ちゃんと木乃香、噛み傷は消えても血を吸われたのは覚えてるのね。しかし、2人とも相手の顔は覚えてなく、記憶は曖昧なまま。いつの間にかドラキュラとチュパカブラが戦ってることになってるし……
 なんかあっさりエヴァの秘密を語ってる高畑。それにしても全体的に事務的に物語を進めてるって感じだな。

◎夜明け前より瑠璃色な Crescent Love
 (第2話)
 学校に通うフィーナ。お姫様でも普通の制服なのね。この手の作品だからスカートのミニはデフォルトだろうし。
 剣道は王族の嗜みって……どこの国の王族ですかい。
 言い付けを破って学校にやってきて叱られてるミア。心配性と言うか何というか。でも、普通はこんなお姫様の足を引っ張るようなガキみたいな付き人は無いだろ。
 お姫様も徒歩通学だけど、朝霧家は学校に近いのか? で、放課後に寄り道しようと思ってたら大使館の駐在武官がお出迎え。大使館の書記官とかならわかるんだけど、武官のお出迎えって、いったいどんな公務なんだ? 停戦条約の交渉でもしに来たのか?
 連日、夜遅く寝静まった後の帰宅。お姫様も大変だね。そんなフィーナに達哉がしてやれるのは「おかえり」と出迎えてやることだけってか。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【Kanon】鯛焼きと羽根リュッ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.515 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。