電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.519 (3/3)

2007年10月13日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/11/11~06/11/12

◎おとぎ銃士 赤ずきん
 (第20話)
 今の三銃士ではトゥルーデに勝てないと、何か偉そうなじじいのところに現れたハーメルン……って、おいおい、ライカンとの戦いがしばらく続くんじゃないのか?
 一方、トゥルーデと戦う赤ずきんたちは白雪のワープ魔法で逃げようとするけど、トゥルーデの魔力に封じられて失敗し、絶体絶命。そこに現れたじじいはトゥルーデの魔力を撥ね退け、無事にワープ魔法を発動。どうにか逃げられたってことだけど……なんか移動先は運次第っていい加減な魔法らしく、実はそんなに離れた場所に飛んだわけではないみたい。
 かつてサンドリヨンを封印した七賢者の1人だというサルタンは、三銃士がトゥルーデに勝つには最強魔法を会得するしかないと言うんだけど、三人とも自分がその魔法を使うと言い張って仲違い。結局、トゥルーデに発見されるまでの会得は失敗。サルタンは三銃士を庇って撃沈。
 ようやく使命を思い出した三銃士は最強魔法カードの召喚に成功し、赤ずきんがスイートフォンに装着。ちなみに魔法カードとスイートフォンは魔法呪文の詠唱の省略化のためにあるらしい。リナ=インバースに持たせたら竜破斬の連発の撃ち放題だな。
「マジカルプリンセス、ホーリーアップ!」
「ウイングクリス、バーニングフラッシュ!」
 変身した赤ずきんの威力の前にトゥルーデは撤退。どうにか危機を脱したってところだけど……

◎ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!
 (第33話)
 バンジョー先生殺人事件……死んでないか。寝てる間に大事な腕時計が無くなってたからショックで気を失ってたって話なんだけど……注射をするからいつもと反対側にはめてたってオチかいっ!

◎地獄少女 二籠
 (第6話)
 なんだかなぁ。事件そのものは付き合ってる男に騙されたまじめな女の子が、男の友人に犯されて、地獄少女に頼んで恨みを晴らしたってよくある事件だけど……
 変わってるのは物語を終始、その女の子のことが気になってる保健室登校のガキの視点で見てて、事件の前にそれを知ったガキが依頼しようとするけど、恨みによる依頼じゃないからって閻魔あいに拒否されたって件があったこと。
 恨みを晴らしたはずの女の子は、死後に自分も地獄送りだと知ったら残りの人生に希望を失ったって悲惨な状況で、ガキは自分の手で生き残ってる実行犯の方を殺そうとするところで終わってて、後味悪過ぎ。
 ま、実際に地獄少女がいて恨みを晴らしてもらったら、やっぱりそれなりに罪の意識に苛まれて、けっして万々歳ってわけには行かないだろうってことは確かだけど……

◎ゴーストハント
 (第6話)
 モニターに映ってる黒幕の霊に気付かない坊さんに、飛び出していく麻衣。いきなし何か破壊音が聞こえたと思ったら、床に穴が開いて、そこには古井戸が……いや、上に家を建てるならちゃんと埋め立てるだろ、ふつう。
 次は巫女が除霊を始めるけど、付き添わされた麻衣は霊に捕まって井戸の底に……そこで夢を見る麻衣だけど、娘をさらわれた女が悲嘆して井戸に身を投げて悪霊と化したってかい。
 礼美を囮にして女の霊を退治しようというナル。一同は霊の強さに怯えて納得しない様子だけど……
 霊を改心させるのが浄霊で霊媒師にしか出来ず、有無を言わさずに霊を殺すのが除霊ってか。自分の前では除霊はしてほしくないという真砂子だけど……
 人形(ひとがた)のようなものを悪霊に投げてるナルだけど、こそから光明があふれて子供の姿が。それを見た女の霊は穏やかな表情になって浄化……さんざん苦労した割にはあっけない結末ね。
 人形で浄化するなんて陰陽師にしか出来ない技だって話だけど……

◎はぴねす!
 (第6話)
 すもものクラスに転校して来たと言う式守伊吹。時期的には上条兄妹と同時に転校して来たって感じか。上条兄妹とは知り合いみたいだけど……どうも、例の大きな帽子の女の子みたいね。
 何か魔法使いの名家の跡継ぎで、上条家は代々の家臣って話だけど、いったいいつの時代だ? なかなか偉そうな態度で誰にも打ち解けないって感じだけど、呪文の詠唱無しで攻撃魔法が使えるって……凶悪だね。
 伊吹と仲良くなりたいというすもものためにいろいろ画策する春姫たちだけど、やることなすこと効果なし。しかし、メアド交換はともかく、交換日記に手作り弁当って……そりゃ愛の告白だろ。
 最終的にはすももの愛情が通じて弁当を食ってもらえるようになったけど……こいつといい、上条兄妹といい、何かの目的のために転校して来たみたいだけど、さて。

◎ふたりはプリキュア Splash Star
 (第39話)
 あくまでプリキュアを鍛えた上で倒すと言ってるキントレスキー。孫の代まで語られる名勝負って……滅びを望む世界のやつが孫の代なんぞ悠長なことを期待してていいのか? 孫の代が存在するってことはおまいらが失敗したって話だろ。
 最後のミミンガらしきもの、完全に蛇足。ネタで出すなら伏線張っとけよ。
 次回予告がなかなか傑作。ま、確かに普通の人間には果たし状なんて一生縁が無いものだからねぇ。

《おまけ》
◎ウルトラマンエース(再)
 (第27話)
 ウルトラ5兄弟を倒し、人類に降伏勧告をするヒッポリト星人。それを拒否して独断で徹底抗戦を決めてるTAC極東支部。こういうときに限って組織の上の偉いさんとか出て来ないんだよねぇ。
 陽動作戦でヒッポリト星人の影をひきつけてる間に本体の居所を突き止めて攻撃する竜隊長だけど、単身攻撃で勝てるわけも無く……
 そこに宇宙から飛来したウルトラの父。さぞかし強いのかと思ったら、長旅で疲労しててあっけなく絶命。いったい何しに来たのやら……と思ったら、エースを甦えらせたってか。
 で、ヒッポリト星人は甦えったエースに倒され、他のウルトラ兄弟も復活してるけど……みんなでウルトラの父の遺骸を運んで行きましたってか……。悲惨ね。

◎ウルトラマンメビウス
 (第32話)
 広大な空き地というか野原かで穴を掘ってる謎のガキ。その脇にある大八車……いったいいつの時代の話だ? で、そんな辺鄙なところをピアノのレッスンの帰りに通り掛るという少女も謎だね。
 円盤を探してるというそのガキを、宇宙人だって噂だから近付くなと少女に言う母親。ま、よくある話。しかし、宇宙人って疑いがあるんならGUYSを呼べよ。
 未確認飛行物体の侵入の連絡を受けるGUYSジャパンだけど、GUYSスペーシーがキャッチしてから連絡までに40分って……なんかどこぞの平和ボケした国の防衛体制のような情報伝達速度だな。
 その落下予測位置にはコノミの保育園が遠足に。で、降りてきた円盤には怪獣の反応。そしてミライにテレパシーで語りかけるメイツ星人……って、『帰ってきたウルトラマン』屈指の名作の「怪獣使い」の話の続編か?
 地球人と友好を結びに来たというメイツ星人だけど、最初に話題に出したのは30年前の例の事件。フィルム流用じゃなくリメイクしてるから、メイツ星人のおっさんが若々しくてイメージが違うね。一緒にいたガキは出てきてないし。(ま、ガキがパンを買いに行った留守中に襲われたって話だけど)
 平和的な話し合いを申し出るメイツ星人に近付くミライだけど、いきなしアイハラの攻撃でメイツ星人は負傷。怒ったメイツ星人は円盤を起動して恐喝的な交渉に変更。しかし、30年前の事件の賠償で地球の陸地の20%をよこせって……そりゃ帝国主義時代の欧米列強がアジア諸国に対して行ったような滅茶苦茶な要求だな。最初から侵略が目的だったと疑われても文句は言えないぞ。
 怪我をして潜伏するメイツ星人の傍を通り掛った園児たち。その怪我を見てハンカチを差し出してるけど……
 町を攻撃する円盤に変身するメビウスだけど、対抗してメイツ星人はゾアムルチを覚醒。何か余計に被害が増大してるのは気にしないのがお約束。
 30年前に殺されたのは自分の父だというメイツ星人。それを知って近付いてくる園長先生。冒頭の少女がこの園長で、ガキはメイツ星人と一緒にいたガキ本人だったのか。園長の言葉を理解したメイツ星人だけど、憎しみの心は簡単には止まず……そこから何か展開があるのかと思ったら、意外とあっけなくゾアムルチは倒されてお終い。
 もひとつひねりが足りんような気がするけど、メイツ星人は立ち去っていってメデタシメデタシってか。どうでもいいけど、このメイツ星人ってメイツ星の代表としてきたのか、単に個人的な恨みを晴らしに来たのか、結局のところよくわからないね。
 だいたい、いまさら使者を送ってくるくらいなら30年前に迎えの円盤ぐらいよこしてやったらあのメイツ星人も死なずに済んだだろうに。

◎仮面ライダーカブト
 (第40話)
 ひよりと一緒にいるのは天道の擬態だってか。しかし、向こうも変身してるって……ハイパーゼクターって2個作ってたのか? いや、向こうのはテスト用の試作品かも知れんけど……
 人間に戻った麗奈を見付けてラッキーとばかりに倒そうとする矢車と影山だけど、麗奈の瞳の奥に闇を見て仲間だと思って攻撃をやめてる矢車……いや、こいつも闇にはなりきれてないみたいね。
 で、風間に連れられて立ち去った麗奈だけど、いきなしワームの意識が戻って風間を攻撃。こりゃ酷いね。
 発表会前日にオペラのソロ歌手に選ばれた麗奈だけど、代わりに落とされたねーちゃんが舞台衣装を切り裂いて嫌がらせしようってのはお約束の展開。怒りのあまりにまたワームの意識が甦えってくる麗奈だけど……ま、人間の心があるうちにそのねーちゃんを逃がしたことだけは救いか。
 麗奈の意識が戻ってるとも知らずに「君は俺が守る」とやって来て瞬殺されてる矢車……マヌケすぎ。
 麗奈との戦いをためらう風間だけど、ゴンが襲われそうになってようやく変身。ま、最後に元の麗奈に戻るとかいう陳腐な死に方じゃなかったのはマシだね。
 それはそうと、風間ってどうやってドレイクのベルトを取り戻したんだ? 確かに天道が神代にサソードのベルトを返す時に他の連中にも返すってこと言ってたけど、その具体的な描写はなかったはず。
 ま、サソードとドレイクはそれでいいとして、影山が矢車の仲間になったからザビーって適合者が不在なんだけど……これから新キャラでも出てくるのか?
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.519 ... | トップ | 【Kanon】鯛焼きと羽根リュッ... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感想文 (鳴海みぐジュニア)
2007-10-21 11:35:05
こんにちは、アニメ愛好家ですね。
唐突ですけれど、

「サザエさん」我が家の非常口にて

タラオ:ボクは家出したいです。
後始末にヘキエキしたです・・・。

に胸を打たれました。
さらに、
     _____________
サザエ:ちゃんと真面目に生きていれば
そんな手間が省けるわ。

と反論したのモットモらしく思います。

これってひきこもり系統のティーンエージャーを
連想させるような話もあって、
「あんな青年にはなってはいけない。
仮に家出が出来たとしても、警察に捕まって
引き戻される。」という教訓めいた話ですね。

また、タラオが後始末したのはいいが、
いい加減な後始末したの、血筋でしょうかね?
カツオの方がサザエとの議論で勝ちやすいですね。

「カツオ、個人長時間授業になるんでしょ?」と
聞かれたとき、
「姉さんも義兄さんに逃げられないようにね」と
カツオにえらそうな反論され、ムキになったサザエの顔
すごかったです。

さすがカツオくんは天才イヤミニストですね。

失礼いたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。