電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.447 (1/3)

2005年06月28日 | 週刊アニメ定点観察
期間:05/06/20~05/06/21

◎こいこい7
 (第12話)
 いきなし怒涛の展開なんだけど背後関係が不明だから全然事態が理解出来ない。なんかマッドサイエンティストが学園にやってきて時空転換装置とやらを動かそうとしてるみたいで、その男が哲郎の父親みたいで、装置を使うのにヤヨイが必要って感じだけど……
 ヤヨイが生まれて初めて作ってった弁当……ご飯の上にカニパンが乗ってるだけって、そりゃそこらのお約束ヒロインの作った何か得体の知れない腐った弁当よりは遥かにマシだろうけど……食えない弁当には変わりは無いな。
 どうでもいいけど、ドリルプリンセスの歌はやめろよ。そんなもの、とっくの昔にアニメの黒歴史の彼方に葬り去られてたかと思ってたぞ。
 よくわからんのは哲朗の存在だな。そもそもセロニアス28号が哲朗とヤヨイを守るための存在として作られてたとか、この学園に哲朗が転入させられたのにもそれなりに意味があるんだろうけど、とりあえずそれはこの父親のマッドサイエンティストとは無関係なようだし、なんだかよくわからんね。
 どうも、なんか行き当たりばったりで物語作ってるって感じで、設定は後付けで誤魔化してるって感じがするのは気のせいか?

◎LAST EXILE
 (第25話)
 ミステリオンも全部揃わず、アルもクラウスの元にいるのにマエストロの思い通りに動いているエクザイル。なんか蔓のようなものに絡まれて連合軍の艦隊は次々に撃沈……哀れね。
 竜の牙に着いたクラウスはそこで新しいヴァンシップに乗り換えろって指示。これから先はすべてのポイントで新しいヴァンシップとナビが用意されてるって……確かにそうでもしないとグランドストリームにヴァンシップで突っ込んでいくのは無理だろうけど……シルヴァーナのクルーだけでよくこれだけ用意する暇があったな。こいつら時間と空間の概念があるのか?
 最初のナビがアリスということは、次はタチアナかい。しかし、ディーオは地上だし、ルシオラは死んだから、その後はラヴィぐらいしか人材がいないだろ。なんか一番危ないとこで経験のないヤツ出してきてるような気がするんだけど……まともに考えたら一番最後をタチアナにしとくのが懸命だと思うけどねぇ。
 で、ラヴィとともに最後のポイントを飛び立ったクラウス……グランドストリーム用にチューンしてあるとかいってるそのヴァンシップ。懐かしそうになでてるのはいいけど、実はアレックスのヴァンシップだったという曰くつきの機体だろ。
 ……で、いきなし接近して来たヴァンシップ……ディーオって正気に戻ったのか?

◎ブラック・ジャック
 (第32話)
 おいおい、ブラック・ジャックって暴利を貪ってると思ったら、島を何個も買ってるってか……てっきり常に最新の医療技術を身に付けるために使ってるのかと思ってたんだけど。こういう道楽に使う金だったのか……
 で、シャコガイに足を挟まれたガキだけど……シャコガイってあんな岩場にまで出て来るものなのか? ま、満潮時に波で打ち上げられてしまっただけなんだろうけど……
 しかし、外気に触れてる時に口を開いていて、満潮になったら貝殻を閉じようとしてるんだけど……それって逆じゃないのか? 外気に触れてたら体組織の乾燥を防ぐために貝殻を閉じて、海水の中では開いてるんじゃないのか?
 それにしても、貝柱をメスで切るのは良いけど、2本目の貝柱、一部を切っただけで切り口が広がって切断してるって……おいおい、生きた生物の組織がそんなんだったらうかつに怪我なんぞ出来ないぞ。

◎名探偵コナン
 (第403話)
 少年探偵団への依頼。松中ユリコって女の子が金持ちの遺産相続で宝捜しの謎解きの依頼なんだけど……遺言の執行人が少年探偵団を名指しで依頼を提案してる当たり、なんか怪しげだね。ユリコが17番目の挑戦者と言うのも、ユリコの両親がすでに死んでいて、おまけに親類付き合いも無かったっていうから、どこまで信頼できる話なのかよくわからんし……
 どうも過去に少年探偵団のおかげで警察に捕まった犯罪者が復讐のために仕組んだことか、それとも阿笠博士あたりが関わってて探偵団の暇つぶしに付き合わせてるって可能性が高いと思うんだけど……
 時計とかいう遺言執行人が探偵団を監視してるんだけど……哀ちゃんたちにナイフを投げたのは危害を加える為じゃなくて、高圧電流のトラップを教えるためだったのはたしかだろうけど……

◎宇宙交響詩メーテル~銀河鉄道999外伝~(終)
 (第13話)
 移動用にコピーしたメディアが破損して消失……(;_;) 来週まわし。

◎英国戀物語エマ(終)
 (第12話)
 ケリー婦人に拾われて、メイドとして育てられたエマの回想……ま、先週、アルがウィリアムに語ってた話の続きなんだけど、さっぱりとダイジェストにし過ぎね。もうちょっとケリー婦人との思い出のエピソードとかは無いのか?
 どうでもいいけど、カーストに縛られてるインドの藩王族風情がウィリアム相手に偉そうに自由恋愛を語るなよ。
 エマが故郷に帰ると聞いて馬車の用意をさせようとするウィリアム。父親の仕業だろうけど、遠乗りの誘いでやってきたエレノアとバッタリ遭遇……ここでウィリアムを引き止められないところがエレノアの良いところでもあるんだけどね。
 ケリーの家を引き払ったエマ。2階建ての乗り合い馬車に乗ってるけど……あんなに客を積んで走ってるって、馬も大変だね。キングスクロス駅は良いけど、それよりもその手前で穴掘って工事してるところが気になるぞ? もうロンドン地下鉄の建設やってるような時代なのか?
 3等車が売り切れだからって2等車の切符を買ってるエマ。5、6シリングしか違わないって言ってるけど、貨幣価値がわからんぞ。ま、1等車は身分違いなんだろうけど、ちゃんとした家のメイドなら2等車でも不自然では無いのかね。
 ホームでエマに追い着いたウィリアムだけど……それだけでお終い。呆気なさ過ぎ。これがこいつの無力なところだな。唯一の救いはエマが買ったのと同じ花売りのガキから花を買ってるところで、そのスズランの花言葉は「幸せが戻って来る」……でも、まともに考えたらもう会うことは無いんだろうねぇ。
 しかし、現実的といえば現実的なんだろうけど、さっぱりしすぎる終わり方だな。ま、エマにしたらこういう結末しかないんだろうけど、ウィリアムは釈然としないんだろうねぇ。この後は、どんなことをしてでもエマを探し出すだけの覚悟がウィリアムにあるかどうかって話になるんだけど……

◎MONSTER
 (第58話)
 おやま、またあの「赤ん坊」絡みの事件かい。エバを連れ去っていったのはロベルトじゃなくて、このマルキンとかいうにーちゃんだったんかい。おいおい、エヴァってプラハじゃなくてフランクフルトに連れられていったんか。それで薔薇の館が簡単に焼かれてしまったんだな。
 列車の中で誰彼かまわず酒をせびってるエヴァ。もう完全にアル中女だな。しかし、エヴァに酒をくれてやって話し掛けてただけでマルキンにボコボコに殴り倒されてるおっさん……悲惨だね。
 依頼人のところに行った途端にいきなし金回りの良くなってるエヴァ。しかし、次々にパーティーに出ろって、どういう仕事じゃい。何か人を探すのが目的みたいだけど……
 しかし、いったいどんな事件が起こったんだ? ま、わざわざエヴァを指名してパーティーで人探しをさせてるってことは、探させてる相手はヨハンっぽいけどね。(テンマじゃパーティーなんぞには出て来ないからな)

◎エレメンタルジェレイド
 (第12話)
 おもいっきし啖呵を切って飛び出したシスカだけど、周囲の観客が全員武器を持ってて反撃してきてるし……おまけに弾切れ。レンもキーアも力尽きてリアクト解除で絶体絶命とは悲惨ね。
 ま、そこにアークエイル本部の精鋭部隊がやってきて助かってるけど……シスカってアークエイルでも下っ端の保護官だったんかい。
 やってきた特殊部隊のジモシー司令官にいきなし連行されてるレン。釈然とせずに突っ掛かろうとしてるクーだけど、なんとかシスカに宥められて抑えて、そのままアークエイルの飛行艇に乗ってるけど……
 なんかレンは七煌宝樹だからって隔離されてるみたいなんだけど、シスカはもちろん、上司のクルス補佐官までその事実は教えられないって……アークエイルもなかなか裏は真っ黒な組織みたいだね。
 でも、ま、一般のエディルレイドに過ぎないリィリアたちはちゃんと幸せに暮らせるみたいで良かったね。

◎エルフェンリート
 (第12話)
 35番に一方的にやられまくってるナナ。なんか速攻ですっぽんぽんにされてるみたいだけど、手足が取れてるところみたら、ただの人形にしか見えないな。
 そこにやってきたコウタとにゅう……はいいけど、なんか機動隊が全滅してるのは誰がやったんだ? ま、素直にやってきたナナを自分らで抹殺しようとして逆にやられたってところか?
 ナナに止めを刺して、コウタごとルーシーを抹殺しようとしてる連中だけど、35番はにゅうをルーシーとは識別できず……ナナと一緒で別人だと思ってるみたいね。しかし、周囲の武装集団はかまわず攻撃するけど……ルーシーが覚醒したおかげでコウタは無事だったみたいね。
 しかし、その様子に興味を持って近付いた蔵間の秘書の白川……速攻でルーシーに殺されてるとは悲惨ね。
 その光景を見て記憶を取り戻したコウタ。やっぱし、妹と父親はルーシーに殺されてたってかい。しかし……その列車、おまいら家族とルーシーしか乗ってなかったのか? いや、ほかに乗ろうとした客は前もってルーシーに殺されてたとかいう可能性もあるけど、こいつらに気付かれずにすべての客を始末は出来んだろうし……画面には映ってないけど、ルーシーのいた向こう側の車両には血まみれの死体が山になってるとか……
 35番はルーシー(というより、にゅう)を前に腕が出ないって回収されてしまった後で残された武装集団は死屍累々の山……と思ったら、そこに現れた坂東。おい、おまいは蔵間に頼まれて35番と戦うんじゃなかったのか?
 ま、35番は次回にリベンジしてきそうだけど……ナナは大丈夫なのか? ま、この辺は蔵間が自分の身を捨ててもナナを助けようとするだろうけどね。

◎ああっ女神さまっ
 (第11話)
 移動用にコピーしたメディアが破損して消失……(;_;) 来週まわし。

◎創聖のアクエリオン
 (第12話)
 温暖化現象か天変地異の影響か、海没した遺跡から回収された1万2千年前の羽根の入った琥珀……何かアポロニアスに関係あるもののようなんだけど……
「大人気無いな」
「大人の毛ならあるぞ!」
 証拠を見せようとするアポロに、指の隙間からちゃっかり覗いてるシルヴィア……大人の毛って、腋毛かいっ!
 羽根を見ようと侵入してるアポロとシルヴィア……赤外線警報装置を匂いで察知できるアポロって……
 羽根を手にした途端に過去世が甦り、抱き合ってる2人……ま、そのこと自体は最初からおきまりの物語だったから意外でもなんでも無いんだけど、堕天翅族であるアポロニアスが何で人間の側にいるのかってあたりがようやく語られ始めたってところね。

◎バジリスク~甲賀忍法帖~
 (第11話)
 いきなし巻物を伊賀に返してきて、自分たちは駿府に旅立ってる甲賀の連中。ま、互いに手の内がわかったら当分は膠着状態になるし、力づくで攻めても下っ端の雑兵に犠牲が出るだけだろうから、そうやって関係者だけを釣り出すのは賢明だろうな。

◎LOVELESS
 (第10話)
 倭に誘われてる立夏……おや、こいつって小学生だったのか。せいぜい中学生だと思ってたんだけど……どうりで学校で漢字の書き取り試験とか、ガキっぽい10大ニュースとかやってるわけだね。
 前回の一撃必殺のスペルって、サクリファイスの交換ってかい。自分の戦闘機の放った攻撃をサクリファイスに受けさせたらダメージは絶大だってかい。
 立夏のこぼしたコーヒーに「あつい」と言ってる倭……ゼロってこういう感覚が無いじゃなかったのか? それともどこぞの『シェリフスターズSS』のメニィみたいに普段の生活では感覚があるふりをしてるのか?
 おいおい、痛みを感じないゼロがリストカットなんぞしたらそうとうに大変な事態になると思うんだけど……
 胸の名前が消えかけてる倭。さっき「あつい」と言ったのはそのせいか?
 結局、そこのところを立夏に突かれて、戦闘中に痛みを感じた倭は戦闘不能に……で、名前も消えてたって話。でも、戦闘に負けて名前も消えたけど、絆が消えたわけじゃないんだから良かったんじゃないのかね。

◎まほらば
 (第24話)
 恵の彼氏からのエアメールは、こっちに来ないかって誘いの手紙だったんかい。
 実家に飯を食いに帰ったとか言ってる黒崎親子……なんかすっかり習慣になってるみたいだけど、もう本気で内職しなくても食えるって堕落してる感じだな。
 いきなしバイトを始めようとしてる隆士、梢ちゃんの薦めで商店街の八百屋で働き始めてるけど……八百屋のバイトってあんまし金になりそうに思わないんだけどねぇ。普通に学生用のバイト情報誌ででも探してる方が実入りが良さそうな……
 隆士が八百屋のオヤジから聞いた梢ちゃんの話……梢ちゃんが福引で当てたハワイ旅行で両親が事故で死んでしまって、それを自分のせいだと思い込んでしまって、それが多重人格の原因になったってかい。しかし、現れてる多重人格はあんましそんな事故とは関係無さそうな気がするんだけど……ま、辛うじて幼児退行してる魚子がそれっぽいと言えばそれっぽいんだけどね。
 隆士がバイト先で事故に遭ったと聞いて、自分の責任とばかりに倒れて眠り込んでる梢ちゃん。眠り姫だか白雪姫だかよろしく隆士にキスさせようとしてる恵たちと、それを阻止しようとしてる珠実……はいいけど、隆士が鈴に触れた途端に目覚めてる梢ちゃん。でも、その梢ちゃんは多重人格が次々に現れて、本物の人格がどっかに行ってしまって帰って来ないって……大変だね。なんか冗談みたいな多重人格ばかりだから、本物の人格が戻って来るまでろくに日常生活が出来そうに無いから深刻だね。ま、それでも早紀が一番まともそうだけど……早紀で固定してくれてるわけじゃないからね。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.446 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.447 ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブラックジャック (絵塗師)
2005-06-30 10:02:14
今回は『海のトリトン』か。

でも手塚治虫の原作版トリトンの髪は緑色じゃないんですけどね。もっともそうしないと誰だかわかんないでしょうけど。

富野氏によるアニメ版は大幅にアレンジされていて、原作の原形をとどめていません。

re:ブラックジャック (結城あすか)
2005-07-02 00:18:29
あのガキはトリトンだったんですか……オリハルコンの剣やピピはともかく、イルカが一緒にいないと気付きそうも無いです。

トリトンというと手塚治虫にアニメのトリトンのファンだといったら機嫌を悪くしたとかいう話を聞いたことがありますが、どうなんでしょう?

で、アニメとは違う原作のトリトンってどんな話だったのかは謎です。
海のトリトン (絵塗師)
2005-07-02 01:22:57
原作とアニメはまったくの別物です。

オリハルコンの剣も無いし、ヒロインはピピ子というちょっと野暮ったい名前でした。最初は赤んぼだったのですが、トリトン族は変態で一気に何年も成長するので、たちまち大人になりトリトンとの間に子供を7人ももうけます(ただし産むときは卵)。

ポセイドンは故・大平元首相のような顔で、地上の征服をたくらみますが、不死身で成敗出来ないので、ミサイルに乗せて宇宙にほっぽり出してしまいます。
Re:海のトリトン (結城あすか)
2005-07-02 17:32:15
ご教示ありがとうございます。



>>トリトン族は変態で

 トリトンは変態さんですか……ああ、オタマジャクシがカエルになるとか、そっちの変態ね。



>>ポセイドンは故・大平元首相のような顔で、

 あんまし怖そうな敵じゃないような……そういえば手塚キャラっていわゆる威厳のある悪の大玉とか言うパターンのキャラって見掛けませんね。

 小悪党ならスカンクみたいな定番キャラがいますけど……

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。