電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.460 (1/3)

2005年09月28日 | 週刊アニメ定点観察
期間:05/09/19~05/09/21

◎チャンス トライアングルセッション(新)
 (第1話)
 冒頭のCGの女神像を見たら、そりゃ最近のアニメなんだろうけど……本編見たらとてもそうには見えないね。70年代かせいぜい80年代の芸能界もののアニメって感じだな。
 ユウキとかいう榎本温子声の会場スタッフのバイトのねーちゃん、ノゾミとかいう山本麻里安声の金持ちのお嬢様、それともう一人、アカリとかいう飯塚雅弓声の普通のねーちゃん……レイカのコンサートにやって来た3人がスターを目指す物語って感じね。
 おいおい、スタッフをなぎ倒してステージ上の歌手に花束渡すのって、そんなことされたら歌手本人にも迷惑だからやめろよ。
 コンサート会場で音楽コンクールの案内配ってるとは、露骨な商売してるな。
 レイカのステージにしろavexの匂いがぷんぷんする音楽だったけど、誰かと思えば国府田マリ子か……
 はっきりいって第1話にしては退屈すぎ。ま、3人の物語の発端をドキュメンタリータッチで描こうとしただろうけど。見続けるかどうかは次で判断かな。

◎D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン~
 (第12話)
 遅刻しそうだからって走ってる純一とアイシア……音夢には見捨てられたのか? そこに通り掛った黒いリムジンに拾われてるけど……月城アリスってお嬢様だったのか。
 水越病院でガキたちの相手をしてる音夢。風見学園の保健室は放っといて良いのか? ま、本来は昭島の仕事だからねぇ。で、それで純一たちとは別だったのか。しかし、こいつ、病院の中にうたまる連れ込んでないか?
「にいさん、そこ……気持ちいい……」
 お約束のマッサージネタ。
 病院で食事をひっくり返してるまどかとかいう女の子。星一徹ごっこだな(違う)。しかし、いくら自分の家の経営とはいえ、病院の手伝いをしてるのを家事手伝いっていうのか?>萌。
 アリスの家でサーカスやってた頃の写真を見付けたアイシア。2人でサーカスをして、まどかを励まそうと言い出してるけど……
「いきなり綱渡りは無理ですね」
 それはいいけど、おまいがやってるのはサーカスじゃなくて新体操だと思うぞ。ま、そのうち一輪車とか玉乗りとか高度な技を始めてるけど……意外と根気良く続いてるのね<アイシア。今回は魔法に頼ろうとはしてないし……
 まどかのために病院で初音島サーカスを開催するアリスとアイシア。しかし、他の子供の親を見てるうちに抜け出してるまどか。
 船で流されてるまどかを発見したアリス。ロープが無いかと言われてとっさにアイシアが魔法で出したのはリボン。それで良いとリボンを持って船に飛び乗って、まどかを背負って綱渡りを始めてるアリス。
 綱渡り以前に船に引っ張られて切れそうな気がするんだけど……まさに時間との勝負だな。それはいいんだけど、流された船はそのままか。勝手に船を流されてしまった持ち主は大損害だな。

◎MONSTER
 (第71話)
 ピンチになったら現れる無敵の超人シュタイナー……確かにグリマーにはその手があったな。
 おや、ソーセージ屋のねーちゃん、ロベルトに殺されずに逃げて来たか。そこでテンマに出くわしたルンゲだけど……さすがにもうテンマが犯人じゃないと確信したか。で、フランツ・ボナパルタの居場所をテンマに教えて、自分は実行部隊の指揮者のロベルトを倒しに向かってるけど……
 テンマが他の一般人を逃がしてる間にホテルに逃げてきたソーセージ屋のねーちゃんだけど、グリマーの目前で射殺。それで例によって暴走してるグリマーだけど……テンマが駆けつけたときにはさすがに孤軍奮闘でくたばる目前だったか。
 しかし、感情が失われたと思ってたグリマーだけど、死の直前になってから感情が甦えってるって……世の中は残酷だねぇ。

◎おくさまは女子高生
 (第23話)
 夫婦喧嘩というからちゃぶ台ひっくり返したりお茶碗でも飛び交うのかと思ったら、タダの家出かい。原因は旦那が本にかまけて麻美にかまってくれないってことだけど、そんなのいつものことじゃないかい。
 それにしても大事な本を居間に置き去りにしてるって、そりゃコレクターとしての管理能力の欠如が問題なのは否めないな。
 しかし、これだけストレスたまりまくりな生活してながら、よく今まで喧嘩しなかったものだね。

 (第24話)
 風邪で倒れた麻美……は良いけど、コンビニで倒れて病院に運ばれたのに、そこから帰ってから40℃近い熱を出してるって……当てにならん医者だね。
 それにしても使えん旦那だね。隣のエロガキ以下とは情けなさ過ぎ。ま、使い物にならんのは麻美の父親も同じだけど。
 しかし、何かもう完璧に岩崎先生に疑われたみたいね。

 どうでもいいけど、OPが欠けたぐらいで先週の放送しなおすなよ>三重テレビ。

◎エレメンタルジェレイド
 (第25話)
 結局、クーはイヴが自分の命と引き換えに甦えらせてるけど……一度死んだらプレジャーの契約は解除されるってか。
 レンの周りに張られた結界だかバリアだかを打ち破ってたどり着いたクーの言葉で自我を取り戻すレン。女王として自分たちに従うように迫るカオスクワイアの連中に拒否反応を示して力を暴発させるレンだけど……吹き飛ばされたのはシスカたちだけって、なんかこいつら物語に邪魔だからって退場求められてるような感じがするのは気のせいか?
 最終手段とばかりに何か光線を放ったと思ったらレンに直撃し、その反射でクーが吹き飛ばされてるんだけど、そこに現れた敵……なんかカオスクワイアの連中がレンと強制リアクトしたってところかねぇ。

 サントラ盤のCMのフィロがなかなか。いや、本編中のその手のカット集めただけだろうけど……

◎わがまま☆フェアリー ミルモでポン!ちゃあみんぐ
 (第171話)
 パートナーの願いが叶って修行を終えた妖精はもう二度と人間界にはやってこれないってのは良いけど、マルモ国王は修行を途中で放り出したから今でも人間界に来れるって……なんかメチャクチャいい加減な話だな。
 ミルモが妖精仲間に状況を話したばかりに告白の現場にギャラリーがゾロゾロ。しかし、一人だけ真相を教えてもらってない松竹が哀れね。
 しかし、楓の願いが叶って妖精界に帰るミルモはいいけど、結木のパートナーのリルムって、何の願いを叶えるためにパートナーやってるんだ? ムルモやヤシチはミルモとは背反的な立場にあるから、こいつらは人間界にいられなくなるってことは当分は無いんだろうけど……
 妖精忍者最大の魔法を使うヤシチ。自分が石になる代わりにパートナーの願いをひとつだけ叶えることが出来るから、それで安純に結木との恋を叶えろってか。しかし、安純はその願いをヤシチを石から戻すことに使ってるって……ま、いまさらそんなことまでして逆転するってのは自分が惨めになるだけだろうけど。しかし、これを実行してたらミルモが妖精界に帰るとかいうのはキャンセルされたのかねぇ?
 最後に思い直して楓に別れを言おうと会いに向かうミルモだけど、こういう時に限ってワルモ団に引っ掛かってるとは悲惨ね。結局、何とか楓を見付けたものの時間切れで会えずにお仕舞い……ま、よくある話だから気にするな。

◎奥さまは魔法少女
 (第12話)
 ワンダーランドの現状維持に拘るばかりにクルージェを導くことを忘れ、巽だけ逃がそうとしたことを咎められて牢に入れられてるアニエス。一方、指輪を預かったクルージェはブルガたちに操られて世界を作り変えようとしてるけど……
 この期に及んでまた巽が頼りだって……いったいどういう作品なんだ? だからさぁ、この作品見てても、土壇場になっていきなし巽を重要キャラに仕立てても、そこに至るまでの過程が欠落してるから不自然すぎるんだよな。
 何かと都合が良すぎると言われるエロゲ原作の美少女アニメでもこの辺はもっと自然に話を作ってるぞ。

◎ああっ女神さまっ(終)
 (第24話)
 暴走したミッドガルド……と思ったら究極破壊プログラムが転移してたってか。で、そのミッドガルドもベルちゃんがどうにか退治したと思ったら……今度は螢一に転移してるってかい。
 しかし、恐怖の大王になった螢一、なんかマーラーそっくりなのは気のせいか?
 そこに天上界から降りてきたワルキューレのリンド。問答無用で螢一ごと恐怖の大王を抹殺しようとしてベルちゃんに阻止されてるってか。
 螢一の体を盾にケルベロスの門の封印を破って人間界に君臨しようとしてる恐怖の大王だけど……身を捨てて螢一を助けようとしたベルちゃんの体に転移しようとして失敗。たまたま飛んで来たフロッピーディスク……おや、一応は3.5インチなのね……に一時退避したところを磁石で磁気記録を消去されてお終いとはマヌケ過ぎ。
 天上界ではユグドラシルの停止でベルちゃんの契約もウルドの免停も記録が消えてしまって無効ってかい。なんかメチャクチャいい加減なシステムだな。で、ベルちゃんは天上界に戻ってもかまわなくなったわけだけど、残るってのはお約束ね。

 しかし、螢一とベルちゃんの契約が途中で切れてたとは意外だったね。それで劇場版では契約云々って話は出て来なかったんだな。

 シリーズ通して見ても、やっぱし今更のアニメ化って感が拭えないね。もうちょっと丁寧なつくりだったら印象は違ったかもしれないけど。あと、時代設定が原作に合わせて80年代の末期か90年代の頭なんだろうけど、『かみちゅ!』と違ってそうとはわかりづらい点が不親切っぽいね。(いや、その時代設定にしては今回の舞台が横浜みなとみらいってのに無理があるような気がするんだけど)

◎創聖のアクエリオン
 (第25話)
 量産型ベクターマシンの大群も堕天翅族の反撃の前にバッタバッタとやられていって、合体可能な機体もそんなに残ってないってか。で、いきなし記憶の戻ったグレンが神話獣の盾になって麗花たちを先に行かせてるけど……結局は自爆で最後か。
 養殖されてプラーナを採取されてる囚われの人間たち。巨大に育った千年樹……よくわからん世界。で、例によってシリウスがケルビム兵と合体して立ち向かって来てるけど、互角の戦いかと思ったらトーマが割り込んできてアクエリオンを磔に。
 おやま、シリウスはアポロニアスの半分じゃなくて、セリアンの半分だったってか。で、アポロニアスを受け継いでたのはアクエリオン自身だってか。アポロがアポロニアスの記憶を思い出していたのはアクエリオンに一番同調してたからってか。
 で、セリアンの片割れを殺すってシルヴィアを殺そうとしてるけど、シルヴィアはアポロニアスの遺伝子による羽で脱出。今度はケルビムマーズを使ってシリウスにシルヴィアを殺させるかと思ったら、シリウスの方を殺すかい。凶悪だな>トーマ。

◎バジリスク~甲賀忍法帖~(終)
 (第24話)
 朧が自殺するというのは見えてたけど、家光が徳川の後継者になったという史実とどう整合性をとるのかと思ったら、後に残った弦之介が朧の勝ちだと書いて自分も死んでるってか。
 しかし、確かに最後まで残ったのは弦之介だったけど、どう見たってこの作品は終始、伊賀を中心に描いてて甲賀は最後まで脇役だったようにしか思えんのだけど、『甲賀忍法帖』というタイトルは何だったんだ?

◎タイドライン・ブルー
 (第9話)
 縛り首にされそうになってまた博打を持ちかけてるキール。賭ける物が無いからって拒まれてると思ったら、ユリシーズのSCBMを出してきてるジョゼ。このねーちゃんも思い切りが良いね。
 船長が6のぞろ目を出して絶体絶命かと思ったら、キールは1のぞろ目って、ほとんどマンガのノリだな。その結果にガキがイカサマだと騒ぎたて、乗組員もキールを袋叩きにしようとするけど……ティーンが銃でガキを人質に取るかい。
 サイコロを割ってイカサマじゃないことを証明し、その場を収めてる船長。なかなか肝の据わったおっさんだね。で、賭けの通りにフランスでユリシーズの修理をすることを約束してるけど……こいつら早過ぎ。
 ハンマー・オブ・エデンの影響で陸地がほとんど無いからほぼ直進コースを取れるとはいえ、チベットからフランスまでそんなにすぐに着くわけ無いだろ。

◎ぱにぽにだっしゅ!
 (第12話)
 アイドルになってコンサートしてる夢を見てる宮田に帰れコールを囁いてるジジイ……究極の嫌がらせだな。
 自分が夢を持っていないことにコンプレックスを感じてるベッキー。
 例によって宇宙人の干渉で姫子の夢の中に入ってしまった一同。カニばっかりお勧めのレストランは良いけど、味がカニかまぼこだってかい。夢を見てる本人の知識を超えるものは存在しないというのが壮絶だね。
 ジョーズの背びれが泳いでるフカヒレスープはともかく、トーストに着いて来たバターが『ちびくろサンボ』ネタとは……
 玲のおっぱいミサイルは笑った。

◎フルメタル・パニック!The Second Raid
 (第9話)
 宗介が退学届けを出したと知って、自分の身は自分で守らないと決意したかなめ……は良いけど、いきなし行きずりのおっさんとホテル行くかいっ! いや、何も知らないおっさんの方が不幸だね。
 で、ビルの屋上で盗聴してるおっさんを察知して追い込んだのは良いけど、それは例のレイスとかいうミスリルの諜報部のおっさんとは皮肉ね。しかし、そのおっさんはいきなしやってきた玉蘭に撃たれてるし……
 玉蘭に追われて逃げるかなめ。懸命に逃げるも相手はプロ。ついに追い込まれて絶体絶命かと思ったら、罠を仕掛けて逆にニードル銃で仕留めてるってか。この冷静かつ的確な判断力がウィスパードの能力によるものかい。
 そこに現れて玉蘭にはかなめは殺せないと言ってるレナード。テッサの兄ってかい。とりあえず敵の組織は現状ではかなめに危害を加えるつもりは無く、今回のは玉蘭の独断によるものだったって話だけど、その指示を拒否してレナードに殺されてる玉蘭……
 う~ん……この姉妹ってこんな感じでバラバラに死んでいくキャラだったのか。
 レナードに連れて行かれようとしてるところをかなめの要求で助けられたレイスだけど、そのまま助けられて生き恥をさらすより死んだほうがマシだってかい。

◎涼風
 (第12話)
 先週で見に懲りただろうから少しは真面目に練習する話しかと思ったら、例の新聞屋のねーちゃんが今度はケーブルテレビの勧誘に……良いんだけど、このマンション、勧誘員とか服部とか好き勝手に出入りしてるけど、女性専用とか言っておきながらフロントのオートロックとか無いのか? 物騒だねぇ。ま、所詮は風呂屋がついでに建てただけのマンションだからそこまで需要を考えてないんだろうな。
 それにしても、いちいち個々の部屋にケーブルテレビの勧誘に来てるんだけど、マンションがすでにケーブル対応になってないと意味ないんだけど、その辺はちゃんとわかって勧誘してるのかねぇ。
 で、このねーちゃんが辺り一帯にばら撒いてたプールのタダ券でプールに行くことになってる陸上部1年の5人だけど……最近の女子高生ってそんな平気でビキニなんか着るものなのか? いや、この作品だけにいっても仕方が無いんだけど、露骨なエロゲ原作のアニメにそんなこと言っても無駄だろうし……
 しかし、普段から露出の高い羽柴美紀はともかく、涼風なんて絶対にそんな世間に迎合した水着なんて着ないタイプだと思ってたんだけどねぇ。
 それにしても、せっかくプールに行っても何も進展なしって……ま、それが普通だと思うけど。

◎極上生徒会
 (第25話)
 子供は子供なりに堂々と会いに行こうって……メチャクチャな理由だな。中学生には通じても高校生には通用しないような気がするぞ>奈々穂。
 極上生徒会は良いけど、その他のわけのわからん連中って、隠密の作戦かい。地下の抜け道から邸内に潜入してる本隊だけど……おいおい聖奈もみなもも元は神宮司の人間だってかい。力が無くなったら苗字を変えられるってか。
 戦いになったらいつもはマヌケ面さらしてる遊撃の見せ場だけど……実は武術の使い手だった管理人さんとか、実は日本語ぺらぺらだったシンディとか……実は飛騨活性流を使えたれいんとか……メチャクチャだね。
 しかし、こういう突入戦になると戦力になるやつから追っ手を抑えるために抜けていくから、りのとみなもとまゆらが残るってのがマヌケだね。いや、実はプッチャンが強いから、りのは戦力外ではなかったんだけど……
 会長が黙って神宮司の当主に納まって宮神学園をやめたのは、りのをそのまま匿うためだってか。

◎いちご100%
 (第11話)
 『涼風』の一緒にプールに行く男女云々じゃないけど、プレゼントに下着を贈る男女ってのはどうよ。
 ま、高校生だから勢いでやれるってところもあるだろうけど、大人になったらやっぱしどうかと思うところだね。

 しかし、このまま次回で最終回じゃ、メチャクチャ中途半端なところで終わってしまってるな。いったいどんな計画立ててアニメ化したんだ? ま、原作の最後まで行かないんならどこでやめても同じといえば同じだろうけど、それなりに区切りってものがあるだろうに。
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【DCSS】初音島桜前線注意報... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.460 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。