電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.510 (3/3)

2007年03月27日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/09/08~06/09/10

◎ケロロ軍曹
 (第126話)
 クルルの作ったゲームの世界に入り込む機械でいきなしバグに巻き込まれしまってる夏美たち。
「RPGワールドを覚えてる者は幸せである」
 ここはバイストンウェルかいっ!
 しかし、よく考えりゃRPGの勇者って、その世界では弱いものいじめで宝漁りの泥棒みたいなものだな。
 助けるはずのサブローがラスボスってのはよくある展開。しかし、カロッゾ・ロナの鉄仮面って凶悪だな。

◎BLACK BLOOD BROTHERS(新)
 (第1話)
 香港らしき町。物凄い勢いで襲撃してくる吸血鬼の大群……こいつらいったい何なんだ? ゾンビ映画じゃないけど、世界中の人間が吸血鬼化して残った人間を襲ってるのか?……とも思ったんだけど、襲われてる連中も何か特別みたい。
 結界を解いて吸血鬼の前に出て行くジローとかいうにーちゃん。剣で吸血鬼たちをバッサリ、バッサリ。まるで『ガンダム無双』のマスターガンダムだな。

 航行中の船。子供の姿を見掛けた船員……
 その船の貨物室で棺桶を叩いてるガキ。さっきの子供ではないみたいだけど……。棺桶の中で寝てる兄を起こそうとしてるみたいだけど、それって吸血鬼か? しかし、棺桶の中のやつは相当に寝起きが悪い感じね。
 どうもこいつらは密航者だから兄は弟に無闇に出歩いて人に見付からないようにと言ってたんだけど、兄が起きないからって出て行ってるガキ……
 で、いきなし出くわしたのがさっきの子供か。自分のことは内緒にするように頼んでるガキだけど、急に姿を消してる子供。その脇の階段の裏に倒れてるさっきの船員。首筋には噛まれた跡……って、その子供も吸血鬼ってか?
 ガキが甲板に出たら何か激しい銃撃戦。どうも難民の吸血鬼の抹殺に来た特殊部隊って感じだけど、それにしてはものものしいね。
 そこにいきなり棺桶が浮上してきて、中から現れたのは冒頭で出て来たジローとかいうにーちゃん。何をするかと思ったら、勝手に出歩いてる弟へのお仕置きかいっ! なんか呆気に取られてる一堂だけど、気を取り直してジローを銃撃する特殊部隊。しかし、弾丸はすべて止められ、逆に銃身を詰まらせられて銃撃不能に。
 その様子を見てジローをOLD BLOODだと言ってる難民の吸血鬼たち。『月姫』でいうところの「真祖」みたいなものか? どさくさに紛れて手榴弾を投げてる難民の一人。その爆発で船が傾いて弟が海に転落。それを追って飛び込むジローだけど……吸血鬼って流水は弱点なんじゃ……
 船は沈んで、ボートで特区に向かってる難民たちだけど、その中には例の子供の姿。でも、ジローたちの姿はなし。ま、そのまま溺死とかいうんじゃ物語が続かないから助かるんだろうけど……
 ラスト、未明に上司からの電話で叩き起こされてるねーちゃん……どうも掛けてきたのは船で弟のそばにいた難民でも特殊部隊でも船員でもない感じのスーツ姿の男みたいね。こいつはジローたちの正体を知ってたみたいだけど……

 ま、退屈ではないからしばらく見続けてみようか……という感じね。

◎シムーン
 (第23話)
 和平の条件として解散を要求されてるコール・テンペスト。ま、実質的な降伏なんだから武装解除は当然だろうけど、それを知って血相を変えてる宮主。
 コール・テンペストの連中の反応はそれぞれだけど、ネヴィリルとアーエルは翠玉のリマージョンに未練があるみたいね。しかし、ネヴィリルを拒絶して飛び出してるアーエルだけど……
 一人、泉に向かったユンは遺跡に残ったはずのオナシアがそこにいて驚くけど……遺跡はコール・デクストラの実験で空間が不安定になっていて2箇所に同時に存在するようになったってかい。そして自らを見せることで男女の性別を選択しなかったものの末路をしめしてるんだけど……体が結晶化してるって、おまいウィッチブレイドでも付けてるんかいっ!
 ネヴィリルとパライエッタが話してるところに慌てて飛び込んできた宮主。ネヴィリルを引っ張って格納庫に向かったと思ったら、今すぐ翠玉のリマージョンで別の世界を呼び出せって……こいつ、翠玉のリマージョンを使ったら歴史を変えられるとでも思ってるのか?
 ま、すぐに連合軍の兵士に連れ戻されてるけど……

◎彩雲国物語
 (第19話)
 ずけずけと紅家に居候を決め込んでる燕青。ただでさえ影月も居候してるのに、この貧乏屋敷、大丈夫か? もっとも玖琅の話によれば、秀麗の家が貧乏なのは母親が死んで父が腑抜けになったのをいいことに使用人たちが家財一式を持ち逃げしたかららしいけど……
 クビになった前礼部尚書が持ってた茶家当主の指環がニセモノで、本物がどこにあるかで困ってる劉輝たち。茶太保が死んで1年近くになるけど、茶家は時期当主を巡って荒れてて、前当主の死後1年以上も当主の指環が見付からない時は新たな当主の指環を作れるので、そうなったら誰が次期当主として出てくるかわからないって話。
 その茶家が勢力を持ってる茶州の州牧は茶太保の死後に後ろ盾を失った燕青が辞任して以来空席。これじゃ茶家の争いに巻き込まれて茶州は乱れ放題だってことで、ようやく後任の州牧を送ることに。
 進士任官の場で劉輝から茶州州牧を命じられてる秀麗と影月。半人前が2人で一人前って、足算で良いのか? 反対する高官たちだけど、それじゃ自分が茶州に行くかと言われたらだんまり状態。結局、燕青と燕青を補佐していた鄭悠舜を州牧補佐に、静蘭を州牧付き武官として茶州将軍より高位の武官として付けて2人を茶州に送り出すことになってるけど……
 どさくさに紛れて清苑公子が流罪になった時に取り上げられてた刀を静蘭に返してる劉輝だけど……その場で意味のわかったやつってどれくらいいたんだろうね。

◎おとぎ銃士 赤ずきん
 (第11話)
 一行からはぐれたところをハーメルンに助けられ、足手まといになるからエルデに帰れと言われてるりんご。その近くにある赤ずきんのいた魔法学校に用があるというハーメルン。そこで案内がてら魔法学校に立ち寄る赤ずきんたちだけど……
 翌日は学園祭か何かで客に混じって魔族が来るかもしれないからって赤ずきんたちを引き止める校長。主役が出れなくなったからって困ってる演劇グループに先輩として協力を申し出てる赤ずきんだけど、何故か主役は草太がやることに。一方、足手まといになりたくないりんごは、いばらに頼んで飛行魔法を教えてもらってるけど……
 案の定、魔法学園にやってきたグレーテルとランダージョ。さりげなく芝居に乱入して草太をさらおうとしてるところが巧妙だけど、それに気付いた白雪と水面下の激しい攻防戦。しかし、それを勘違いしたりんごが乱入してきて芝居はめちゃくちゃで、舞台を飛び出していってるし……
 グレーテルに連れ去られそうになって墜落する草太を助けようと、まだ成功したことも無い魔法で飛ぼうとするりんご。体がふわりと浮かんで草太もりんごも助かってるけど、そんな高度な魔法は白雪しか使えないって話。
 それでも自分が飛んだと誤解してるりんごを挑発して水の中に飛び込ませてる白雪。何か腹の中真っ黒って感じだな。

◎ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!
 (第24話)
 遅刻しそうで急いでて人にぶつかりそうになってるところを、レインを引っ張ったままジャンプして飛び越えてるファイン。それを見てファインをダンスコンテストのコンビに誘ってるトロワだけど……
 さっそくダンスの特訓を始めるファインだけど、トロワの特訓は超人並み。ファインの運動神経で付いていけないって、相当に過酷だね。だいたいランニング1日100キロって……マラソン選手だって毎日毎日42.195キロも走ってたら体力が持たないだろうに。そりゃ他の連中が途中で逃げるのも当然だな。
 どうでもいいけど、プリバウアーって技の名前はやめろよ。

◎BLOOD+
 (第48話)
 オペラハウスにやってきた小夜たち。小夜の活動限界が相当近付いてきてるみたいだけど……
 何も知らずに沖縄で中継を見てる香里。まさか、こいつが翼手になるとかいう展開じゃないだろうな。
 なんかアンシェルの計画に冷ややかなネイサン。おいおい、こいつまさかディーヴァのシュヴァリエじゃなくて、小夜とディーヴァの母親のシュヴァリエだったってか?
 ステージに向かうディーヴァを止めようとした小夜だけど、それはアンシェルのまやかしで、本物のディーヴァはすでにステージの上って凶悪ね。
 ディーヴァの歌が始まり、手はずどおりに中継ポイントのアンテナを破壊するルイスだけど、中継はすぐに回復。軍の通信衛星を使ってるからって今度は直接会場の中継車を破壊するデヴィッドたち。ま、何とか中継車は破壊したみたいだけど、それで大丈夫か? まだ何か仕掛けが残ってるって可能性は……
 一方、会場で続々と翼手が発生してるんだけど、なんかそれを知らなかったみたいなアルジャーノ。サンクフレシュのCEOといえども所詮はシュヴァリエじゃないタダの人間。結局は使いっ走り以外の何ものでもなかったみたいね。しかし、てっきり近くの翼手化したおばさんに殺されるのかと思ったら、殺されたのは背後にいた別の人間で、何か生き残ってるな。
 中継車を破壊したものの、デヴィッドがやられ、翼手に囲まれてるカイたち。小夜とハジにそんなとこにいける余裕なんてないし、なんか絶体絶命だね。ま、相手がタダの翼手ならルルゥでもそれなりに戦力にはなってるみたいだけど……

◎ツバサ・クロニクル(第2期)
 (第44話)
 新しい世界にやってきた一行。そこは人のいた形跡はあるけど人の姿の無い寂れた世界。何故か元気の無いモコナ。誰彼構わずくっついて寝たがっていたけど……寝相が悪いといわれてショックを受けてるサクラ、いとおかし。
 朝起きたら、何故かモコナ以外は小さくなってしまった一行。そっこにやってきたケロちゃん。こいつだけ声が久川綾のままなのが大いに謎。ま、子供受けの良いキャラだったからNHK側からの要望なのかも知れないけど。
 ケロちゃんとモコナが互いに初対面じゃないような気がするって言ってたのは、久川綾が『レイアース』にも出てたからだとかいうネタ……というわけでもないみたいだけど、さて。
 ケロちゃんの話では山に魔力にたまってて、そこから発する光を浴びた人間は小さくなってしまうって話で、それを解決する救世主がモコナだって話。
 ケロちゃんに連れられて事態の解決に向かうモコナ。何かたいそうな試練でもあるのかと思ったら、ケロちゃんと協力してサクラの羽根を取ってくるだけの話。そんなのケロちゃん一人で出来ないのかという気がしないでもないけど……

◎ストロベリー・パニック
 (第23話)
 玉青にエトワール選への出馬を要求する深雪。そしてそのパートナーには不本意な静馬を使って渚砂を説得させてるけど……
 出馬を渋ってた渚砂だけど、静馬に反対されなかったことにショックを受けて、千華留に一晩慰められた挙句、やむなく出馬することに。しかし、すっかり親友関係みたいだな<千華留&渚砂。で、渚砂がOKしたと深雪に聞いた静馬は部屋で暴れまくってるんだけど……そんなに嫌なら説得に協力するなよ。
 そんな感じで物語は全然進んで無いんだけど……最後の最後で天音が落馬という波乱の展開。おいおい、このままじゃル・リム同様、スピカも出馬辞退で玉青・渚砂コンビの不戦勝ってか? いや、その前に静馬関係で一波乱あるだろうけどね。

◎ふたりはプリキュア Splash Star
 (第31話)
 先週の新変身について話してる咲&舞とチョッピ&フラッピ。
「本当はよくわからないチョピ」
 笑ろた。
 いきなし文化祭で漫才をやるからって相方を募集してる健太。
「文化祭は任せなさい」
 ペギラが来た。^_^;
 学級委員だからって無理やり相方をやらされそうになってる宮迫だけど、どう考えても往年のSOSトリオより激寒のセンスレベルじゃ、誰も相手になんかしないわな。
 ま、宮迫の天然なツッコミに味があるといえばあるかもしれないけど、現状で笑いを取るのは至難だと思うぞ。

《おまけ》
◎ウルトラマンエース(再)
 (第18話)
 TACの無人飛行機のコントロールに伝書鳩の帰巣本能を利用しようと実験してたら、それに目を付けたヤプールが鳩をさらって超獣にしたてたのはいいけど、鳩の帰巣本能で勝手に逃げられてるって展開。どっちもどっちって気がするけど、ヤプールのお粗末さは目を覆うしか無いねぇ。
 こいつら本気で侵略しようとしてるのか? アホばかり揃ってる気がするなぁ。ま、他の宇宙人は一度失敗したら自分の実力の程を弁えて、もう侵略は諦めるか、対策を練って出直ししてくるのに、こいつらは何の進歩もなく同じこと繰り返してるだけだからなぁ。 ま、バルタンとかメトロンとかいう有力な宇宙人が地球侵略に失敗して引き下がったから、こんな三流異次元人がずっと居座ってられるようになったんだろうけど……
 それにしても、母親からは鳩を飼うことに反対され、こっそり飼ってるのを北斗に知られたと思ったらTACの実験に協力させられた挙句、ヤプールに超獣にされて最後は殺されてるって、飼主のガキも悲惨だね。TACはちゃんと賠償したのか?

◎ウルトラマンメビウス
 (第23話)
 いきなり海鳴りが聴こえて過去に迷い込んでる人々。警察からマリナに協力要請があり、刑事が迎えに来てるけど……何で捜査協力に私服に着替える必要があるんだ? ま、GUYSの制服だったら怪獣絡みの事件かと人心の不安を煽るってことかもしれないけど。
 迎えに来た刑事に懐かしさを感じるマリナだけど、その刑事はニセモノだったって話。海鳴りで過去に飛ばされたマリナが刑事に正体を問い質すと、彼は宇宙人で、自分の星を滅ぼしたクロノームが時空に隠れて地球を狙ってるって話。
 過去の自分を目撃したマリア。そこは祖父が死んだ頃、マリナが記憶に残ってない夜だったって話。
 過去のマリナは野原で紙飛行機を飛ばして祖父のことを悲しんでるけど、そんな彼女を慰めたのが例のニセ刑事のアンヘル星人トーリ。マリナが懐かしく感じたのはガキの頃に会ってたって……よくある話ね。
 自分の邪魔になる聴覚を持つマリナを抹殺しようと、過去のマリナを襲いに姿を現したクロノーム。苦戦するメビウスを助けようと銃を取るマリナだけど、過去の自分に気を取られてるところをクロノームに襲われてるとはマヌケ。
 そのマリナを庇って死んでいくトーリ。悲惨ね。結局、クロノームはマリナの聴覚で弱点を攻撃されたところをメビウスにトドメを刺されてるけど……
 弟が届けに着た荷物の中に、かつてトーリに手当てされたときのスカーフが……というのは、どうみても蛇足だな。

◎仮面ライダーカブト
 (第32話)
 相手がひよりでもワームに対しては非情に徹するという天道。
 ひよりを捕獲しに現れた影山。それを横取りに来た例の女ワーム。両者からひよりを守ろうとする加賀美と助太刀に来た神代。混戦の中、身の危険を感じて再びワームに変身するひよりだけど、それを見た天道が(ジャンプしないからインチキな)ライダーキックで一撃。爆死してしまったようなひよりだけど……
 ライダーキックの瞬間にクロックアップしてひよりを助け出してたってか。どうりで加賀美も神代も影山もキャストオフはしても誰もクロックアップして戦ってないから変だと思った。こういうのは最低のシナリオだな。
 ひよりを自分の妹だという天道。天道の両親が擬態されたワームに殺された時、母親の胎内には妹がいたってか。その後、天道家に引き取られたんだけど、7年前の渋谷隕石のときにそのワームと再会。天道はカブトのベルトを身につけたままその両親に擬態したワームを殺した(んじゃなくて、殺そうとしたけどその前に落盤で死んだ)のだけど、その時にワームが連れていた子供がひよりだってか。
 それじゃ、ひよりってその妊婦の母親に擬態したワームが産んだ子供って話じゃないのか? それにしても、ワームって渋谷隕石の前からいたのね。やっぱしゼクトのライダーシステムの実験の失敗から生み出された人工生命体ってところか?
 天道は最初からひよりがワームだって知ってたってか。その上でひよりを守るためにライダーシステムを手に入れたってか。でもそのまえからベルトは持ってたんだろ? いったいいつどこで手に入れたんだ?
 謎のうめき声を聞いて渋谷に入っていくひより。その先には例の鎖につながれた鉄仮面が。ひよりが手に触れると鉄仮面が外れたけど、その下には天道の顔。おいおい、どっちかがワームの擬態って話か?
 後を追った天道と加賀美。待ち構えてた女ワームの指し示す方向に進んだら、いきなし海辺の光景。おいおい、ここは異次元空間化何かか? それともどこでもドアでもくぐってきたのか?
 で、なぜか砂浜でくたばってる三島。持ってたのは開発中とか言ってたハイパーゼクターの入ったケースのはずだけど……中身はひよりに解放された鉄仮面の天道に奪われたって展開っぽいな。
 しかし、ワーム=オルフェノクなら今までの天道の方がワームの擬態っぽいんだけどねぇ……

『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.510 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.511 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。