電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.510 (2/3)

2007年03月27日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/09/05~06/09/07

◎ちょこッとSister
 (第9話)
 はるまが花屋のねーちゃんを避けてるからって心配してるちょこだけど、管理人さんからすればそんな話には関わりたくないだろうね。しかし、いつまでも花屋を気にしてるちょこを連れ帰るために前から知りたがってたことを教えるといってるけど……大きな声で口に出せないことか?
 花屋に婚約指輪を取りにやってきたイラストレーターのにーちゃんだけど、変にオールバックにしてるからか、この前までとは雰囲気が違うねぇ。しかし、婚約を解消したからってわざわざ婚約指輪を取り返しに来てるにーちゃんもにーちゃんだけど、いつまでも婚約指輪にしがみついてるねーちゃんもねーちゃんだね。
 で、強引に指輪を取ろうとしてるところに通り掛ったはるま。ま、どう見ても花屋の店頭で乱暴に争ってるのを見たら不審人物と思うわな。おかげで婚約指輪を死守できたねーちゃんだけど……痛いねぇ。
 翌日、アパートにはるまを訪ねて来た花屋のねーちゃん。部屋でははるまはブラを付けて見せてるちょこに戸惑ってるけど……管理人さんに教えてもらったのはブラの付け方ってか。確かにはるまじゃブラは買ってくれても付け方なんか教えてくれないだろうし……しかし、これまで付け方知らなかったのか? 確かにホックを自分で止めてるような光景は無かったけど……。そういう知識こそあんちょこに書いといてほしいものだけど、使えんあんちょこだな。どうでもいいけど、何でフロントホックが一般的にならないんだろうねぇ。
 花屋のねーちゃんにお礼に鉢植えの花をもらったはるまだけど……窓辺にはすでに他に花が……。はるまが何かにつけて花屋で買ってきてるのか?

◎ハチミツとクローバーII
 (第10話)
 病院でリハビリを続けるハグちゃんを見舞う山田さん。いや、ハグちゃんの見舞いは良いんだけど、その怪しげな創作料理を医者や他の患者に食わせるなよ。病院はたちまち阿鼻叫喚の地獄図に。
 それで病院に締め出しを食らったのか、スペインの真山に電話してる山田さん。その真山から連絡を受けていきなし帰って来てる森田。会社の買収騒動からずっと消息不明だったみたいなのは、もう大学に戻る気が無かったからだったんだろうけど……それにしても何で真山だけが連絡取れたんだ?
 その森田が病院に行くのをただ見送ってる竹本。おいおい、ここでみすみす森田にハグちゃんをかっさらわれて良いのか?……と思ったんだけど、何かとっくに諦めてたみたいね。
 リハビリに苦しむ同室のガキを見てハグちゃんを外に連れ出してる花本先生。リハビリは長い戦いだから、気を張り詰めずに泣きたい時は泣けと言ってるけど……飲み物を買いに出た隙に森田にハグちゃんをさらわれてるとは哀れ。
 何か森田に対してはぶっちゃけるように気持ちを吐露してるハグちゃん。以前はあんなに森田のこと怖がってたのにねぇ。
 花本と一緒にハグちゃんを探す竹本だけど、結局は見付からず。最後にたどり着いた花本の研究室は空っぽの状態。ハグちゃんのリハビリに付き合うために3年間大学を休職したってかい。竹本がハグちゃんを諦めたのは森田のせいじゃなくて、花本の方だったんだな。しかし、こいつ、ハグちゃんの叔父じゃなかったっけ?……と思って調べたら、ハグちゃんの父親と従兄弟なのか。
 ハグちゃんが森田を選んだらどうするのかという竹本に、時間があるから世界中を旅して回ると答える花本。それでも竹本の勧めにしたがってハグちゃんのところに行こうとしてるけど……

◎ひぐらしのなく頃に
 (第23話)
 エンジェルモートで間宮リナと沙都子の叔父の話を聞いた後、帰って父親の書斎の金庫の中を調べたら、リナのために相当に注ぎ込んでることを知ったレナ。
 翌日、学校から帰って来たら、リナが。それを避けるように宝探しに出掛けるレナだけど、その場にやってきてるリナ。どうやら父親を騙すためにレナを抱き込もうとしてるみたいだけど、魂胆のわかってるレナは拒絶するだけ。
 しかし、この場でこいつらの話を聞いたことを喋るのは拙いなと思ったら、案の定、リナは口封じにレナを殺そうとし始めてるけど……容易に凶器を見付けたレナの反撃で形勢逆転。そのままリナは撲殺され、冷蔵庫に仕舞い込まれましたってか……凶悪ね。
 で、暗くなって家に帰って来たら、父親が自分の女に手を出してるって沙都子の叔父に怒鳴り込まれてるところ。ま、リナが前の男と縁を切るのに金が要るって言ったことに信憑性をつけるためなんだろうけど、これでレナの父親がビビってリナと別れたらどうするんだろ?
 ……という心配はさておき、帰る所をリナが呼んでるからとレナに連れられてる沙都子の叔父。完全に油断してるところを鉈で一撃……悪人とは言え、悲惨な末路だね。ま、一撃で済んだだけ『祟殺し編』で圭一に撲殺されたのよりはマシだろうけど。
 翌日、部活を休んでスクラップ置き場に直行するレナ。返り血が服につかないようにわざわざダイバースーツに着替えて死体をバラバラ処分ってかい。さすがに2人分の死体は冷蔵庫には入らなかったんだな。
 そうとはしらずにそこにやってきた圭一たち一行。おもいっきし中略していきなし事情を知った後になってるってのは飛ばしすぎだろ。仲間だからってレナの殺人を受け入れ、死体の処理を手伝い、すべては知らなかったことにすると誓う一同。殺人はともかく、れっきとした死体遺棄の共犯者だな。しかし、沙都子は自分の叔父が殺されたってこと気付いて無いのか? ま、『祟殺し編』と違って叔父と同居してるってわけではないんだろうけど……
 そして綿流しの晩、すっかり明るくなったレナ……って、まだ時間進行はそこかい。『鬼隠し編』とちがって圭一は富竹や大石と出会う前から連続怪死事件のこと知ってたみたいだな。
 で、ラストでまるで悪人のような表情で登場してる大石。リナと沙都子の叔父の殺害・死体遺棄事件が発覚したってところなんだろうけど、もう犯人の目星でも付けてるのか? ま、2人の行動とか調べたらまずレナの父親を疑うのが常道だろうけどね。
 それにしても、死亡率100%の富竹がまだ出て来てないんだけど、このシナリオでもやっぱり綿流しの晩に殺されるのか?

◎つよきす Cool×Sweet
 (第10話)
 レオと結婚する夢を見てる素奈緒。しかし、乱入してきた乙女にレオをさらわれてるってオチ。しかし、乙女が花婿でレオが花嫁かいっ!
 学園祭の芝居の稽古に勤しむ素奈緒たち。しかし、素奈緒はレオと乙女のことが気になって身が入らない様子。そんなことなど知らないレオと乙女は、普通に素奈緒を励ましてるけど……
 しかし、差し入れに自分のクラスの出し物のおにぎりの試作品を持ってきてる乙女は良いけど、中身があんことかカスタードプリンって……食えるかいっ! で、素奈緒には特別にピーナッツバター入りって……いや、それを喜んで食ってる素奈緒の方が怖いけど。いや、本当に怖いのはその日の素奈緒の家の夕食がピーナッツバターご飯だって……いったいどんな食物なんだ?
 レオから後夜祭のダンスに誘われた素奈緒。しかし、それを素直に喜べないって……本人から誘われてるのを素直に受け取れ無いって、疑心暗鬼もいい加減にしろってところだな。レオと乙女の関係がどうあろうと、レオがダンスに誘ったのは素奈緒だって話だからね。
 シャワールームでレオと乙女が同居してることを知る素奈緒。原作ゲームじゃプレイヤーキャラがレオだからデフォルトの設定だろうけど、アニメはずっと素奈緒視点でしか描かれてないから初耳だよな。さらに乙女がレオを意識してるということを知って衝撃を受けてる感じだけど……
 いよいよ本番。開演ギリギリでレオがやってきたのを見て安心して芝居を始める素奈緒だけど、途中で乙女が入って来たのを見たとたんに芝居が出来なくなってるって……修行が足りんな。初心者連中の失敗で芝居が壊れたんならともかく、自分で台無しにしてどうするんじゃい。
 そして、後夜祭。何も知らずにレオを探してる乙女も何だけど、こいつも空気の読めない女だな。で、そのレオは必死で素奈緒を探しまくってるけど、素奈緒は完全にすっぽかして逃げてる感じ。
 珍しく素奈緒に嫌がらせしなかったエリカだけど、こいつはこいつで後夜祭の誘いがなくて暇そうにしてるってか。

◎ARIA The NATURAL
 (第23話)
 朝から結婚記念日でネオ・ヴェネツィアにやってきた老夫婦を案内するアリシアのゴンドラに同乗してる灯里。気難しそうな爺さんのことが気になってるみたいだけど……
 午後から婆さん一人で見物させて自分はホテルで休んでると言ってた爺さんだけど、町でトラブルを起こしてるのに出くわした灯里たち。何でも「海との結婚式」に使うゴンドラを借りられなかったからって文句を言ってる様子。
 どうも爺さんは婆さんのためにネオ・ヴェネツィアの伝統行事である「海との結婚式」を見せてやりたかったのだと知った灯里たちは、持ち前のお節介で自分たちで「海との結婚式」を始めてるけど……自分たちの客まで巻き込むか?>三大妖精。
 なんか音楽家まで連れ出してすっかり本格的だけど、4人も灯里のゴンドラには乗れんだろうにどうするんだ?と思ったら……他のゴンドラに分かれて乗るんかい。しかし、何が一番豪華かと言って、ネオ・ヴェネツィアの三大妖精が一堂に会してることだよなぁ。ほんと。

◎スクールランブル 二学期
 (第23話)
 バスタオル1枚でものものしい様子の天満。播磨の妄想かと思ったら……ヘルスメーターとの勝負かいっ! 正月太りって、冬休みだからって食っちゃ寝、食っちゃ寝してたらそういう運命か。
 ダイエットに励むとスキーにやってきた天満。人間、誰にだって取り得はあるのね。
 一方、スケートに来てる今鳥たち。こいつらいつの間にかD組の東堂たちと一緒の扱いだな。貧乏性の一条かれんが賞品目当てでフィギュア大会に出てるのはともかく、滑れないララにおもいっきし恥をかかせようと企んでる今鳥だけど……後が怖いな。
 風邪で倒れた八雲のために播磨を呼びに来たキリンだけど……いったいどうやってあの部屋に入ったんだ?

◎いぬかみっ!
 (第23話)
 町で対決を始める赤道斎と大妖狐。ほとんど怪獣映画だな。ま、大妖狐は人間体のままだけど……
 それを止めようとやってきた薫と犬神たち。せんだんたちに住民の避難誘導を命じて自分はなでしこと赤道斎のところに向かおうとするけど、そこにやってきた啓太たちを騙して薫から引き離そうとしてるなでしこ。
 でも、あっけなく嘘を見破ってるようこ。薫たちの目的は赤道斎を手助けすることだと知って戦う啓太たちだけど……
 一方、赤道斎は何かアイテムを取り出したかと思うと大妖狐を吸収し、その霊力を奪ってパワーアップ。大妖狐、呆気なさ過ぎ。やっぱし封印が長過ぎて体が鈍ってたのか? 何かアジトの装置が100%になってるけど……これで願いが実現できるってか。
 立ちはだかった啓太だけど、赤ん坊にされてるとは哀れ。で、その前に現れた仮名。赤道斎に亀甲縛りされてたから変態扱いで誰も助けてくれなかったって……惨めね。
 赤道斎の前に出て啓太たちへの攻撃は止め、約束を守るように要求する薫。薫は赤道斎に自分に願いも一緒に叶えて貰うために協力してたってかい。赤道斎は約束は守るけど、それ以上の要求は聞かないと、にべも無い様子。
 しかし、赤道斎の願いって何かと思ったら……世界を変態の天国に作り変えることだってかいっ! あくまで最後まで変態アニメなのね、この作品。
 薫の方はというと……犬神たちに疑念を抱かれてる感じ。一人、なでしこが庇おうとするけど……。フラノたちが別荘の地下室で見たことを告げると、本当のことを話し始めようとする薫。しかし、自分が犬神たちが思ってるような本物の薫じゃないって……いったいどういうことだ?
 地下室にあったのが本体とかいう可能性もあるけど、赤道斎のアジトでもそれらしきものがあったし……。ま、地下室が壊れてたみたいだから移動させたってことも考えられるけどね。

◎ウィッチブレイド
 (第22話)
 ウィッチブレイド殲滅のためにあおいに姉妹から一人を選抜させてるまりあだけど、古水が死んだことは未だにナソエフでは隠蔽されてるみたいね。で、勝ち残ったあさぎにクローン・ブレイドを渡すまりあだけど、あさぎにガキだと見破られてるあたりがお粗末だね。
 導示のラボで暴走したアイウェポンを何とか制御しようと奮闘してる鷹山。どうにか制御プログラムが完成して目処が立ったと思ったら……直前に和銅が輸出に出したアイウェポンがまだ東京湾の船の上にいるってオチかい。
 自分の運命を梨穂子に話そうとする天音だけど、唐突もなく天国のことを語り始めてるって……そりゃどっちかというと一家心中の前に子供を説得するような話だと思うぞ。
 一方、西田と裏で手を組んでる和銅は新たにアイウェポンを動員してウィッチブレイドを捕獲すべく、政府に手を回してエクスコン回収と偽り、街中で堂々と回収作戦を始めてるって展開。
 戦わずに逃げろという斗沢に梨穂子を預けて変身する天音。一度梨穂子に見られたら、もう隠す必要は無いってか。それを見て天音が死ぬことを知って涙を流す梨穂子が哀れだね。
 天音の変身で再度暴走を始めようとするラボのアイウェポンを何とか阻止してる鷹山だけど、輸出中のアイウェポンの方は完全に暴走し始めてるって感じだね。

◎ZEGAPAIN -ゼーガペイン-
 (第23話)
 北極基幹サーバーの量子ポータルに急ぐオケアノス。一方、出撃してきたシン&アビスの新型アンチゼーガによって味方のセレブラント艦は次々に被害を出してるけど……
 突入した基幹サーバーにシン&アビスの肉体クローンの培養装置を見付けて破壊しまくるクリス。どこぞの綾波レイみたいにうじゃうじゃとプールの中で漂ってたら不気味だっただろうけど、個々にカプセルで眠ってる状態じゃインパクトが無いね。ま、これでシン&アビスも不死身じゃなくなったって話だけど……
 量子ポータルから一瞬にして月面上のジフェイタスに飛んでるオケアノス。幻体のセレブラントだけじゃなく、実体物であるオケアノスやゼーガペインまで転送してるって、ガルズオルムの技術は高度だね。
 さすがにいきなしジフェイタス内部に侵入されるとは想定してないから防衛網が旧式兵器ばかりってのが何とも。瀕死の生徒会長の指示でシマのオリジナルが管理するサーバールームに向かうオケアノスだけど、そこに北極から追ってきたシン&アビスが。お約束といえばお約束だけど、こいつらもしつこいね。
 オケアノスに転送されるところをシン&アビスとの接触でどこか別のサーバーに取り込まれたアルティールとガルダ。フリスベルグが難を逃れてるのはこの時点でシズルの正体に触れたくないからなんだろうね。で、ソゴルたちを待っていたのはガルズオルムの創始者であるナーガ。
 もっとも、ナーガ自身の個人としての自我はすでに消滅していて、世界中のシステムに偏在し、セレブラントのシステムの中にも存在してるって話。ナーガからすればセレブラントも自分の作った幻体システムの中から進化して誕生したもので、観察の対象だって話ね。で、ソゴルに興味を持ったナーガは自分と協力しないかと申し出てるんだけど……今さら復元者として蘇らせてくれると言ったって、そんなの受けるわけ無いわな。
 しかし、どんな姿も取れるって最終的にはクラシゲの姿で定着してるナーガだけど、こいつ、本来の自分の姿ってのは忘れたのか? それにしても自分には生まれつき痛覚が無かったから平気で肉体を捨てて幻体化を推し進めることが出来たって……凶悪だな。
 ま、生物の肉体だってミクロに分解すれば量子で構成されてるんだから、幻体だって同じ生物といえるって、そりゃそうかもしれないけど、強引過ぎだね。幻体化を不老不死だとか言ってるけど、サーバーシステムが壊れたらすべてお終いって感じの脆いものだと思うぞ。確かに技術が進化してるから何重ものバックアップシステムとか、システムの自動修復機能とか、考えられることはすべて手を打ってあるんだろうけど……

『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.510 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.510 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。