電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.487 (3/4)

2006年04月11日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/03/31~06/04/01

◎金色のガッシュベル!!(終)
 (第150話)
 意外とあっさり破れてるゼオン。最終回の半分ぐらいは粘るかと思ったら、冒頭のOP前に退場かい。しかし、ファウードのコントローラーを破壊して行くって……最後まで卑劣なヤツだな。ま、そんなヤツだからバオウは授けられなかったんだろうけど……
 で、暴走したファウードをどうやって止めるかって話なんだけど、よくある「敵味方に関わらずみんな協力して」とかいう展開じゃなく、金色に変わったガッシュのバオウザケルガの一撃にすべてを賭けるってか。
 その前にガッシュと清麿以外、総員退避……やっぱしバリーってキースを倒すだけの役割だったのね。
 一直線に町に向かってるファウード。一人迷って取り残されてる鈴芽……そういや、そんな展開になってたけど……これ考えたときは打ち切りは想定してなかったんだろうね。迫ってくるファウードの姿を見てパニくってるけど、結局それだけ。いったい何しに残ってたのか意味不明。
 ファウードにいる2人が陸地に人影を発見してるから、てっきり鈴芽のことかと思ったら……ここで登場かいっ!<シェリー&ブラゴ。もう出番無いかと思ってたぞ。
 上陸目前のファウードを転ばせ、後を清麿&ガッシュに託して去っていく2人……究極の助っ人キャラだな。トリチウムを満載してアクエリアスから出発したところをディンギル艦隊に包囲されて絶体絶命のヤマトのピンチを救ってるデスラー総統並みの扱いね。
 立ち上がろうとするファウードに全力のバオウザケルガを叩き込むガッシュと清麿。敗れて魔界に戻っていくファウード……それを見届けて倒れる清麿。原作の清麿死亡の展開をここに持ってきたのかと思ったけど、ただ心の力を使い果たして眠ってるだけかい。

 原作に追いついてしまったし、ちょうど番組改編でキリの良い時期だからって感じでの終了なんだろうけど、王を決める魔物の戦いはまだ終わってないのに、残念だね。ま、ラストのシェリー&ブラゴとの戦いが最後の決戦ってイメージなんだろうけど、そこまで行くには少なくともバリーとは戦わなければいけないし……
 さて、原作の方はまだ清麿が復活してないし、どうなることやら。

◎ケロロ軍曹
 (第103話)
 このOP、けっこう細かく作りこんでるね。今週で終わりだろうけど……
 自分が地球を壊したらガルル小隊のペコポン侵略も失敗するだろうってハッタリかましてる冬樹だけど、そんなの通用する相手でもなく……
 自分は大尉だと言ってケロボールの引渡しを要求してるケロロ……おいおい、いったい何階級特進したんじゃいっ! 何でガルルより上なのかもわからんね。
 でも、冬樹の声が届いて洗脳が解けて、軍曹に逆戻りかいっ!
「総員、適当にやるであります」
 水底から復活のギロロ……某人型最終決戦兵器の弐号機かいっ!
 敵の操作で動き出した機動兵器……デビルガンダム四天王って感じだな。ま、クルルのハッキングでその兵器は逆に操縦者を攻撃してるけど……
 ケロロ小隊の反撃で全員やられると、あっさり負けを認めて去っていくガルル……おいおい、最初からケロロ小隊の実力を確かめるのが目的だったってかいっ! しかし、ケロロのやってることってどう考えてもペコポン侵略じゃないと思うんだけど、それで良いのか?
 惑星麻酔で時間が止まったままの町の被害を修復していくケロロたち……なんか大変だね。おまいらペコポン侵略しに来たんじゃなかったのか?
 しかし、惑星麻酔というからには止まってるのは地球上の時間だけなんだろうけど……そしたら天体の位置とかが時間分ずれてて、天文台とかは大変だろうねぇ。

◎アニメ魂
 LEMON ANGEL PROJECT(終)
 (第13話)
 第1期レモンエンジェルを自分と唯の才能の結晶だという氷室。唯の目指した歌を歌えるのは完璧なプログラムしか存在しなかったと言い、世間に受け入れられたのがその証拠だと言ってるけど……そこに現れてプログラムにはできない、人間にしか出来ないことがあると言う智。
 それは喜怒哀楽を表現し、メンバーが元気を分け合うこと。その言葉に唯のことを思い出して泣き崩れる美希。
 第1期レモンエンジェルの復活ステージ……はいいけど、CGのホログラムにステージライトを浴びせたら見えなくなるだろ、ふつう。しかし、これだけCGにしか出来ないことやったら、第1期は作り物だったと完全にバレルだろ。
 智と美希が不在で4人しかいない第2期メンバー。ステージに立つや否やブーイングの嵐だけど……ボーカルが始まると同時に登場した智と美希。ギリギリ間に合って何とか挽回した第2期。そのままデビューイベントは成功するかと思ったら……それを妨害しようとシステムダウンさせる工藤。
 闇に包まれるステージの中から沸き起こる観客たちの手拍子。それに応えてアカペラで歌いだす智。つられていく美希と他の4人……
 暗闇の中で盛り上がる会場に、独断でシステムを復活させるADのにーちゃん。止めさせようとする工藤だけど、それを抑える氷室。そこにはプログラムの第1期には出来なかった音が出来上がっていたってか……
 デビューイベントにして伝説を作り上げてしまった第2期レモンエンジェル。さっそく人気で仕事も多くて大変みたいだけど……

 アイドルユニットのデビュー物としては傑作と言って良いくらい作品内容が充実していて、ほとんど文句のつけようが無いレベルだったね。
 ただ、これが何で「レモンエンジェル」なのかが全くわからないんだけど……そんなイロモノの名前使うぐらいならもっと別の新しい名前で作った方が良いと思うんだけどねぇ……別に現実に新生レモンエンジェルがあってそれとタイアップしてるとかいうんならわからなくも無いけどね。どうせ「レモンエンジェル」の名前を使うなら、第1期は昔のレモンエンジェルそのままをモデルにして作るとか言う手もあっただろうし……
 いくら取り繕っても「レモンエンジェル」なんて所詮は『くりぃむレモン』から派生したイロモノ企画って歴史が拭えるわけでもなかろうに。
 あと、デビューして終わりというのも物足りないね。その先の物語もぜひとも見続けたいなぁ。

◎パピヨンローゼ New Season
 (第4話)
 巨大三つ首怪獣はいいけど、屈斜路湖のクッシーと池田湖のイッシーはともかく、本栖湖のモッシーって……だいたい池田湖にはヤマト聖獣のモスラがいるんじゃないのか?
 で、ローゼを地下の瓦礫に閉じ込めたのはいいけど、残りの2人にやられて分離された3匹の姿がドラッドみたいなのは気のせいか?
 どうでもいいけど、公衆浴場でスク水姿で客に垢すりしてるヒロインたちって……いったいどんな作品じゃいっ!
 虎影の正体を知り、光のことを知ったつぼみ。ショック療養で落ち込むつぼみを元気付けようと新宿に来たのはいいけど、前の戦いで死んだ4人目のパピヨン戦士ダリアのことを思い出させられて余計に落ち込まされてるとは薮蛇だね。おまけに敵にダリアのことを話してしまってるアンヌ……
 まさか、次はユーマとダリアを融合させるとかしてくるんじゃないだろうな。

◎ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!(新)
 (第1話)
 ロイヤルワンダー学園に入学することになった晴雨姉妹。ふしぎ星って隔絶された世界かと思ってたら、そういうわけじゃないのね。でも、前作では外部の星と行き来があるようには思えなかったんだけど……
 学園行きの列車……おや、こんなとこまで銀河鉄道が走ってるのか? で、必ず遅刻するものがいるから臨時列車がすぐ出るって……
 学園に着くや否や名刺を配りまくってる晴雨姉妹。いったいどこの世界に名刺を配るプリンセスがいるんじゃい。
 しかし、なんか変な校則でがんじがらめの学園みたいだけど……生徒会長のシフォンってのはとくに悪くは無いみたいだけど、問題は副会長のトーマかい。
 今まで誰も鳴らしたことの無いソレイユベル。当然自分が鳴らすものだと信じてるエリザベータだけど、そんなに世間が甘いわけではなく……そこに遅刻してやってきた晴雨姉妹。教頭に退学させられそうなノーチェを助けようとして、ソレイユベルに選ばれてユニバーサルプリンセスになってるけど……
 しかし、ふしぎ星のプリンス、プリンセスが揃って学園に入学してるけど、こいつら年齢同じなのか? いや、エリザベータのあの声も、とても同じ年齢とは思えんけど……
 しかし……EDはフィンガー5かい。

◎BLOOD+
 (第25話)
 動物園にやってきた真央と岡村だけど、時すでに遅く、カイたちとはすれ違い。そこにある大量の出血の跡を見て騒いでる真央だけど……
 おや、ジョエルだけじゃなくデヴィッドも代々襲名なのか。
 リクの容態は依然変わらず。その血液を検査して、生物のDNAには無い第5の塩基を発見してるジュリアだけど……翼手や小夜のDNAならこいつら何度でも調べてるだろうけど、これまでには発見されてないのか?
 ジュリアの上司のコリンズ教授のところに電話を掛けて来てるアルジャーノ。例のアイスランドの遺伝子研究所を乗っ取ったというのはこいつかい。コリンズが「赤い盾」のメンバーと知って接触してきたのか、単なる偶然なのか、さて。
 小夜が記憶を自分で取り戻すためにあえて何も教えなかったからリクまで犠牲にしたことをわび、新しい日本刀を授けるデヴィッド。その束の根元にはジョージの血の結晶が……「赤い盾」のメンバーはみんな自分の誓いを忘れないために血の結晶を持ってるってかい。これって小夜をこれまでのように自分たちに手を貸す翼手の協力者としてではなく、仲間として認めたってわけか?
 アルジャーノにパリに誘われてるコリンズ。ゴールドスミスが例の製薬会社のスポンサーだと気付いてパリに戻ろうとする岡村。何か次はパリで何か進展がありそうね。
 そして、体調が回復し、目覚めたリク……

◎妖怪人間ベム(新)
 (第1話)
 もっとおどろおどろしい雰囲気で作った方が良いと思うんだけど……OPの作り方が何か『金田一少年の事件簿』みたいだと思ったら、そっちのスタッフかい。しかし、キャラの名前を主題歌に盛り込んだら良いってわけじゃないだろ。
 テレビゲームをしてるベロに、不動産屋で借家を探してるベラ……なんか微妙に違和感あるね。雲英とかいう女の子の顔がやけに表情ついてるのも今時のアニメキャラじゃないな。
 人間の口から寄生してる妖怪。よくあるホラー映画のパターンかと思ったら、この妖怪、成長が早過ぎ。あっという間に巨大化して、地下鉄の車両を1編成分丸呑みしてるし……その割にはベロたちを追ってる姿がスリムなんだけど……なんで、こいつ、これだけ巨大化しておいてベロと雲英を執拗に追ってるんだ? 人間を食うならもっと人通りの多い場所に行けばよいだろうに。
 妖怪が倒された後でやってきて3人を犯人扱いしてる警察もねぇ……

◎格闘美神 武龍 REBIRTH(新)
 (第1話)
 何か新シリーズが始まってヤンキーのねーちゃんみたいなのが弟子入りしてるけど……やっぱし見続けるには辛いものがあるね。

◎BLACK CAT
 (第22話)
 逃げ損ねてエデンに取り込まれてるティム。それを助けるためにトレインたちに合流してるリオン。さらにそこにやってきたキョウコとシャルデン。向こうも向こうだけど、こっちももうクロノスとか星の使徒とかごっちゃ混ぜだな。しかし、自分の近況を語ろうとして誰にも聞いてもらえないシャルデン……哀れね。
 イヴの好みでエデンを引き付けようと思い付いたのが花火。花火を持ち出すために1人カシミールの町に引き返してるリオンだけど……しかし、好みも何も、イヴが花火を見たのって、あのサヤが死んだ晩に1回見ただけだろうに。
「たまや~~」
 見事に反応してるイヴ。他に楽しみ無かったんかい。
 慌てて進路を修正しようとしてる敵の連中だけど……こいつらはエデンに取り込まれてるってわけじゃないのね。
 で、エデンに取り付いてるトレインたち……雨で人間を取り込んでる状態じゃなけりゃ、エデンそのものに取り付くのは問題じゃないってか。しかし、取り込んだ人間の生命エネルギーを使って攻撃してるドクター……凶悪だね。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.487 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.487 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
高峯駆について (高峯駆)
高峯駆ってどんな人。くりぃむレモンにでてた・・・