電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.509 (1/3)

2007年03月10日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/08/28~06/08/28

◎ゼロの使い魔
 (第9話)
 モンモンの惚れ薬で才人にベタベタのルイズ。自分には色気が無いからってパンツを脱いで才人に迫ってるけど……据え膳食わぬは男の恥。ここで手を出さないでどうする、才人!……って、そんな作品じゃないわな。
 惚れ薬を作るのは法律違反だとシエスタから聞いた才人。それでモンモンを脅して解除する魔法薬を作らせようとするけど……
「臭い飯を食いたいのか、モンモン」
 解除の魔法薬を作るために水の精霊の涙を分けてもらいに湖に向かったけど、何故か水面が異常に上昇して周辺の村が水没してる様子……って、これ、タバサが帰省の途中で道が通れなくなって迂回したってやつの原因なんだね。
 モンモンが精霊を呼び出して「水精霊の涙」を分けてもらおうとするけど、精霊は即座に拒否。それでも食い下がろうとする才人が何でもすると言ったら、自分を攻撃してくる人間がいるから倒して欲しいって話。
 で、その攻撃者を退治しようと待ち構える才人たちだけど、その正体はタバサとキュルケ。湖の水面が上昇して被害が出てるからそれを阻止しろというガリア国王の命令だったってこと。で、今度は精霊に水面を上昇させてる理由を聞いたら、大事な秘宝が盗まれたからそれを取り返すために水面を上げて世界を水で覆ってしまおうとしてるって気の長い話。人間と違って寿命がとてつもなく長いから時間感覚が違うのね。
 自分がその秘宝を取り返すからと約束して水面を下げてもらう才人。ガンダールヴなら信じられると了承した精霊。ま、水精霊にしたら才人が約束を破っても、それからやり直したところで時間的には変わらないってところかも知れないけど……

 原作じゃこの話、その秘法を使った一連の事件が後で書かれてる話なんで、読者にも秘宝ってアレのことかって感じなんだけど、アニメじゃこっちを先に持ってきたらその辺の感覚が違うよな。
 アニメしか見てないとこの時点で秘宝って何のことかわからないし、残る話数で秘宝を取り返す話になるのかって誤解が生じてしまいそうだけど。逆にその秘宝が使われる際には、これが例の秘宝だったんだなって納得するものかも知れないけど……
 これ、エピソードの順番入れ替えて良かったのか悪かったのかは微妙なところだね。

◎ブラック・ジャック21
 (第77話)
 空港で呼び止められたブラック・ジャック。連れて行かれた先にはいつぞやのドクター・ホワイトのスカイホスピタル。なんかメチャクチャにセキュリティシステムが強化されてるけど、前回ハイジャックされたからって極端過ぎ。いくらなんでもレーザー光線は無いだろ。この時点でセキュリティの暴走って話はミエミエね。
 で、そこに入院していたのは全満徳。自分がフェニックス病で倒れてるとは自業自得だけど、それを治療してくれとブラック・ジャックに頼む蓮花。最初は取り合おうとしないブラック・ジャックだけど、さすがに母親と同じ顔の女に本名で呼ばれると心が動くってかい。しかし、治療費100億って庶民には想像を絶する金額だな。ま、全満徳はノアール・プロジェクトで相当儲けただろうから、それでも端金かも知れないけど……
 しかし、この蓮花。紅蜥蜴の件で娘が死んで何も残ってないと言ってるんだけど……おいおい、もう一人の娘はどうしたんだ?
 蓮花の指示で残った手下の男がスカイホスピタルに侵入しようとして、セキュリティを破壊。セキュリティ自体はそんなことでは解除されずに男は追い出されて失敗してるけど、この工作で病人の全満徳がカプセルから出されてしまい、そして次々にセキュリティの暴走が……
 ま、セキュリティの暴走は異常活性化したフェニックス病ウイルスの感染を阻止しようと発動しただけだったって話だけど、人を閉じ込めても隔離を優先し、閉じ込められた人間には脱出する手段が無く、しかも出せってドアを叩いたらテロリストか何かだと扱われてレーザーで狙撃されるってのはねぇ。いったいどういう発想で設計したらこういう逃げ道の無いシステムを作れるのやら……

◎名探偵コナン
 (第450話)
 とある魔術師から命を狙われてると依頼を受けた小五郎。練習中に命を狙われたって話で、犯人は劇団にいる他の5人の中にいるって話。アシスタント2人に、弟子と演出家とクレーン係ってことだけど、全員に動機はあるって話。しかし、アシスタント2人が婚約を破棄した元恋人と、離婚した元妻って……なんかドロドロしすぎた関係だね。
 ま、こういういかにもってのはミスリードの基本だから、この2人はまず犯人では無いだろうね。ショーのトリックで命に関わるところを担ってるのはこの2人だから、自分が信用できる相手にしかそんなことさせないだろうって話。
 借金があるというクレーン係も返済を迫られたり、それを理由に何かを強要されてたりするというなら恨みも出て来ようけど、単に借りてるだけなら恩に感じてはいても恨んだりはしないだろ。
 演出家もけっこう言い合ってたけど、あれは舞台イメージに対する意見の対立からで、恨むほど対立があるなら辞めてしまえばいいだけの話だと思うけど……他の事情が無い限りは動機が薄いと思うぞ。
 本人には何も疑われていない弟子が一番怪しいって気がするけど、いつまでも舞台に出してもらえないからって、殺すというのはねぇ……
 で、水槽マジックの最中に殺されてしまった魔術師。トリックは、本当なら足で蹴ったら開くようになってた脱出用の天井のドアが本当にロックされてて開かなかったから脱出できずに溺死したってところだろうけど……

◎となグラ
 (第8話)
 何故か話題の校内水泳大会。注目の的は校内トップアスリートの有坂初音……って、このねーちゃん、本当にスポーツ万能だったんだな。しかし、水泳部の練習中に香月が初音の校内記録を塗り替えてしまったことから、一転して校内の話題は有坂姉妹のがちんこ対決に集まることに。
 自信なさげに不安な香月をよそに、香月を挑発して堂々と勝利予告してる初音。このねーちゃん腹黒過ぎでなんか怖いね。
 当日、緊張とプレッシャーでガチガチな香月に余裕たっぷりの初音。なんか泳ぐ前から結果が見えてるって感じだったけど、勇治の言葉で香月の堅さはほぐれた感じね。ターンまでは初音が一歩先って感じだったけど、最終的にはタッチの差で香月が辛勝。
 初音がやたら香月を挑発してプレッシャー掛けてたのは、ハンデが無いと勝ち目が無かったからって……やっぱりこのねーちゃん狡猾だね。

◎N・H・Kにようこそ!
 (第8話)
 母親が空港に着いてるのに、迎えにも来ずに部屋の片付けをしてる佐藤。いまさら何を慌ててるんだろって感じだけど、こいつFAXを読んでないのか。ゴミの中に埋もれてるってのはパターンだね。しかし、よくあれだけゴミを溜め込んでるものだな。
 そこにやってきた岬。ゴミの片付けを平気で手伝ってるけど、すっかり佐藤の扱いは慣れてるって感じだね。しかし、エロ本の山を見ても動じないあたりは凄いね。
 そこにやってきた母親。エロ本を抱えた佐藤を見て、もうすべてを悟ってるって感じだな。そのまま部屋へは入らずに岬を連れて中華街に食事に。店は岬が決めたみたいだけど、このデンパ女もそれくらいのことは普通に出来るレベルには健全なのね。
 結局、佐藤を連れ帰るも何も、単に息子の顔を見に来たレベルだったって話か。ま、岬のフォローが無けりゃどうなったかは知れないけど。しかし、待ち続けてくたびれもうけの山崎は哀れね。

◎Angel Heart
 (第46話)
 敵のアジトの客船に乗り込んだら、なんか速攻で解決。ま、雇ってたエージェントたちがウイルス回収に向かって留守だったところを突いた形になったからだろうけど、そいつらはいったいどうしたんだ? 連中が向かったと思える海坊主の店は乱闘の跡の様なものは無かったし……。ま、全員海坊主に撃退されたんだろうけど。
 後はいつものごとく香の出番。相手をその場で殺そうとしてる楊を引き止めたり、ワクチン開発のために楊に拉致されてた科学者たちに、母親としての楊の真意を説明したり……。おかげで香瑩自身の活躍は無し。
 しかし、ワクチン開発費用(というか、科学者たちの賃金)を陳のジジイに出させるか? ま、ウイルスに感染したら免疫抑制剤を使ってる香瑩は速攻でやられそうなのは確かだけどね。

◎ラブゲッCHU ~ミラクル声優白書~
 (第20話)
 『スケラブ2』のヒロインのデザインが出来たから桃子に見せようとアパートに帰って来たアタリだけど、引越し屋さんが桃子の荷物を運び出してるところ。昨日の今日でやけに手配が良いなと思ったけど、本人は京都に帰れずぶらぶら彷徨ってるって……
 しかし、桃子の携帯に一晩に2756回も掛けたけど繋がらなかったって……そりゃイタズラ電話かストーカーの類だろ<管理人さん。
 一方、桃子を探し始める祐理花たちだけど、ラムダから事務所を離れたりんかもデフォで連れ出すかい。で、『スケラブ』の聖地を巡って探しまくるんだけど……『スケラブ』に影響されてアニメーターを目指したアタリはともかく、他の連中、よく『スケラブ』の舞台なんか知ってたものだね。そんなに有名な作品なのか?
 しかし、桃子とは擦れ違いっぱなし。そんな時、江戸川の事務所で『チャイガル』のイベントの司会役のタレントが出られなくなったって話。りんかは間に合いそうも無いので困りきった江戸川が見付けたのが桃子。で、無理やりステージに上げられてるって展開ね。
 それでも声が出ない桃子。夕海の挑発に『スケラブ』のセリフを出して何とかスランプは脱したみたいだけど……これでちゃんと芝居をまとめてる夕海、さすがだね。なんか出番ごとに存在感が増してきてるキャラだな。
 結局、それでも京都に帰るという桃子に、以前の約束だからって『スケラブ2』のヒロイン役を取るように挑発するアタリ。おもいっきし京都弁で言い返してる桃子、いとおかし。で、成り行きで残ることになったみたいだけど、京都に送り返した家財道具はどうするんだろ?

◎桜蘭高校ホスト部
 (第21話)
 ハロウィンのクラスイベントで盛り上がってるハルヒのクラス……は良いけど、れんげってハルヒと同じクラスだったのか? で、れんげの提案で校内肝試し大会とかいう季節外れのイベントが採決されてるけど……委員長は怖いものが苦手って感じだな。
 ハルヒを呼び出して何とか事態を好転させようとしてる委員長だけど、それを双子に聞かれて墓穴を掘ってるって悲惨ね。もっとも、委員長が反対しなかったのは倉賀野さんに対する純愛的な好意からだと知ったら、からかうよりも応援しようって雰囲気になったのは意外。ま、この2人もホスト部に入ってハルヒと出会ってからずいぶん変わってきたんだろうなぁ。
 しかし、結局、猫澤先輩とつるんだ環たちの乱入に振り回されてドタバタ騒ぎってのが……ま、委員長と倉賀野さんの間の距離は多少は縮まったみたいだけどねぇ。

◎僕等がいた
 (第9話)
 何か勢いでやっても良いと言ってる七美。で、さっそくやり始めてるんだけど、緊張しまくってる七美。恥ずかしいから向こうを向けとか言ってるのに、結局は脱げずに、少しずつ脱がしてくれってかい。
 海だと思えば良いって矢野も矢野だけど……
 ま、前戯も何もなしにいきなし処女に入れようとしたら、そりゃ痛がるだけで少しも入らんだろうけど、矢野がそんなことに手馴れてないってことは処女とやった経験は無いって話ね。
 痛がる七美に我慢しろと言って必死に入れようとしてる矢野だけど、母親が帰ってきてしまってお預け。最悪だな。
 学校でクラスメイト相手に物を売り始めてる矢野。ラブホ代稼ぎってか。そんな矢野にラブホよりは海や温泉にでも行ってやりたいという七美。挙句の果てに東京ネズミーランド……矢野の頭に飛行機が出てきたって、ここの舞台ってどこだ? 冬は寒そうだから沖縄ではないとして、北海道か九州・四国かってところか。しかし、卒業旅行までに貯金しようって、また雄大な計画だね。矢野は今すぐやりたいだろうに。

◎コヨーテ ラグタイムショー
 (第9話)
 光子爆弾の投下阻止に向かったビショップとスワンプ。政府軍と解放戦線の停戦交渉場所に潜り込んで盗聴してるのは良いけど……盗聴器の設置がいかにも見付けてくれと言わんばかりの置き方なのが杜撰すぎ。それをチェックしない現場の連中も杜撰だけどねぇ。ま、こんなところで盗聴するような立場の人間なんているとは思ってないんだろうけど……
 お宝探しの時間稼ぎに光子爆弾の破壊にやってきたマルチアーノ12姉妹(-2)。しかし、それを平然と見送る政府軍。そこにある光子爆弾はタダの張りぼてで、本物はグレースランドの地下深くにすでに設置されてカウントダウンされてるって話。
 こうなると政府側の言うままに停戦条件を飲むしかない解放戦線だけど、何も知らない過激派の連中が張りぼてを見て騙されたとばかりに交渉会場に乱入してきて皆殺し。せっかく停戦交渉がまとまって爆弾のカウントダウンが解除されるところだったのに、アホな連中だね。おまけに現場を爆破して立ち去ったから爆弾解除のリモートスイッチも破壊。爆発を止めるには爆弾本体の起爆装置を止めるしかないって凶悪な展開。
 グレースランドの最後の朝を迎えたアンジェリカ。ここでお別れとばかりにメイを釈放しようとしてるけど……首だけのメイを置き去りにしてどうするんだ? いや、通信装置で他の12姉妹と連絡が取れるのかも知れないけど、それなら何で今まで連絡を取らなかったのかって話になるし。あの鳥籠には通信妨害装置でも付いてるのか?
 まぁ、運良くというか、アンジェリカにとっては運悪くそこでマーチと鉢合わせしてしまったんだけどねぇ。さて……

◎うたわれるもの
 (第22話)
 トゥスクルの宮殿に迫るクンネカムンのロボット軍団。サクヤにはハクオロを連れて来いと言われてるのに殺す気満々のハウエンクア。
 オボロが単身突っ込むも太刀打ちできるわけも無く、双子の弓兵部隊も焼け石に水。ついに城門を破ったハウエンクアを待ち受けていたのはハクオロの考案による巨大な石弓。さすがのハウエンクアも直撃を受けたらダメージがあったみたいだけど、僅か3発じゃ効果は無く、ベナウィたちは全軍撤退。
 しかし、民衆の避難にまだ時間が掛かってる様子で、自分が囮になると戻っていくハクオロ。ベナウィには何か策があると言ってたけど、ハッタリかい。
 機敏に逃げ回るも追い詰められるハクオロだけど、その前にムックルに乗ったアルルゥが。ムックルの動きに翻弄されてるハウエンクアだけど、さすがに滞空時間が長いジャンプを狙われたらお終い。後頭部から血を流し、動かなくなったアルルゥ。アルルゥを抱え、悲痛に叫ぶハクオロを楽しそうにロボットで踏み潰すハウエンクア……凶悪ね。
 その光景を目撃して泣き叫ぶエルルゥだけど、何か黒い煙がハウエンクアのロボットに取り付き始めたと思ったら、ロボットと同じくらいの大きさの人型最終決戦兵器が。出現した怪物はクンネカムンのロボットたちを次々に血祭りに上げ、ついにはハウエンクアのロボットも……
 いきなし科学的な施設の光景。見てはいけないミッシングリンクの化石を見てしまった男が銃殺されてるんだけど、その殺された男がハクオロの前世で、その化石の姿に転生したのが今のハクオロだって感じだけど……。きっとニウェを倒した時もこの姿になっていたんだな。
 一方、戦いが終わった途端にエルルゥの目の前で蘇生したアルルゥ。その光景を見て、以前にアルルゥを助けるために化物にすべてを差し出すと約束したことを思い出してるけど……それが、この世界に転生したハクオロがエルルゥのところにやってきた始まりだったってか。
 ロボット軍団が敗れたクンネカムンは総崩れで退却していったみたいで、ハクオロが目覚めたときは元の宮殿の中。自分の正体に半信半疑のハクオロに平然といつも通りに接してるエルルゥ。庭ではアルルゥが元気に遊んでるから、ハクオロにしたら悪夢でも見ていた感じで済んでしまいそうだけど……

 しかし、ハクオロの正体っていったい何なんだ? 殺された時と現在との時間関係もわからないしねぇ。
 クンネカムンのロボットの姿がハクオロの正体に似てるってことは、このロボットがハクオロだかその同類をモデルに作られたものだから、この化物はエルルゥたちの時代よりずっと以前に存在していたって話だろうね。
 一方で、ハクオロの記憶では研究者がサルとヒトの間のミッシングリンクの化石だとか言ってたから、この時代からはずっと遠い昔のことって感じだな。
 すると、元の化石の時代からそう遠くない未来がエルルゥの時代で、そこから遥かな未来がハクオロのいた時代だってことになるんだけど……ハクオロの世界は普通の人間だけど、エルルゥたちの世界の人間って獣耳だったり翼が生えてたりと、違ってるわな。化石はサルとヒトとのミッシングリンクだと言われてたけど、途中で獣耳とか翼人がいたって雰囲気じゃないわな。するとエルルゥの時代とハクオロの前世ってのはまっすぐな時間軸上で繋がってない可能性が高いね。
 このミッシングリンクの巨大な化石もありえないんだけど、獣耳や翼人も普通の進化を考えたら有りえないわな。そうすると遺伝子操作で生み出された生物って可能性が高いね。そうすると、この世界は人間によって作られた実験場で、化石を元に復元された化物と遺伝子操作の獣耳や翼人たちの世界として作られたものが何世代も経った後が、このエルルゥたちの世界ってことか?
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.508 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.509 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。