電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.509 (2/3)

2007年03月10日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/08/29~06/09/01

◎ちょこッとSister
 (第8話)
 サークルの先輩の婚約祝いで居酒屋に来てるはるま。珠美先輩の紹介したバイトで知り合ったとかいう話だけど、それを聞くとメデタイというより、なんか一生外せない鎖に繋がれたって感じだな。
 そこに通り掛った花屋のねーちゃん。はるまの知り合いってことで強引に珠美先輩に仲間に入れられてるけど、一人で居酒屋に飲みに来るような人なのか、このねーちゃん。
 思い切り酔っ払ってはるまにマンションまで送られてるのはいいけど、玄関先で寝込んでしまう綾乃。はるまにベッドまで送られたらおもむろに上を脱ぎ始めてるけど……ここは酔った勢いでやっちゃわないと先に進めないぞ>はるま。ま、そんな展開にはならんけどね。
 この前のイラストレーターのにーちゃんが田舎に帰るからって婚約破棄されて自棄酒ってところだけど、この様子じゃ毎日飲み歩いてるのか?
 ちょこが風邪を引いて大慌てのはるま。日曜じゃ医者も休みってのは、人間の体は日曜には病気しないように出来てるからじゃないのか? しかし、風邪ってわかっててちょこも意識があるんだから普通に風邪薬を飲ませればいいだけだろうけど、風邪薬ぐらい用意しとけよ。
 看病するはるまに桃缶を要求するちょこ。風邪の時は桃缶を食べさせてもらうとあんちょこに書いてあるって……例によって書いた奴の顔が見たいあんちょこだな。そこに桃缶をもって現れる真琴。このねーちゃんもベタだね。

◎ハチミツとクローバーII
 (第9話)
 復讐が終わったと思ったら、失踪した森田兄。自分のやった復讐の残酷さに耐えられなくなったってか。
 何とか手の神経がつながってたってことで安心してるハグちゃん。でも、指先の感覚が麻痺してることに相当なショックを受けたみたいね。
 町で携帯を見てた山田さんに声を掛けてる野宮だけど、こいつ、もう鳥取の仕事は終わって帰ってきてるのか?
 修復師の仕事から4月中旬には盛岡で合流してほしいと連絡を受けてる竹本。なんかもう卒業が迫ってるって感じだけど、まだ冬の初めじゃないのか?

◎ひぐらしのなく頃に
 (第22話)
 今回からとりあえず第1期最後の『罪滅し編』。冒頭の様子からリナがメインの話みたいだけど……
 学校で水鉄砲勝負をしてるいつものメンバー。トラップの沙都子は良いけど、最後は圭一とレナの相討ち。預かり勝負とか言って罰ゲームを誤魔化そうとしてる魅音だけど、その手は通用せず、結局はコスプレしてエンジェルモートでウェイトレス……おいおい、昭和50年代にそれはないだろ。
 帰りに一人でスクラップ置き場に宝探しに行くレナ。雨が降ってきてマイクロバスの中に駆け込んでるけど……すでに秘密基地に改造済みかい。
 レナは両親が離婚して父親に付いて雛見沢にやってきたみたいだけど、その原因である母親が愛人作ってたってことで一時期荒れてたみたいね。それが例の茨城の学校でガラスを割りまくったって話みたいだけど……
 家に帰ったら中の家具が一新。お父さんの様子だとレナがエンジェルモートで出くわした間宮リナとかいう女が関係してるみたい。で、翌日の学校帰りに興宮で頼んでた服を引き取ってきてほしいって頼まれてるんだけど……興宮って雛見沢の学校の帰りに行けるような近くにあるのか? 何か自転車で30分とか聞いたことがあるけど。
 渋滞で入荷が遅れてるって話でエンジェルモートで暇潰しをするレナだけど、店の中では沙都子の叔父が間宮リナと手を組んで若者2人を借金地獄に送り込んでるところ。どうもレナの父もリナに騙されて貢がされてるって感じみたいだけど……
 そこに詩音とやってきた葛西にリナのことを訊いたレナ。大変とばかりに飛び出してるけど……
 沙都子の叔父が出てきてるから『祟殺し編』と関連するのか?……という感じもするけど、レナが沙都子の叔父を知らないってのもねぇ。レナがメインってことは『鬼隠し編』との関連も考えられるけど……さて。

◎つよきす Cool×Sweet
 (第9話)
 文化祭への演劇の申請を即効で却下された素奈緒。「トサカキタ」って、どんな発声練習じゃい。ま、気持ちはわかるけど。
 そんな素奈緒のところに自分たちも芝居をしたいと集まってくるクラスの女子たち。なんかいきなし演劇同好会が出来てるけど……。何とか舞台を確保しようと出し物を偽って申請を出そうと企む素奈緒だけど、名前をひらがなで小さく書いたらエリカが見逃して許可してるってのがマヌケね。結局は乙女の指摘で撤回することになったけど……
 かといって同好会じゃ文化祭に出れないってことで、諦めるしか無いって話かと思ったら……出し物がまだ決まってなかったクラス発表の演目を素奈緒に一任って、規則を裏を突いたか。ま、レオの発案だったって話だけど……こいつ、よそのクラスだろ。
 買出しに出てレオの姿を見た素奈緒だけど、その横には乙女の姿が。2人が付き合ってるとかいうことで衝撃を受けてるんだけど、ま、原作ゲームのプレイヤーキャラとプライマリーヒロインだからねぇ。コンシューマー版で追加のおまけのヒロインなんかに割り込む隙は無いってか。ま、素奈緒の誤解って展開だろうけど……

◎ARIA The NATURAL
 (第22話)
 前半はアリア社長が灯里の言葉につられて、キャラクターの男女が入れ替わった世界に迷い込んだ話。しかし、灯里の男言葉って何か不自然だな。女の暁とか、男のアリシアって何か微妙に似合ってる気がするけど……

 後半は暁の兄が、暁のガキの頃を語る話。しかし、今じゃすっかりおっさんっぽいこの兄も、昔は普通に学生だっただな。
 自分を人造人間だと言ってるガキの暁。母親をニセモノか確かめようとしてるけど、ニセモノのふりをした兄にビビッて飛び出してるとはマヌケね。逃げ込んだ先のウッディーもニセモノだと思い込んですっかり人間不信。その暁を迎えにやってきたっ母親。それなら全員をニセモノか確かめることにしたら良いって……何か教育の方向が違うと思うけど……
 後日、その話をアリシアに聴かれたことを知って真っ白になってる暁、いとおかし。

◎スクールランブル 二学期
 (第22話)
 いきなり『頭文字D』やってると思ったら、絃子と笹倉先生が初日の出ってか。なんか無駄にCG使ってるな。
 正月早々、愛理とペアで獅子舞やってる播磨。勘違いしたララに破魔矢で狙われてるけど……鏃の付いた破魔矢ってどこの神社で売ってるんじゃい。物騒だね。で、天満を噛もうとしたところを今鳥に邪魔されてるってのはお約束だけど、だからって獅子舞に食われてる今鳥。食われた後はいったいどうなったんだ?
 天満を追って町に出て行く獅子舞。愛理が帰国子女で何も知らないからってやり放題だな。結局、なぜか崖から落ちて、そのせいで愛理の言いなりになる羽目になってるけど……
 しかし、絃子って播磨から家賃取ってるんかい。いや、家賃を割り勘してるってところかも知れんけど。
 羽子板で八雲と対決する愛理。当然ながら帰国子女のお嬢は日本的庶民の八雲に敵うわけが無く、惨敗。自分が墨を塗られるのが嫌だからって播磨に代役やらせてるけど、それじゃ今度は八雲が困るわな。結局、ひげを描いてるだけね。
 その後も愛理の罰ゲームはすべて播磨に押し付けられてたみたいだけど、どうなったんだろうね。

 だから、むやみやたらと記事を削除するなよ!<Wikipedia

◎いぬかみっ!
 (第22話)
 冒頭で仮名が赤道斎に掴まってたからそっちの話の展開かと思ったら、メインは前回の続きで大妖狐を封印する話。ま、結局は封印に失敗して大妖狐が復活してしまってるけどね。
 しかし、娘が率先して封印に協力してるって……父親も不憫だな。ま、自分の無節操な暴れぶりが原因なんだから自業自得だろうけど。そのようこも川平直系の宗家と啓太と薫以外の川平の一族からは全然信用されてないみたいで、惨めね。啓太も啓太で落ちこぼれ扱いだし……でも、こいつらよりも啓太の方がずっと優秀なんだろうけど。
 封印に失敗し、霊力に限界を感じてる薫。「この体では……」とか言ってたけど、そういえば冒頭の赤道斎のところに薫の体らしきものがあったんだけど、本体は赤道斎に押さえられてて、仮の体だとかいう話か? 前に薫となでしこが赤道斎とつるんでるような描写があったのもこのせいか?
 封印失敗で復活した大妖狐だけど、ようこが啓太とはもう契ってるとか言うと、途端に婿扱いして態度が豹変。なんか普通のおっさんだな。ま、役どころとしたら鬼星のラムの父親と同じなんだけど……
 なんかおとなしくなった大妖狐に、この様子じゃ封印も必要ないかと思ってたら、そこに現れた赤道斎。なんかこいつら昔からの因縁があるらしく、一転して暴れ始めてる大妖狐……ほとんど怪獣映画のノリだな。

◎ウィッチブレイド
 (第21話)
 最終決戦前の一休みって感じね。
 病院で検査を受けた雅音の容態は、もう長く無いって話。それでも鷹山の制止を振り切って退院してる雅音。ま、入院してても治療できるわけじゃないんだから同じというか、精神的に安心できる自宅の方が良いだろうねぇ。
 導示のラボに潜り込んでウィッチブレイドの資料を入手しようとしてる鷹山だけど、いまだに鷹山のIDカードで入れるって、導示もセキュリティが甘いね。その代わり警備員だけは多いって……無駄に人件費を使ってるな。何のためのセキュリティシステムなんだかねぇ。
 クビになったはずの元部下と再会して、かつての部下たちが和銅の方針に不審を抱いてアイウェポンの異常動作を調査してるところに案内された鷹山。部下の信頼は厚いのね。もっとも秘書の瀬川はすっかり和銅に取り入ってるみたいだけど……
 アイウェポンの異常動作がパワーアップしたウィッチブレイドに反応したことだと判断した鷹山。そのままラボに居残りかい。ご苦労さんね。
 一方、何とかしてウィッチブレイドを壊そうとしてる雅音だけど、廃車処理用のプレスマシンまで壊してるんじゃ手も歯も出ないわな。それでも自分の死後に梨穂子に取り付くのだけは阻止しようと、あの世に道連れにすることを決意してるけど……核ミサイルの直撃でも受けない限り無理そうな気がするぞ。

◎ZEGAPAIN -ゼーガペイン-
 (第22話)
 北極に発生して全地球を覆いつくさんとする巨大デフテラ領域。一方、幻体データの崩壊が止まらない生徒会長。なんとか崩壊の進行を抑えたものの、生徒会長はもう寿命だというシズノ。
 生徒会長の正体を明かすシズノ。シマの本体はナーガに反旗を翻したガルズオルムで、目的のためには自分はガルズオルムに残らなくてはならないから幻体のクローンを作って地球に送り込んだってか。
 シマに代わってオケアノスの指揮を取り、ジフェイタス侵攻作戦を決行するミナト。他のセレブラント艦と一斉に北極を目指してるけど、オケアノスの同型艦は12隻あったはずなのに、すでに残り数隻にまで減ってるってか。
 敵の北極基地に飛び込んでいくオケアノスを護衛する味方のゼーガペイン。唐突に出てきた割には意味ありげに名前の付いてるドヴァールカーのトガ&メイヴェルって、ゲーム版か何かのキャラか?
 敵もようやくアビスとシンが出てくるってところで戦闘も佳境だけど、オケアノスを月に送り届けるまでに味方はどれだけ残ってるかだな……。

◎ケロロ軍曹
 (第125話)
 回転寿司にやってきたケロロ小隊……そうか、回転寿司ってあんな風になってたのね。寿司屋って普通の寿司屋にしかいったことがないから、回転寿司なんて知らないもんなぁ。コンベアにデザートがいっぱい回ってるのね。

 物質転送ポッドに蚊が紛れ込んでたって……『蝿男の恐怖』かい。最後、ガンプラと融合してるってのはミエミエのオチだったけどね。

◎シムーン
 (第22話)
 すでに連合軍に制空権を奪われてジリ貧の宮国。アルクス・プリーマの同型艦を沈めて圧倒的に優位な戦力を見せ付けた連合国は宮国に対し停戦を申し出てきたけど……実質的には降伏勧告みたいなものだな。
 それの対して徹底抗戦を唱えてる偉いさんだけど、艦長たちはそれに異議を持ってる感じで、上層部も分裂状態ってところ。そんな中で自分たちはやれることをやるだけだと決意してるコール・テンペストだけど、ある意味、開き直ってるだけだな。
 停戦に応じない宮国に対し、再度の大規模空襲を仕掛けてくる連合国。多勢に無勢だからって自らシミュレに乗り込んで陣頭指揮を取る艦長……なんかおもいっきし美味しいところを取っていくキャラだな。
 それで敵編隊を見事に撃退したものの、戦局の大勢を覆すには到底いたらず、結局は停戦交渉に応じたってかい。ポツダム宣言受諾だな。ま、まだアルクス・プリーマが残ってるからって無茶な特攻作戦を組んだりしなかっただけ、どこぞの海軍よりはマシだろうけど……
 それにしても、主人公側がジリ貧で負けてしまう作品ってのも珍しいね。富野作品だとジリ貧も多いけど、このおっさんは最後で卓袱台をひっくり返すから、世界が滅ぶことはあっても主人公側が負けて終わりって話は無いからねぇ。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.509 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.509 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。