電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.479 (3/4)

2006年02月11日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/02/03~06/02/04

◎ケロロ軍曹
 (第95話)
 いきなし何者かにさらわれたギロロ。相手は逆恨みでギロロを狙ってきたツラミ星人って話だけど……なんか1面だけのダダって感じだな。しかし、久々に聞くこの千葉繁の悪役声がなかなか。
 捕らえたギロロをとことん痛め付けるツラミ星人。黒板をチョークで鳴らせたり、1週間履き続けた靴下の匂いを嗅がせたり、つまらない落語を延々と聞かせたり……凶悪すぎね。
 で、ギロロ救出に立つ夏美。ひねくれたナゾナゾの罠を突破してたどり着いたは良いけど、速攻で捕まってるか。夏美が捕まったら、もう降参するしかないギロロだけど……おいおい夏美のキックは神業かい。いくらなんでも、そりゃ、ありえなさ過ぎだろ。最後の最後で興醒めってとこだね。

◎アニメ魂
 LEMON ANGEL PROJECT
 (第5話)
 ダンスの特訓で疲れてシャワールームで倒れた智。更衣室で何か良い匂いがすると思ったら、榊原冬美のドーナツってかい。その冬美を呼び出した仙道春香、今度は早夜を潰す相談ってか……懲りないやつね。
 智には下剤入りのチーズを食わせて、早夜はダンス衣装にジュースをぶっ掛けてるってかい。しかし、智はともかく、早夜は相当に苦労してるやつだから、多少の嫌がらせじゃ堪えたりはしないだろうね。
 今度はレッスン会場を騙させようとしてるけど、それが早夜に聞かれてるとはマヌケね。ニセの手紙を渡すに渡せない冬美を、逆に一緒に練習しないかと誘ってる早夜たち。まぁどう見たって春香が無理やり強要してるのがミエミエだからね。
 カリスマダンサーの特別レッスンで自分だけ目立とうとしたら速攻で止めさせられてる春香。納得できないって突っ掛かって、結局はプライドがずたぼろになって自分で脱落していくってオチか。悲惨ね。
 でも、何も気負わなくなった途端に冬美にも優しくなってるけど……ま、これが本当の春香なんだろうね。結局、オーディションを受けたのは良いけど、自信が無いのに気負いすぎて無理に突っ張って破綻したってところか。この辺は自分に確実な自信を持ってるから余裕が持てる早夜とは正反対なんだけど、自信無いなら自信無いで智やエリカみたいに前向きになれなかったのが致命的だったな。

◎今日から(マ)王!
 (第75話)
 裏切りの村田……本気で有利を裏切ったとは思えないんだけど、有利の体を差し出すことで眞王と創主の隔離でも狙ってるのかねぇ。

◎ふしぎ星の☆ふたご姫
 (第44話)
 かざぐるまの国で最後のプリンセスパーティ……はいいけど、ムーンマリアが寝込んで、シェードもミルキーも出払ってる月の国に忍び込んで、ブライトを王にする書類にハンコを押してるブーモ。おいおい、他の国もそんなに簡単にハンコを押せたのか? しずくの国の女王なんかブライトにカンカンだったはずだけど……
 シェードがパートナーで良い感じのレインだけど、ブライトの姿を見たシェードに立ち去られ、結局は姉妹が最高のパートナーって、開き直りだな。おかげであぶれたミルロもパートナーが見付かって良かったね。

◎BLOOD+
 (第17話)
 雪の中で倒れてたところをハジに助けられた小夜だけど……なんか知らん間にすっかり記憶が戻ってきたみたいね。それはいいけど、結局、列車から落ちたリクはどうなったんだ?
 で、いきなし革命期のロシアに来たときの昔話かい。
 グレゴリーとかいう標的を探してロシアにやってきた小夜とハジ。そこでターニャとかいう女の子と出会ってるけど……ターニャの父親は人を作り出す研究をしてたって、そりゃ翼手の研究かい。
 しかし、このターニャが実は翼手で、グレゴリーことラスプーチン本人だってかい。しかし、そのラスプーチンの背後にいたのがアナスタシアって……いったいどんなロシア革命だったんだ?

◎強殖装甲ガイバー
 (第24話)
 いきなしクロノスに世界が支配されて1年って……なんか『レイズナー』の第2部のような展開だな。ま、とりあえず恐怖政治を行ってるわけじゃないぶん、そこらの侵略者に比べれば賢明といえば賢明だけど、狡猾だね。
 いきなし、多賀なつきとかいうねーちゃんが出て来たけど、こいつ、いったいどういう関係なんだ? ま、クロノスの息が掛かってないのは確かだろうけど……で、そのなつきを見張ってたおっさん。てっきりクロノスの工作員かと思ってたんだけど、アプティムだったか。
 瑞紀のことを知った警官たちを倒してるけど、敵の敵は味方とかいう話ではないだろうな。ガイバーの力を取り込むために待ち伏せしてるんだけど、先にクロノスに押さえられたら困るから邪魔をしたってところだろうね。

◎きらめき★プロジェクト(終)
 (第5話)
 工場から軍用試作機のザ・パーフェクトを盗み出してジュネス王国に殴りこんで来た島田。ジュネりんが出て来ないとなると学校にミサイルぶち込んでるって、悪役の本領発揮だね。
 カナの心とは裏腹に、王国の危機に自らの意思で出撃してるジュネりん。しかし、軍用マシンの前にはジュネりんも絶体絶命。相手はスーパーメールボムとかいう大量無差別ウイルスメールでジュネりんのAIを壊してるって凶悪だね。しかし、そんな攻撃、マシンの通信システムをオフラインにすればお終いだと思うだけど……
 汚名挽回とばかりに突っ込んでるネネ。ザ・パーフェクトの散弾ミサイルにやられたかと思ったら……ビッグマイティ登場ってか。
 片腕を失ったままでザ・パーフェクトの前に立ちはだかったビッグマイティ。メールボムを防ぐために手動操作で立ち向かってるのはいいけど、操作が追いつけずに真っ二つってか。哀れね。
 その光景に奮起したカナ。リンクルに携帯突っ込んだと思ったら、いきなしヘッドドレスに変形。ジュネりんのヘッドドレスと交代して操縦席になるってかい。
 一体化したカナとジュネりん。眼鏡をかけて無敵モード。なんかメチャクチャ強いぞ……と思ったけど、さすがにザ・パーフェクトの方が地力に勝ってるってか。圧倒的なパワーの前にドレス(外装)をどんどん剥がされていくジュネりん……なんか卑猥だな。
 下着が露になって絶体絶命、乙女のピンチ……かと思ったら、ブースターのパワーに機体強度が耐え切れず、破綻が生じてるザ・パーフェクト。そこをジュネりんの決死の反撃で超伝導電池が暴走し、機体は大爆発の危機。
 結局、背後からザ・パーフェクトを掴んだビッグマイティの上半身パーツだけで安全圏まで連れ去って爆発させてる大矢たち……さんざん島田にコケにされてたけど、こいつらの方がずっとカッコイイね。
 しかし、カナの父親からみの謎って、結局、伏線だけで終わってしまったのか。ま、続編見込んだ設定なのかも知れないけど……『ストラトス・フォー アドヴァンス』と違って、続編への明確な引きは何も無いけどね。

◎蟲師
 (第14話)
 3年も竹林の中で迷ってたとかいう男。男と一緒に歩いていると、ギンコも出られなくなってるんだけど、竹林の中に住んでた娘と夫婦になってるとかいうその男と別れたら、何事も無かったように里に出られたんだけど……
 その竹林には白い竹が生えてるってことでギンコが調べたら、それは竹林に寄生する曲がり竹とかいう蟲で、男の妻は人間とその蟲とのハーフだってか。その妻が飲んでた水を子供のころに飲んだ影響で男は竹林から出られなくなってたってか。
 男を里に帰したいために曲がり竹の親株を伐ってる妻。竹林から出られた男は妹のいる実家に帰るけど、子供を化け物扱いされて追い返される始末。結局、竹林に戻った男は妻と元通りの生活に……なら良かったんだけど、親株を伐ったらそこから養分を得ていた他の曲がり竹はもちろん、妻も子供も死んでしまったって悲惨な話ね。

◎BLACK CAT
 (第14話)
 ナノマシンの影響で小さくなったトレイン。声が高山みなみって……おまいはコナンかいっ!
 ギャングに追い出されそうになってる廃工場のガキたちを助けてるんだけど……おいおい、この世界に土地の所有権という概念は無いのか? そりゃギャングが不当に土地を収奪しようとしてるなら、それは悪事だけど……廃工場に居座ってるガキたちも同じだろ。こいつらにギャングを追い出す権利はあるのか?
 お湯を浴びたら元に戻ってるトレイン……おまいは中国・呪泉郷の子供溺泉ででも溺れたんかいっ!
 しかし、これで終わりなのか? 原作ではイヴの生みの親の科学者のとこにいって治療してもらってるんだけど……

◎灼眼のシャナ
 (第17話)
 水泳の授業って、季節はまだ夏かい。ま、途中でシャナの昔話が入ってたからねぇ。
 悠二に告白しようという決意にスク水の胸を膨らませてる吉田さんがいいね。で、それに対抗意識を燃やしてる平井さん(ニセモノ)。
 星黎殿で零時迷子を奪いとる相談をしてるベルペオル、ヘカテー、シュドナイの3人。どうやらヘカテーは存在が脆いらしく、それを補うために零時迷子を奪おうとしてるみたいなんだけど……しかし、シュドナイってソラト&ティリエルのエロ兄妹に使われてた割には何か偉そうだね。
 悠二の母親、千草に弁当の作り方を教えてもらうとしてるシャナ。ヴィルヘルミナはそういう鍛錬は要らないって言ってたって……いや、ヴィルヘルミナは単に自分が料理できなかっただけって気がするぞ。しかし、ポニーテールのシャナもいいね。
 千草に悠二とミサゴ祭に行けとか言われてるシャナだけど、一足先に吉田さんが悠二を誘ってるとは……どうなることやら。
 いきなし町で儀装の駆り手カムシンとか名乗るガキと出くわしてる吉田さん。腕に不抜の尖嶺ベヘモットとかいう紅世の王らしきものを連れてるとこみたらフレイムヘイズみたいだけど、そんな一般人にいきなし紅世の王を見せたら怖がるなり戸惑うなり困るだけだろ。
 この世の本当の姿とかいって眼鏡を渡してるけど、それで見たらトーチには存在の力の灯火が見えるってか。で、真実を知って恐れる吉田さん。とりあえず両親は無事だってことだけど……悠二の正体を知ったらどうするのかねぇ。
 紅世の徒の集団バルマスケ。それを束ねるトリニティ……おいおいシュドナイってそんなにえらいさんだったのか?
 吉田さんを協力者に選んだというカムシンだけど……フレイムヘイズの協力者って何をさせるんだ? そりゃシャナには悠二、マージョリーには佐藤と田中がいるけど、シャナもマージョリーも最初から積極的に協力者を持とうとはしてなかったし……
 バルマスケの動きを察知してるヴィルヘルミナ……って、このねーちゃん、まだ出番があったのか。相変わらずメイド姿だけど……
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊アニメ定点観察 Vol.479 ... | トップ | 週刊アニメ定点観察 Vol.479 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
強殖装甲ガイバー DVD-BOX 1 (私的趣味世界IV)
2005年8月からWOWOWで放送されたSFバトルアクション・アニメーション『強殖装甲ガイバー』のDVD-BOX第1弾が2月24日に発売される。『少年エース』にて連載された同名人気コミックを原作に、最強の生体兵器\"ガイバー\"の活躍を描く。『強殖装甲ガイバー』は、1991年と1994年