経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

ソフトバンク、「アローラ・ショック」再び

2016年06月30日 18時22分55秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ30HEQ_Q6A630C1000000/?n_cid=NMAIL002

ソフトバンク、「アローラ・ショック」再び
2016/6/30 16:50

 ソフトバンクグループに対する米証券取引委員会(SEC)の調査が入ったとの報道を受け、株式市場には衝撃が走った。同社株は一時、前日比3%安まで下落。調査対象とされる前副社長、ニケシュ・アローラ氏はすでに退任したとはいえ、一時は孫正義社長の後継者と目された人物。調査の進展次第では、ソフトバンクは思わぬダメージを受けかねない。

■終わったはずだった……

 「ソフトバンクが今後、成長するための基盤をつくれたと自負している」。アローラ氏は6月22日の株主総会で自身の功績をアピールし、ソフトバンクと孫社長に別れを告げた。7月1日からは顧問という立場に変わるが、ソフトバンクとアローラ氏の関係は終わりを迎えたはずだった。

 アローラ氏は2014年秋にソフトバンク入り。米グーグルの最高事業責任者兼上席副社長だったが、孫正義社長が自ら口説き落して副社長に登用した。その後は海外企業の買収を取り仕切り、2年間で245億円に上った多額の役員報酬でも注目を集めた。

 着実に結果を出しているように見えたが、22日の株主総会前日になって退任を発表。社員はもちろん、株式市場を驚かせた。

 ソフトバンクは、アローラ氏の退任についてについて「孫氏が社長続投に意欲を持ち始めたため、アローラ氏がソフトバンクを去る決断をした」と理由を説明。アローラ氏の退任を巡る騒ぎはいったん落ち着いたが、今回のSECの調査で再び、ソフトバンクも投資家も「アローラ・ショック」に見舞われた。

 米ブルームバーグによると、SECがアローラ氏に利益相反や他の疑わしい行為がなかったかを調べているとされる。伏線はあった。ロイター通信によると、今年に入り、投資家グループの代理人を務める法律事務所がソフトバンクに書簡を送付していたからだ。

 焦点は、アローラ氏が米投資ファンドの上級アドバイザーだったことによる利益相反の有無。ソフトバンクに調査を求めた。これに対し、ソフトバンクは取締役会の独立役員で構成した特別調査委員会で調査した上で、「問題なし」という姿勢を示していた。

■終わらない余波

 ソフトバンクは30日、SECの調査に関する報道について「コメントはない。当社取締役会の独立役員で構成される特別調査委員会は法律顧問の協力を得て、株主とみられる方からの申し立て内容について調査を実施し、委員会は申し立て内容は評価するに値しないものであると結論付けている」との声明を出した。

 アローラ氏はソフトバンク入りした後、持ち味の経営判断のスピードを見せつけてきた。インドのネット通販大手スナップディールなどを次々と傘下に収め、M&A(合併・買収)戦略を推進。その一方で、今年に入ってからは中国のアリババ集団株やフィンランドのスーパーセル株を売却し、2兆円超の資金調達に成功した。

 そんなアローラ氏の経営手腕を使い、グローバル企業としての地歩を一気に固めようとしたソフトバンク。アローラ氏の退任は、そんな孫社長の計算を狂わせ、経営体制を含めた将来プランを一から見直すことをソフトバンクに迫った。

 それに加えて、なかなか鎮まらないアローラ氏を巡る疑惑。孫社長が2年前に決断したスカウト人事の余波は、アローラ氏が去った後も続いている。

(中尚子、武類雅典)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

急増中! 大人の「食物アレルギー」を甘く見てはいけない

2016年06月30日 17時16分38秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/184619

急増中! 大人の「食物アレルギー」を甘く見てはいけない…抗生剤常用するとヤバイよ!
2016年6月30日


病院でぜひアレルギー検査を(C)日刊ゲンダイ

 食物アレルギーというと、子供の頃に発症するものだと思われがちだが、近年、大人になってから食物アレルギーになる人が増えているという。成人アレルギー研究の第一人者である国立病院機構相模原病院の福冨友馬医師(診断・治療薬開発研究室長)に詳しい話を聞いた。

 なぜ、成人の食物アレルギーが増えているのか。福冨医師は「アレルギーは文明病」だと指摘する。

「農村などで伝統的な生活をしていると、家畜の菌や毒素が常に身近にいるものですが、都市部では抗菌志向が強くなり、菌に接する機会が減少します。そのため、アレルギーを発症しやすくなるのです。これを『衛生仮説』といいます。最近では食べ物やシャンプーにも防腐剤が含まれているので、それが体内に残留して抗生物質を飲み続けているような状態が続くため、腸内の常在菌叢のバランスが崩れ、アレルギーを発症しやすくなっている可能性が指摘されています」

高脂肪食、肥満、ビタミンD不足も、発症に関係しているという。現代的な生活習慣の変化が複雑に絡み合って、成人アレルギーを増やしているのだ。

 では、成人の食物アレルギーとは具体的にどんなものなのか。食物アレルギーには、「経口感作」と「腸管外感作」という2種類の発症ルートがある。経口感作は、口から食物を摂取してアレルギーを起こす場合。腸管外感作は、鼻や気道、皮膚から食物が体内に侵入してアレルギーを起こすケースをいう。

■放置すると重症化の恐れも

 成人の食物アレルギーは、とくに腸管外感作による発症頻度が高いという。食物が皮膚に直接付着したり、料理をしている際に室内に舞った食物のタンパク質などが皮膚、鼻、喉から吸収されて起こる。

「人間の体は、異物が侵入してくるとそれを攻撃するために、リンパ球による『IgE抗体』を作ります。これとアレルゲンが反応して、アレルギーのさまざまな症状を引き起こします。食べ物も人間にとっては基本的には異物です。それを排除しようとするのはしかるべき反応なのですが、口から摂取する食べ物には『免疫寛容』という特定の抗原に対する免疫抑制システムが働くため、反応を起こさずに済んでいます。しかし、繰り返し特定の食べ物を摂取し続けると、そのアレルゲンに対してのIgE抗体が蓄積され、経口感作でアレルギーを発症することがあり、皮膚や鼻などの免疫器官から食物が侵入すると、異物とみなして発症してしまうケースもあります」

 こうした成人アレルギーの原因物質でもっとも多いのが、リンゴや桃などの果物や野菜だ。これは「花粉食物アレルギー症候群」といって、花粉症の原因となるアレルゲンが、リンゴや桃にも含まれていることで起こる。とくに、ハンノキやシラカンバのアレルゲンに反応する人が発症しやすい。

 花粉食物アレルギー症候群の治療は、原因となる物質を除去すること。しかし、花粉の侵入は防ぐことが難しいため、根治は簡単ではないという。食べてアレルギーを起こした果物や野菜を避けるしかない。

 小麦や甲殻類は、食べ過ぎると経口感作でアレルギーを発症する場合がある。アレルゲン物質を検査で特定し、その食物を避けるようにしなければ、悪くなっていく場合もあるという。

「アレルギーの症状は、じんましん、かゆみ、下痢、咳などですが、腹痛や息苦しさ、だるさを感じることもあります。ひどい場合はアナフィラキシーショックによって血圧低下や意識障害を引き起こすケースもあり、甘く見てはいけません」

 これまで口にしても問題なかった食物が原因でアレルギーが起こっても、「まさか」と思って放置して、重症化しないとも限らない。まずは大人になってから突然、発症する食物アレルギーがあることを頭に入れ、異変や不安を感じたら、すぐに病院でアレルギー検査を受けたほうがいい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家公務員ボーナス 本当は「平均82万円」3年連続アップ

2016年06月30日 17時14分29秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/184676

国家公務員ボーナス 本当は「平均82万円」3年連続アップ
2016年6月30日


大盤振る舞い(C)日刊ゲンダイ
大盤振る舞い(C)日刊ゲンダイ
 30日国家公務員にボーナスが支給された。支給額は「期末手当1.225カ月、勤勉手当0.80カ月の計2.025カ月分」(人事院給与3課)とのこと。

 行政職の平均給与は40万3931円(平均43.5歳、住居手当等除く)だから、平均は1人あたり約82万円となる。国家公務員の賞与は3年連続で増えている。

 ただし、テレビや大新聞が報じる額はずっと少ない。大手の「記者クラブ」メディアが報じるのは、内閣人事局が配るプレスリリースの丸写しだからだ。それには「管理職を除く行政職職員で成績標準者」の平均で60万円台とある。これが噴飯ものの数字なのだ。

 まず、国家公務員行政職とは、自衛官や税務署などを除いた一般事務職のことである。人事院の資料によれば、その過半数、55%が管理職である。公務員は年功序列で誰でも昇進できるからだ。

また、「成績標準者」という言葉もおかしい。2011年から人事評価の結果が賞与に反映されるようになった。しかし、総務省によれば、全体の6割が「成績優秀」であり、それ以外が「成績標準」となる。

 つまり、内閣人事局が公表するボーナスの額は、過半数にも満たないヒラ職員のうち、人事評価で下位4割の者の平均である。全体の平均には程遠い。こんな数字を公表する内閣には信頼を置けない。

 議員にもボーナスが出る。国会議員は約280万円、国務大臣は370万円、総理大臣は510万円である。安倍首相は今月初頭、消費税増税の実施を2年半延ばした。しかし、昨年決めた公務員の給与増は断行する。日本は財政破綻へ向かう速度をまた一歩速めた。
(ジャーナリスト・若林亜紀)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ついに本音か 石破地方相が応援演説で“アベノミクス批判”

2016年06月30日 17時11分15秒 | 市場動向チェックメモ
日刊ゲンダイは…相当政府自公に嫌われているでしょうねイウコトヲキイテジジツヲインペイシナイカラ(笑…

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/184673

ついに本音か 石破地方相が応援演説で“アベノミクス批判”
2016年6月30日


政策通の意地なのか(C)日刊ゲンダイ
政策通の意地なのか(C)日刊ゲンダイ
 うっかり口を滑らせたのか、あるいは本音が口をついたのか。参院選候補の応援で岩手入りした石破地方創生相の発言が波紋を広げている。

 29日午前、盛岡駅前でマイクを握った石破大臣は、アベノミクスをこう評したのだ。

「大胆な金融政策で円を安くし、輸出を伸ばし、株を上げてきた。そして、財政出動で公共事業を行い、経済が停滞しないようにした。しかし、大胆な金融緩和はいつまでもいつまでもできるものではない。財政出動もいつまでもどこまでもできるものではない」

 要するに「異次元の金融緩和」と「財政出動」で回してきたアベノミクスの限界を暴露し、「アベノミクスのエンジンを最大限ふかす」とかいう主張で選挙戦を乗り切ろうとしている安倍首相を、真っ向から否定したようなものだ。

 現地で取材したジャーナリストの横田一氏は言う。

「石破大臣は、地域の資源を生かす『里山資本主義』を唱えるエコノミスト、藻谷浩介さんの信奉者。演説は藻谷さんの提言をなぞったようなもので、アベノミクスに批判的な藻谷さんを、安倍首相は非常に煙たがっています。午前中の駅頭のほかに、夕方の候補者の個人演説会でも同じ話を繰り返し、〈円安や株高で恩恵を受けた岩手県民はほとんどいない〉という発言に、ウンウンとうなずく聴衆が目立ちました。地方に恩恵が行き渡っていないと認める発言は、まるで野党議員のよう。閣僚や党幹部がアベノミクス礼賛一色の中、ブレずに持論を述べる石破大臣に、ある種の覚悟を感じました」

 そもそも石破大臣と安倍首相の間には、2012年の自民党総裁選で亀裂が入ったまま。党員票で石破大臣を下回った安倍首相が決選投票の国会議員票で辛勝し、“石破封じ”で閣内に取り込んだ経緯がある。石破大臣が面白いわけがない。政策通を自任する石破大臣が意地を見せたのか。安倍政権の終わりを見通したのか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日の注目指標★☆ 2016.06.30(木)… 英国指標に敏感に反応するかも?!

2016年06月30日 09時38分17秒 | 市場動向チェックメモ


先ずは、昨晩のNY…

23:30↑↑EIA週間石油在庫統計(バレル)
 原油在庫 -405.3万
 ガソリン 136.7万
 留出油  -180.1万
 製油所稼働率 93.7(+1.7)(%)
 クッシング地区原油在庫 -95.1万

FRBストレステスト…
・ドイツ銀行とサンタンデール銀行の資本計画を承認しなかった。
・計画の前提となる想定や分析が不適切と指摘。
・モルガン・スタンレーについては資本計画が脆弱として年末までに新計画の提出を要求。
・他のJPモルガンやシティ、バンカメ、ゴールドマンなどの資本計画は承認された。

コンスタンシオECB副総裁…
・ECBは英EU離脱に対応した手段を持っている。
・しかし、その行動には少し様子を見る必要。
・金融機関がレバレッジ解消に動くことがリスクの一つ。

英中銀…
・明日、カーニー総裁がロンドンでスピーチを行う予定。英国民投票後の経済分析について言及。

仏ルノー…
・ポンド安に対応するため英国での値上げを検討。





本日は、月末なので最重要指標なくも何かに反応する可能性を考慮…

・政井貴子日銀審議委員、就任会見

…IMFドイツ経済見通し(加盟各国に対して定期的に実施)
 ドイツの16年経済成長率見通し+1.7%(従来+1.5%)
 同17年経済成長率見通し+1.5%(従来1.6%)
 ドイツの成長には外的要因に伴う下向きリスクがある。

08:00↑↑↑↑韓国鉱工業生産(5月)
 結果2.5% 予想0.3% 前回-1.3%(前月比)
 結果4.3% 予想0.3% 前回-2.8%(前年比)

08:05↑→英国GFK消費者信頼感(6月)結果-1 予想-2 前回-1

08:50↑↓対外及び対内証券売買契約等の状況
 対外証券投資
  株式   2116億円の買い越し
  中長期債 3942億円の買い越し
  短期証券 211億円の売り越し
  合計   5847億円の買い越し
 対内証券投資
  株式   1842億円の売り越し
  中長期債 21575億円の売り越し
  短期証券 1229億円の売り越し
  合計   24646億円の売り越し

08:50↓↓↓↑日本鉱工業生産・速報値(5月)
 結果-2.3 予想-0.2% 前回0.5%(前月比)
 結果-0.1% 予想1.9% 前回-3.3%(前年比)

10:00↑NZANZ企業景況感(6月)結果20.2 前回11.3
15:00 ドイツ小売売上高(5月)
16:00 スイスKOF先行指数(6月)
16:55 ドイツ失業者数(6月)
16:55 ドイツ失業率(6月)
17:30 香港小売売上高(5月)
17:30☆英国GDP・確報値(第1四半期)
17:30 英国経常収支(第1四半期)
18:00 ユーロ圏消費者物価指数(6月)
18:30 南アフリカ生産者物価指数(5月)
21:00 南アフリカ貿易収支(5月)
21:30 カナダGDP(4月)
21:30 カナダ鉱工業製品価格(5月)
21:30 カナダ原材料価格(5月)
21:30 米国新規失業保険申請件数(25日までの週)
22:45 米国シカゴ購買部協会景気指数(6月)
00:00☆カーニー英中銀総裁、講演
04:15 セントルイス連銀総裁、講演

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日の注目指標★☆ 2016.06.29(水)… 暫くは英動向に伴うマーケットの動きに注目でしょうね!

2016年06月29日 09時57分39秒 | 市場動向チェックメモ


先ずは、昨日のNYは…

・為替市場は英離脱の混乱から市場も落ち着きを取り戻し、欧州通貨の買い戻しと円売りの動きが優勢…
・株式市場・原油市場は反発…

・きょうからEU首脳会合が開催、EU側は英国から正式な離脱通告があるまでは事前交渉はしない方針、早期の正式通告を求めている。 キャメロン英首相は次期首相が決まる9月以降に離脱通告方針。 英保守党は9月9日まで次期首相を決定するして、正式交渉はそれ以降。 時間的な経緯で、市場も一旦、次の展開待ちかも…

・米利上げ問題は、年内は据え置きが大勢、利上げと利下げを比較すると、11月FOMCまで利上げ確率はゼロ、逆に利下げの確率が若干ある。

・更に、スコットランド住民投票の再実施も、政治的な不透明感も強いが、ポンド安は輸出産業にとって追い風…

ドラギECB総裁
・英離脱がユーロ圏GDPを最大0.5%押下げと予想。
・英離脱が通貨の切り下げ競争につながると懸念。
・英離脱と景気後退は為替市場に影響する。

コンスタンシオECB副総裁
・英国民投票後、市場はスムーズに機能している。
・リーマンショックとの比較は当てはまらない。
・市場は過剰反応。
・落ち着き始めることを切望。

ノボトニー・オーストリア中銀総裁
・英離脱の選択を受けた銀行株の反応は過剰。
・市場が神経質になるのは経済にとっては良くない。
・英離脱の対応をECBが協議するのは時期尚早。
・いまは頭を冷やす時。

英労働党のコービン党首の不信任案可決
・英野党労働党のコービン党首が今回の英国民投票の結果を受けて、党内から不信任案が提出され可決。 英労働党はEU残留を支持して、投票結果としては敗北した格好。





本日は…

・ソラスト東証1部に上場(公開価格1300円)
・コメダ東証1部に上場(公開価格1960円)
08:00 パウエルFRB理事、講演 …英国のEU離脱を受けて、金融情勢はやや引き締まっている。
 景気回復を当たり前のものとすることは出来ない。景気が回復し経済の強さを見せることが金利上昇の唯一の方法。
 英国のEU離脱で、世界のリスクはいっそう下を向いた。米金融セクターは力強く回復力もある。
 市場は秩序ある形で機能。
 FRBはインフレ目標達成に強くコミット。雇用情勢の勢いがなくなった可能性は警戒。
 FRBはスワップを通じ流動性供給を用意。

08:40 政府・日銀が会合、安倍首相など出席
 麻生財務相・英国のEU離脱についての意見交換のため、緊急会合を開催…
 首相からは引き続き市場を注視、G7と連携して機動的に対応するように指示。

 黒田日銀総裁は昨日実施した応札額14億7500万ドルのドル供給に関してコメント。
 必要ならばいくらでも外貨の資金供給が可能。
 現時点では邦銀は十分なドルを保有している。

15:00 英国ネーションワイド住宅価格(6月)
15:00 ドイツGFK消費者信頼感(7月)
17:00 ラウテンシュレーガーECB理事、講演
18:00 ユーロ圏業況判断指数(6月)
18:00 ユーロ圏消費者信頼感指数・確報値(6月)
19:30 コンスタンシオECB副総裁、講演
21:00 ドイツ消費者物価指数・速報値(6月)
21:00 ドイツ調和消費者物価指数・速報値(6月)
20:00 米国MBA住宅ローン申請指数(24日までの週)
21:00 ブラジル失業率(5月)
21:30☆米国個人所得(5月)
21:30☆米国個人支出(5月)
21:30 米国PCEデフレータ(5月)
21:30 米国PCEコアデフレータ(5月)
23:00 米国中古住宅販売成約指数(5月)23:00
23:30☆米週間原油在庫統計
・FRB、包括的資本分析結果公表
・G20エネルギー担当相会合(北京、30日まで)
・米主要企業決算:モンサント


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日の注目指標★☆ 2016.06.28(火)… マーケットの警戒モードが続いてる感じなので…

2016年06月28日 10時27分24秒 | 市場動向チェックメモ


マーケットの警戒モードが続いてる感じなので、何時何が起こっても不思議ではありませんね!

・LINE、IPOの仮条件決定
・ベガコーポレーション東証マザーズに上場(公開価格1600円)
10:25 経済財政諮問会議、安倍首相あいさつ
11:00 麻生財務相、記者会見
12:45 2年国債入札(2兆3000億円)
17:00☆ドラギECB総裁、講演
17:30 クーレECB理事、講演
18:00☆英中銀、臨時オペ
20:00☆プラートECB理事、講演
21:30☆米国GDP・確報値(第1四半期)
21:30☆米国GDPデフレータ・確報値(第1四半期)
21:30☆米国個人消費・確報値(第1四半期)
22:00 米国S&Pケースシラー住宅価格(4月)
23:00 米国コンファレンスボード消費者信頼感指数(6月)
01:00 ツアブリュック・スイス中銀副総裁、講演
・EU首脳会議(ブリュッセル、29日まで)
・米主要企業決算:ナイキ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日の注目指標★☆ 2016.06.27(月)… 今日は先週末の反動の可能性を考慮!

2016年06月27日 09時38分48秒 | 市場動向チェックメモ


先ずは英国問題分析…

キャメロン首相の危険なギャンブルで英国の終わりの始まり[FISCO]

今回の国民投票の実施を決めたキャメロン首相は辞意を表明。
 元々今回の国民投票はメリットが少なくリスクが無限大という割に合わないギャンブル。
投票で残留になると踏んだキャメロン首相の目的は党内の引き締めと求心力の回復という小さなものだった…
もし離脱となると英国の損失はどこまで広がるか分からないという惨事を引き起こすというもの…
 そもそも、国政上の重大かつ複雑な政治問題を直接民主制的な制度で決めるのは非常に危険。
大衆の一時的な感情や雰囲気で国政上の重大問題が一気に決まると「拍手と喝采の政治」、ナチスのような例も生んだ。
身近な問題である地方政治は直接民主制に馴染みやすいが、国政上の重大な問題は選挙で選ばれた「選良」が専門的かつ冷静な議論をして国の将来にとって最適な決断を下して行く(間接民主制)のがやはり正しい道筋なのである。
 今回の件は、安易に国民投票を使ってはいけないことを証明したもの…
国会での議論を深めないまま国民に決断を丸投げしたキャメロン首相は、危険なギャンブルを犯し、かつそれに大失敗した愚かな首相として永遠にその名を歴史に刻む。
 今後英国はEUとの関係で現在の特権的な地位は認められなくなり、欧州でのプレゼンス低下により金融市場での存在感も失われることが予想。
貿易と金融の両面からのダメージで英国は長期的に衰退の道を辿らざるを得ない。
 EU側も英国に対して厳しい態度で臨むだろう。
甘い態度を取れば、英国のように離脱する国が次々と出てくる可能性が生じる。
EU側は離脱すると大変に不利益であるということを示す必要に迫られる。
 また、今後英国のようにEU離脱を求めて各国の反EU派が国民投票を求めてくることが予想される…
英国の例をみて、各国の欧州統合を支持している政権下においては、EU離脱の是非を問う一発勝負の国民投票は実施され難くなったかも。
また、英国の混乱と衰退が明らかになれば反EU派の勢いも削がれていくことも。
「離脱ドミノ」は経済的合理性を超えるもっと大きな波が生じない限り難しい。
特に他国から援助してもらっている側の国は離脱しにくい(ギリシャのケースが好例)。
 なお、今回の英国のEU離脱で金融市場に大きな混乱が起きているが、これはかなり過剰反応。
英国のGDPは世界の4%程度にすぎず、またEU各国との関係はこれから2~7年程度をかけてじっくり構築されるためすぐには何も変わらない。
国や金融機関に信用リスクが極限まで高まっていたリーマン・ショック時とは状況が全く違うのに、リーマン・ショック時以上の暴落(某国株式市場等)などは明らかに行き過ぎ。
よく見ると、先週の世界の株式市場における上昇率1位(下落率ではない)は英国(FT100指数)である。







今日の指標等は…

07:45↑↑NZ貿易収支(5月)結果358百万NZドル 予想182百万NZドル 前回292百万NZドル
17:30 香港貿易収支(5月)
・LINE、IPOの仮条件決定
・キャリア、東証マザーズに上場(公開価格1950円)
・世界経済フォーラム夏季ダボス会議(中国・天津、28日まで)
・ECBフォーラム(ポルトガル・シントラ、29日まで)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庭でカラスが餌を物色中!

2016年06月26日 21時07分15秒 | 市場動向チェックメモ
やはり、除草剤も殺虫剤も使わないと、色んな虫や鳥達が集まりますね…

時期的に、カラスだけじゃなく、オナガや小鳥達もペアが多い感じがします(笑…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本企業、戦略練り直し 英EU離脱で関税・為替注視

2016年06月25日 09時24分48秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO04064140V20C16A6EA3000/?n_cid=NMAIL003

日本企業、戦略練り直し 英EU離脱で関税・為替注視
2016/6/25 1:33日本経済新聞 電子版

 欧州連合(EU)からの英国の離脱決定を受けて、英国に進出する企業に困惑が広がっている。英国をEU市場への足がかりとしてきた企業にとっては拠点の移転など戦略の練り直しが急務だ。英国を震源とする世界の政治・経済の混乱に対する懸念が高まっている。

キャメロン首相はEU離脱に反対している日立製作所の工場を訪れた(今月9日、英北部ニュートン・エイクリフ)

 日立製作所は英国で2015年秋に鉄道車両工場の操業を開始。20年代前半には原子力発電所1基の稼働を予定する。鉄道車両や原発建設には英当局の許認可が必要となる。EU残留を訴えてきたキャメロン首相の退陣をきっかけに政治が混乱すれば、インフラ建設が停滞し、英国での事業に影響が出る恐れがある。

 15年度で英国事業の売上高は欧州全体の3割を占める3千億円に上る。日立からの投資を理由に残留を訴えたキャメロン首相と歩調を合わせ、離脱反対を主張してきた中西宏明会長は「新しい政府との関係の作り直しが課題になる。立て直しという感じだ」と話す。

 日産自動車は英国のサンダーランド工場で多目的スポーツ車「キャシュカイ」など年約50万台を生産する。地元のジャガー・ランドローバーと首位を競う大手だ。このうち約8割を欧州大陸を中心に輸出している。カルロス・ゴーン社長は投票前から「離脱すれば今後の投資を見直す必要がある」と発言していた。

 24日には志賀俊之副会長が「残留したほうがいいが、国民投票の結果を尊重して事業を考えていく」と発言。EUからの離脱が関税引き上げにつながり、英国からの輸出条件が悪化すれば、生産や開発の軸足を欧州大陸に移す可能性もある。

 英国のEU離脱に関して、トヨタ自動車は「競争力維持、持続的成長の観点から、今後の動向を注意深く見守って検証していく」とのコメントを24日に発表した。英国子会社のトヨタ・モーター・マニュファクチャリングUK(TMUK)は小型車「オーリス」や中型車「アベンシス」などを生産する。直近では年約19万台を生産し、うち75%程度を欧州諸国に輸出している。

 ホンダも欧州の主要生産拠点を英国に持つ。現在稼働する生産ラインの能力は年15万台。15年度は「シビックハッチバック」など4車種を計11万5千台生産し、9割はEU向けの輸出が占めた。欧州の四輪生産拠点は英国とトルコだけのため、動向を注視しつつも、計画している新車種の生産は予定通り英国で準備する方針だ。

 キヤノンはロンドンに欧州・アフリカ・中近東地域の販売戦略を担う司令塔を置く。地域売上高1兆円の事業を統括し、日本、米国に並ぶ重要拠点だ。御手洗冨士夫会長は24日、「英国は急激なポンド安でインフレが進行し、経済的な混乱と停滞が続く恐れがある」と指摘。「経済連携の行方や各種ルールの取り扱いなどを慎重に見極める」と述べた。

 アムステルダム(オランダ)とロンドンに分散していた地域統括機能を09年に集約した。ロンドンからの拠点の移転の可能性については「状況を見極めていく。現時点では未定」(広報)としているものの、再度移転を迫られる可能性はある。

 ソニーはサリー州に営業の欧州統括拠点、ウェールズに業務用放送機器の生産工場など英国に6つの拠点を持つ。全社売上高の1割弱は英国が占める。EUからの離脱については「英国民の選択を尊重したい。為替動向などビジネス面の影響はまだ予測が立たない。注視して適宜対応していく」という。

 IT(情報技術)サービス事業を手がける社員1万5千人の子会社を英国に持つ富士通はEU離脱に伴う政治や経済の混乱に注視する。企業や官公庁などに向けた事業を継続しながら、英国内のIT投資意欲の減退を見極めていく考えだ。顧客企業の英国からの撤退が相次げば、業績への影響が大きくなるためだ。動向を見守り、随時対策を検討していく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来週の主な予定★☆ …暫く乱高下が続くのカナ?!

2016年06月25日 08時52分20秒 | 市場動向チェックメモ


先ず、英国民投票によるEU離脱関連は…

・イエレンFRB議長の議会証言で、英国がEU離脱を決めた場合、金融市場に打撃をもたらすと強い懸念を表明。 今回の英EU離脱の選択により、米利上げは当面ないとの見方が強まる。 若干、7月FOMCでの利下げの確率を織り込む動きも。

・カーニー英中銀総裁は、市場安定のために2500億ポンドの追加資金を供給する準備ができていると述べていた、市場では英中銀の次の一手は利下げとの見方が強まる。 第3四半期にも利下げとの見方も多く、翌日物金利スワップ(OIS)が織り込む次回の英中銀政策委員会(MPC)での利下げの確率は50%に高まっている。 ポンドの下落が続けば、輸入物価の上昇からインフレ圧力が高まることも予想、今後、英中銀は難しい舵取りを迫られそう。

・欧州では経済的影響はもちろん、政治的不安が高まることも警戒、欧州通貨の下値不安は根強い。 EU離脱や独立を主張している勢力を抱えているEU加盟国は多く、スペインのカタルーニャ自治州のプチデモン州首相は、今回の英EU離脱の選択により、同州がスペインからの独立を求める根拠が強まった。 英スコットランド行政府のスタージョン首相からも、英国からの独立の是非を問う住民投票を再び実施する可能性が非常に高いと発言、欧州は更に流動的になる可能性。 今週末にはスペインの再選挙が予定され、急進左派政党で緊縮財政に反対のポデモスが連立政権を樹立するようであれば、不安定要因との指摘。





来週の主な指標は…

27日(月)
世界経済フォーラム夏季ダボス会議(28日まで)

28日(火)
☆米GDP確報値(第1四半期)
米消費者信頼感指数(6月)
米S&Pケースシラー住宅価格(4月)
★英中銀臨時オペ
★EU首脳会議

29日(水)
米個人所得支出(5月)
米中古住宅販売成約指数(5月)
EIA週間石油統計

30日(木)
独失業率・失業者数(6月)
ユーロ圏消費者物価指数(6月)
米新規失業保険申請件数(25日までの週)
セントルイス連銀総裁、講演

1日(金)
★日銀短観(6月)
☆日本雇用統計・消費者物価指数(5月)
★中国製造業PMI(6月)
☆ユーロ圏失業率(5月)
米自動車販売台数(6月)
☆米ISM製造業景況指数(6月)
米債券市場、短縮取引

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日の注目指標★☆ 2016.06.24(金)… 日本時間に注目ですね!

2016年06月24日 08時16分41秒 | 市場動向チェックメモ


さて、英国の行方は!?

★★英国国民投票 結果(昼頃大勢判明か)
08:00 カプラン米ダラス連銀総裁 講演
08:50☆日銀金融政策決定会合「主な意見」(先週開催分)
14:00 シンガポール鉱工業生産(5月)
15:36 中曽日銀副総裁 あいさつ
15:45 フランス実質GDP・確報値(第1四半期)
16:00 ビルロワドガロー仏中銀総裁 講演
17:00 ドイツIfo景況感指数(6月)
21:30 米国耐久財受注(5月)
23:00 ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値(6月)
00:00 周中国人民銀行総裁 講演
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英国民投票が終了 最新世論調査、残留派52%で優勢

2016年06月24日 08時13分59秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK24H03_U6A620C1000000/?n_cid=NMAIL001

日本経済新聞2016年6月24日(金)電子版

英国民投票が終了 最新世論調査、残留派52%で優勢
2016/6/24 6:14

EUへの残留の是非を問う英国民投票は開票作業が始まった(23日、ロンドン)=ロイター

 【ロンドン=原克彦】欧州連合(EU)からの離脱を巡る英国の国民投票は23日午後10時(日本時間24日午前6時)に終了、開票作業に移った。調査会社ユーガブが投票終了直後に発表した世論調査では残留が52%に対し離脱が48%だった。大勢は24日午前5時(同午後1時)ごろまでに判明する見通し。

 開票結果は全国382の地区がそれぞれ順次発表する。英メディアによると総じて離脱派が優勢な地域で先に結果が判明し、徐々に残留派が多数の地域が追いつく構図になる。このため大半の地区が開票を終えるまで最終結果は見極めにくいとの指摘もある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自民が単独過半数に迫る 参院選序盤、民進は議席減 改憲勢力、3分の2うかがう

2016年06月23日 23時15分31秒 | 市場動向チェックメモ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDE23H02_T20C16A6MM8000/?dg=1&nf=1

自民が単独過半数に迫る 参院選序盤、民進は議席減
改憲勢力、3分の2うかがう
2016/6/23 23:00日本経済新聞 電子版

 日本経済新聞社は7月10日投開票の参院選の序盤情勢を探るため、全国世論調査を実施した。自民党は改選50を上回り、非改選とあわせれば単独過半数となる57議席に迫る勢い。与党など憲法改正に前向きな「改憲勢力」でみても、改憲の国会発議に必要な参院3分の2の議席獲得をうかがう。野党第1党の民進党は改選45議席に届くのが難しい情勢だ。

街頭演説に集まった有権者(22日、福島県須賀川市)=一部画像処理しています

党首の第一声を聞く有権者(22日午前、東京都新宿区)=一部画像処理しています

 有権者のうち選挙区で3割、比例代表で2割がまだ投票先を決めておらず、流動的な要素がある。

 参院は定数242で半数の121(選挙区73、比例代表48)を3年ごとに改選する。与党の非改選は自民党が65、公明党が11の計76議席。与党は今回46議席をとれば過半数を維持する。

 自民党は安倍晋三首相(党総裁)の経済政策「アベノミクス」の実績を支えに優位な戦いを進めている。選挙戦を左右する32の1人区(改選定数1)では、西日本を中心に7割程度の選挙区でリードしている。

 改選定数2~6の複数区では、公認を1人に絞った選挙区は手堅い戦い。2人擁立した北海道、千葉、東京はいずれも1議席を確保した上で2人目を他党と競う。比例は2013年の前回参院選の18議席と同水準を確保する勢いで、27年ぶりの単独過半数を目指す。

 公明党は支持母体・創価学会の組織票を基盤に改選9議席を上回る公算が大きい。首相は勝敗ラインとして、与党で改選過半数(61議席)を掲げているが、大きく上回る70議席台が視野に入る。

 民進党は選挙区、比例代表ともふるわず、改選45議席から大幅に減る公算が大きい。大敗した前回参院選の17は上回るが、30議席程度になる可能性がある。

 共産党は改選3議席から大きく増やし、躍進した前回参院選の8を超える議席も視野に入れる。選挙区も複数区での議席獲得に向けてつばぜり合いを繰り広げている。

 民進、共産、社民、生活の野党4党が32の1人区で候補を一本化した共闘は、一定の効果を上げているものの、勢いを欠く。

 東北や沖縄などで統一候補が先行し、非与党系の勝利が2選挙区だった前回選挙よりも勝つ選挙区は増える見通し。ただ北陸や西日本では厳しい戦いで、自民党に先行するのは全体の3割にとどまる。

 おおさか維新の会は地盤の大阪で議席獲得の勢いで、兵庫でも有利な戦いだ。改憲に前向きな同党や日本のこころを大切にする党、自公を合わせると非改選が84議席。今回の選挙で78議席を上回れば、参院3分の2にあたる162議席に届く。

 「改憲阻止」を掲げ共闘する野党4党は改憲勢力による3分の2を阻むのが目標だ。社民党、生活の党は議席獲得に苦戦している。民進党を除く3党が前回並みだった場合、残り45議席が必要となる。民進党に無所属の統一候補をあわせても30議席台半ばにとどまる情勢になっている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日の注目指標★☆ 2016.06.24(木)… ビッグイベント!

2016年06月23日 08時02分09秒 | 市場動向チェックメモ



先ずは、前日のNYのポイント…

〇EIA週間石油在庫統計(バレル)
 原油在庫 -91.7万
 ガソリン 62.7万
 留出油  15.1万
 製油所稼働率 92.0(+1.1)(%)
 クッシング地区原油在庫 -128.0万

・原油相場は売り反応で、$50→$48台に下落…
・前日に米石油協会(API)が発表した在庫統計で、原油在庫が520万バレルの減少だったことから、今回の米エネルギー情報局の原油在庫も大幅減が期待されていたが、91.7万バレル減と小幅な減少に留まったことが売りを誘発しているとの事!


〇発言・イベント
イエレンFRB議長
・事前テキストは前日と同じ
・最近の労働市場の弱さは一過性との見方は変わらず。
・個人消費は大きく増加。
・経済は上向きつつある
・雇用の伸びは上向くと強く期待。
・米経済は強弱まちまちの展開。
・設備投資はこの数ヵ月、異例の弱さを見せている。
・海外経済の減速、ドル高が逆風に。
・我々は注視しているだけ。
・悲観的なメッセージは送っていない。

〇英OPINIUM 世論調査を公表
 残留44%、離脱45%と離脱がリード

〇英TNS調査 世論調査を公表
 残留41%、離脱43%と離脱がリード

〇英COMRES 世論調査を公表
 残留が48%、離脱が42%と残留が6ポイントリード





本日の経済指標等は…

10:30 木内日銀審議委員 講演
14:00 木内日銀審議委員 会見
14:00 シンガポール消費者物価指数(5月)
14:00 日本景気先行指数・確報値(4月)
14:00 景気一致指数・確報値(4月)
16:30 ドイツ製造業PMI・速報値(6月)
16:30 ドイツ非製造業PMI・速報値(6月)
17:00 ユーロ圏製造業PMI・速報値(6月)
17:00 ユーロ圏非製造業PMI・速報値(6月)
17:15 デベル豪中銀総裁補佐 あいさつ
17:30 香港国際収支(第1四半期)
18:15☆ECB 限定的長期資金供給オペ(TLTRO)
21:30 米国新規失業保険申請件数(18日までの週)
23:00 米国新築住宅販売件数(5月)
23:00 米国景気先行指数(5月)
★★英国国民投票(EU離脱の是非)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加