経済中心に書いてます!

趣味の範囲で…園芸・沖釣り・漢方・医食同源の投稿をします…業務はCX・225指数・FX Pro. …

2017.09.12(火) 本日の注目指標★☆ 北問題も一服、警戒感を残しながらのリスクオン! 更新

2017年09月13日 01時34分12秒 | 投資ノウハウ


先ずは、昨晩のNY…

米3年債入札結果
・最高落札利回り 1.433%(WI:1.427%)
・応札倍率    2.70倍(前回3.13倍)

米国
・国連で採択される予定の北朝鮮への制裁強化案の内容を緩和
・石油禁輸と金委員長の資産凍結を除外
・当初案では石油禁輸と繊維輸出、そして、外国での北朝鮮の出稼ぎ労働者の雇用の禁止
・採決は現地時間11日午後6時(日本時間12日午前7時)頃に予定

・NY市場は、ドル買戻し
・二つの週末リスクが無難に通過し、懸念を後退
・北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射が無かった
・ハリケーン「イルマ」がフロリダ半島に上陸後、ハリケーンから熱帯低気圧に勢力を弱めた

・ダウ平均が2万2千ドル台を回復
・米国債利回りも急上昇
・ドルのショートカバーが強まった!

・北朝鮮に関して米国は、きょうにも国連で制裁強化案を可決
・米国は石油禁輸や金委員長の資産凍結を除外、当初予定していた内容を緩和、最悪の軍事衝突は回避される期待感

・ハリケーンについて、第3四半期への影響は不可避
・復興需要も想定され、第4四半期の成長がそれを相殺!

・ドル円は、109.50付近まで一気に上昇

・ユーロドルは、戻り売りが加速
・ECB理事会を受け、ユーロドルは買いが強まり、一時1.21手前まで上昇
・ドラギ総裁の会見は、ユーロ高けん制を予想以上に強めていたが、会見後、マーケットは材料視しなかった!

・来年からの出口戦略は予想以上に緩やかなものになるのではとの観測
・ECBは、来年からの資産購入の設定期間を6ヵ月間延長、購入ペースは現在の月600億ユーロペースを、まずは400億ユーロに縮小、その後は200億ユーロに縮小?
・期間をもう少し長く、購入ペースも予想以上に緩やかな縮小との見方も


【恐怖指数】警戒感は急低下
・VIXスポット(NY時間:16:14)
・スポット  10.73(-1.39 -11.47%)






本日の経済指標は、北問題も一服、警戒感を残しながらのリスクオン! 
・本日はサプライズでも出ない限り、マーケットが大きく反応しそうな指標はないので! 
・北が何らかの行動を起こさない限り、週後半の重要指標待ちになる可能性が高いと思います!

ブルームバーグ
・米当局者は国連安保理の制裁強化決議が採択されれば
・北朝鮮の繊維輸出7億2600万ドル相当が妨げられ、石油精製品輸入は200万バレル減少して250万バレルになり、決議採択なら北朝鮮の輸出は90%減少

国連の安全保障理事会で北朝鮮の追加制裁に関する決議が行なわれる
・米国は北朝鮮への石油禁輸や金委員長の資産凍結などを示していた
・これを緩和し、石油輸出に関しては現状規模を超えない範囲と制限、資産凍結除外、北朝鮮の出稼ぎ労働者の雇用に関しては新規雇用に安保理委員会の承認が必要とした。
・中国やロシアは態度を保留

国連安保理
・対北制裁決議案を採択 全会一致

国連安保理による北朝鮮の追加制裁に関する決議が全会一致で採択
・追加制裁に慎重な中国やロシアに対してかなり配慮内容に後退していた
・採択は見通し通りということで相場への影響は限定的

NAB企業信頼感
・年ぶりの低水準を記録し、豪ドル売りに繋がる

12:45・5年国債入札(2兆2000億円)

米軍の弾道ミサイル観測機(電子偵察機RC135・コブラボール)が沖縄の嘉手納基地を離陸
・情報収集活発化

ラガルドIMF専務理事 世界経済について発言
・世界経済は過去10年より良い状況にある。
・昨年よりも改善しているが、雲が陰っている。

14:00↑↑→↓シンガポール小売売上高(7月)
 結果3.0% 予想0.5% 前回-0.5%(前月比)
 結果1.8% 予想1.8% 前回1.9%(前年比)

NZドルは対米ドルで0.7220近辺から0.730台まで急騰
・23日の総選挙を前にした世論調査で、与党が野党に対するリードを大きく広げ、与党国民党47%対野党労働党38%と9ポイントの差をつけたことが好感
・選挙に関しては、党首が変わった労働党が一時支持を広げ、国民党に支持率で上回る場面も見られたが、選挙前になって再び国民党が優勢

17:30↑↑↑↑↑↑英国消費者物価指数(8月)
 結果0.6% 予想0.5% 前回-0.1%(前月比)
 結果2.9% 予想2.8% 前回2.6%(前年比)
 結果2.7% 予想2.5% 前回2.4%(コア・前年比)

17:30↑↑↑↑↑↑↑↑↑→英国生産者物価指数(8月)
 結果1.6% 予想1.3% 前回-0.2%(0.0%から修正 仕入・前月比)
 結果7.6% 予想7.3% 前回6.2%(6.5%から修正 仕入・前年比)
 結果0.4% 予想0.1% 前回0.1%(出荷・前月比)
 結果3.4% 予想3.1% 前回3.2%(出荷・前年比)
 結果2.5% 予想2.3% 前回2.5%(2.4%から修正)(出荷コア・前年比)

17:30↑↑↑↑↑↑英国小売物価指数(8月)
 結果0.7% 予想0.5% 前回0.2%(前月比)
 結果3.9% 予想3.7% 前回3.6%(前年比)
 結果4.1% 予想4.0% 前回3.9%(除くモーゲージ利払い・前年比)

ポンドは強めの英物価統計
・特に強さが目立った消費者物価指数(CPI)の結果を受けて上昇する
・ポンドドルは1.32近辺から、1.3270超え

日銀
・本日は従来型のETFを購入せず
・J-REITも購入せず
・設備人材投資企業支援のETFを12億円購入

21:00↓↑ブラジル小売売上高(7月)結果3.1% 予想3.2% 前回2.9%(3.0%から修正 前年比)

21:00↓↑インド鉱工業生産(7月)結果1.2% 予想1.6% 前回-0.2%(-0.1%から修正 前年比)

コンスタンシオECB副総裁のコメント
・ECBは最終的にインフレ目標に到達すると確信。
・マイナス金利は注意深く監視する必要。
・ある程度フォワードガイダンスを使い続ける。
・十分な金融緩和を維持しなければならない。

一部報道
・トランプ大統領は11月に中国を訪問する意向
・ホワイトハウスはコメントを控えている
・トランプ大統領は11月にベトナムで開催されるAPEC首脳会議とフィリピンで開かれるASEAN首脳会議に出席する見通し
・中国にも立ち寄る
・習近平国家主席は4月にトランプ大統領と会談した際、中国を公式訪問するよう招待

02:00・米10年債入札(200億ドル)

04:00☆国連総会(ニューヨーク、25日まで)

☆OPEC月報

☆アップル新製品発表イベント

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本人初100m9秒台も 桐生祥... | トップ | 官邸が誘発 菅長官追及の東京... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も埼玉県在住です。 (春夏秋冬)
2017-09-28 15:07:18
私も埼玉県在住です。このサイトには投資についての詳しい情報が掲載されているので、閲覧、利用をさせて頂こうと思っております。私は、長年にわたって慎重な運用に努めた結果、数億円規模になっています。サイト内に猫の写真が沢山あって、嬉しく思っています。
お返事です! (コメントありがとうございます。)
2017-09-28 15:39:13
基本、ファンダメンタルでやっていますので、マーケットのチェックがてら投稿しています。
参考にしていただければ幸いです。

貼り付けた猫の画像は、日経で取り上げていたものです。
絶滅危惧種 ツシマヤマネコ です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

投資ノウハウ」カテゴリの最新記事