北の心の開拓記  [小松正明ブログ]

 日々の暮らしの中には、きらりと輝く希望の物語があるはず。生涯学習的生き方の実践のつもりです。

春を呼ぶ年中行事~運搬排雪

2018-02-24 22:37:56 | Weblog

 冬もそろそろピークを過ぎかける2月の後半。

 年に一度の町内運搬排雪が行われました。

 運搬排雪は、ただ山のような雪を運び出すだけではなく、事前に降り積もった道路の雪を削る作業が行われます。

 我が家の前の道路は、割とマメに除雪をしているので、それほど熱く雪が積もっているわけではないのですが、ドーザが他の家の前から削った雪も運んでくるので、家の前がこんもりと氷の山になってしまいます。

 この氷の山はとても重たくてスコップ一杯分の塊でも持ち上げるのに相当苦労するほど。

 ドーザも、一度や二度ではなく5回以上、道路を削ります。道路上の氷は、巨大なドーザとはいえ、一度走ったくらいではとても削りきれないほどの塊になっているのです。

 こうなると車庫から車を出すわけにもいかず、逆にまた知らずに出かけてしまうと帰って来た時に家に入れなくなります。

 そのため、町内の運搬排雪は、「実施日を教えてほしい」と言ってあるのですが、「排雪日のお知らせ」が回覧板で回ってきたのが今日で、しかも回覧板に書いてある排雪日は2月27日になっています。

 27日だったはずの排雪作業がなぜか今日になるというのでは、情報提供にはなっておらず、車で出かけた隣人が帰って来た時に家に入れず、ドーザの到着をまたなくてはならない、という場面もありました。

 まあいろいろありますが、これだけ大量の氷をこの時期にどかしてくれるというのは実にありがたい。

 山のような氷雪は、ロータリー車でダンプの後ろに積んでゆきます。北国の暮らしの中で、機械の力のありがたみを痛切に感じるときです。

 これだけ削っておいてくれると、もう冬の後半に少しくらい雪が降っても、積み貯めておけば、やがて春が来て融けてゆく時期になります。

 町内運搬排雪は、春が近いことを感じさせる年中行事です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハプニングゼロ

2018-02-23 23:56:56 | Weblog

 

 昨日、わが(一社)北海道舗装事業協会の総会があり、私こと専務理事に再任されました。

 皆様のご指示により、もう少しだけ舗装協会のために尽力させていただきます。

 総会の中で、報告事項として昨年の事業報告があって、私から約20分ほど資料に基づいて説明を行うシーンがありました。

 資料の説明はスムースに行ったのですが、その後の懇親会で、「よくあの資料をあれだけすらすらと説明できますね」と驚く方がいました。

「私はあんなにスムースには説明できませんよ。次にどこをどう説明しようかと考えちゃいますもの」

「いえいえ、答えは『読み原稿』ですよ。説明用のセリフは全部書き出して原稿にしてあります。そうしないと全体の進行時間も管理できませんからね」


 実は昨年は、何度か練習したうえで読み原稿なしで総会での報告に臨んだのですが、多少時間管理が悪くて、予定より早く終わってしまいました。

 そこで今年は反省して、発言内容を全編読み上げる原稿を作成したのです。

 国会でも地方の議会でも、発言は大抵は質問者も答弁者も基本的に一度目のやり取りは事前にやり取りをした原稿を読み上げる形が一般的です。

 それはそこで会話をしているのではなく、質問の内容に対してどういう回答があるか、ということを記録に残すことが大事だからです。

 ただ議会の場合は、一度目の答えに対する再質問からは原稿なしでお互いにアドリブでのやりとりになることが多く、そこで初めて感情が出たり本音が出たりするので、駆け引きもでてくるのです。

 まあ私の報告も、記録にとどめることが大事で、その次に大事なことは、時間管理をして短すぎず長すぎない適切な時間の範囲で終えること。

 面白味はないかもしれませんが、世の中の大抵のことは、事前に十分な段取りをすることで、必要な内容を踏まえたうえで効率的に進んでいるというのが実態です。

 だからこそ逆に、ハプニングが面白くなるのですけどね。

 今回の総会はハプニングもなくて良かったです、はい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふるさと納税の後始末~確定申告が必要です

2018-02-22 23:45:45 | Weblog

 毎年のことながら、確定申告の時期になり、医療費還付とふるさと納税分の還付をe-taxで挑戦です。

 5カ所までなら、簡単な書類を出すだけでも良いのですが、「もうちょっと他のところも味わいたい」と数を増やすと、産物を届けて頂いた楽しみの後のちょっとした苦しみです。

 まずは確定申告書類の作成という事で、今日はふるさと納税分の申告書式をネットで探します。

 国税庁のe-taxのサイトを訪ねると、申告・申請を、「個人か法人か」で区別があって、「個人」を選択すると、「確定申告書を作成する」というボタンが出てきます。

 この段階ではまだ、「e-taxか書面で提出か」に関わらず、申告書の作成開始。

 次に「e-tax」と「書面提出」の区別があって、『e-Taxは、次の全てに該当する方がご利用になれます』と注意書きが出てきます。

    •マイナンバーカード又は住民基本台帳カード(組み込まれて
    いる電子証明書が有効期間内のもの)をお持ちの方
    •ICカードリーダライタをお持ちの方

 まずこの段階で、準備ができていない人は心が折れそうになりますね。

 e-taxを選択すると、「e-taxを行う前の確認」の画面が出て、「ご利用のパソコン環境が推奨環境を満たしているか」とか、「電子証明書(マイナンバーカードなど)を取得しているか」、「ICリーダカードライタを持っているか」などにチェックボックスが現れて、準備できていないと、ここでまたまた心が折れそうになります。

 「全部OKじゃ!」とこの面をクリアして、次に進むと、「利用者識別番号の有無の確認」という小ボスが登場。

 持っていなければここで利用者識別番号を取得すればよいのですが、過去にやったことがある人でも、自分の番号やパスワードをちゃんと記録してあるか、が問われます。

 番号とパスワードを入れて、この面をクリアすると、事前に登録してあった氏名、住所、生年月日などが表示されて「これで良いか」と確認されて、ようやくお城に入れてもらえるような感じです。

 その後も何度か確認の面が出て来て、ようやく適用を受けたい控除を選びますが、そこからは昨年末にもらったはずの源泉徴収票を取り出して、求められる数字を写します。

 何度も試みて、私はようやく慣れてきましたが、慣れなければ嫌気がさしそうですね。

 

 

 今日は寄付金控除の書式を覗いてみましたが、寄付金もふるさと納税のほかに、政党寄付や、認定NPOなどへの寄付も選べます。

 ふるさと納税だと、寄付した自治体が都道府県から選べるようになっていて、自治体を選べば、寄付先の所在地や寄付先の名称(自治体名)は自動的に表示されるということで、少しは便利になっているようです。

 
 やってみて感じますが、入力に何度も失敗して手間を繰り返していると、逆に段々慣れて来て、失敗しないようになってくるものです。

 ふるさと納税で、知らない町の産物を知って、想いを馳せてみるというのは、古い歌謡曲ではありませんが、「心の旅」のようです。

 確定申告は、ふるさと納税の最後の後始末。あとは医療費還付の書類をつくらないといけませんが、ぼちぼち頑張りましょう。

 こういうことは早くやっておかないと、億劫になりますからね。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青い歯

2018-02-21 23:23:24 | Weblog

 

 以前から使っていたスマホ用のワイヤレスイヤホンを、雪まつりを見に行った時に落とし、あろうことか、落としたことを知らずに踏みつけて壊してしまいました。

 仕方がないので、新しいイヤホンをネットで注文していたのが届きました。

 スマホとの接続方法はブルートゥースで、ネットラジオやyoutubeを聴いているときに電話が来ても、マイク付きなので会話もできます。

 私自身、この"ブルートゥース"がなぜか好きで、スマホやパソコンと繋がる周辺機器を好んで買ってしまいます。

 写真の右側にある黄色くて丸っこいのは、スマホのカメラのシャッターを切ることができる、ブルートゥースリモコン。

 これがあれば、スマホで自撮りをするときにタイミングを逃さずに写すことができます。

 このリモコンなんて、百円ショップでたった300円で買えちゃいます。ちなみに、イヤホンの方は送料込みで2,980円。周辺機器も安くなりました。

 実は今乗っている車にも、スマホの音を車内のラジオで聴けるように、ブルートゥースの受信機をつけています。

 地方でラジオが聞こえないところでも、ネットさえつながっていればラジオを聴くことができます。なんとも便利な世の中になったものですね。

 "ブルートゥース"って、直訳すると"青い歯"ということになるのですが、これはデンマークの歴史上の人物で直訳すると"青歯王"と呼ばれた人に由来しているのだとか。

 その呼び名には「乱立する無線通信規格を統合したいという願い」が込められているのだそうで、今やスマホにはほぼ標準装備ですから、初期の思いは達成したのではないでしょうか。

 面白そうなので、この他にもブルートゥースのキーボードもありますが、キーボードは使い勝手が悪くて使い物になりませんでした。

 まあ折角スマホについているのですから、いろいろと挑戦してみて面白い世界が広がるのかどうか、体験してみるのも一興です。

 さて、一体これからどんなアイディアがでてくるのやら。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

老人の学びなおしと、若者の学びなおし

2018-02-20 23:55:26 | Weblog

 

 ある大学で、「大学は、建設産業のどのようなニーズに応えられるか」というテーマでの意見交換の場がありました。

 私のイメージは、先端的な機械開発や技術試験などで、効率的な仕事の仕方を開発してほしい、というものでした。

 しかし、「最近は北海道の大学の工学部でも、舗装を研究している先生がほとんどいなくなりましたね」と言われ、ちょっとがっかり。

 また、ある程度技術が確立してきて、いわゆる研究をして未知の部分を探求するというニーズがもうあまりない、という背景もあるようです。

 それに対して、実際に舗装工事を施工する会社の部長クラスの方からは、もっと切実な悩みが紹介されました。

 それは、「最近は工学系の勉強を修めたうえで会社に入ってくる若者が少ないです。なので、会社に入ってから改めて土木技術の基礎から教え込まなくてはいけません。しかし、社員が高齢化して年齢のギャップがあって社内で講義めいたことをすることが難しい。それに、工事の本数もそれほど多くはないので、実際の現場で経験を積むということも難しくなっています」というもの。

「そういうことを感じるので、大学では土木の技術を教えてもらって、その単位があれば、土木技術施工管理技士の受験資格が1年早くなるとか、そういう制度ができればありがたいと思います。若い社員が、一年でも早く資格を取れて、一人前になる事が早まるようなことにご協力いただけるなら、多くの会社が大学に殺到しますよ、きっと(笑)」

 若い人たちの技術を養成する、というのはかつては専門学校が教育機関として担っていた部分ですが、昨今は、こうした専門学校が少子化で学生が集まらないことから、次々に閉校になり、まさにそのニーズの受け皿がない状態です。

 最近は、人生100年時代を迎えて、"リカレント教育=学びなおし"ということが言われていて、生涯にわたって教育と労働や余暇など他の諸活動を交互に行なう教育システムの必要性が叫ばれるようになりました。

 人生を充実させるための壮年や老年の方の学びなおしも確かに重要ですが、若者たちが、しっかりと知識と経験を充実させて、社会的に認められた資格保有者と言う形でこれからの社会を支える礎を築くということはもっと重要です。

 専門教育ではなく、普通高校の教育を受けてきた若者が、職業として一つのジャンルを選ぶときにも、学びなおしは必要なわけで、こうしたことを教育機関がニーズとして捉えるということは、大事なことのように思います。

 社会が健全に機能するためには、構成員一人一人の能力の充実が必要で、そこには高校や大学などの教育機関によるアプローチが効果的だと思います。

 教育のあり様も、大きく様変わりしそうですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時代は「マスからローカルへ」

2018-02-19 23:45:45 | Weblog

 病気で手術をした知人の退院祝いのために、知人宅に仲間が集まりました。

 「実は昨年の春ころから体調が悪いことに気が付いていた」という知人でしたが、やはり体調不良に気がついたなら、早めに病院で診察を受けてほしかった。

 自分がそうなったら、というシミュレーションにして、健康に気をつけたいものです。


    ◆


 静岡の掛川市からお見舞いに駆けつけて来た友人は、掛川市と道東の町との間でローカルな町同士の産物の売り買いを「互産互消」と称して、力を入れています。

 地方都市が揃いも揃って、東京など大都市をターゲットにしているようでは、大都市に上から目線で見透かされてしまう、という発想で、敢えてローカル同士の繋がりを見せつけてやろうではないか、と意気込んでいます。

 地方同士が仲良くやる組み合わせが増えれば、大都市の方から「なぜうちに媚びてこないんだ?」と気になるはず、という目論見ですが、そういう考えが、なかなか浸透しない、と苦笑い。

 「ちょっとシンボリックに、『東京を無視しろ』と言う事があるんですが、それを聞いて『私たちは都会を相手にしないとやれないじゃないですか』と真顔で言っているんです。でもそれじゃあ、あまたある地方都市に埋没してしまう」
「なるほど」

「そもそも大都市でまともに戦おうと思うと、巨額の宣伝経費をかけなくてはいけないし、それに対するリターンもそれほど期待はできません。だから人と人とのつながりを生かして、少額の経費だけれど高いリターンが期待できるような実績を地道に積み上げるべきだと思うんです」

 自分たちの立ち位置を、ちょっと離れたところから俯瞰してみることができれば、そういうやり方の真理もわかるのですが、地域の中で暮らし続けていると、外からどう見えるか、ということの想像ができないのかもしれません。

 国も奇特な人も、誰も自分たちを振興してくれたりはしません。

 自分たち自身が自分たちの産物を評価して、戦略的な取り組みを行うことができれば、きっと物は売れていくし、その過程で得られる繋がりと関係性が、新たな財産になっていく。

 これからの時代は、「マスからローカルへ」。そこに気が付いて実践できるかどうかが問われているような気がします。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワカサギ用仕掛け「小松スペシャル」

2018-02-18 23:49:07 | Weblog

 今日は一日雪かきと釣り道具の手入れとオリンピックで終わりました。

 雪かきは、家の敷地にたまった雪を近くの公園まで運ぶ作業です。

 単純肉体労働の時は、録音したラジオ番組をスマホで聴きながら無心で身体を動かします。これはこれで、結構ストレス解消になるのでたまに行う分には良い運動です。

 釣り道具の手入れは、昨日テントを飛ばされた結果、使っていた電動リールの傷んだラインの取り換えや、ワカサギの仕掛けづくり。

 昨年買った、針に糸を巻く電動針結び器の使い方がようやく分かりました。それにしても、よくこういう道具を作れるものだと感心しちゃいます。


   【ダイワ製電動針結び器】

 これで、仕掛けがダメになっても針を取っておけば作り直すことができます。自分なりの「小松スペシャル」という仕掛けも作れます。今日はとりあえず、錘下につける仕掛けを製作。

 それにしても、ワカサギ用の0.8号の針って小さいなあ。老眼鏡が絶対に手放せません(笑)


   【この針に0.2号のナイロン糸を結ぶのです】
 
    ◆


 さてオリンピックは、何と言っても小平奈緒選手の金メダルが立派でした。オリンピックレコードも立派で、堂々とした金メダル。

 ワールドカップでも負けなしという強さからの期待の大きさや、日本選手団の主将になるなど、重責もあったでしょうが、見事な成績で跳ね返した精神力は立派でした。

 金メダルが決まった後の、ライバルを讃えるシーンや落ち着いた言動なども立派で、アスリートとしての品格を見せてもらいました。

 女子アイスホッケーは、同点の結果、点数が入ったら終わるというサドンデスの延長戦に突入。見事にスウェーデンを破って、5-6位戦へ。

 カーリングも調子が良いし、ここへ来て連日の日本選手の活躍にテレビから目が離せませんね。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワカサギ釣りはトラブル続き~羽生結弦金メダルの日に

2018-02-17 23:42:38 | Weblog

 

 今日から北日本は天候が荒れる、という予報が出ましたが、山に囲まれた湖なら大丈夫だろうと、高をくくって定山渓の札幌湖へワカサギ釣りに行ってきました。

 金メダルのかかった羽生結弦君の男子フィギュアフリーがあるので、人は少ないかと思いきや、やはり7時前にはゲー、トに長い列ができました。皆さん好きですねえ。

 勇んでやってきた札幌湖でしたが、気温が上がってきたので湖面の表層部がかなり緩んできて、しばしばずぼっとぬかるようになっていました。

 そろそろ快適な釣りが難しい季節になりかけているようです。

 苦労しながら長い坂を下り、ぬかるんだ湖面を探りながらポイントを定めます。水が上がっていてぬかるんだ表面に雪を撒いて固めてそこに釣り穴をあけてテントを張ります。

 テントを張るのも、雪面がぐずぐずなのでテントについている短いペグではあまり効かない感じですが仕方がありません。

 朝8時くらいから釣り始めましたが、ポイントの選び方が悪いのか、今日も非常に渋い感じが続きます。

「釣れないねー」と我慢の釣りを続けていましたが、昼前から時折非常に強い突風が吹くようになりました。

 ステイを取っていなかったので、(そろそろ補強しておいた方が良いかなあ)と思っていた矢先に、突然のものすごい強風が背中から襲ってきて煽られたテントがフワリと浮いて一気に飛ばされてしまいました。

 慌ててぬかるんだ雪面を100メートルほども追いかけて、ようやくテントをつかみ、引き戻してきましたが、釣っていた場所は大混乱。

 電動リールやCOセンサーなどを見失ったり、釣り道具は転げるわでおおわらわです。

「今日はもうだめだね、止めよう」と撤収を決めたものの、時折吹く風に再びテントが飛ばされそうになり、一人がテントを支えながらでは撤収作業もなかなか進みません。

 見ていると、周りでも次々にテントが飛ばされて、みな右往左往しています。

 トイレ用なのか、一人用の背の高いテントなども、朝見たときは(あれは便利だな)と思っていましたが、強風ではひとたまりもなく、沢の奥まで飛ばされていきました。

 周りでも撤収準備に入る人たちが続出して、続々と荷物をまとめて坂を上がって行きました。

 テントのペグをしっかりと強化しないといけませんね。

 ひどい目にあいましたが、これもまた笑い話の一つ。良い思い出にはなりました。

    ◆

 家路に向かいながら、「これは家に着くころに、羽生君のフィギュアフリーの試合が観られるかもしれないね」と妻と話していたのですが、まさに家に着いた時にはちょうど羽生君の鬼気迫る演技が始まるところでした。

 妻と、「これは、『今日はあ羽生君のスケートを観た方が良いよ』という何かの導きかもしれないね」と話していましたが、生で見られて本当に良かった。

 鳥肌が立って涙が出ました。

 オリンピック男子フィギュアの二連覇は、永遠に語り継がれるでしょうが、まさにその日は釣りでテントが飛ばされた苦い思い出の日として、我が家でも語り継がれることでしょう(笑)。

 人生には感動と笑い話が必要ですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「働き方改革」で起きそうなこと

2018-02-15 23:21:57 | Weblog

 建設業は人手不足と言われます。

 先日、舗装関係の各企業の部課長クラスの集まりがあったので、そこで「人手不足は本当ですか」と訊いてみました。

 するとやはり、「そのとおりです。なかなか会社に入ってくれる若い人がいないのです」と切実な声。

 そこで、「どうやって企業活動を続けてゆこうとしているのですか」と訊くと、「やはり今いる現有社員には定年などと言わず、働けるだけ働いてもらう必要があると思います」とのこと。

「働けるだけ、といいますと?」
「65歳だろうが、70歳だろうが、本人が『まだやれる』といううちは働いてもらおうと思います」

「でも結構な歳になると、現場監督は無理でしょう?」
「さすがにそれは難しくなると思いますが、歳を経た経験者として、各種の書類づくりをサポートしてもらって、現場に出る、より若い人たちの事務作業の軽減化を図れないか、と思っています」

「なるほど、経験が生きる場面がまだあるのですね」
「そうです。しかも、ある年齢になれば年金がもらえるので、会社から支払う給与は安く抑えられます。本人に意欲さえあれば働く。そういう時代になると思いますよ」

 人生百年時代、AIなどの技術は人間の作業をどれだけ軽減させて人間に取って代わるのでしょう。

 未来はなかなか見通せませんが、真に生き残る経験やスキルは何かと考えてしまいます。


    ◆


 別なところで、道路の除雪を請け負っている会社の方と立ち話になりました。

「除雪のオペレーターさんも不足するのじゃないですか」と言うと、「やはりしっかりした賃金と休日を保証するという、働き方改革を先行してやってみるしかないと思います。うちなどは、もう日曜日は除雪をしない、と決めていますしね」

「すごい!先駆的ですね」
「それに、会社内ではもう市役所から頼まれる市道の除雪は請け負うのを止めようか、という話も出ています。なにしろ利益が少なくて赤字になっているのですから、企業活動としては受ける意味が説明できません。他の面ではお世話になっているという事はありますが、そこは単価や経費などでしっかりと利益が確保できないと受けられない、という現実を知ってもらいたいです」

 
 いろいろなところで除雪業者さんのオペレーターさんに話を聞くと、皆収入目当てと言うよりは、「俺たちがやらないと誰がやるんだ?」という義理と人情で作業をしていると感じます。

 お金が全て、とは言わないけれど、そういう気持ちには利益で応えることがなければ企業の理屈としてやれない時代が近づいていることを感じます。

 働き方改革って、今までいろいろな人たちが我慢していたことを、我慢しなくていいんだ、と言い出して、不平も不満も吹き出すような時代の変革のような気がしてきました。

 気を確かに持たなくては。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

みーのがしちゃいました

2018-02-14 22:11:52 | Weblog

 注目の平昌オリンピック。

 今日は日本期待の種目が多くて、メダルが沢山取れました。

 メダルが取れても、インタビューが穏やかで感情を抑えるような語り口は、金メダルではないからなのか、それとも日本人らしいからなのか。

 午前中に始まった、スノーボード・ハーフパイプでは、平野歩夢選手の勇姿を見るのにテレビの前に釘付けでした。

 ところが途中で失敗した一本目を見終わり二本目が始まったところで、急な来客があり、応接室で応対のために話し込んでしまいました。

 来客が帰った後にテレビの前に戻ってみると、平野選手が二本目に95点以上の高得点を出して、選手全員が三本目の試技に入っていました。

 「あらら、平野君、二本目が高得点だったんだ…」と言うと、職員の女の子が「専務、みーのがしちゃいましたねー(笑)」とニコッと笑います。

「見逃しちゃいましたの、『みー』が伸びているところに、他人の不幸を笑う感じが出ていていいねえ(笑)」
「そーんなことありませんよー(笑)」


    ◆


 夕方には女子アイスホッケー「日本対コリア」を見ていました。

 家路につく途中は、バスに乗りながらスマホのテレビで観戦していました。

 第一ピリオドの勢いだったら楽勝だと思ったのに、第二ピリオドでへなちょこシュートを決められて、浮足立った感じ。

 まさか負けることはないだろう、と思いながらも緊迫するゲーム展開で胃が痛くなって胃薬を飲みました。

 小平選手と高木選手の銀・銅ダブルメダルも渡部選手の銀メダルも立派です。

 始まる前はいろいろなことを言われましたが、始まってみるとやっぱりオリンピックは盛り上がりますね。

 残りの種目も、頑張れニッポン! 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加