kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『デンジャラス・ラン』を観て

2012-09-17 17:59:03 | アメリカ映画 2012

12-75.デンジャラス・ラン
■原題:Safe House
■製作年・国:2012年、アメリカ
■上映時間:115分
■字幕:松浦美奈
■観賞日:9月17日、新宿バルト9(新宿三丁目)



□監督:ダニエル・エスピノーサ
◆デンゼル・ワシントン(トビン・フロスト)
◆ライアン・レイノルズ(マット・ウェストン)
◆ヴェラ・ファーミガ(キャサリン・リンクレイター)
◆ブレンダン・グリーソン(デヴィッド・バーロー)
◆サム・シェパード(ハーラン・ホイットフィールド)
◆ルーベン・ブラデス(カルロス・ヴィラル)
◆ノラ・アルネゼデール(アナ・モロー)
◆ロバート・パトリック(ダニエル・キーファー)
【この映画について】
デンゼル・ワシントンがCIAの伝説のエージェントにして犯罪者という、ダークヒーローに扮したサスペンス・アクション。犯罪者と新米エージェントの36時間の逃避行が緊迫した描写とともにつづられる。『グリーン・ランタン』のライアン・レイノルズがトラブルに巻き込まれる新米エージェントを熱演。(この項、MovieWalkerより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
南アフリカの米国領事館に、一人の男が出頭した。彼はかつてCIAの中でも屈指の腕を持つ伝説のエージェントでありながら敵国に機密情報を流したとされる、36ヶ国で指名手配を受けた世界的犯罪者トビン・フロスト。
CIAの隠れ家に連行された途端、鉄壁のはずの隠れ家が何者かにより襲撃される。壊滅状態にまで追い込まれる中、隠れ家を管理している新米CIAのマットは、フロストから選択を迫られ、やむなく隠れ家から脱出。敵の正体も目的もわからないまま、マットは危険すぎる男フロストの身柄を守るために彼とともに逃走を繰り広げる……。

デンゼル扮するCIAの超大物エージェントであるフロストは重要な情報を所持している。彼は英国諜報部の裏切り者から西側エージェントの秘密ファイルを南アのとある場所で受け取る。だが、町中で傭兵に急襲され米国領事館に逃げ込み匿われることに。だが、CIAは彼を「Safe House」(映画の原題)と呼ばれるCIAの秘密な隠れ家(アジト)へ移送し、そこの管理人でもある若手エージェントのマットが彼を匿う事になった。
マットはCIAが隠れ家でフロストを拷問中に傭兵に場所を突き止められ襲撃を受け、辛くもフロストと共に逃げ切り、CIA本部の指令により別の隠れ家へと誘導するまで同行することになった。だが一筋縄では行かないフロストはサッカー競技場でマットを巻いて地元警察官までをも巻き込んでまんまと逃走に成功するのだったが...。
だがマットもフロストの行動を読み彼の立ち寄り先である情報提供者の家で合流するが、またもやここで敵の襲撃を受けて国境付近の隠れ家を目指す。そこで初対面の隠れ家管理人ケラーに不意を突かれ銃撃戦になり辛くも射殺するも二人共銃撃を受けて負傷する。そこに、CIA本部から駆け付けてきた責任者のバーローは同行したリンクレーターを道中で射殺し現場へと急行する。

フロストが隠し持っていたファイルとはCIAの汚職に関するもので、そこにはバーローを始めとする汚職に関する情報が含まれていた。何としてもファイルを奪還したいバーローは銃撃戦でフロスト射殺に成功するも、マットの反撃にあい彼も射殺される。
本部へと戻ったマットは副長官からファイルの在処を尋ねられるが白を切りとおし、昇進を仄めかされるがそれを断りフロストから死の間際に預かったファイルをネットを通じてマスコミにばらしCIAを辞めて、恋人が待つパリへと向かい無事に再会を果たす。

デンゼル・ワシントン主演作ということで観る前から期待が高かった本作だったが、やはり彼の出演作に駄作は無いという印象だった。序盤、彼が領事館に逃げ込んで隠れ家でマットと対面するシーンでは、若手のマットを心理的に揺さぶるのだがこの辺りは彼の真骨頂が出ていた。彼に対して心理的に追いこみ、組織の見えにくい部分を彼に仄めかすことで上司への忠誠心に対して疑問を感じさせるように仕向ける辺りは上手かった。
追跡劇のスピード感、マットとフランス人恋人との関係、CIA組織の闇、ファイルの存在、傭兵の執拗な追跡とその黒幕の存在の全てが一つのストーリーに凝縮されていて観ていて飽きさせない展開に。最後はフロストがバーローに銃撃の際の傷が原因で亡くなるのは残念だが、マットが上司からのプレッシャーに負けずにファイルを最後まで他人の手に渡らせなかったのは見事だった?

パリに渡ったマットに今後どのような人生が待っているのか気になったエンディングだった。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『最強のふたり』を観て | トップ | 西武、天王山初戦は劇的な逆転勝... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

41 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『デンジャラス・ラン』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「デンジャラス・ラン」□監督 ダニエル・エスピノーサ □脚本 デヴィッド・グッゲンハイム □キャスト デンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ、ヴェラ・ファーミガ■鑑賞日 9月9日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyaz...
デンジャラス・ラン (あーうぃ だにぇっと)
デンジャラス・ラン@よみうりホール
『デンジャラス・ラン』 2012年8月1日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『デンジャラス・ラン』 を試写会で鑑賞しました。 邦題:デンジャラス・ラン 原題:safehouse どうして全然違うタイトルになるんだろう(笑) 【ストーリー】  36か国で指名手配中の元CIAの腕利きエージェントであるトビン(デンゼル・ワシントン)は、南アフリカのC...
映画「デンジャラス・ラン」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 試写会の客入りは一階席は満席、二階席は9割くらい。今回私は映画レビューサイトCOCOさんに招待された。
『デンジャラス・ラン』 (2012) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: SAFE HOUSE 監督: ダニエル・エスピノーサ 出演: デンゼル・ワシントン 、ライアン・レイノルズ 、ヴェラ・ファーミガ 試写会場: よみうりホール 公式サイトはこちら。(2012年9月7日公開) 映画レビューサイト・cocoさんのご招待で行って来ました。い....
映画 :デンジャラス・ラン Safe House 「極悪」南ア ケープタウンで炸裂するお勧めの猛烈アクション! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まず いい! のが原題。 Safe House セーフ・ハウスというのは、CIAが密かに用意している尋問などの秘密任務のための「秘密基地」。 主人公はその肝腎のセーフ・ハウスの管理人をしている、のだが、事件に巻き込まれ 逃げ回ることに。 そして皮肉なことに、そのセー....
劇場鑑賞「デンジャラス・ラン」 (日々“是”精進! ver.F)
新米職員成長物語… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209080002/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安...
デンジャラス・ラン (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://d-run.jp/ 予告編が面白そうだったので鑑賞することにしたんだけど、予告編が良いとがっかりするパターンも多いので期待せずに鑑賞。 36か国で指名手配中の元CIAの腕利きエージェントであるトビン(デンゼル・ワシントン)は、南アフリカのCIA....
デンジャラス・ラン (新・映画鑑賞★日記・・・)
【SAFE HOUSE】 2012/09/07公開 アメリカ PG12 115分監督:ダニエル・エスピノーサ出演:デンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ、ヴェラ・ファーミガ、ブレンダン・グリーソン、サム・シェパード、ルーベン・ブラデス、ノラ・アルネゼデール、ロバート・パトリッ....
隠れ家~『デンジェラス・ラン』 (真紅のthinkingdays)
 SAFE HOUSE  アメリカ人青年マット・ウェストン(ライアン・レイノルズ)は、CIAの極秘施設 「隠れ家」 の「客室係」 として、不本意ながら南アフリカのケープタウンに 配属されてい...
デンジャラス・ラン (銀幕大帝α)
SAFE HOUSE/12年/米/115分/サスペンス・アクション/PG12/劇場公開(2012/09/07) -監督- ダニエル・エスピノーサ -製作総指揮- デンゼル・ワシントン -出演- *デンゼル・ワシントン『アンストッパブル』・・・トビン・フロスト *ライアン・レイノルズ...
デンジャラス・ラン (試写会) (風に吹かれて)
工作員の悲哀公式サイト http://d-run.jp9月7日公開製作総指揮: デンゼル・ワシントン南アフリカのケープタウン。その地の隠れ家の管理を任されているマット・ウェストン(ライアン・レイノルズ
デンジャラス・ラン(2012)◇◆SAFE HOUSE (銅版画制作の日々)
 お前は悪魔と逃げている 好き度: 50点 MOVIX京都にて鑑賞。  時間が上手くあったので鑑賞することにしました。えぇ~デンゼル、悪魔?一応そういうふれこみのようですが、どうみても彼はそんな悪には見えないよね。 ところで共演のライアン・レイノルズはどう....
「デンジャラスラン」 (Con Gas, Sin Hielo)
逃げも隠れも命懸け。 わが国の宣伝では、邦題に従って危険過ぎる逃亡を前面に押し出しているが、原題は「隠れ家」を意味する"Safe House"。ちっとも"Safe"にならない逆説的な展開が肝になっている。 この設定だと、D.ワシントンがいいとこ総取り....
デンジャラス・ラン (映画的・絵画的・音楽的)
 『デンジャラス・ラン』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『アンストッパブル』のデンゼル・ワシントンと『リミット』のライアン・レイノルズが出演するというので、映画館に行ってみました。  物語は、まず、南アフリカのケープタウンに設けられているCIAのSafe H...
デンジャラス・ラン/デンゼル・ワシントン (カノンな日々)
『トレーニング デイ』のデンゼル・ワシントンと、『グリーン・ランタン』のライアン・レイノルズの共演によるアクション・サスペンス・ムービーです。デンゼル・ワシントンが自身 ...
「デンジャラス・ラン」 (ゆっくり歩こ。)
原題は「SAFE HOUSE」 CIAが隠れ家として用意している場所 「デンジャラス・ラン」だからずーっと逃げまくるのかと思いました いや、逃げるんですが・・・ 私が想像してたのとちょっと違った 評価が良かったので行ってみました そ~ですね、なかなか良いデキ....
デンジャラス・ラン (ダイターンクラッシュ!!)
2012年9月17日(月) 18:45~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:0円(フリーパスポート) 『デンジャラス・ラン』公式サイト フリーパスポート11本目。 デンジャラスと言えばKなのだが、麺じゃらすKは唐揚げを注文しないといけないらしい。 組織に裏切られ...
デンジャラス・ラン / SAFE HOUSE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click デンゼル・ワシントン×ライアン・レイノルズ 元CIAエージェントの逃亡劇を描くアクション。 凶悪犯の保護収容所“セーフ・ハウス“に護送された大物テロリストが、武装集団に...
デンジャラス・ラン (迷宮映画館)
ライアン・レイノルズの真正面はなあ・・・
デンジャラス・ラン (こんな映画見ました~)
『デンジャラス・ラン』---SAFE HOUSE---2012年(アメリカ)監督: ダニエル・エスピノーサ 出演: デンゼル・ワシントン 、ライアン・レイノルズ 、ヴェラ・ファーミガ、ブレンダン・グリーソン、サム・シェパード CIAの新米職員が、正体不明の武装集...
デンジャラス・ラン (キノ2)
★ネタバレ注意★  ダニエル・エスピノーサ監督、デンゼル・ワシントン主演(?)作。  デンゼル・ワシントンのサスペンスアクションとあれば、監督はトニー・スコット! という刷り込みができちゃってたので、この映画もなんとなくトニスコ監督の新作を観るよう...
デンジャラス・ラン (だらだら無気力ブログ!)
邦題はアレだけど、アクションは満足。
デンジャラス・ラン (Memoirs_of_dai)
トビンの凄さ描写がいま一つ 【Story】 36か国で指名手配中の元CIAの腕利きエージェントのトビン(デンゼル・ワシントン)は、南アフリカのCIAのアジトに連れてこられる。彼が身柄を拘束されると、鉄...
デンジャラス・ラン / Safe House (勝手に映画評)
36カ国の指名手配犯トビン・フロスト=デンゼル・ワシントン。“悪役”のデンゼル・ワシントンが見られます。 舞台は南アフリカのケープタウン。南アフリカと言う事で思い出すのが『インビクタス/負けざる者たち』や『第9地区』。『インビクタス/負けざる者たち』『第9...
デンジャラス・ラン (うりぼうのシネ煉獄)
 デンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ(「グリーンランタン」の主演の人)共演のアクション映画、「デンジャラスラン」を観てきましたよ!  ストーリーは、主人公はCIAが所有する隠れ家(=safe house、これが原題)の管理人。何かあったときに利用する施設...
デンジャラス・ラン (心のままに映画の風景)
南アフリカにあるCIAの極秘施設“隠れ家(セーフハウス)”の管理を任された新米職員のマット(ライアン・レイノルズ)は、退屈な仕事に不満を募らせていた。 ある日、36か国で指名手配中の元CIAエージェント...
「デンジャラス・ラン」 こだわっていたのはリアリティかな? (はらやんの映画徒然草)
長く姿を消していた元CIAの伝説のスパイがケープタウンに姿を現した。 そして彼を
デンジャラス・ラン  Safe House (映画の話でコーヒーブレイク)
映画館で予告編を見て気になっていた本作、JALの飛行機の中で鑑賞しました。 画面が小さいのが残念ですが、アクション・バトル満載で最後まで惹きつけられました。 デンゼル・ワシントンとライアン・レイノルズ主演です。 前半、白髪交じりの長めの髪に髭で登場したデン....
★デンジャラス・ラン(2012)★ (Cinema Collection 2)
SAFE HOUSE お前は悪魔と逃げている メディア 映画 上映時間 115分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(東宝東和) 初公開年月 2012/09/07 ジャンル サスペンス/アクション 映倫 PG12 【解説】 CIAの新米職員が、正体不明の武装集団に狙われた 元CIA凄...
デンジャラス・ラン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(14) ひとことでCIAといっても、こんな地味な仕事もあるんですね(笑)
[映画『デンジャラス・ラン』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・元CIAの敏腕凄腕諜報員であったが、国家機密を敵国に売りさばく世界的な犯罪者となった男が、  南アフリカはケープタウンの米領事館に保護を求めて現われる。  男は、その心理学的な見地による話術でどんな相手も懐柔・篭絡し、また、暗殺の腕も超一流・・...
デンジャラス・ラン (いやいやえん)
安心のデンゼル・ワシントン。でももじゃもじゃ。 物語は、新米のCIAエージェントと元CIAの収監者が、安全なはずの「Safe House」から正体不明の暗殺者たちから身を守るために逃行するというまさにデンジャラス・ラ
デンジャラス・ラン (とりあえず、コメントです)
デンゼル・ワシントン&ライアン・レイノルズ主演のサスペンス・アクションです。 真ん中にデンゼル・ワシントンがドーンと載っているチラシしか観たことがなくて、 どんな作品なのだろうと気になっていました。 南アフリカを舞台にハードなアクションが繰り広げられるド...
デンジャラス・ラン (miaのmovie★DIARY)
デンジャラス・ラン [DVD](2012/12/19)デンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ 他商品詳細を見る 【SAFE HOUSE】 制作国:アメリカ 制作年:2012年 最果ての地、南アフリカにあるCIAの隠れ家に一人...
デンジャラス・ラン ★★★ (パピとママ映画のblog)
「グローリー」「トレーニング デイ」で2度に渡りアカデミー賞を獲得したデンゼル・ワシントンが、今では世界36ヶ国で指名手配され命を狙われている元CIAエージェントを演じたスリリングなアクション映画。デンゼル・ワシントンは本作の製作総指揮も務めている。CIAに投....
デンジャラス・ラン (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
デンジャラス・ラン Blu-ray & DVD (デジタルコピー付)新米CIAが悪党と共に逃避行を繰り広げる異色のアクション「デンジャラス・ラン」。クールな悪役を演じるデンゼル・ワシント ...
「デンジャラス・ラン」 (セレンディピティ ダイアリー)
デンゼル・ワシントン主演のサスペンス・アクション、「デンジャラス・ラン」(Saf
デンジャラス・ラン ((仮)impression)
【Safe House】 デンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ共演の「デンジャラス・ラン」です。 チロさんに誘っていただきました。ありがとう!!
デンジャラス・ラン (ごみつ通信)
Safe House2012年/アメリカ (監)ダニエル・エスピノーサ(演)デン
【映画】デンジャラス・ラン…この映画は2013年のはじめに観たのだけど今更記事にした結果…。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
年も暮れです 今年は…特に後半は…仕事が忙しくて大変でした 今月は残業が…まぁ最近の我が社の中では、結構凄い時間数になってしまい、体的にも結構まいってしまいました。12月の週末は寝てた記憶しか無いなぁ そんな中での近況ですが… 2013年12月28日(土曜日)は...