kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『J・エドガー』を観て

2012-02-23 17:27:13 | アメリカ映画 2012

12-17.J.エドガー
■原題:J.Edgar
■製作年、国:2011年、アメリカ
■上映時間:137分
■字幕:松浦美奈
■観賞日:2月23日、渋谷シネパレス(渋谷)



□監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド
◆レオナルド・ディカプリオ(J.エドガー・フーバー)
◆ナオミ・ワッツ(ヘレン・ガンディ)
◆アーミー・ハマー(クライド・トルソン)
◆ジョシュ・ルーカス(チャールズ・リンドバーグ)
◆アニー・フーバー(ジュディ・デンチ)
【この映画について】
レオナルド・ディカプリオ主演、クリント・イーストウッド監督という、ハリウッドきっての黄金コンビで、FBI初代長官、ジョン・エドガー・フーバーの半生をつづる衝撃のドラマ。1972年に亡くなるまで、50年近くも政府機関の長を務め、世界で最も恐れられ、アメリカを支配した男の知られざる姿が明らかになる。(この項、Movie Walkerより転載しました)
【ストーリー&感想】
FBIのジョン・エドガー・フーバー長官は、人生の終盤に差し掛かり、部下に命じて回顧録を書き取らせる。記憶はFBI誕生以前へと遡り、彼の表の経歴が語られるとともに、その裏側の野望、企み、葛藤、苦悩が次第に明らかにされていく……。
20世紀の半分を占めるおよそ50年もの間、アメリカで大統領さえも及ばない強大な権力を手にしていた男。そのたった一人の人間が、アメリカのあらゆる秘密を掌握し、国さえも動かしていたという事実。50年間に入れ替わった大統領は8人にのぼり、その誰もが彼を恐れた。それが、ジョン・エドガー・フーバーFBI初代長官である。

20代でFBI前身組織の長となり、以後、文字通り死ぬまで長官であり続けた。今日では当たり前とされる科学捜査の基礎を確立し、犯罪者の指紋管理システムを作ったのも彼なら、FBIを子どもたちの憧れの的にまで押し上げたのも彼だった。
紛れもない英雄であるにもかかわらず、彼には常に黒い疑惑やスキャンダラスな噂がつきまとった。やがて、国家を守るという絶対的な信念は、そのためになら法を曲げてかまわないというほど強く狂信的なものとなる。それゆえ彼は正義にもなり、悪にもなった。国を守るという大義名分のもと、大統領を始めとする要人たちの秘密を調べ上げ、その極秘ファイルをもとに彼が行った“正義”とは一体何だったのか?

イーストウッド監督が今回取り上げたのはFBI初代長官として知られている「フーバー」だが、原題は「J.エドガー」であり「公」の部分と同時に「私」の知られざる部分を大胆に描いている。盟友トルソンと秘書という立場から支えたミス・ガンディとの関係を巧に絡ませ、更に、母アニーの期待を背負っているジョンという、この3人との関係が中心だ。
まずは有名なリンドバーグ愛児誘拐事件がFBI誕生のきっかけになり、この事件捜査で捜査の壁にぶち当たりジョンはいらだつ。だが、逆にこの事件で、州をまたいでの犯罪にFBIが関与できる事になったので、冒頭部分にこれを持ってきたのは正解。そこからトルソンという後の盟友を得てからのジョンに関しては、年老いた現在と回想部分が重なって行く。この中で盛んに強調されるのが、母アニーの過大な期待とそれに応えようとするジョンの姿、トルソンとの同性愛の2点である。そんなジョンの行動を逐一静かに?見守っていたのが秘書のヘレンという構図で、実はこのヘレンの存在が陰ながら大きかった。

ジョンの権力が大きくなるに従って、彼に対抗するグループも現れるのだが秘書ヘレンは常にジョンの考えの一歩先を読んでいた感がする。生涯独身を貫いたジョンだが、秘書ヘレン不在では50年間の長い間長官として君臨することは出来なかっただろう。トルソンの存在も公私に渡って大きかったが、彼はイエスマンでありジョンに取っては都合の良い部下だったのでは無いだろうか?
観る方としては8人の大統領との関係を通じて、ジョンが如何に巨大な権力を手中に収めて行ったのかの部分も見たかった。公聴会での反論や大統領から呼び出されるシーンもあるが、その辺の描き方は不充分だった。ラストで亡くなった直後、ニクソンの側近がジョンの執務室を徹底的に調べ、ホワイトハウス側に不利な書類が無いかまるで家宅捜索のように血眼になって捜すが、秘書ヘレンはそんな時がいずれ来ると予感していたのだろう。この辺は流石だ。

ジョンを演じたディカプリオはメイクで若い時代から老け顔まで一人で演じ切った。アビエーターでも実在の人物を演じていたが、今回は政治家を演じた。この手の重厚な作品の主役は重圧もあるだろうが、もはや演技派とも称される彼の演技は円熟味さえ感じさせる。
秘書ヘレンを演じたナオミ・ワッツは一歩下がって?ジョンを支える役だったが、役の意味をしっかりと理解していてこちらも良い演技だった。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『ものすごくうるさくて、あ... | トップ | 映画『人生はビギナーズ』を観て... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リバー)
2012-05-01 18:32:10
TB ありがとうございます。

たしかに レオの演技は円熟味とは納得ですね
今後 新境地なるのか・・・

Unknown (kintyre)
2012-05-01 23:34:03
>リバーさん、こんばんは

レオは自分がステップアップ出来そうな作品
を吟味している感じですね。いずれ、アカデ
ミー賞も受賞されることでしょう。
演技派の道を一直線ですね!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

49 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
J・エドガー (あーうぃ だにぇっと)
J・エドガー@よみうりホール
J・エドガー/J. Edgar (LOVE Cinemas 調布)
クリント・イーストウッド監督最新作。FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた伝記物語だ。大統領ですら手が出せないほどの権勢を誇った男の人生の裏側を赤裸々に映し出す。主演は『インセプション』のレオナルド・ディカプリオ。共演に『愛する人』の...
『J・エドガー』 2012年1月18日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『J・エドガー』 を試写会で鑑賞です。 フーバー長官って言う方が、日本では分かりやすいよね・・・ 【ストーリー】  1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、歴...
映画レビュー「J・エドガー」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
J・エドガー(レオナルド・ディカプリオ主演) [DVD]クチコミを見る◆プチレビュー◆ディカプリオがフーバーの青年期から老年期までを怪演。伝説の男が信じた正義は現代アメリカの闇を ...
劇場鑑賞「J・エドガー」 (日々“是”精進! ver.A)
フーバーのもたらした、光と闇… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201280004/ キネマ旬報 2012年 1/15号 [雑誌] キネマ旬報社 2012-01-06 売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-...
『J・エドガー』 毛布をかけてもらうには? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  クリント・イーストウッド監督がJ・エドガー・フーバーの映画を撮る!  その報に接したとき、あまりにも上手い組み合わせに驚くとともに、傑作になることを予感してワクワクした。 ...
クリント・イーストウッド監督『J・エドガー』(J. Edgar) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。クリント・イーストウッド監督『J・エドガー』(J. Edgar)脚本はダスティン・ランス・ブラック(ガス・ヴァン・サント監督「ミルク」でアカデミー賞脚本賞受賞) 物語・F
「J・エドガー」 「アメリカ」の国家像とかぶる (はらやんの映画徒然草)
ジョン・エドガー・フーヴァー、彼はFBI初代長官にして、48年もの長期にわたりそ
J・エドガー/レオナルド・ディカプリオ (カノンな日々)
FBIの初代長官となったジョン・エドガー・フーバーの半生をクリント・イーストウッド監督がレオナルド・ディカプリオを主演に描く伝記ドラマです。FBI長官のJ・エドガーといえば有 ...
禁断のFB愛 クリント・イーストウッド 『J・エドガー』 (SGA屋物語紹介所)
いま最も精力的なジジイ監督でおられるクリント・イーストウッド。その最新作はFBI
「J・エドガー」 (或る日の出来事)
FBI(アメリカ連邦捜査局)(Federal Bureau of Investigation)の初代長官ジョン・エドガー・フーヴァー(在位1924年~1972年)とは、どんな人物だったのか。
『J・エドガー』 (こねたみっくす)
初代FBI長官、革新者、マザコン、同性愛者、秘密主義、権力者、正義を愛するアメリカ国民、そして近代アメリカの裏の歴史ジョン・エドガー・フーバー。 恐喝・盗聴・科学捜査を駆 ...
J・エドガー (映画的・絵画的・音楽的)
 『J・エドガー』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)こうした実在の人物を描く作品はあまり好みませんが、クリント・イーストウッド監督(注1)が制作し、L・ディカプリオ(注2)の主演ということであれば、何はともあれ見ざるを得ないところです(同監督の『インビクタ...
J・エドガー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(F) ディカプリオのフィルモグラフィーに、またひとつ箔が付く。
「J.エドガー」フーバー長官の秘密 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
アメリカでFBI初代長官として、科学捜査の基礎を確立し、大統領や有名人の秘密を知り尽くして恐れられていた人物の隠された本質とは・・・ 彼が徹底した人種差別は、何から来るものだったのか・・・?
J・エドガー / J. EDGAR (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アメリカでは誰もが知る存在を恐れられていた実在の人物、J・エドガー=ジョン・エドガー・フーバーを レオナルド・ディカプリオが熱演の、クリント・イーストウッド監督最新作 またまた2時間超えの長さ! ...
『J・エドガー』 ('12初鑑賞13・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 1月28日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:35の回を鑑賞。
J・エドガー (映画の話でコーヒーブレイク)
デカプリオの「エドガー」、見てきました。 本編に入る前に・・・、 今回の予告編で見ました!阿部ちゃん主演の「テルマエ・ロマエ」。 阿部ちゃんと言っても、サダヲじゃなくて、ひろし(寛)で~す。 ヤマザキマリさんの漫画原作で古代ローマ人が日本のお風呂に突如タイム...
『J・エドガー』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
J・エドガー(レオナルド・ディカプリオ主演) [DVD]クリエーター情報なしメーカー情報なし 『J・エドガー』 2011年(米)監督:クリント・イーストウッド ●嘘によって見えてくるエドガー・フーバー  「J・エドガーのFBI長官としての功績を描いた映画である」...
J・エドガー (風に吹かれて)
FBIに48年君臨した男公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/hoover監督: クリント・イーストウッドFBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J・エドガ
J・エドガー (Akira's VOICE)
その男,葛藤につき。  
J・エドガー / J. Edger (勝手に映画評)
虚実に包まれた謎の人物である、FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた映画。一応、歴史的事実を元に描かれていますが、フーバーを巡る物語自体は、創作という形になっています。1972年のフーバーが回顧録を口述していると言う設定で物語は進み、時に応じ....
J・エドガーという人 (笑う社会人の生活)
1日のこと、映画「J・エドガー」を鑑賞しました。 イーストウッド監督、ディカプリオ主演 期待は高まるわけですが 50年もの間 権力を手にしたFBI初代長官 J・エドガー・フーバーの話 ストーリーは淡々と語られていき 伝記のようですね ちょっと 盛り上がりに欠けたか...
J・エドガー  監督/クリント・イーストウッド (西京極 紫の館)
【出演】  レオナルド・デュカプリオ  ナオミ・ワッツ  アーミー・ハマー 【ストーリー】 FBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J・エドガー・フーバー。彼は自分の業績を回顧録に残そうと考え、自らのキャリアについて語り始める。1919年、当時の司法長...
J・エドガー/J. Edgar (いい加減社長の映画日記)
FBIを築き上げた初代長官のフーバー。 ちょっと気になる人物だし、クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演ということで、観たいと思ってた作品。 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 FBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J....
映画「J・エドガー」 (FREE TIME)
映画「J・エドガー」を鑑賞しました。
J・エドガー (うろうろ日記)
試写会で観ました。【予告orチラシの印象】実話っぽくてワンマンなFBI長官のお話
J・エドガー (新・映画鑑賞★日記・・・)
【J. EDGAR】 2012/01/28公開 アメリカ 137分監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。 1924年にFBI初代長官に任命さ....
J・エドガー 自らの権威にここまで執着する人物ってすごい!ってのを見事に描いていた (労組書記長社労士のブログ)
【=7 -0-】 最近、クリント・イーストウッド監督の作品は絶対に見逃せないと思っている。 封切りからずいぶん経ってしまったが、先日ようやく鑑賞できた(上映時間がなかなか噛み合わなかった) 期待を裏切らず、興味深い、のめり込める作品だった!  FBI初代長官とし...
J・エドガー (ケントのたそがれ劇場)
★★★  さすがクリント・イーストウッド作品のブランド力は凄いね。平日の昼間から映画館は満員御礼であった。従って興行的には大成功かもしれないが、作品の出来はいまひとつかもしれない。  決してつまらない作品ではなく、アカデミックな社会派ドラマなのであるが、...
「J・エドガー」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・アメリカ/配給:ワーナー原題:J. Edgar 監督:クリント・イーストウッド 脚本:ダスティン・ランス・ブラック 撮影:トム・スターン 美術:ジェームズ・J・ムラカミ製作:クリント・イー
J・エドガー (心のままに映画の風景)
1919年、司法省に勤務していた・ジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、新設された急進派対策課を任され、その後、FBIの前身である司法省捜査局の長官代行となる。 片腕となるクライ...
FBIを創った男~『J・エドガー』 (真紅のthinkingdays)
 J. EDGAR  初代FBI長官J・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、老境に 差し掛かってもその地位に君臨していた。彼は、半世紀近くに渡るFBIでの 出来事を、自らの回想録と...
J・エドガー (メルブロ)
J・エドガー(原題: J. EDGAR) 394本目 2012-06 上映時間 2時間17分 監督 クリント・イーストウッド 出演 レオナルド・ディカプリオ(J・エドガー・フーバー) 、 ナオミ・ワッ ...
『J・エドガー』、愉しい時間 (weekly? ぱんだnoきぐるみ)
いやあ、何とも愉しい映画です。 最近のイーストウッド作品はほんとうに愉しい。 それぞれにその理由は異なりますが、愉しくなければ映画じゃない、そんな思いは共通しているように感じられます。 恋愛映画だろうとギャング映画だろうとプロパガンダ映画だろうとコメデ...
J・エドガー (そーれりぽーと)
クリント・イーストウッド監督×レオナルド・ディカプリオ。 これは興味深い!しかしJ・エドガーて誰?何の話? 何の予備知識も無いまま『J・エドガー』を観てきました。 ★★★★ んー、なるほど益々この人物が興味深い。 クリント・イーストウッド、よくもこれだけ全...
J・エドガー(試写会) J.EDGAR (まてぃの徒然映画+雑記)
ディカプリオが、一瞬レスリーとダブりました。 FBIを創設して初代長官に就任し、8代の大統領に仕えたジョン・エドガー・フーバーを、クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演で描く。物語は、晩年のフーバーがFBI創設前夜からの話を口述筆記させる...
J・エドガー・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
権力の裏側で、男が守ろうとした“正義”の根にあったのは何か。 実に48年間に渡ってFBI長官としてアメリカの司法の世界に君臨し、クーリッジからニクソンまで8人の大統領に仕えた男、ジョン・エドガー・フー...
「J・エドガー」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:J.EDGAR )いかにもイーストウッド監督らしい“生ぬるい”出来だが、大して腹も立たずにエンドロールを迎えられるのは、取り上げられた題材が実に興味深いからだ。  FBI初代長官のジョン・エドガー・フーバーは謎の多い人物だった。近代的な科学捜査の確...
「J・エドガー」 (セレンディピティ ダイアリー)
クリント・イーストウッド監督×レオナルド・ディカプリオ主演の映画、「J・エドガー
『J・エドガー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「J・エドガー」□監督 クリント・イーストウッド □脚本 ダスティン・ランス・ブラック □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、       ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ、デイモン・ヘ...
J・エドガー (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「J・エドガー」監督:クリント・イーストウッド(『ヒア アフター』)出演:レオナルド・ディカプリオ(『インセプション』『シャッター・アイランド』)ナオミ・ワッツ(『フェ ...
J・エドガー (迷宮映画館)
一人の男の人生と、アメリカの歩んだ道のりが哀しくクロッシング。
J・エドガー (Some Like It Hot)
■「J・エドガー/J.Edgar」(2011年・アメリカ) 監督=クリント・イーストウッド 主演=レオナルド・ディカプリオ ナオミ・ワッツ アーミー・ハマー ジュディ・デンチ 2012年最初の映画館詣で。あれこれ迷った末、僕が選んだのは「J.エドガー」。主人公...
J・エドガー           評価★★★★85点 (パピとママ映画のblog)
「インセプション」のレオナルド・ディカプリオが、FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーに扮し、創設から50年もの間、そのトップに君臨し続けた権力者の隠された生涯を描く。監督は「ヒア アフター」のクリント・イーストウッド。共演は「フェア・ゲーム」のナオミ・....
【J・エドガー】栄光の人物の光と影 (映画@見取り八段)
J・エドガー~ J.EDGAR ~ 監督: クリント・イーストウッド    出演: レオナルド・ディカプリオ、アーミー・ハマー、ナオミ・ワッツ、ジョシュ・ルーカス、ジェフリー・ドノヴァン、リー・トンプソ...
J・エドガー (いやいやえん)
これイーストウッド監督作品だったんですねぇ。 ジョン・エドガー・フーバーといえばFBI。アメリカ犯罪史にとって重要な科学捜査を確立させ、指紋管理システムを作り大組織へと変貌させた男。実に48年もの間長官
猜疑心と虚栄心、そして愛 『J・エドガー』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュディ・デンチアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 6点
【映画】J・エドガー…ヤッパリ、アメリカの昔話は退屈 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日、帰省する息子を小倉駅まで迎えに行った足で、そのまま「アイアンマン3」を観てきました 感想文は後日…といっても、まだ「アベンジャーズ」のもアップしていない私でした 早速ですが、以下は映画観賞記録です(もうすぐ1年遅れに) 「J・エドガー」 (監督...