みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報を!脱原発、反戦争、平和憲法、健康情報など…皆様の幸福を祈ります。

米政府/抗がん剤・放射線・手術は、無効かつ危険!と発表 『三大がん治療効果なし』日本のがん治療は30年遅れ

2016-06-22 22:22:41 | 健康
米政府/抗がん剤・放射線

・手術は、無効かつ危険!と発表

『三大がん治療効果なし』

日本のがん治療は30年遅れ

代替療法を進めた米国では、

がんによる死亡率減少!

週刊事実報道





常に真実を追求する新聞・週刊事実報道のバックナンバーは
こちら↓クリック
http://www.jhoudou.com/#!news/cyh0


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

週刊事実報道 『がん治療効果なし』
【第4号】がん治療効果なし!米政府が「抗がん剤・放射線・手術は、無効かつ危険」と発表


◎アメリカ政府は1990年、「代替療法に比べて、抗がん剤、放射線、手術のがんの〝3大療法〟は無効かつ危険」と裁定を下した。だが、日本の医学界はこの裁定を無視し続けている。

90 年、米議会の調査専門部門「アメリカ議会技術評価局(OTA)」が「抗がん剤は、打てば打つほど患者を死亡させる」というレポートを出した。この中で、がん研究所(NCI)のデビュタ所長が「抗がん剤を投与すると一部の患者に腫瘍縮小は見られる。しかし、がん細胞は自らの遺伝子を変化させ、たちまち抗がん剤の毒性に耐性を獲得してしまう。だから抗がん剤はがん細胞に対して、まったく効力を失う。患者はただ抗がん剤の毒性を被るのみだ。私は深く絶望している」と議会で証言している。だが、これらの事実はあまり知られていない。

◎世界のメディアは黙殺、日本は一字も伝えず

 「日本の真相」の著者でジャーナリストの船瀬俊介氏は、「これほどのビッグニュースはない。新聞の1面トップで報道するにふさわしい。だが、やはり世界のメディアは黙殺した。日本のマスコミも一字すら伝えることはなかった。 現代は高度情報化社会 だというが、まったくの虚妄である。巨大利権にかかわる情報はこのように完全に封殺されて、世界の市民に届くことは 絶対にない」と指摘する。現在、日米欧の抗がん剤市場は6兆円にも上っている。

◎欧米インテリ層は抗がん剤、放射線治療を拒否、伝統的療法へ

 しかし、OTAレポートが発表されて以降、欧米のがん治療分野の流れには、変化が見られた。インテリ層を中心に、抗がん剤や放射線治療を拒否する患者が増え、食事療法や心理療法など、古来の伝統治療に向かっていったのである。その結果、毎年がんの死亡者が、数千人単位で減り続けてきている。

ところが日本では、いまだに3大療法(手術、抗がん剤、放射線) が主流であり、がんによる死者は増える一方である。日本のがん治療は、欧米から20 年以上遅れている。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

週刊事実報道 『日本のがん治療は30年遅れ』

【第31号】日本のがん治療は30年遅れ

◎代替療法を進めた米国では、がんによる死亡率減少

日本では昨年、36万7000人もの患者が「がん」で命を落とした。がんになる人も毎年増えている。がんとどう向き合い、どう治療していくのか。米国に探った。

米カルフォルニア大学教授で1978年に亡くなったハーディン・B・ジョーンズ博士の研究によると、がん治療を拒否した患者は平均12年半生存し、治療を受け入れた患者は3年でしかなかった。

博士は、化学療法による患者は早く亡くなっただけでなく、治療中も苦しみも余儀なくされることから「化学療法は効果がない」と結論づけている。このような研究もあって、米政府は、30年も前に「放射線、抗がん剤、手術は効果無し」と公的に認めた。

それ以降は国を挙げて、食事、健康食品、東洋医学、瞑想、音楽療法などの「代替療法」を推進。現在は約半数以上の医師が代替療法を推奨し、9割を超える患者がなんらかの代替療法を利用しているという。

米国のフレッド・ハチンソンがん研究センターは97年から98年にかけて、がんと診断されたワシントン州の住民356人に電話で調査を行った。97%が何らかの代替療法を利用し、「体調が良くなった」と答えた。

その内、17%の人は自然療法やマッサージ療法の代替療法専門医にかかっており、20%は催眠療法やイメージ療法などのメンタル系の代替療法を取り入れていた。さらに60%はサプリメントを利用していた。

これらの取り組みで、がん死亡率は80年から2010年まで約30%も減少(米国がん協会)。特に90年代に入ってからは死亡率は毎年下がり、さらに罹患率の増加までも押さえ込むことに成功した。これらの成果は「治療の大転換」があったからだ。

◎「手術で延命」データ無い

米国でがん医療の研修を受けたこともある医師はこう言う。「米国の病院でも既存のがん治療に代替療法を組み入れているところが増えていますし、患者さんも代替療法をよく勉強していますよ」

米国は代替療法に関する情報も豊富だ。公的な機関が詳しい情報を発信するなど、患者本位の医療の考えが浸透している(米がん代替治療の関連サイトの一部は厚労省のサイトで翻訳され、閲覧できる。)

一方、日本においては依然、手術、抗がん剤、放射線の3大治療が幅を利かせている。特に医師たちの間では「がんは切るもの」とする〝手術信仰〟が根強い。

ところが、「『余命3カ月』のウソ」の著者・近藤誠医師は「手術をしたからがん患者の寿命が延びたというデータは存在しない」と指摘する。

日本における代替療法の利用は10%以下に留まっており、欧米から見れば「日本のがん治療は30年遅れている」と言われているのが現状だ。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

週刊事実報道 『医者ごろしと呼ばれた食べ物』

【第17号】「医者ごろし」と呼ばれた食べ物

◎古くからの栄養食

江戸時代にその健康増進効果から「医者ごろし」と呼ばれていた食べ物が、日本でお馴染みの「みそ(味噌)」である。その起源は古く弥生時代までさかのぼり、戦国時代には戦場で保存が利く栄養食(陣中食)として重宝され、武田信玄は信州味噌、伊達正宗は仙台味噌の生産に注力したといわれている。

みそは、主材料である大豆そのものが良質なたんぱく質や脂質、糖分、ビタミン、ミネラルなど含む、栄養豊富な食品。そこに発酵という多種多様な微生物が多量の栄養成分を生産し蓄積させる工程が加わり、みそは栄養価をさらに高めているのだ。

このようにみそは栄養食として古くから重用されてきたが、最近の研究でさらに驚くべき効果があることが明らかになってきた。

◎がん予防は台所で

「みそ汁を飲む人に胃がんが少ない」。1981年に国立がんセンター研究所・平山雄疫学部長が、26 万人もの食生活を17 年間追跡調査し発表した内容だ。みそ汁を毎日飲む人の胃がん死亡率は、ほとんど飲まない人の約半分だったのだ。この関係を明らかにしたのが、広島大学原爆放射能医学研究所の伊藤明弘教授だ。がんに羅り病したネズミに、みそを10 %含んだ飼料と含まない飼料を与えたグループを比較した動物実験では、みそを食べたグループはがんの発生率が3分の1に減少したという。伊藤教授は、みその有効成分は約1000種類以上もあるとし、特にみそに含まれるフラボノイドの1種であるバイオカイニンA やゲニスタインいう物質が、胃がん細胞抑制効果に寄与しているとしている。

伊藤教授は「日本にはみそ汁という素晴らしい食習慣があるのですから、これを健康に利用しない手はない」と述べ、毎日2杯程度のみそ汁の摂取を推奨している。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

週刊事実報道 『今、注目されるAWGがん治療法』
【第2号】知られざる、がん代替治療。注目されるAWG療法

ガン治療、被ばく/AWG療法!魔術か、医術か?全摘後の乳房が甦る(松浦優之博士)万病に世界特許医術・素粒子物理療法

◎がんの代替療法として、電子照射機(AWG)が、注目を集めている。マイナス電子でがん細胞を破壊し、免疫力を上げることで、がんを抑え込む画期的な療法だ。

かつて獣医でもあった松浦優之博士は、生物と周波数の関係を研究、25 年間で1万種の周波数を調べた。その中から、生物に有用な69 種類の周波数を特定し、AWGを開発した。

A W G は、生体 組織細胞に無害のマイナス電子を上下左右から1 秒間に250万回照射する。ウイルスや病巣部にはそれぞれ固有の共振する周波数があり、病巣部に応じた周波数の電子を投射することで病巣部を破壊する仕組みだ。

◎余命1週間からの回復

 起き上がることもできず意識も朦朧状態の余命1 週間を宣言されたがん患者が、松下博士の下に連れてこられ、AWGを照射を受けた。その患者は1 週間後、自力で立ち上がり、仕事に復帰できるまで回復した。この話は次第に広がり、1日に380人もの難病患者が松浦博士を訪ねるようになった。がんだけなく、劇症肝炎ほか、難病も含め400種類以上の疾病に有効という臨床結果も得た。その後、5000人超のがん患者や難病患者の治癒に成功している。

なぜこれほど効果があるのか。松浦博士は次のように説明する。

「がんなど病的細胞の表面はプラスイオンを帯びている。そこに特定の周波数を持つマイナスイオン電子波動を照射すると、がん細胞は共振して自滅します。がん細胞が破壊されると、免疫力が高くなり、そこから自然治癒力が働き出します。

ですから、病的な症状を治癒してくれるのはあくまで、その人自身の自然治癒力。電子照射機はその治癒力の威力が発揮できる条件を作り出すにすぎません」

AWGは副作用もなく、無痛。アメリカ、カナダ、ロシア、中国、EU、メキシコなど海外でも大きな反響を呼び、各国で特許を取得している。日本でも多くのクリニックなどで健康補助の名目で活用されている。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

週刊事実報道 『世界の薬の40%を日本人が消費』

【第18号】世界人口1.6%の日本人。世界の薬の40%を消費

日本の薬市場は約10兆円といわれている。これは世界の薬市場の約40%。つまり、世界の人口の1・6%の日本人が、世界の薬の40%を消費しているのだ。日本で回収された「薬の利益」はどこへ行くのか?

一番分かりやすいのが子宮頸がん予防ワクチンで、60万人Å~5万円で300億円の市場がある。それが全て、エクソン・モビールというロックフェラー系の石油会社へ流れているのである。さらに、普通の薬なら、薬害訴訟を起こされた場合、必ず製造元の会社が補償するが、ワクチンに関しては、ワクチン接種の制度を設けている市町村、あるいは国が補償しなければならないことが決められている。しかもワクチンは1度だけではなく毎年行う。何か起きた際にはそのつど市町村の税金が補償として使われる。

つまり、ワクチンを製造する製薬会社にとってこれほど都合のいいものはない。まさに「濡れ手に粟(あわ)」で利益が手に入るようになっている。結果、子宮頸がんワクチンだけでも、毎年300億円が、ロックフェラー財団の手元に渡っている。


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

抗がん剤が癌を治せないのは常識!名医たち、厚生省技官!米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている!/癌は砂糖、糖質が好き…がん治療にも糖質制限食が有効!そして食養生と栄養をしっかりとる…!合わせて適度な運動などで体温を上げ、免疫力を高める事が有効のようです!


医者自身が癌になったら、抗がん剤、三大療法は受けず!命を賭けたギャンブル!食事療法・食養に走る! 抗がん剤治療は確率の悪い、命を賭けたギャンブル!効果有効例は、160人中たったの6人!月刊宝島/ 2500人以上のがん死に接してきた、元消化器がん外科専門医・現ホスピス科医の切実な警告!


がん患者の9割強が代替医療を経験~米国最新がん事情/ がん患者の97%が代替医療を試みる!/海外は代替治療・なにもしないが基本。大腸がんと 診断されたワシントンの大人356人を対象にインタビュー、約97%が代替医療を利用しており、ほぼ 全員が体調がよくなったと答えた。/がん予防効果で「椎茸」「納豆」が話題に

米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている! ガン死亡者を減らすことにアメリカは成功しつつある!日本では、国際的レベルにくらべて、抗ガン剤は 20倍、手術は 17倍も多い。米国で売れなくなった抗がん剤(ガン利権)の販売先が、全て日本になっている!/米国は「代替医療」の比重を高くすることを、国家プロジェクトとしておこなったためのようです。

抗がん剤は癌を逆に多発化させる!日本は欧米で売れなくなった抗ガン剤の在庫処分場!日本の癌ビジネスは、世界的に見ても最凶最悪の醜悪なビジネス!ガン患者に、絶望と不安と激痛と死を与えるビジネスなのです。/重曹や味噌、緑茶などで予防、再発予防…!/アメリカ食品医薬品(FDA)は、古い抗がん剤を禁止しています。

米国では抗がん剤は癌を治さないと!1980年代から…かえって癌を酷くする!日本の癌治療は20年以上遅れ、代替療法の普及は30年以上遅れている!/アメリカでは、国家的規模で代替医療への取り組みが行われている!/日本の癌医療界はこれを一切無視してきました。意図的に無視していたのです。日本ではそれがいまだに続いており、抗がん剤によって多くの癌患者の生命が日々蝕まれ続けているのです。

インフルエンザ・ワクチンは絶対に打つな【危険】発がん性物質…薬事法上の劇薬です!国民は騙されている… -/ 医者がよく言うセリフに、打っとけばインフルエンザに罹っても軽く済む。まったく科学的根拠のない発言です。インフルエンザは、風邪じゃないともいわれていますが、風邪です。どれだけ効かなくて、国民を騙しているか…!


子宮頸がんワクチン「脳機能異常の副作用も」専門部会、副作用否定の流れ。金と利権!報道ステーション

ガン治療、被ばく/AWG療法!魔術か、医術か?全摘後の乳房が甦る(松浦優之博士)万病に世界特許医術・素粒子物理療法


『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯など、あらゆる病気を治す効果がある?!腎臓病・胃潰瘍・痛風など…コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!医学的根拠あり/安価で簡単、とりあえず飲んでみましょう、予防にも…

重曹でガンが治る!?歯科医とイタリアの医師トゥリオ・シモンチーニ/医学的根拠あり!放射線被曝にも

癌を治す/1日に人参ジュース10杯とお風呂に3回【末期の子宮がん】その「1錠」が脳をダメにする/宇多川 久美子著/薬剤師が教える薬の害がわかる本(SB新書) 電子書籍/キャリアウーマンとして40年活躍した女性が、子宮がん末期、医師から手の施しようがないと宣言された。彼女は田舎に帰り、懸命に勉強して、抗癌剤治療はせず、1日にお風呂3回、人参ジュース10杯を飲み、3ヶ月で治した。3年後も再発していない。/降圧剤は、脳卒中、痴呆症を引き起こす!


癌細胞は味噌が嫌い!みそ汁1日3杯で乳がん40%減!原爆・放射能にも勝った味噌!胃がん、前立腺ガン、肝臓癌など。ガン予防、再発防止にも「みそスープ」ダイエット、便秘、美肌にも!そして緑茶…



緑茶はストロンチウムの吸収を防ぐ!日本の緑茶には放射線に対する防護作用がある!味噌と緑茶の癌、放射能対策!


尿療法、がん、風邪、あらゆる病気に!自己抗原、生命根源物質ソマチット!癌免疫を改善して強化!強力な「抗酸化作用」名優・森繁久弥さんも実践…



sohnandae Twitter→復活Twitter


地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

今日の物語/ウェブリブログ

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します
ジャンル:
食と健康・美容
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党最大議連に「消えた献... | トップ | 6月22日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む