荻窪鮫

元ハングマン。今はひっそり銀座で暮らすおじさん。
求めるものはトランクひとつの暮らし、望むものはミニマリストになる事。

相棒の巻、拾壱たび。

2016-10-19 12:16:00 | 偽りの人生に優れたエンターテイメントを




秋です

もう10月か・・・今年も、もう3ヶ月無いんだな・・・。

などと、おセンチになってるうちに【相棒season15】がついに始まりましたねぇ。



気になる視聴率は15.5%。

・・・う~ん、いまいちかなぁ。

キャスト&スタッフも、もう少し良い視聴率が獲得出来ると信じていた事でしょう。

手変え品変えで、果敢にアタックしているドラマではありますが、さすがに息切れして来たのかも。

とはいえ、今回もいろいろ仕掛けられてましたね。

では、ちょいとレビューを・・・。



アナウンス通り、人気キャラクター・鑑識課の米沢守は不在でした。

さすがに、ネットのコメントを見ますと“米沢ロス”のヒトが多い。

スピンオフ映画の主役になるわ、【警視庁捜査一課9係シリーズ】にもゲスト出演するわ。

こんな人気キャラクターを退場させられるのは、確かに【相棒シリーズ】位でしょう。

自信の程がうかがえます。



新キャラクターとしては、【~season14】第15話「警官嫌い」の青木年男が、新人警察官として再登場。

冠城亘と同期って事です。

青木の父親が警察庁副総監・衣笠藤治と昵懇である、という経緯から警察官に・・・という設定。

不敵&不気味なキャラクターが今後、特命係にどう関与するのかは興味深いですな。

あと、衣笠の口から、カイトくんネタが出たのには満足しました。



鑑識課の新キャラクターとしては、イタミンの同期・益子が登場。

米沢とは違い、頑固そうなお顔をされてますな。

特命係との距離感が楽しみであります。

あるいは、イタミンの同期って事は、亀ちゃんとも同期なので“既知の仲”設定でしょうか。

鑑識関係者に関しては、てっきり米沢の部下・早乙女美穂(演:奥田恵梨華)が、レギュラー入りするのかな・・・って思ってました。

ちなみに早乙女は、映画【相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿】、【~season13】第11話「米沢守、最後の挨拶」に出演しております。





2作ぶりに社美彌子登場。

仲間由紀恵が【~season14】には出なかったのは、【月桂冠】のCMに出演しているから、と思っていましたが違いますねぇ。

現在も【月桂冠】のCMに出てますから。



あっ【相棒シリーズ】のスポンサーが、同じ酒造メーカーである【黄桜】って事から気になっていた事案であります。

現在の【黄桜】のCMには、真野恵里菜ちゃんというコが出演中。



う~ん、前任・笛木優子様の方が良かったなぁ。

笛木優子様はドラマ【メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断】に出演中との事。





ドラマを観て感じたのは『キャラクターにいろいろ付帯し過ぎて、ワチャワチャしてるなぁ』ってトコです。

ちょっと詰め込み過ぎかな、と。

正直、社美彌子のロシアンスパイ云々の設定はいらないと思います。

アノ設定が、社美彌子のキャラクター造形の足を引っ張るかも。



社美彌子の部下として警視庁・広報課に居た冠城亘ですが、ソッコー特命係に戻ってましたね。

ま、仕方ありませんけど。



『変化というものは、伝統を変えるものではない。むしろ、それを強めるもの』エディンバラ公フィリップ王配(英国王室の成員・1921~)

過去の関連記事。
相棒の巻。
相棒の巻、ふたたび。
相棒の巻、みたび。
相棒の巻、よたび。
相棒の巻、いつたび。
相棒の巻、むたび。
相棒の巻、ななたび。
相棒の巻、やたび。
相棒の巻、ここたび。
相棒の巻、とたび。
笛木優子の巻。
笛木優子の巻、ふたたび。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夢の巻。 | トップ | ルイ・ヴィトンの巻、ここたび。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む