荻窪鮫

元ハングマン。銀座で隠遁暮らしのオジサンが躁うつ病になりました。
それでも、望むものはミニマリストになる事です。

白川道の巻、ふたたび。

2015-06-30 00:00:26 | 枯渇した生活に豊潤な読書を


過去の記事。
白川道の巻。

本年4月に逝去された小説家・白川道著【世界で最初の音】を読了しました。

いつもながら良いタイトルですね。

文芸色がプンプンします。

白川道で初めて読んだ作品は【海は涸いていた】でしたが、これもジャケ買いならぬ、タイトル買いでした。

黒川博行も少しは見習って欲しいっす。

【悪果】【煙霞】【螻蛄】【落英】【繚乱】【勁草】…難しい熟語、飽きた。

面白いけど。

過去の記事。
黒川博行の巻。
黒川博行の巻、ふたたび。
黒川博行の巻、みたび。



さて、今回もどっかで読んだプロットであります。

過去を引きずった主人公のオトコ、オトナのオンナ、お金持ちのご息女、友のために命まで投げ出そうとするダチや舎弟、そして主人公を執拗に追う刑事…。

【海は涸いていた】で唸ったプロットは、その後も【天国への階段】【最も遠い銀河】そして今回の【世界で最初の音】と脈々と継承されました。

折角ですので【世界で最初の音】と【海は涸いていた】の登場人物を相対化してみましょう。

赤字…【世界で最初の音】  青字…【海は涸いていた】


桜井達也伊勢孝昭 …過去を引きずった主人公のオトコ

阿部清美藤城千佳子 …オトナのオンナ

広末衣公子馬渕薫 …お金持ちのご息女

矢田京一布田昌志 …友のために命まで投げ出そうとするダチ

荒本明三宅慎二 …友のために命まで投げ出そうとする舎弟

押田学佐古章生 …主人公を執拗に追う刑事



とまぁ、こんなトコですかね。

今回ちょいと不満だったのは

押田警部の描き方がステレオタイプ

矢田の死が唐突過ぎる

ってトコかな。

もちろん白川節炸裂男泣きワンダーランドではありましたけど。

もう、こういった作品が読めなくなったのはホントに残念至極であります。



そういや【海は涸いていた】について

『天童荒太の【永遠の仔】や北方謙三の【ブラディ・ドール】シリーズに似た雰囲気を持つ作品』

というレビューがありましたが、心底『アタマの悪ぃ評価だなぁ』と感じました。

全然違うじゃん。

過去の記事。
天童荒太の巻。
ブラディ・ドールの巻。



【海は涸いていた】の映画版【絆】には押田刑事なるキャラクターが登場しております。

今作の押田学と同一人物なのでしょうか。



『窮境の中でこそ、潔い態度を』アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ(米国の小説家・1899~1961)

この記事をはてなブックマークに追加

ビアガーデンの巻。

2015-06-29 00:02:06 | 妥協なき生活に極上の飲食を


今年も夏がやって来ております。

夏本番まではもうちょっと

この時期になると【TokyoWalker】なんぞで特集されるのが、ビアガーデン

僕はビアガーデンってのが嫌いでして、20年前に一回しか行った事がありません。

確か、京王百貨店新宿店の屋上でした。

暑いわ、ビールの気は抜けてるわ、ツマミは不味いわ、で二度とビアガーデンなるトコには行かないと心に決めました。

あの鶏の唐揚げの不味さは決して忘れる事が出来ません。

そもそも外部でメシを食うのが嫌いなんです。

ですので、花見も嫌いですしBBQも嫌い

とくに、ビアガーデンに関しては『なぜクソ暑い中、外でビールを飲まにゃならんのか』という疑問が大きい。

そりゃ昭和30年代、40年代だったら理解出来ます。

当時は夕方になりゃ、今よりは涼しかったでしょう。

【夕涼み】なんて言葉があったくらいですから

また、エアコンの普及も格段に少なかったでしょうから、ビアガーデンの需要も分かろうというものです。

しかしながら、現在は大いに違う。

まぁ、どうせ【みんなでワイワイ感】が良いんでしょ?

B層だなぁ…。

過去の記事。
B層の巻。

あ、そういえば【リア充】って聞かなくなりましたね。



『ビールを発明した奴は素晴らしい男だ』プラトン(古代ギリシアの哲学者・BC427~BC347)

この記事をはてなブックマークに追加

日焼けの巻。

2015-06-28 01:56:20 | 聖なるブログに名も無きカテゴリを


今年も夏がやって来ております。

夏本番まではもうちょっと

そんな僕の趣味は【日焼け】です。

以前は区民プールに行って焼きを入れておりましたが、近年は自宅マンションのベランダで焼いております。

自宅ですので、素っ裸。キレイに焼けるってもんです。

それにしても、最近のオトコのコは焼かないそうですね。

確かに街を見ていても、クロいオトコのコはいない気がします。

逆に言えば、僕も含めてクロいオトコはオッサンばかり、という事。


一方、オンナもオンナで『美白、美白』ってうるさいっす。

世界的に見ても、ここまでシロい肌にごだわる国民も珍しいんじゃないでしょうか。

だって、欧米はいかにキレイに日焼けするかが、セレブの証しですから。

まぁ、所詮は黄色人種の無様なあがきってトコでしょう。

デブ・ブス・ババアのクセに日傘をさすんじゃねぇ邪魔だっ

お前ぇの問題点は美白云々じゃねぇんだよ顔のデザインだよっ



とはいえ、AVでシロいオンナのコとクロいオトコの絡みって定番ですが、やっぱ良いもんですね。

もちろん黒ギャルも良いんですが。



『黒にはすべてがある。白も同じ。その美しさは絶対的なもの。それが完璧なハーモニー』ココ・シャネル(フランスのファッションデザイナー・1883~1971)

この記事をはてなブックマークに追加

二日酔いの巻。

2015-06-27 18:26:16 | 妥協なき生活に極上の飲食を


3連チャンの飲酒がたたりまして、体調最悪であります

ゲロ吐くほどじゃあないんですがね。





過去の記事。
チョン・ジヒョンの巻。
チョン・ジヒョンの巻、ふたたび。



とくに昨晩は途中まで調子が良かったのですが、3軒目の馴染みのガールズバーで一気に酔いと眠気が襲って来ました。

過去の記事。
ガールズバーの巻。

知合いがたまたまガールズバーに来店していたので、彼と会話をしていたのですが、それも途中まで。

彼を残して帰る事にしました

まぁ、時は午前2時過ぎ

十分過ぎるほどの酒量でありましょう。

おかげで本日はずーっとソファに寝っ転がりネットをしたり、昼寝をしたりとクズ人間day。

それでも腹は減るので、昼飯はカツカレーを頂きました

あ、あと瓶ビール

明日は久しぶりにジムに行くか…。

過去の記事。
ジムの巻。
ジムの巻、ふたたび。
ジムの巻、みたび。

『神はこの世を六日間で創り給うた。そして、第七日目には、二日酔いを与え給うた』ロバート・キャパ(ハンガリーの写真家・1913~1954)

この記事をはてなブックマークに追加

脇汗の巻。

2015-06-25 14:27:36 | 聖なるブログに名も無きカテゴリを




僕は脇の発汗量がまことに多い。

夏期はもちろん、冬期も結構汗をかきます。

まぁ、オトコですし、生理現象なので仕方ないのですが、洋服が傷むんです。

これがいちばんの問題。

まず、最初にチャレンジしたのがオドレミンという制汗剤。

使用当初は効いている気がしましたが、徐々に『?』となって来ました。

『これは抜本的な改革が必要だな』と思い、ボトックス注射を決行する事となります。

これは片脇あたり20~30ヶ所ほど注射するという施術。

施術自体は結構痛いんですよ。

お値段はいちばん最初にやった時は20万円ほどだった様な…。

このボトックス注射の制汗効果はおおむね半年。

ですので、毎年4~5月に施術しておりました。

で、秋くらいになるとボトックスが切れる、と。

このサイクルを5年ほど続けておりましたが、もっと抜本的改革を考え、汗腺を直接除去する手術を考えました。

何ヶ所か銀座のクリニックを訪れ、医師に相談しましたが今ひとつピンと来ないんですな。

手術代ももちろん高い。

う~ん…、悩みに悩んだところネットで知ったのが【AHCスイス】という塗り薬。

レビューを読むと、なかなかの評価です。

まずはお試し用無料サンプルを取り寄せました。

レビューは仮にサクラでも、無料なら文句も出ません。

いざ、使用。そしたら…。

いや、ビックリ。これがなかなか効くのです。

早速、本チャンをオーダーしました。

30mlで3,500円。んでニッポン国内に在庫がないらしくスイスからの取り寄せとして送料1,000円、計4,500円…決して安いモノではありません。

しかしながら、今のトコはとっても満足しております。

ボトックス注射に比べれば、コストも低い。

もっと早くに知りたかった商品です。決してステマではありません。

過去の記事。
捨て魔の巻。

『まず汗を出せ、汗の中から知恵を出せ、それが出来ないものは去れ』松下幸之助(ニッポンの実業家/発明家・1894~1989)

この記事をはてなブックマークに追加

橋本環菜ちゃんの巻、ふたたび。

2015-06-23 19:14:36 | 偽りの人生に優れたエンターテイメントを






過去の記事。
橋本環菜ちゃんの巻。

すっかりアイドル界の真ん中に近付いた橋本環菜ちゃん。

いやぁ、オジサン本当にうれしい

そんな中、今日のYahoo!ニュースを見て驚きました。

何かというと【セーラー服と機関銃】の続編映画の主役・星泉役を環菜ちゃんが演じるというネタだったから。

まさに大抜擢!

ちなみに、長澤まさみがドラマで星泉を演じたのも、もう9年も前なんすね。

環菜ちゃん、7歳っすよ、当時。

今年16歳ですから。










Yahoo!ニュースでは製作発表記者会見の動画が流れておりました。

環菜ちゃんのコメントの中には【夢の途中】なんてワードも入っており、“オトナに言わされてる感”がバリバリです。

今回、初めて知りましたが【セーラー服と機関銃】に続編なんてあるんですね。

薬師丸ひろ子主演の映画が大ヒットしたから、当て込んで続編を書いたのでしょう。

いやぁ、オジサン結構楽しみ

となりますと、目高組の佐久間役は誰でしょう。

加瀬亮とか伊藤英明とか浅野忠信とかなんすかね。

アラフォーでしょ。佐久間って。

…って思ったんですが、続編という事は佐久間は刺殺された後、か…。



記者会見には原作者・赤川次郎もいましたが、どことなく“ヅラ感”が漂っていました。


あ、あと環菜ちゃんの【機関銃】というイントネーション、変。



角川映画の製作で、ヤクザ社会と何の関係もない女性が組長を襲名する、というプロットで有名なのは圧倒的に、この【セーラー服と機関銃】ですが、僕は【二代目はクリスチャン】の方が好きです。

過去の記事。
二代目の巻。



『チャンスなんて、そうたびたびめぐってくるものではないわ。だから、いざめぐってきたら、とにかく自分のものにすることよ』オードリー・ヘプバーン(米国の女優・1929~1993)

この記事をはてなブックマークに追加

不食の巻。

2015-06-23 00:00:08 | 日毎ニュースに正義の理想を


俳優の榎木孝明氏が30日間の“不食”をしたとか。

過去の記事。
食の巻。
食の巻、ふたたび。
食の巻、みたび。
食の巻、よたび。
食の巻、いつたび。
食の巻、むたび。

今まで断食や絶食といった言葉は見聞きした事がありましたが、不食ってのは初めてです。

榎木孝明氏曰く、断食・絶食は宗教的な色合いを伴う事に対し、不食は単純に食べない行為だそう。

59歳という年齢を鑑みたのか、不食に関しては病院に泊まり込み、診察を受けながら進めたとか。

こんなのはやはり芸能人だから出来る事ですね。

フツーのリーマンが思い付きで出来るわけがない。

もっとも榎木孝明氏は、若い頃からインドをウロウロしてたヒトですから、多少なりともヨガなどの『食べない』行法に興味があったのでしょう。

さて、このテの実行者は必ず『思ったほど食欲はなかった。一方、身体の調子は良かった』と言いますね。

ホントかな。

僕も基本的に一日一食ですし、2日間ほど断食する事もありますが、お腹は空きますよ。やっぱり。

とはいえ、僕もストイックな人間のひとりですから、非常に興味はあります。

過去の記事。
ストイシズムの巻。

もちろん単純に減量にもなりますし。

精神は肉体を凌駕するって事を身をもって知りたいです。

デブには分からない論理でありましょう。

ポテチぽりぽり。

過去の記事。
体型の巻。

『空腹は世界中で最上の調味料だ』ミゲル・デ・セルバンテス(スペインの作家・1547~1616)

この記事をはてなブックマークに追加

スーツの巻。

2015-06-22 12:50:32 | 聖なるブログに名も無きカテゴリを


先日、呉服屋による顧客旦那衆の懇親会が銀座のジャズバーで開かれました。

もちろん、旦那衆は皆さん和服での登場なのですが、僕は単衣の和服を持っていないのでスーツ着用で伺いました。

過去の記事。
和服の巻。
和服の巻、ふたたび。
和服の巻、みたび。

ちなみに現在、単衣の長着や夏用の羽織をこしらえております

仕上りは7月中旬との事。

まことに楽しみであります。

さて、僕のスーツ姿なんですが皆さんおっしゃるのが『荻窪鮫さん、スーツ着るとホストですね』というフレーズ。

今回も4~5人に言われました。

もう47歳のオッサンなのでホストもポストもねぇもんだ、ってトコなんですが、ホントよく言われます。

スーツを着ていないのに“元ホスト疑惑”を掛けられた事もありました。

多分、物腰がソレっぽいのでしょう。

しみじみ思うのですが、スーツって面白いな、と。

スーツって基本的にみーんな同じじゃないですか。

ジャケット・パンツ・シャツ・ネクタイ・ベルト・革靴…、アイテムは同じ。

リーマンも政治屋もヤクザも、そしてホストも。

なのに、カッコ良いヒト・カッコ悪いヒトの差が歴然と出ます。

こんな洋服って他にありません。

思うに、スーツがその体型に合っているかどうかでしょうね。

そしてネクタイをする時は、キチンとワイシャツのボタンを一番上まで留め、キチンと結ぶ事。

歩く時はジャケットのボタンを留める事。

パンツの折り目はキチンとプレスする事。

革靴はキレイに磨き上げる事。

…ことほど左様に、スーツ着用のキーワードは【キチンと感】なのでしょう。

もちろん【ハズシ】もありなのでしょうが、それも基本が成っていればこそ。

まずはキチンと着こなす事を目指しましょう。

まぁ、スーツに限った事ではないのですが。



これが旦那衆の懇親会に行った際のスーツファッション。


ギミックとしては第2ボタン全開阻止チェーンを効かせております。




『人は一般的に、内容よりも外見で判断する。内面を判断できる洞察力をもつ者はまれである』ニッコロ・マキャヴェッリ(イタリアの政治思想家・1469~1527)

この記事をはてなブックマークに追加

トランカーの巻、いつたび。

2015-06-20 00:01:34 | 無聊な生活にさすらいの旅を


過去の関連記事。
トランカーの巻。
トランカーの巻、ふたたび。
トランカーの巻、みたび。
トランカーの巻、よたび。

最近、ノマドって言葉を聞かなくなったなぁ。

過去の関連記事。
遊牧民の巻。
遊牧民の巻、ふたたび。

ノマドだノマドワーカーだって喚いていたヤツらが異様にムカついていたので嬉しい事この上ない

安藤美冬大先生はお元気なのでしょうか。

ブログを拝見しますと、どうやらツアコンもどきをやってるみたいっすね。

そんな平穏な日々の中、久々にノマドって言葉を見ちゃいました。

その名は【ノマドスーツケース】。


なんとキャリーケースがデスクになるというトンデモ…、いや優れモンであります。


面白ぇ~。

天板を跳ね上げ、格納されている椅子を出せば、いつでもどこでもあなたのオフィスに




僕はこのテのアイデア商品が結構好きなんです

以前、キャリーケースにキックボードがジョイントした商品【マイクロ・ラゲッジ】を観た時も『欲し~』って思ったもんです。



この【ノマドスーツケース】にキックボードをジョイントしたら、もっと面白ぇのに。

重いか。

それにしても、こんなの道っ端に広げてるヤツいたら、占い師にしか見えないでしょうね。


『アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせである』ジェームス・W・ヤング(米国の広告マン・1886~1973)


おやおや安藤美冬大先生は手帳屋さんもやってるんですねぇ。

フランクリン・プランナーとか和田裕美とか青木仁志とかみたい。

同類の本田直之とかいう気持ち悪い顔したオッサンは、ノマドの事をモバイルボヘミアンと呼んでるみたい。

インチキ商売も大変です。

この記事をはてなブックマークに追加

女優の巻、ふたたび。

2015-06-19 00:02:45 | 偽りの人生に優れたエンターテイメントを


過去の記事。
女優の巻。

日本テレビ系ドラマ【Dr.倫太郎】最終話を観ました。

堺雅人主演って事で前評判は高かったですが、正直『?』でしたねぇ。

うつ関係のフィクションの例に漏れず、このドラマでも『頑張らないで良いんだよ』が連呼されます。

僕はこの『頑張らないで良いんだよ』に関して激しい否定論者。

うつを甘えさせる、このニッポンの社会構造が理解出来ません。

過去の記事。
うつの巻。
うつの巻、ふたたび。
うつの巻、みたび。



さて、そんな事じゃないんです。

この作品を観てて、ずーっと違和感を覚えていたのが蒼井優のお芝居。

過去の記事。
芝居の巻。
芝居の巻、ふたたび。

蒼井優って演技派だと聞きますが、アレ演技派っすか?

僕には【演技派を演じている】という形にしか見えません。

例えば2時間サスペンスに出て来る演技派女優役、みたいな。

以前【ガリレオ】に演技派女優役でゲスト出演してましたが、この時も全くお芝居が上手とは思えませんでした。

なんか喜怒哀楽の表現がウザいんすよね。

笑顔なんかも『ワタシの笑顔って純真無垢・天真爛漫でしょ?』って感じ。

泣きのお芝居も『ギャーギャー喚きゃ良いんでしょ?』ってね。

おんなじ印象を持つ女優ですと、大竹しのぶが僕にとっては同類です。

大竹しのぶも昔っからお芝居が上手と思った事がありませんでした。

また、今回の高畑淳子もちょいとやり過ぎてましたね。

エキセントリックな役だから、しょうがないんでしょうが。



満島ひかりとか上野樹里とかはお芝居が上手だなぁ、と思ってますよ。







『“演技とは、演技をしないこと”だと教えられました』香川照之(ニッポンの俳優・1965~)

この記事をはてなブックマークに追加

虚無の巻、ふたたび。

2015-06-18 18:43:33 | 聖なるブログに名も無きカテゴリを


過去の記事。
虚無の巻。

虚無だなぁ…。

ま、暇だなぁ…と言い換えても差し支えませんが。

今後、生活にコストがかさんで来る事が発覚したので、しばらくお金を遣う気がなくなっちゃたわけです。

そのため、海が見えるリゾートマンションを購入する計画、題して【海リゾ計画】に対する情熱が早くも失速。

過去の記事。
田舎の巻、ふたたび。
リゾートマンションの巻。

困った困った。

お金を遣わずに何か面白い事ってないんですかね。

…と思って『お金を遣わずに楽しむ方法』とPCに打ち込んでみました。

すると最初にヒットしたのが『休日にお金を使わないで楽しく過ごすための7つの工夫』というネタ。

どれどれ、とちょいと覗いてみますと

DVDやHuluで映画やドラマを観る

掃除をする

散歩をする

本を読む

普段は行かないようなカフェに行く

ウェブマガジンやブログを読む

料理を作って昼間からビールを飲む

とありました。

なんとも【帯に短かし襷に長し】っていう内容です。

誰にでも思い付きますよね、こんなネタ。

どれもこれも今ひとつピンと来ないから『虚無だなぁ…』となっているわけなのに。

ヒトに頼った僕がバカでした。

あぁ、虚無だなぁ…。

『人間は自ら虚無から抜け出す』ジャン=ジャック・ルソー(フランスの哲学者・1712~1778)

この記事をはてなブックマークに追加

手ぶらの巻、みたび。

2015-06-17 18:27:48 | 華麗な生活に極めたシンプルを


【手ブラ】ではありません。


過去の記事。
手ぶらの巻。
手ぶらの巻、ふたたび。

先日、あるオンナのコと銀座のロテスリーレカンでディナーを頂きました。

本家のレカンよりずっとリーズナブルである、という触れ込みでしたが、果たして勘定は23,000円ほど。

う~ん…シャンパン飲み過ぎたかな

さて、そのオンナのコなんですが、バッグをふたつも持っているんですね

ひとつはジミーチューって言ってました。

そのコ、以前からデートの時はバッグはふたつ持ちなんです。

買い物後だと、それに加えてショップの紙袋を持っていたりも。

いつも何が入っているのか聞こうと思っているんですが、ついつい忘れてしまうんですな。

一方、僕の髪を切ってくれる美容師のコは、一緒にご飯に行く時も、ちっちゃなクラッチバッグひとつのみ。

この差は何なのか…。



このバッグの中身問題は、部屋のキレイさと実に近しいでしょう。

バッグの中身がごちゃごちゃのヒトは、おおむね部屋もぐちゃぐちゃって事。

電車に乗り、着席するやいなや、バッグの中身をかき回しているオンナをたまに見かけます。

本人は整理しているつもりなんでしょうが、僕から見ますと悪化させてんじゃねぇか、と。

このテのオンナはまず間違いなく部屋が汚そう。



もちろん所持するバッグが多かろうと、バッグの中身がごちゃごちゃだろうと、人間性を否定しているわけでは決してありません。

上述したオンナのコも実に性格の良いコですし、美容師のコも明るくて良いコです。

ま、僕がモノをなるべく持たない手ぶら志向なので、ちょいと気になるって事であります。



僕、思うんです。

世の中のオトコもオンナも手ぶらなら、朝晩の電車のラッシュも少しは楽になるんじゃないか、と。

お金とスマホがありゃ、なんとかなるってもんです。

あ、ブスとババアは化粧品なんぞ持たないで良いですよ。

どうせ変わりゃしねぇんだからよ。

過去の関連記事。
ババアの巻。
ババアの巻、ふたたび。
ババアの巻、みたび。
ババアの巻、よたび。
ババアの巻、いつたび。
ブスの巻。
ブスの巻、ふたたび。

『康介さんを手ぶらで帰すわけにはいかない』松田丈志(ニッポンの競泳選手・1984~)

この記事をはてなブックマークに追加

一日一捨の巻、20150616。

2015-06-16 12:57:59 | 華麗な生活に極めたシンプルを


さぁ、ばんばん捨てましょう。

ゴルフセット。

割と大物の処分です。

僕は20歳過ぎからゴルフを始めましたが、30歳前にはやめてしまいました。

当時のゴルフセットもとっくに処分しています。

それから10数年経ったある時、どうしても断れない筋からゴルフの誘いがありました。

仕方ありません。ネットで探しまくったところ、2万円弱でフルセット+バッグ付を発見。購入に至ります。

まぁ、今後もゴルフに行く予定もないし、万が一の時は又買えば良いか、と。



アタッシェケース

ゼロハリバートン、通称ゼロハリのアタッシェです。

かれこれ15年ほど使用したでしょうか。

毎度お馴染みの大黒屋さんに持ち込んだトコ、5,000円の値がつきました。

だいぶ傷が付いていたので、値がついてもせいぜい500円位かなぁ、とボンヤリ思っていたので実にうれしい。

持ち手がクリアタイプの限定バージョンだったのが、功を奏したのでしょうかね。



今回の処分は数は少ないですが、自身としては大物感が強いです。

満足満足。

次なるターゲットは何でしょう?



ネットで見かけたワードローブトランク。



販売に至っていない様ですが、ルイ・ヴィトンのそれに比べれば激安でしょうな。



これもネットで見かけ『おーっ』と思ったアイテム。

三輪バイクのキャンピングカー。

う~んミニマルだぜ。

ぜひ、商品化してもらいたいです。

過去の記事。
一日一捨の巻、20130718。
一日一捨の巻、20130724。
一日一捨の巻、20130726。
一日一捨の巻、20130803。
一日一捨の巻、20130806。
一日一捨の巻、20130820。
一日一捨の巻、20130824。
一日一捨の巻、20130922。
一日一捨の巻、20131129。
一日一捨の巻、20140115。
一日一捨の巻、20140912。
一日一捨の巻、20140921。
一日一捨の巻、20140925。
一日一捨の巻、20141021。
一日一捨の巻、20141105。
一日一捨の巻、20141128。
一日一捨の巻、20150102。
一日一捨の巻、20150301。
一日一捨の巻、20150607。

『いいですか どんな大事なものでもね 荷物はみんな捨てて下さいよ 自分のからだも捨てるんですからね』相田みつを(ニッポンの詩人・1924~1991)

この記事をはてなブックマークに追加

鴨川の巻。

2015-06-15 00:16:41 | 無聊な生活にさすらいの旅を




リゾートマンションの内見をすべく千葉は房総に行って参りました。

曇天の中の内見は可もなく不可もなく。

今一度、考えをまとめなければなぁ…と思いつつ、不動産屋さんと鴨川で別れました。

この日は一泊すると決めておりましたので、宿も取ってあります。

『さて、宿はどこにあるのかな』とスマホを眺めながら歩を進めました。

昔は旅に出る時は、地図とガイドブックの一冊も必要でしたが、スマホがあれば不要。

実に便利になったものだなぁ、と感慨深くなりました。

それにしても、鴨川のストリートって何もありません。歩いていると、商店のオッサン・オバハンがみんな僕を見ます。


ヨソ者が珍しいんですかね。

それでも萌えてはいる様です。


おや、本屋さんが…。おっ昔懐かしいゲームが店頭にあるじゃん。


な~んだ、やっぱブっ壊れてました。でも律儀に椅子が置いてあります。


安房鴨川駅。こっち側は旧市街、向こう側がニュータウンって感じっす。


バスターミナル。凄ぇレトロ。


海を目指します


おっ、猫。


海だ曇天でも海は海


飯はお蕎麦屋さんで頂きました。


ビールのあてのキュウリのお漬物が実に美味しい。


ホルモン味噌煮。


仕上げは生姜焼き定食。お肉少なし。


今夜の宿・民宿竹生。




画像だとそうでもないですが、かなりヒドいです。

宿泊費は素泊りで4,000円。

ペニンシュラで50,000円の方が割安感があります。

宿内にミニチュアダックスフントが放し飼いにされてるんですが、この犬がキャンキャンキャンキャンうるさいのなんのって。

うるさいからテレビの音を大きくしてたら、逆にババアのおかみに文句言われました。

最悪です。

クソ宿です。

鴨川の印象が悪くなりました

クチコミを見ますと、存外評価が高いのが実に怪しい。

嫌な思いをしたい皆さん、ぜひ、足をお運び下さい。

『この店は、不誠実でいいかげんな店ですね』山岡士郎(ニッポンの新聞記者・1983~)



翌日はまぁまぁ晴れました

この記事をはてなブックマークに追加

怒りの巻、みたび。

2015-06-14 10:38:16 | 日毎ニュースに正義の理想を


身の回りの事では、こまごま怒りを覚えている僕ですが、久しぶりにニュースを見て怒りが湧きました。

なにか?

神戸連続殺傷事件「元少年A」による手記が、太田出版から発売された事です。

もうこれは内容云々ではありません。

金亡者による金儲けのために、僕らが真実を知る必要などありません。

いや、そもそも真実である可能性すら低い。

殺人鬼の手記がどこまで真実なのか極めて怪しいからです。

被害者やその遺族・関係者の永遠に癒えない傷に塩を塗り込む所業。

まさに鬼畜です。

恐ろしい。実に恐ろしい。



ずいぶん前になりますが、彼の父母による【「少年A」この子を生んで……】という手記が発売された時も怒りに震えました。

本来、殺人鬼・鬼畜を生んでしまった責任を取り自死すべきなのに、それどころか印税目当てに手記などを…。

絶対にこんな手記は読んではいけない。内容云々ではない。

こんな手記を読むのは、人間以下の下等な畜生である、と。

たまたま実家に帰った時、母がこいつを読んでいるのを知った時は怒ったもんです。

東慎一郎や、彼を生んだ父母というモンスターたちに、真実を語る場などありません。

いや、真実を語る場を与えてはならない。もちろん印税もです。

モンスターたちは、ただ世間の目から逃げ続ければ良いのです。

真人間として生きる事すら許されてはならないのですから。



モンスターたちはニッポン各地を転々としていると聞きます。

僕の知人も『近所にヤツの家族が引越して来た、らしい』とか言ってました。

聞いたお話によると、モンスターたちの居住地に関しては、当局が意図的に誤った情報を流しているとか。

いずれにせよ、モンスターたちに安住の地はありません。



『俺には死刑こそが最もふさわしい。俺や俺みたいなヤツから社会を守るには、それが当たり前の事だ』セオドア・ロバート・バンディ(米国の犯罪者・1946~1989)

この記事をはてなブックマークに追加