続・山形そば黄門漫遊記

記載する情報は、一部のそば好きの食べ歩きによる個人的感覚の押し付です。嘘も少しはあるでしょうから文句はご勝手に。

続 山形そば黄門漫遊記  その177       そばやの変革期・椅子席の増加・高齢化

2017年09月15日 | そばの脇道

 最近少しご無沙汰のそば屋に行くと「ほぉ~」とかへぇ~」と声を上げることがあります。 新規ならなおのことですが要するに以前はなかった ”イス席” が作られたり増えてきているのです。 まぁ若い人向けなのか、それとも年寄りや足の少しくたびれた方へのおもいやりなのかは分かりませんがたしかにそうなんです、まぁいいでしょう。 そういえば料亭なんかも結構そうなってきておりますし、ホテルや宴会場、チョット逸れますがお寺なんかも傾向としてはそういうのが増えてきているようです、見かけ足をふん投げられたり、しびれてひっくり返られるよりは良いのかも知れません。 たしかに座られてしまうと立ち上がる時見てられなくなって手助けしなければならなくなり、かといってそう思う本人だって他人様をお手伝いする余裕もない情けない今日だったりいたします。
 高畠の 掬亭 も、奥の広い部屋がイス席になっておりました。 ちょっとバランス的、イメージ的にまだなじまない気がいたしますが・・これまた”まぁいいでしょう。”   ただ、奥の部屋にあった机を手前の部屋に移したらしく、ゆったりとした雰囲気が少し窮屈に感じました。 春に桜の木を真っ正面にした『特等席』も、ちょっと後ろに反っくり返った時、後ろの席にお客さんが居た場合ぶつかってしまいそうで、これまたちょっとチョット・・ わがままな空間がお気に入りなもんでしたのですみません。 前にも言いましたが、掬亭は三奥屋という漬け物やの店で、ここ自体は郷土料理を謳っております。 ですので、米沢牛の牛丼とか天ぷら定食とか飯モノもいただけます。ただいずれにしても、体裁よく出される漬け物や季節の小鉢はホント結構けだらけ・・・なのでありまして、たしかにそばも腕が一段と上がっていまして”いいばっかし”なんですが、この御膳がうれしくて「ここに行きたい」という方を何人も知っています。 まぁこれは”あり”です。
 さて、前回書いた上平のそば花祭り行ってきました。 なんちゅーことはないのですが、お天気もイマイチでしてことしは420番までで打ち止めで、去年より少なかったようです。 「去年もっとあったよな」とつぶやいたら、となりのオッサン(関係者?)が、「んだがぁ? 招待うががった(おおかった)がなぁ」と言ってました。    ハァー?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続 山形そば黄門漫遊記  その176     山形の『冷やし』 

2017年08月31日 | そばの脇道

 今年は6月頃暑くて暑くてどうなるものかと心配していましたら、7~8月がなんとなく雨が多く西日本では災害まで発生し,わけ分かんないロングラン台風に結構やられてしまい、気がついたらお盆も終わってしまいました。 良いんだベガ悪れんだベガ、まぁ済んでしまったことでお天道様にはかないません。
   町のそば屋に『夏新そば』の文字が目立つようになりました。 また季節がやってきたようです。 今年はどうなんでしょうか暑さも雨も結構なものでして、一段とそば畑は増えたようですが話だけで実態がつかめません。 統計的にはかなり上位にランクされてきたようです。  
 一方、今年はラーメンがなぜか賑やかで、新聞やらテレビやら結構賑やかです。 冷やしラーメンがじわじわ人気が出てきたとかで、ちょっと名の売れたところは ”行列もの” でたいへんです。 もちろん私は相変わらずこんなもの、列んでまでは食べません。 それにしても『冷やし文化』とかで、この冷やしラーメン(冷や丼というところもある)、冷やし玉コン、冷やし肉そば、今年は冷やし天丼なるものまで出てました。 そういえば床屋の冷やしシャンプーも結構もてはやされていたようです。
 で、今更という気もするんですが”ぶっかけ”、まぁ定義のない冷やし?そば、納豆でもオカカでも何でもけっこう、私なんか”だし”をかけるのが好きですが人それぞれ、もとはネギだけの”冷やしかけ”だと思うんですが、天かすやらナンやらが載って、狸だの狐だの五目だの、、、、、、、そういえば冷蔵庫のない頃、夏の昨日の残りご飯は井戸水でしっかり洗って漬け物載せて、”冷や飯”とか”水ご飯”とか、山形は暑いところなのでそうなったんでしょう,要するに温かくないのは冷やしなんでしょう、、、か。 大概の店のメニューにはないとこが多いと思いますが、「"ぶっかげ"にしてけねがぁ」と頼んでみて下さい、もしかしたら半分くらいは「はいよ」と返事くれるんじゃないかと思います。ただ割と新しい店に行くと「ぶっかげってなんだぁ」とおっしゃる若いおやじもたまに居るかも知れません、まぁ今時ありでしょう。 もっとも皿盛りだったらぶっかけてしまえばそれまでなんですが。    いずれにしてももう秋、新そばの季節。 そば祭が気になる時期です、そういえば上平のそば花祭りの案内が来ていましたなぁ今年は9月の12日だそうです、案内の葉書ではことしも400枚、毎年そうなんですがもっとあるんじゃないかと思いますのでよかったらあきらめずにどうぞ    

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続 山形そば黄門漫遊記  その175      そばやの足跡 ・ 行人沢そば吾合庵 

2017年07月14日 | そばの裏通り

  年を重ねるとそば屋にもいろんな都合が出てくるようです。 たとえば先日書いた そば切り八寸 が移った浅立の部落におりました さんご は嘘か誠か 孫を追っかけて香川へ、、、今となっては確かめようもないのですが。 そういえばこの浅立てあたりには、さらに遠い日 与五郎そば と言う旗があったような気がします、行こうとしたらもうなかった、~な~んでかなそれはね 忘れちゃった! なんせまだ大家さんが駅前近くにいた頃ですのでザット30年以上前の話です。 こんな風に中途半端な記憶は残っているのですが、大概は分からないまま消えたのが多かった・・かな?、まぁどっかで打っていてくれれば何時か何処かでぶつかるかなぁなんて思ったりもいたします。 ただ、そんな話をする方だってぽつりぽつりと現役引退、あるいはお隠れになってきておりますので、、、、、、 
 **そば やめたみたいだよ とか 店無くなってたよ なんていう情報ももだいぶ時が過ぎてからのが多くなってきているようで、駅前クラブのそばマップも代わり映えしないというので休刊となりました。  先日、「行人沢無いじゃ~」と言われて驚きはしませんでしたが、あれ?ついこの前通ったよな・・と思いパソコンであたってみましたら、なんと昨年の秋に郡山に移転したと書いてありました。 しかも名前はそのまま、行人沢そば吾合庵 だそうです。 こんなふうにいまはネットで知ることができるのですからまぁいいと言えば便利になったようです。 今度は郡山の町中のようですし、もう雪掃きもしなくてよさそうなところのようです。
      おかあさん元気にお励み下さい、郡山ならもしかして寄ることあるかも知れません。

  話はまいど逸れますが、イカの不漁で ゲソ が不足しそうだと言う話がありました。 一時不安を駆り立てた話だったのですが、大して騒ぐこともなく値が上がることもなくまして消えることもなく、安堵いたしておりました。 ただ気にはなっておりましたので何軒か聞いてみましたら、「ゲソなんて山形だけだから、なんぼ少なくなったって大丈夫」ときて「余所じゃ捨てるところだってあんだがら」だって、「ウソつけ」と言いたくなるのは私だけじゃないでしょう。           

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続 山形そば黄門漫遊記  その174     いってみっぺ秋保!2017   仙台

2017年06月20日 | そばの脇道

 なんだかんだで仙台はよく行くのですが、そばは”仙山線ホームの立ち食い” か ”山形道のパーキング” がいい、てな感じでまぁたいしたことない印象であったのです。 しかし、近年山形のそば屋が進出して意外にうけたりしたこともあり? また、たとえば七ケ宿あるいは東蔵王の山沿いで頑張るば屋が増えたようで、チラチラ情報がはいります。 まぁラーメンよりは地方色、ローカル感、あるいは行きすがりの旅情を誘うのかも知れません。
 ある日曜日、やぼ用の途次秋保温泉近くをうろついてましたら張り紙一枚、 ”仙台秋保そばフェス2017”。 あぁこっちもこういうのあるんだなぁとうれしくなりました。 2日間やって段位認定会とかそば打ち名人大会とかがあるんだそうで、まぁ何処にでもあるヤツのようでした。 ケチつける訳ではないんですが、段位とか名人とかよく聞くのですが大したことないのがほとんどで、そん時そん時の人気一等賞で良いんじゃないかと思っています。 特に食い物なんかは ♪~ナンバーワンでなくって良い もともとおいら好みのオンリ-ワン でしょう。
 話が逸れましたが、今回のフェスは秋保産のそばだそうでして、ならばと思ったんでしたが時すでに遅し? それから知らない町で場所を探したんではoutミエミエ! でしたのであっさり断念、というのもたまたま進行方向ちょっと先に旗が数本ハタハタと「いらっしゃいませ」をしてましたので ご来店!。  先客がおられた関係で店の規模の割にしっかり待たされましたが、出されたそばは公称二八のこれまたしっかりしたモノでしたし、あとの話になりますが当然そば湯もけっこうでした。 ただ、ちょっとタレがどうなのか、たいがいどこでもそば湯を入れるとそれなりに鰹だしの香りがするのですがそれがない。 一回飲み干して作り直してみましたがやはりない。 思わず「ヘェー」と半分感心しながら味わってみると のどの奥の方で覚えのある”ヌルッ”、 ああぁコブか!、それにしても・・・! めずらしい。 聞いてみようかと思いましたが、まずめったに来ることないでしょうからということでやめました。 
   おまけの話です。 村山そば街道一番店 そばの陣じゅんさい に隣接する 大高根ねじゅんさい採取組合 で今年も直販が始まってます。 今年は500グラム1500円です、「まぁほとんど人件費」と言っています? 高いと思う人は一人1500円で救命胴着着て箱船に乗って頑張ってみてはいかがでしょうか。 一応 一時間 となってますが先日のオバチャンは 時間無制限取り放題! と言ってました。 ただしプロがとってる沼、、、 腰が痛くなりそうでどこまでもつか、、、 労多くしてなんとやら、余計なお世話ですが買った方が安くて美味いんじゃないかと思います・・・・・・はい

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続 山形そば黄門漫遊記  その173     新規開店  うわ町 本間亭・山形

2017年06月05日 | そばの細道

 「しゃねっけのが?(知らなかった?)と聞かれて「知ってだげどよ(知ってましたがねぇ) 少し前から情報は入っていたのですが、ちょこっと嗅ぎ回ったら大家さんとこの  といい最近はそばもラーメンも 鳥臭い ところが増え、イマイチ気乗りしなくなったのでした。 な~んでかなそれはね鳥はダメです美味しいはずがないのです、私は大っ嫌いで決して食べません。
 まぁそれでも「んがねが(行かないか)と誘われたんで「んか(行くか)ということになりお出かけ。 山形駅西口から西に下ってきてファミマの角を左折、大家さんのあるビルの前の通りを南進、1キロちょい?進みますと右手にツルハが見えてきますので、その手前を右折、あとは100メートルもないくらいの右手です。 旗が立ってますし、駐車場が隣接してますので分かるんじゃないかと思います。
 ”十割そば”が目立つ看板を見ながら玄関を入ります。 一般の民家をそのままそば屋にしたパターンのようで中は全部イス席でした。 照明がかなり明るく感じ、同行者はまぶしいくらいだと少しぼやいておりました。 メニューは盛りと鳥そば、温かいカレーそば(つけ麺)がちと珍しい?。 さらに珍しい 桑の葉そば というのがありまして、普通の盛りとの二色盛りがメニューにありましたのでそちらを注文。 私としては混ぜ物の練り物はあまり好まないのですが(こんにゃくそばだけは別)、初でしたので。 ところがこれが多分二枚分?だったようでして残しはしませんでしたが二口三口多かったか腹一杯になりました。 やっぱり一色盛りでいいんじゃないか次回はそれでいいんじゃないかと思いました、念のため断っておきますが桑の葉そばもそれなりに結構な物でしてハマる?方もと思います、まぁ健康食と言いますか 韃靼そば なんて言うのもありましたし。 なお、そばには大盛りがありまして200円増しだそうです。 そばは十割にしては柔らかく、たれも鰹出汁がしっかりきいて結構でした。 壁の貼り出しを見ると”大石田の最上早生”だそうで、日頃 でわかおり が多い山形の人にとっては ”ちがいがわかる” ものだと思います。
  さて、おまけの話ですが、おやじが亡くなってしばらくご無沙汰してました 銅谷そば に行ってまいりました。 息子殿の腕はだいぶ上がっておりましたし、特製の一味は相変わらずの辛さでしたし、この季節おまけにつけてくれるコシアブラの天ぷらは、朝っぱらに揚げておくんでしょうが相変わらずの硬さでした、ははは・・・・・ ちなみにこちらは大盛は100円増しだそうです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続 山形そば黄門漫遊記  その172    引っ越しただけだった そば切り八寸 長井→白鷹

2017年05月22日 | そばの細道

 思えば「あそこやめたみたいだよ」という情報を聞いたのが去年のさくらの頃だったかな? 最近行くことが少なくなった長井でしたので、そのうち行った時見てこようと確かめることもなく時が流れてすっかり忘れておりました。 で先日、白鷹から長井へ向かう用事がありましてその途中  ”そば切り八寸”  の看板を見かけ「あれぇ・・・?」と思い、看板の近くにそばの旗が二本立ってましたので、ハテ? ということになりました。 それで帰りに寄り道、国道287号線を右折、長井から来て白鷹に入ったちょっと先あたりです。 その場所が以前 さんご があった 浅立 あたりでしたので、もしかして新しいヤツかなと期待期待。  旧道を横切って少し進みますと右手にそれらしき建物が目に入ってきました。 そこそこの広さの駐車場に止めて入店。 中にオヤジとオッカァがにこにこと迎えてくれます、見たことある顔でした。 「あれ、長井の警察んどさいだけがぁ」 「んだっすこっちゃ移ったのよっす」 だそうで、もう一年以上前の話なんだそうで、白鷹 隠れそば屋の里 のポスターにもしっかり乗っておりました。 最近足が重くなったからなぁ、年も食ったからなぁと猿でもできる反省しきり・・・  メニューにゲソ天がありました、ニシン煮もありました、以前はゲソ天あったかな?程度の記憶力でしたが一方のニシンは柔らかく大きめで結構でした。 ニシンをいただきましたが500円はどうなんでしょうか、こうなると一杯がほしくなる値段です、何せ窓際にオススメの一升瓶がずらりとならんでおりましたもんで。
  こちらのそばは、国内産で産地が時々?変わるようです。 入り口付近にそのときのそばの産地が書かれてありますのでお気をつけて見て下さい。 西置賜ですと113号線、飯豊の入り口あたりの 行人沢そば も確かそうだったと思います。 山形は割と地物か北海道が多いのですが、まぁさらにいろんなとこがあるようです。 もっとも、私は新そば時の香りは少々分かりますが、それ以上のところはほとんど分かりません、美味しければいい! それにつきます。 
 今日ですか? たいへん結構でしたまた来ます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続 山形そば黄門漫遊記  その171  長いし多いし   まるご山大店・山形  

2017年05月01日 | そばの細道

  山形大学の正門向かいのチョット南よりに 丸五そば山大店 があります。 以前は駐車場が少なくても大学にもぐり込めばなんとかなったのですが、まぁ大学もいろんな理由で停めにくくなりまして最近はあきらめていたのでした。 もっともお客にしたって学生や教職員が多いものですからそれで良かったのかも知れません。 でもそば屋だって考え無かったわけではなく、近所に借りて今ではそこそこ台数駐車可能になってます。 まるご は山形市内に三軒あったのですが一件がご不幸で廃業し今は二件です。 例の 超特急 まるごまるご とここなんですが、速さはとてもかないませんがここのはとにかく ナガーイ のであります。 グーッと手繰りあげて腕一杯に引っ張ってもダメ、結局蕎麦ちょこと言うよりはそば椀ぶっ込んで ズルズルズー となります。 量は市内では一番多いんじゃないかと思いますがどうなんでしょう。 もり天でチョット多めのげそが付いてきます。 店内は客層にあわせ一人づつ掛けるカウンターのような席が多く団体さんは奥の座敷席となります。
 念のためお断りしておきますが、まるごは講釈付きの手打ちではありませんので、山形のそば を目指しておいでの観光客さんに真っ先におすすめするのははどうでしょうか、もちろん悪いというのではありませんが。 ただ、元祖もり天はまちがいありませんで、人はいっぱい来ますし、おいしいし腹一杯になります。 まぁ定番とでも言っておきましょうか、無性に食べたくなる時があります。 ほんとはラーメンにも触れたかったのですが、知らぬ間にメニューから消えておりました、うまかったんだけどなぁ・・・   まぁそっちは まるごまるご でいただきましょう。
  山形も春終盤、西蔵王の大山桜でだいたい終わりでしょうか。 おっと城公園のみどりの桜、御衣黄がそろそろ満開です、そういえばもう一本東大手門手前の県立病院跡の広場東側にあるヤツも同じく満開直前です,この連休中が見所でしょう。 何れもまだ小ぶりですが、20~30年もすればご立派になられるんじゃないかと思います。  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続 山形そば黄門漫遊記  その170    花見のそば 山形・霞城公園

2017年04月11日 | そばの脇道

 東京では花見も終盤とのことですが山形は 今からっだなぁ ということで大概はまだつぼみ、でも準備は進んでいる(今日は4月10日です)ようです。 年々花見客が増え たまこん の売上が上昇中の霞城公園もそろそろといったところです。東大手門は一部補修も済み、欄干にライトが付き始め、もうすぐ提灯やぼんぼりも付くことでしょう。 中に入ると上杉のカネタン追撃の それゆけ義光君 もこの時は花咲かじいさんではないですが、「咲けェー!」と木々にハッパをかけているようです。
 公園内は、出店も規制されていて飲み物食い物は持ち込むしかありませんが、周りの商店街や町内会などが見ごろの一時テントを張ってたまこんやら焼きそばなどを販売いたします。(お酒は持ち込むしかないようです) それからそばも販売されるようで、話によれば酒井の茹でそばなんだそうですが、結構いけると言われています。 期間中どこかでイベントがあり、その日は 寒晒しそば 販売されると思います。多分今年は15と16日でしょうがよろしかったら狙って行ってもいいんじゃないでしょうか。 確定は開花の日が ほぼ大丈夫 にならないと発表されませんが、まぁ狂いはないでしょう。 ”霞城公園 観桜会”で検索してみて下さい、桜の下でいただく蕎麦もいいもんです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続 山形そば黄門漫遊記  その169     たれの話・つくるか!

2017年04月07日 | そば屋の帰り道

 そばのたれ、つゆとも言いますがこれも様々です。 一般的には醤油とみりんを煮かえして作ったのがかえし、これをだしで割ると言うことなんですが醤油にしてもみりんにしても数え切れないほどの製造元がありますので難しいものなんですが、そこはほれ トーシロ! まさに天下御免のやりたい放題。 同じ味なんて二度とできない材料費だけははり込む超高級?の芸術品。
 上等の昆布を一晩水につけ、それにおかかをドッサリ入れて結構煮込むんだそうでこれがだし どのくらい入れてどのくらい煮込むかなんてレシピ無用の出たとこ勝負、まぁそんでもって煮詰めて濃くなったら布なんかで漉して冷まします。 自分用ですから自己責任でだし出来上がり。
 かえしの方は、たとえば醤油とみりんを同量まぜて、お酒適当砂糖も適当その他適当、これは なめながら 味見しながら煮ていきます、煮詰まって濃くなったら適当でOK。 後で思ったのが使った醤油はだし入りでしたのでそれが良かったのか悪かったのか? あぁもちろん沸騰しない温度で煮るんだそうです、それと濃くなると言うのは水分が減ると言うことで見当つけるんだそうです。
 冷めたらかえしをだしで割る、好みなのでこれまた なめながら調製,濃かったら二番出汁 をつくっておいてうすめる。 あとはそばでも茹でて食べてみればいい。 なにをやってもなにを入れてもご自由に。瓶にでも入れて冷蔵庫に寝かせるのもいいでしょう、まぁそば屋のよりも美味く感じたら大したもんでしょうが、たいていの場合他人様にはお出ししない方がいいようで、せいぜいご家族様に犠牲になっていただければ不愉快な思いはしないですむようです。念のため申し上げておきますが、やるなら何十回もやる覚悟と努力が必要なようですが、最悪カツ丼のたれには使えます。
以上その辺のそば屋のおやじの話の要点をまとめてみました。

  ところで ゲソ天ピーンチ! モノがなくてたいへんなようです。  まさか ダイオウイカやクラーケンの なぁ~んて出てこないでしょうなぁ

 

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続 山形そば黄門漫遊記  その168   思い出した 蔵屋 ・ 山形

2017年03月18日 | そばの細道

  この漫遊記もだいぶ時が経って来ました。 当然書き始めの頃にはなかったそば屋も多々あるわけで、例えば二代目や弟子が支店的感覚で店を開いたなんて言うのもあるわけです。  先般お話ししました 山形の肉そば屋(一寸亭)なんかもその一つで、そういえば最近思い出したように行きだした 蔵屋  もそうだったと思います。 だいたいにおいてラーメンも美味いそば屋ってそういうのが多いようです、もともとはややラーメン主力のそば屋だったということでしょう。 以前に聞いたことあったような気がしましたが、結構長い間ご無沙汰でしたので忘れてしまっておりまして、とりあえずホームページでカンニング! やっぱりそうでした。
   そばは十割ではないと思いますが結構硬めで歯ごたえがあります。量った訳ではありませんが よそに比べて一口多いような気がいたします、どうなんでしょう。 もり天にしますとげそなんかが適当な量付いてきます、いっぱい食べたい人は250円で別メニューもありますのでよかったらそれもいいでしょう。 大盛りもありますが自信のある方には板そばがあります。値段的には2枚分と思うのですがとなりに運ばれてきたのを横目で見た限り、もっとあるんじゃないか”と思ってしまいます、まぁいいでしょう。 ラーメンはごく普通、季節メニュー?サッポロ味噌ラーメン とありましたので懐かしくなって頼んでみましたが、どこの札幌だろう?で どさんこ、どさん子、どさん娘、とは違ってました。 昭和50年前後ずいぶん食べたもんでしたが、もはやあの赤い看板すら見かけなくなってますなぁ。
 ところで蔵屋の場所の話に戻りますが、実は先日たまたま前を通って あぁここだったっけか となりました、意図的に長期ご無沙汰してたのではなくこう言っちゃ何ですが 忘れかけていた と言うことなんでした。 場所がイマイチというか、イメージとして ”西バイパスの一本西裏” てなものだったために、南イオンの西向かい側の裏へ行ってしまい探せなかったのでした。 調べりゃ分かることなんですがなぜかしなかったということです。 実際は348号線を西バイパスまで来て左折せずに東から突っ切って県道に進み、ホームセンター(ホーマック)とスーパー(ヨーク)を過ぎたところで信号左折、直進200mくらいの右側になっています、ここだと西バイパスの2~3本西裏という感覚なんです。 駐車場が広くなく道路に停める人もいらっしゃいます。 裏の駐車場に入るところがどうもこれまたイマイチで、頭から入れちゃいますとバックで出る時歩道の縁石?から”ガッタン!”と落ちて、底をこすったりすることもあるようです。 まぁお気をつけて
 余談ですが大家さんのいるビルにそば屋が新規オープンしました。 少し様子を見てよかったらその内ご紹介いたします、 という店名です。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加