柄目木庵

良寛さまに思いをよせながら。

緑濃き遊歩道

2016年05月25日 | 日々これ好日
 あるとき、新津川遊歩道を歩いていたら、まさに私のテリトリーである「新津川遊歩道」を紹介する案内板を発見しました。

 ぐにゃぐにゃと蛇行している新津川(旧能代川でした)、その両岸が赤く示されていますが、
遊歩道でありサイクリングロードでもあります。
左側から青い色で示されて、右下に伸びる「能代川」、これが人工的に作られた分流です。

 秋葉区の一部である「旧新津」は小さな町で、「秋葉公園」を中心にした緑豊かな町なのです。
「柄目木(がらめき)」を出発して、新津川の上流に足を延ばしてみました。
いつの間にか、驚くほどの緑の豊かさです。「ヨシキリ」が煩くさえずっていました。
















 妙な言い方かもしれませんが、我が「柄目木」より上流は「農村の風情」を残す地域です。
また、下流は大勢の人が住む「住宅地域」となっています。
いつも、ウォーキングのとき、今日はどちらの風情を楽しもうかな、です。どちらも素敵なんです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「花の写真展」植物園にて

2016年05月23日 | フォトギャラリー
 今日23日のことです。
私の所属する「秋葉写真クラブ」は県立植物園での写真展の設営に行ってきました。

 公募展などで腕を磨くタイプではない、自分なりの「お気に入り写真」を目指すシニア8人の集団です。
毎年、この時期「県立植物園」で「花の写真展」を開かせていただいています。今回は一人三作品ずつです。
このクラブの多くの先輩カメラマンたちの実績が残してくれている貴重な機会なのです。
しっかりした作品で応えなければと思っています。

 この記事の最初の2枚は出品作品ではなく「D600」で撮った写真です。展示作品にはしませんでした。




 作品展示が終わりました。気が付くといつもの「コンパクトデジカメNIKON1」を忘れてきていました。
さいわい、リュックの中に「タブレット」を入れていたので、それで急きょ「カシャ、カシャ」でした。






 作業を終わり、みんなでコーヒータイム、その時ドームのガラス磨きをしている人に気付きました。
タブレットを構えて、カシャカシャ、歯がゆいのですが、なんとか記録できました。すごい作業ですよね。


 なお、今回の私の作品については、BLOG[柄目木庵・収蔵庫」の方に紹介しました。
どうぞ、この「ブックマーク」のトップをクリックされてみてください。
いつもいつも、お訪ねいただき感謝申し上げます。ありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

県立植物園での撮影会

2016年05月21日 | フォトギャラリー
 いろいろと撮る機会があり、載せることがちょっと遅くなってしまっていました。
私たちの「秋葉写真クラブ」では、今月10日(火)に「県立植物園」で撮影会をしました。

 今月24日(火)から6月12日まで、植物園内のギャラリーで「花の写真展」をすることになっています。
例年、この時期に植物園の企画に、私たち「秋葉写真クラブ」による写真展が予定されていることを、とても光栄に思っています。
そのための作品の準備を兼ねての撮影会でした。私の実際の作品は、いずれ「柄目木庵・収蔵庫」の方で紹介予定です。

 撮影会では楽しく園地を散策しながら、まさに満開の「牡丹の花」を中心に撮っていました。













 
 いずれ紹介できますが、私は「お花と熱帯植物園ドーム」をテーマにして3作品を展示作品としました。
来週月曜日(23日)に、植物園での展示作業となります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポール・モーリア・ラブ・サウンズ

2016年05月19日 | 音楽など
 先週土曜日(14日)のことでした。
私ども夫婦は、かなりの金額のコンサートチケットを手に入れていました。
「ポール・モーリア」と大きく書かれていたパンフレット。何が何でも手に入れたかった、なつかしのサウンドですから。

 指定席でしたから、開場までに間に合えばいいだろうと「県民会館」に到着。
ところがです、隣の陸上競技場でのイベントなどもあり、何れの駐車場も満杯。大きな誤算でした。


 やむなく、離れた市役所の駐車場に入れざるを得ませんでした。
開演時間は迫るし、大きく迂回している空中回廊を、急ぎに急ぎました。ロコモの足が猛烈に傷みました。でも、何とかセーフ。






 ところが、始まってみると「ポール・モーリアのサウンド」では、ありませんでした。
やたらとドラムスの音やブラスの音が響きました。どうしたことでしょうか。

 改めてプログラムをみると、大きな活字で「ポール・モーリア」、中くらいの活字で「ラブ・サウンズ・コンサート」。
その下に小さな活字で「ジャン・ジャック・ジュスタフレ・グランド・オーケストラ」とあるではありませんか。

 まあ、自分たちの不明を恥じるばかりでした。気を取り直して聴きました。
「シバの女王」とか「恋はみずいろ」など、やはり素敵でした。まあ、いいか!26曲も演奏してくれたのだから。

 帰り道、気分直しにとっても素敵なカフェに立ち寄りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小国町から胎内市へ

2016年05月17日 | お出かけ
 山形県小国町からの帰り道。「荒川」に出て、すぐ新潟県となる。
いつものコース「荒川」から「大石川」沿いに「胎内市」を目指しますが、ちょっと「大石ダム」で休憩。
昭和42年8月の「羽越水害」を機に「洪水調節と発電」を目的に作られた「大石ダム」です。
このダムの周辺は「湖畔県民休養地」として「オートキャンプ場やトレッキングコース」なども整備されています。


 この日の帰り道、「胎内平」周辺の撮影ポイントに寄り道をしました。「ウツギの花」に歓迎されました。
森の中に小さな池がありました。池の周辺まで下ってみると、そこは素敵な別天地でした。




 慌ててシャッターを切り始めましたが、画像をチェックすると「フレヤー」が入り込んで見苦しいものとなっていました。
その一枚を、帰宅後レタッチして遊んだ写真が下の一枚目です。


 ここからは、設定をし直して「静寂と新緑」を意識してカシャリとしました。




 じつは、今回の撮影会では結構歩くはずだという想定の元、身軽な「NIKON1V1」だけの携行で挑戦してみました。
レンズは「10から100mm(27から270mm相当)」とPLフィルターを付けていました。
PLフィルターは、それなりに意識してくるくる回していました。しかし、レンズフードの着用をしていませんでした。
でも、まあ、何とか「お遊び」カメラとしてですから、いいかな、そんな評価でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加