柄目木庵

良寛さまに思いをよせながら。

ワンコインコンサート

2016年08月28日 | 音楽など
 今日は、それなりに日差しも強かったのですが、風が強く、そのせいでしょうか、まあ、さわやかな日でした。
明日は台風10号がらみの「フェーン現象」で気温も上がりそうです。いまからこんな具合では先が思いやられます。

 写真は27日土曜日の朝散歩で撮ったものです。雨上がりの露に濡れたお花が、ちょっときれいでした。






 土曜日の午後、地元「秋葉文化会館」での「ヴァイオリン ワンコインコンサート」でした。
ヴァイオリニストは秋葉区出身の「加藤 礼子」さん、ピアノ伴奏は新潟市出身の「斎藤 晴海」さんでした。
わが地元に、こんなに素晴らしい音楽家たちがいるなんて、認識を新たにしました。国際的にも活躍されているお二人でした。

 我が文化会館は、まるで「UFO」みたいですが、周りの水に浮かぶ「里山」のイメージなのだそうです。
以前に、会館の中をしっかり見学して撮影もしたことがありました。
この会館で演奏の機会をもった音楽家たちが、異口同音に会館の音響(ホールトーン)をほめているようです。
やや小ぶりな会館ですが、それだけに地域密着のイベントを持ちやすく、私のお気に入りのホールです。




 今回のプログラムは
「エルガー 愛の夢」「ランゲ 花の歌」「クライスラー 愛の喜び、愛の悲しみ、中国の太鼓」などおなじみの楽曲が続きました。
そして、「プーランク ヴァイオリンソナタ」「ラヴェル ツィガーヌ」でした。
アンコールは「チャルダーシュ」「タイスの瞑想曲」を演奏されたのですが、その素晴らしい演奏に拍手が鳴りやみませんでした。
いやー、素敵なひと時、いいものですね。
お帰り前に会館内の「CAFE OTENTO]で一服のコーヒーは言うことなしでしたよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりのひと雨

2016年08月26日 | 日々これ好日
 今日の午後、「PHOTOグループf」の「第29回展」の設営に「まちの駅・ぽっぽ」に集合。
よくぞ、ここまで来たものです。素晴らしい作品が展示されました。
例により私の作品は、近日中にBLOG「柄目木庵・収蔵庫」の方にアップしておきたいと思います。

 ところで、夕方、にわか雨がありました。水不足でしなだれていた植物も生き返ったようでした。


 死んだような状態だった、庭に一面の「杉コケ」が見事に生き返えりました。


 ミニトマトも水分を吸収してよみ割れると悪いので、急いで収穫をしました。


 ひと雨で、ほっとしているのは植物ばかりでなく、私も夜のウォーキングが多少は軽やかにできたかな、そんなところです。
しかし、数日後には迷走台風10号がとても心配です。予報円が30日ころ、我が家の真上?を通過しそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新津夏祭り2

2016年08月24日 | 日々これ好日
 新津夏祭りの2晩目も、のこのこ出かけてみました。
しかし、いつもの年のように人ごみをかき分けてでも、前に出てシャッターを切る、その元気がありませんでした。
なぜかいつもと違ったスナップ風の撮影になっていました。まあ、いいか、そんなところでした。










 やがて少しは涼しさを感じるころとなり、今度はあちこちで花火大会となります。
出かけていく元気が出るでしょうか。じつは、このところ「Facebook」にも「はまり」、暇さえあるとタブレットです。
どうも、勢力を二分されているように思われます。

 じっくり落ち着いた雰囲気の「ブログ」、一方は写真やメッセージを通じての交流、ちょっとあわただしく感じられます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新津夏祭り1

2016年08月22日 | 日々これ好日
 今年も暑い夏、その中でも一番暑い日、新津の夏祭りがやってきました。
秋葉区の「堀出神社のお祭り」で、19日(金)はその「宵宮」でした。

 自転車に乗って駆けつけてみました。
やがて笛や太鼓の音が聞こえてきました。子供のころと同じような「わくわく感」がよみがえってきました。

 門前を飾る提灯の列、夜店の風船売り、まるでタイムスリップしたような夢の世界です。










 私は、翌日「本宮」の夜にも、いそいそと出かけました。
「NIKON1」シリーズのカメラを手に、結局ブレブレの写真をたくさん撮っていましたが、それでも楽しかったのです。
「お祭り」っていうのは、そんなものなのですよね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

涼を求めて

2016年08月20日 | 日々これ好日
 暑い日が続いています。
例年、この暑い時期に「福島潟」の水辺の植物、とくに「オニバス」のお花が期待されます。
18日(木)、オニバスの花が閉じてしまわないうちにと午前中に出かけてみました。

 関係の方々のずいぶんの手入れがなされているとか、しかし、例年になくオニバスの葉の傷みが激しいようでした。
とはいえ、水辺には多くのカメラマンが、思い思いのスタイルで、しきりにシャッターを切っていました。






 私の場合、「オニバスの花」もすてきですが、もっと好きな「ガガブタ」なるお花を探しました。
ありました。ほんの数輪見つけることができました。この清楚なお星さまのようなお花が、なんで「ガガブタ」なのでしょうかね。
絶滅危惧種なんだそうですよね。でも、今年も見つけることができて、幸せでした。好きです「ガガブタゃん」。


 このお花は、撮っては見たものの、何というお花でしょうか。


 夢中になって撮っていましたが、ずいぶん気温も高くなり日差しもきつくなってきました。
でも、来てみてよかったな、ちょっと満足しながらも早々に引き上げました。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加