柄目木庵

良寛さまに思いをよせながら。

気付けばもう10月

2016年10月01日 | お出かけ
 ちょっと気を抜いていたら、なんと今日から10月、でした。
今朝ほどの我が散歩道は、あちらこちら秋の草花で満ちていました。


 
少し日にちが経ってしまっていますが、9月22日(お彼岸の中日)のことになります。
いつもなら秋分の日というのは、お天気が良い日のはずでした。

 しかし、この日男女3人を載せた車は時々雨模様の道を「南魚沼市(六日町)」へと関越高速道を走りました。
高速道を降りてから向かった先は、「トミオカホワイト美術館」でした。
美術館の作品群も、もちろん期待していましたが、私たちは思いがけない「雲と霧の八海山」というドラマチックな光景で歓迎されたのです。














 目の前に展開するシーンに美術館での鑑賞もそこそこに、外に飛び出して再び目の前のドラマの撮影でした。
霊峰「八海山(1,778m)」は昔から信仰の山であり、今では清酒の銘柄でも有名です。

 何年も前になりますが、私と家内とロープウェイから頂上近くの「千本ヒノキ小屋(9合目)」まで登っていました。
そのとき同行した家内JE0BFJがハンディー機で、八海山頂上からですと電波を発射。すぐさま、そこはまだ頂上ではありませんよ、
と応答があったりして、記憶に残る楽しい登山でした。

 私たちは、美術館からその日の宿「舞子高原ホテル」に向かうこととしました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お彼岸も過ぎて

2016年09月28日 | 日々これ好日
 このところ「彼岸花」がたくさんアップされているFacebookです。
お彼岸も過ぎ、お墓参りも済みました。ひとつ気がかりは一生懸命に咲いている彼岸花を、私はまだ撮っていないことでした。

 幸い、例年ご自宅の庭にたくさんの彼岸花が咲く家のご主人から、今年も咲いていますよ、と声をかけていただきました。
実は、このお宅には「白い彼岸花」も咲くのです。いつも、その撮影を楽しませていただいていました。














 この日の撮影は、朝のひとときだったのですが、お昼頃もう一度お邪魔してみました。
それはクロアゲハなどの蝶が飛来してくれるかな、という期待感からでした。
しかし、残念ながら風もそこそこ強くて、この日、ついに蝶は姿を見せませんでした。
そのかわり、お花の上でちゃっかり休憩しているカエルさんがいました。よほどお気に入りなのかぜんぜん動きませんでした。

 私が、じっとアゲハチョウを待っていると、その家のご主人が椅子を持ってきてくださいました。
いやー、撮影にどうぞ、だけでなく、このような気配りをいただきました。ご近所というのはいいものですね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

松之山美人林へ

2016年09月26日 | お出かけ
 「貞観園」を後にして、私たち「秋葉写真クラブ」一行の車は、降ったり止んだりの雨の中を進みました。
途中、道の駅「じょんのびの里高柳」や「茅葺の里」を訪ねるが、写欲をそそられるようなこともなく、ほぼ通過。


 やがて、「鯖石川ダム」を通過すると十日町市に入りました。
途中から「稲刈り前の棚田」の光景が次々と出てくるけど、会員からは「車ストップ」の声もかからず。ちょっと残念でした。

 私も始めて通る道・ナビ推奨の道を「松之山・美人林」に向かってアップダウンの激しい道を走りました。
到着すると、まずは休憩・昼食となりました。
お腹が減っていたのでしょうか。満たされると俄然元気が出たようです。

 また、神奈川からですという観光のグループの方々に声をかけられたりして、かっこいいとこも見せなくちゃあ!と言うのでしょうか。
みなさん、小雨の降る「美人林」の中に、勢いよく飛び込んでいきました。














 美人林のなかに足を踏み入れるころから、雨は本降りとなってきました。
ほんとは、まさに予報通りではありました。

 私は「NIKON1J5」の小型一眼にハンカチをかぶせて雨に濡れることを防ぎながらの撮影でした。
この雨の薄暗い木立の中、細いブナの木の乱立状態と雨に濡れる木肌の表現を心がけてみました。

 そんなに広くはない美人林の中ですが、撮影をしている間に仲間の声も聞こえないところまできてしまっていました。
慌てて、確かこの方向だよな、不安な思いで歩き続けようやく時間ぎりぎりに戻ることができました。
いやー、冷汗びっしょりでした。

 さてさて、残すは津南の「竜が窪」でしたが、全員で協議しました。
台風16号がらみの本格的な雨が予報されているので、本日はここまでとしましょう、衆議一致。
賢明な選択であったと、今でも思っています。無事帰り着きました。「竜が窪」を訪ねる楽しみを残しておきました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

貞観園へ 2

2016年09月24日 | お出かけ
 今日は24日(土)、このところ「ぐずついたお天気」続きでしたが、今朝ほどは久々の陽ざしでした。
しかし、やはり午後からは曇り空、やがては雨になるのでしょうか。

 さてさて、ようやく少し落ち着くことができています。
20日の「秋葉写真クラブ」の撮影会の続きを載せようと思います。
あいにく、ときどき雨となるという雨交じりの日でした。

 思いがけず車のナビが、「貞観園」なるものが通り道にあることを教えてくれたのです。
柏崎市高柳を通過中のことでした。それは、とてもラッキーなことでした。
知る人ぞ知る名園「貞観園」でした。でもこの日はなんと休館日だったのです。

 それでも、外回りの「お濠」の風情に惹かれました。最初はモノクロームで挑戦していました。
しかし、この豊かな彩をそぎ落とすことは、せっかくの風情の表現ができないと思い「カラー表現」に切り替えました。


 同じ切り取りを前回は「モノクロ」で紹介していました。そして「カラー表現」のすばらしさも味わいました。








 残念ながら、外回りだけで庭園内に入れなかったのは、誠に残念でした。いつか、機会があるといいのですが。
このあと、私たちは「茅葺の古民家」のある集落を訪ねることになっていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貞観園へ

2016年09月22日 | お出かけ
 このところ連日、暇がありません。
写真の整理も出来ずBLOGへの投稿もままならず、です。きょうも大急ぎで出かけます。

 それでも、20日(火)、私たち「秋葉写真クラブ」は台風16号の雨や風を心配しながら、早朝に集合出発でした。
写真撮影大好きシニアのグループですから、まあ、とにかく出かけたのです。

 柏崎「高柳」、松之山「美人林」、津南「竜が窪」を巡る予定です。
最初の高柳への直前「貞観園」と言う案内板を発見。寄り道でしたが、これが大いに収穫ありでした。




 とにかく、今日はもうお出かけの時間です。この続きや詳しくはいずれアップしたいと思っています。
今日はここまでです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加