柄目木庵

良寛さまに思いをよせながら。

大雪になりました2

2017年01月16日 | 日々これ好日
 今回の寒波で金曜日(13日)から降り始めた雪も、昨日(15日・日曜日)、ようやく一息ついたようです。
けさほども、お日さまも顔をのぞかせたりしています。

 そこで、積雪もピークであったであろう我が家のようすです。いずれも昨日の様子です。
我が家はご近所からの落ち葉なども吹き寄せられる場所のようです。
今回の積雪も、我が家には特にたっぷりの積雪になったように思っています。

 下の一枚目の積雪の様子は、前回の記事で3枚連続で紹介していた場所の写真なのです。トンデモナイ積雪状況にびっくりなさることでしょう。


 一気にこんなに積もってしまった経験と言うのは、ここに住んで初めてのような気がします。記録写真としても貴重だと思っています。












 ほんの一週間前の「賽の神行事」では、雪のない状況を嘆いていました。そして今は、たっぷりすぎる積雪に戸惑ったり、おかしいよね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大雪になりました

2017年01月14日 | 日々これ好日
 典型的な冬の気圧配置が続き、等圧線が縦になっているようです。
やはり、季節は廻りきっちりと冬が来たと言う感じです。ほっとする半面、やれやれという気持ちもありますね。

 今朝ほどは、音のない静かな朝でした。こんな時は雪がどっさり降り積もった朝なのが、窓のカーテンをを開けなくてもわかるんですよね。
いつものように、ごみステーションにゴミ出しです。表通りは消雪パイプの威力で、車がスイスイです。
ところが、我が家の玄関から一歩外に出て愕然。アプローチから駐車場までが、まさに雪をラッセルして進まねばなりませんでした。






 じつは、昨日からまず雪は降りやむことなく降り続けていました。
昨日、私は午前、午後、夕方と同じ場所を撮っていました。降雪と積雪の激しかったことが、3枚に記録できていました。






 雪は、昨夜以来、今日の午前中までも降り続きました。その結果が今日の記事の最初の3枚になります。
さいわい、今日の午後、降雪はちょっと休憩のようです。
受験生の孫も、無事センター試験会場に到着できたようです。明日も降りそうです。心配しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒波襲来です

2017年01月11日 | 日々これ好日
 やはり雪が降らないと不安になってきていました。
この時期、雪がないなんて、調子が狂ってしまいます。これから一週間ほど日本列島には寒波襲来とか。

 まとまった降雪、積雪となるのでしょうか。
朝食時に外を見るとチラホラ、白いものが。それから、小止みなく「ちらちら」と降っているのですが、まだ地面が暖かいのでしょうか、
あまり積もりません。でも、待ちかねてカメラを持って、外に出てみました。










 午後になって、雪の様子をもう一枚、でもあまり積もってはいませんでした。


 雪が降ったせいでしょうか。気持ちが落ち着いてきて、引継ぎをしなければならないグループ(会)の書類整理などができました。
いままで、さっぱりその気になれなかったのに、不思議です。僕はきっと「雪国の人」なんだな、きっと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

賽の神

2017年01月09日 | 日々これ好日
 
今年は、例年と違ってまったく雪のない状態で、地区の行事「賽の神」が行われました。昨日(8日・日)のことでした。

 午後になると、近所の子供たちや親子ずれが続々と、雪のない田んぼの一角に集まってきました。
手に手に、「スルメ」を針金でつるした竿を手にしています。

 新年を期して選手交代する旧い「神棚のお札など」が括り付けられて「賽の神」がしつらえられていました。
厳かに神事の後、火が放たれました。激しい白煙状態から、一気に燃え上がりました。


 やがて火勢も衰えてくると、老若男女、それっとばかりに「つるしたスルメ」を火にかざします。












 なんとも素朴な光景です。やはり大切にしたいものの一つですね。
祖父母に手を引かれて「賽の神」へ。
このような体験は、その子にとって「香ばしいスルメ」の味と共に生涯に残る記憶財産となるのではないでしょうか。
「豊かさ」っていうのは、きっとこんなことを言うのではないかな。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

小寒だそうです

2017年01月06日 | 日々これ好日
 
昨日の書きかけの記事を完成しないままに、閉じていました。
今朝(6日)ほどは地面がうっすらと白くなっていました。今年の初めての雪でした。新雪もいいものです。
まあ、昨日の記事をそのまま載せることにします。
 長男家族も帰り、ようやく年賀状の整理を始めたのが、昨日からでした。
----------------------------------------------
 今日(5日)は、小寒だそうです。これから寒さ本番ですよ、と言うことでしょうか。

 いつものように、朝のゴミ出しに行くと、強烈な茜色の雲が出ていました。いそいでカメラをとりに帰りました。
そして、さすが「小寒の日」でした。ぐっと気温も下がり寒い一日となりました。
しかも、陽ざしが出たり、霰が降ったり、めまぐるしくお天気が変化しました。


 新津川にかかる名もない小さな橋、これが私のウォーキングの起点です。
その日の気分で上流に歩き出したり、下流方面に歩き出したり、右岸、左岸、気分任せで選びます。


 この日は、左岸を上流方面に歩き出しました。すぐに「山茶花」ロードともいうべき山茶花の垣根が数百メーター続きます。





 およそ3,000歩で、小さな「太鼓橋」。この橋で折り返したり、渡って反対側の遊歩道に移ることもあります。


 この冬枯れの時期に、お花の彩を見つけるととても和みます。




 それでも6,000歩のウォーキングとなりました。これからの季節、外を歩ける日も少なくなることでしょう。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加