柄目木庵

良寛さまに思いをよせながら。

暑中お見舞い

2016年07月29日 | 日々これ好日
 このあたりでは22日(金)に梅雨明けがありました。さすがに連日の猛暑です。ちょうど一週間が経ちました。

 私の場合、なんだかんだと言いながら、すでに3回も「暑気払い」の席に出席でした。
実は、今日は「PHOTOグループf」の「北越銀行・新津支店ギャラリー」で作品展示の作業があります。
8月いっぱいの展示となります。
たぶん、その後当然「喉越しの泡」で乾杯となるはずです。まさに暑気払いですね。ゴクン!

 我が家の「お茶の間」には、せめてもの涼しさを演出しようと「水や滝の流れ」の作品を飾っています。


 水やりを忘れて気の毒なほど萎れさせてばかりの「ミニトマト」です。
その隣の「アサガオ」の蔓が伸び放題、ミニトマトにまで絡みつき、朝顔とミニトマトの花が一緒に咲いていました。






 私の「お休み前のひととき」、枕元にある本の数ページで眠りに入ります。
読み方としては、大変不遜で申し訳ないのですが、目下のところは「金安 生三著・空海」です。
間もなく「空海入滅」のクライマックスになるところあたりまで、読み進んきました。大作なのです。

 じつは「金安 生三」さんという方は、三条時代の私の小学校の同級生です。
彼の人生の後半は、著述に没頭する生活となっているようです。こういう素晴らしい生き方もあるのだと感服しきりなのです。
彼は、平成9年に「一天二日 最澄と空海」と言う大作を著していました。その後、しばし研究考察構想の時があったようです。
平成21年に「平城(なら)物語」を、さらに平成24年に「聖徳太子」を著しました。

 そして、今回(平成27年)は改めて「空海」を追求・研究してみたわけです。
その筆致はいよいよ冴えてきて、読むものを感動に引き入れてしまいます。
出版のたびに、私に送っていただいています。お返しとて何もない私ですが、せめて彼の「ロマンの世界」を共有しようと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

作品準備

2016年07月26日 | フォトギャラリー
 8月に入ると、私の関係している「写真展示」の機会が何度かあります。
そのための作品選択や印刷、最後のキャプションつくりなど、その準備に追われています。

 今回は、季節的にも「さわやかさ や 涼しさ」を感じるような写真を選んでいる自分に気付きます。
ちょっと余裕の枚数の作品を選んでおきました。自分では甲乙つけがたいのですが、今日は、その中から余裕の作品を載せてみました。

 十日町市松代の「芝峠温泉・H雲海」での、それこそ「雲海撮影」の作品の中から「明け行くまつだい」です。




 「秋葉写真クラブ」の皆さんとの撮影会「阿賀町・大尾の不動滝」でした。
NDフィルターを忘れて「ISO100、f32」にするも1/6秒にしかなりませんでした。苦しい撮影でした。


 8月のあちこちでの「展示会」では、上記の作品と似たような写真になりますが、選択して準備しておきました。
いずれブログ「柄目木庵・収蔵庫」の方にアップすることになります。
その節は、こちらからご案内をしたいと思っています。どうぞ、よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨も明けて

2016年07月24日 | フォトギャラリー
 このところ梅雨も明けたようです。爽やかですが陽ざしの強さと暑さは本格的な夏!のようです。
22日(金曜日)あたりから梅雨明けを思わせるお天気でした。関東地域より一足早い梅雨明けは珍しいのだそうです。

 その日の夕方、部屋の中に差し込んだ夕日が、押し入れのカラカミに花瓶の花のシルエットを映し出していました。
遊び心でカメラを準備、何枚か撮ってみました。






 昨日も良いお天気、窓の外に鮮やかに光る「もみじ葉」の緑。これまた、窓から身を乗り出してカシャリ。








 光あっての写真、久しぶりに原点的な光景にしばし遊んでみました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JARL新潟県支部大会

2016年07月21日 | アマチュア無線
 数日前から、このところ毎朝我が家の朝顔の花が咲き続けて、さわやかな朝のプレゼントをいただいています。
じつは、今年は昨年の「アサガオの種」を大切に保管しておきながら、蒔くことを忘れていたのです。
プランターの一つにアサガオの芽が出たときにはびっくり、昨年の種がプランターの土の中で待機していたのでしょうね。
これって、感激ですよね。水やりを忘れないように大切に育てています。ありがとう、です。






 先日17日(日)、私は遅刻を承知で「小千谷市」に向けて車を走らせました。
この日は、「第44回JARL新潟県支部大会(おぢや鯉鯉(こいこい)大会)」でした。
新津クラブの有志は昨夜から泊まり込みで参加したり、何人かは早朝にもう車で出かけていました。

 この日ばかりは、私の車の無線機から無線家の交信が入ってくるものと期待しながら走っているのに、まったく入感なし。
それでも、会場の「小千谷市民学習センター」に到着。型通りの大会進行が行われていました。






 私は、かつての「新潟県支部長」のときに「小千谷クラブ」の皆さんからの大きな協力をいただいてきていました。
ところが今回のホストクラブは「小千谷クラブ」ではなく、「小千谷クラブ」はJARL登録クラブとして載っていませんでした。
「小千谷クラブ」のあのOMたちの姿がないのです。会いたかった、チャットを楽しみに馳せ参じたJA0AAQでした。

 あまりにも時代の動きが大きすぎます。新潟県を代表していた「小千谷クラブ」はどうなったのでしょうか。
私としては、いたたまれないほどの悲しさと言うか、午前の部が終わる前に、こっそり会場を抜けて帰路につきました。

 そういえば、私の車「WISH」につけているアマチュア無線の小さなアンテナ、次回は、これがついていると「車検」が通りません。
そんなことを言われていたことを思い出しました。
もはやハムの無線通信は、せいぜい「WiFi」の無線で「インターネット通信」に交代したのですね。
まあ、いまさら何を言っているんだ!てなことでもあるでしょうか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「たきがしら湿原」撮影会

2016年07月19日 | フォトギャラリー
 私たち「秋葉写真クラブ」では、年間行事計画にある撮影会に行ってきました。
12日(火)、49号線を走り「阿賀町」の「大尾の不動滝」と「たきがしら湿原」を目指しました。
曇り空でとても蒸し暑い一日でした。

 49号線を離れ、車はぐんぐん山間部に入っていき、ようやく「大尾の不動滝」の案内板を発見。
徒歩7分とありました。私の不如意の足では倍の15分くらいかかるかな。そんな思いで歩き出しました。
途中から足場の悪い岩場のような道をようやく20分ほどで到着しました。

 すでに仲間たちは、しかるべきポイントに三脚を立て撮影に夢中でした。
私はようやく大きな岩場に三脚を立てることができましたが、足元の渓流を試し撮りしてみると、すべて白とび黒つぶれとなりました。
気を取り直し、カメラの設定をやり直しますが、「はっ!」と気付くと「NDフィルター」の装着を忘れて来ていました。
もう、仲間たちは引き上げはじめました。いやー、焦ってしまいました。まあ、今回は失敗!いつかこの経験を生かそう!。
三脚をたたみました。








 気を散り直し、気分を落ち着かせていると「たきがしら湿原」に到着。
ここは、かつては山間地の田んぼだったとか。湿原にして地域の観光資源にもしているところです。
思っていたほどには湿原の植物・お花が寂しい状態でした。




 湿原の水を集めて流れ出す出口に、人工的な小さな滝がありました。
せめてものリベンジと思い、必死にカメラの手振れを抑えながら、何枚か撮りました。




 じつは、かつて今回の撮影ポイントの2か所には来たことがあったのです。
「大尾の滝」も「たきがしら湿原」も、それなりにうまく撮っていた気がします。
とくに地元の「七福神まつり」などもあり、もう少し華やかな光景が撮れていたように思います。
避けられない「体力不足」を補う工夫や「切り取る」センスを磨かなければならないと痛感しているところです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加