itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東野圭吾『容疑者Xの献身』

2006年04月12日 22時19分49秒 | 書評(東野圭吾)
容疑者Xの献身

文藝春秋

このアイテムの詳細を見る


今回は、東野圭吾『容疑者Xの献身』を紹介します。本書は、直木賞の受賞作ということで、結構評価が高いとおもいますが、私は普通に面白いとは思いましたが、そんなに評価が高いと言うことに驚いています。私は、本書よりも白夜行のほうが好きですね。

帯に「これほど深い愛情に、これまで出会ったことがなかった。」とある。私はそのようには理解しなかった。むしろ、ストーカーのように付きまといながら、靖子を見守っているとさえ思える。靖子を見守ることを、「献身」という言葉で表しているんだろう。私なら、石神のような見守られ方ならば「きもい」と思うだろう。

本書の簡単なストーリーを述べる。靖子の元夫富樫を靖子が殺したことを偶然知った数学教師石神がアリバイ工作を考えることで完全犯罪を目指す。ある日、石神の旧友である湯川が完全犯罪に挑むことになる。完全犯罪を崩したキーワードは「思い込みによる盲点を突く」である。

結論を見てみると、やっぱり石神も靖子も同罪だと思う。靖子をかばおうとした石神に深い愛情があったとしても、やっぱり純愛だなあとは思わなかった。石神は、靖子という女性のおかげで生きがいを感じている。それはいいのだが、石神の自分勝手の思い込みに対して石神も靖子も運命共同体になってしまったという感じだ。靖子は、自ら自首をしたほうが、正当防衛が認められて罪が軽くなるんじゃないかな。私はものすごく現実主義すぎるかな???。

<参考リンク>
著者に聞く

以下は、物理学者湯川学シリーズ
探偵ガリレオ

文藝春秋

このアイテムの詳細を見る

予知夢

文藝春秋

このアイテムの詳細を見る
『本』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHKの不祥事について | トップ | あざ【痣・黶】 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (musagoro)
2006-06-13 18:29:05
こんばんわ

TBありがとうございます

うーん、なるほど。読んでいると石神に感情移入してるのでなんとも思わなかったけれど何も知らない靖子たちにしたら怖かったかもしれませんね。

最後のコメント・・一緒のこと思いました。でも、それだと物語りにならないなと自分を納得させました。

こちらからもTBさせてくださいね。

Unknown (みづき)
2006-06-13 23:06:27
こんばんは。

トラバありがとうございました。



そうですね・・・。

私は石神さんのこと素敵だなぁと思ったのですが、靖子の観点からすると、複雑ですよね。

本にのめりこみすぎて、どうも石神さんよりの立場になっちゃいました。



こちらからもトラバさせていただきます!!
コメントの返事 (itchy1976(当サイト管理人))
2006-06-14 05:20:43
・musagoro様コメントありがとうございます。

私があまりに現実を見ていたんでしょうね。確かにも物語にならないですね。



・みづき様コメントありがとうございます。

石神の立場には立てませんでしたね。実はストーカーなのではとおもいました。どうしても、靖子の立場で見てしまいますね。



それでは失礼します。
Unknown (藍色)
2006-06-14 18:01:23
itchy1976さん、こんにちは。

トラバありがとうございます。

なかなか厳しい見方ですねー。

確かに自ら自首をしたほうが、罪は軽くなるでしょう(笑)。

私はトリックのすごさにあ然、でした。



また、合う記事がありましたらお気軽にコメント、トラバをどうぞ。

過去分でもお受けしますよ。
TBありがとうございました (maskao)
2006-06-14 22:57:36
こんにちは。TBありがとうございました。こちらからもTBさせていただきますね。

私はこの本を読むまで東野圭吾の本の中で白夜行が一番好きでしたが、容疑者Xも同じぐらい気に入りました。が、確かに冷静に考えると「きもい」かも。。。ラストはitchy1976さんの意見に私も賛成です。
コメントの返事2 (itchy1976(当サイト管理人))
2006-06-15 07:48:52
・藍色様コメントありがとうございます。

確かに、トリックがすごいなあとは思いました。あのトリックのすごさのおかげで、物理学者の湯川の登場となるわけですね。



・maskao様コメントありがとうございます。

確かに、われに返りすぎたから、本書の面白さにあまりのめり込むことができなかったんでしょう。決して本書の評価が悪いわけではありません。



それでは失礼します。
こんばんは。 (asitahatennki)
2009-08-30 03:24:48
TBありがとうございました。

この本を読んで
大分時間がたってしまっていましたが
itchyさんのおかげで
思い出すことができました。


あの時は感情移入をしすぎてましたが
今 冷静になってみると
この愛も 少し歪んだものだったんですね。

私も白夜行、とても面白かったです。
Re:こんばんは。 (itchy1976(当サイト管理人))
2009-08-30 04:08:26
asitahatennki様コメントありがとうございます。

あんまり、現実のことを考えたり、冷静な目で見すぎるのは小説を楽しむという点ではふさわしくないんだろうと思います。素直に、小説の世界をたのしむべきなんでしょうね。

それでも、恋愛の形としては、多少気持ち悪いなあと思いました。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
◎◎「容疑者Xの献身」 東野圭吾 文藝春秋 1680円 2005/8 (「本のことども」by聖月)
 天才物理学者湯川と警視庁の草薙が事件に挑むシリーズ第3弾なのだが、一作目『探偵ガリレオ』や二作目『予知夢』とは趣を異にする深い味わいの一冊である。単独作として読んで問題ない。ミステリーとしては今年のこのミス1位であろう。エンタメ小説としても、か ...
東野圭吾のことども (「本のことども」by聖月)
  ○ 『天空の蜂』 ◎◎ 『名探偵の掟』   × 『探偵ガリレオ』   △ 『秘密』 既読書評なしm(__)m ◎◎ 『白夜行』   ○ 『嘘をもうひとつだけ』 既読書評なしm(__)m   ○ 『予知夢』   △ 『片想い』 既読書評なし   ○ 『超・殺人事 ...
「容疑者Xの献身」東野圭吾 (本を読む女。改訂版)
容疑者Xの献身発売元: 文藝春秋価格: ¥ 1,680発売日: 2005/08/25売上ランキング: 262おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/01/12 1月12日時点の感想。 感想の前に。直木賞獲れますように。神様仏様渡辺様。どうか直木賞をこの本に、 よろしくお ...
『容疑者Xの献身』 東野圭吾 文藝春秋 (みかんのReading Diary♪)
容疑者Xの献身 『探偵ガリレオ』『予知夢』のガリレオシリーズの3作目。 今回は初の長編となっている。 高校教師を務める石神はかつては天才数学者と噂されていた人物。その彼の住むアパートの隣人女性に想いを寄せていたがその女性親子が犯罪を犯してし ...
『容疑者Xの献身』東野圭吾 (ひなたでゆるり)
容疑者Xの献身東野 圭吾文藝春秋2005-08-25by G-Tools 数学だけが生きがいだった男の純愛ミステリ 天才数学者でありながらさえない高校教師に甘んじる石神は愛した女を守るため完全犯罪を目論む。湯川は果たして真実に迫れるか まさに献身-純愛とはこういうも ...
『容疑者Xの献身』 オタクの深情け (粗製♪濫読)
著者:東野圭吾  書名:容疑者Xの献身 発行:文芸春秋 叙述度:★★★★★ 何を書いてもはずさない東野氏の新刊は、物理学者VS数学者の知恵比べ。 金をせびりにきた昔の夫を殺してしまった母と娘。母の方に好意を持っていた隣人、数学教師の石神はそ ...
(書評)容疑者Xの献身 (たこの感想文)
著者:東野圭吾 天才数学者と言われながらも、現在は高校の数学教師になっている石神
『容疑者Xの献身』東野圭吾 (ほんだらけ)
容疑者Xの献身 東野 圭吾 2005年 文藝春秋 ★★★★★  純粋なんですよ。石神という男はね。彼の求める解答は常にシンプルです。いくつかのものを同時に求めたりしない。そこに到達するために選ぶ手段もまたシンプルです。だから迷いがない。少々のこ ...
【読んだ本】容疑者Xの献身/東野圭吾 (こばけんdays)
「さすが!」というほかない本格ミステリー。 トリックも相当練り込まれていて、 最後の最後まで真相が解りません。 しかも「純愛ミステリー」と呼ぶに相応しく、 主人公の数学者・石神がみせる愛のかたちに涙します。 “読ませる”本格ものを読みたい人には ...
「容疑者Xの献身」 (柚子すき毎日)
容疑者Xの献身 東野 圭吾 なんてこと- 母娘に付きまとう元夫。そんな元夫を殺してしまう母娘。 隣人であり高校で数学の教師をしている石神はそんな母靖子に想いを密かな寄せている。彼は刑事草薙とともにいくつもの難事件を解決している大学の助教授で ...
容疑者Xの献身 (みるき~うぇい)
文藝春秋より¥1680で発売中 第134回直木賞受賞作品 <あらすじ> 天才数学者でありながらさえない高校教師に甘んじる石神は愛した女を守るため完全犯罪を目論む。湯川は果たして真実に迫れるか 東野さんが「自分が今まで書いてきた作品の中でまちが ...
【BOOK】容疑者Xの献身 (思いつくままに)
著者:東野圭吾 発行:文藝春秋 価格:1600円+税 新作が出ているのを見つけて、思わずその場で買ってしまいました。 感想: 物理学者の湯川と刑事の草薙のコンビが出てくる小説はこれまでにも 何冊か出ているんだけど、読み進めてしばらくするまで、そのシリー ...
容疑者Xの献身/東野圭吾 (ホトケの読了book  南無阿弥陀仏)
物理学者湯川学シリーズの最新作。 数学教師の石神は隣室に住む母子の犯した殺人を知り、隠蔽工作を行う。 警察や大学時代の盟友、湯川の追及から逃れ、犯罪を隠し通し母子を守りきることができるのか。 作家さんが自薦されるだけあって、非常に完成度 ...
「容疑者Xの献身」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
ゴールデンイーグルスの田尾監督が、今季限りで解任される事となった。3年契約で在りながら、1年目で切り捨てられた訳だ。契約期間中に監督が解任される事自体は、過去にも多く見られた事だが、1年目での解任となると極めて異例と言えるだろう。 以前にも記事 ...
容疑者Xの献身 (たか@ヒゲ眼鏡の探偵小説趣味(古典派宣言))
容疑者Xの献身  を読む。東野圭吾の探偵小説。名探偵役は、湯川学。  東野圭吾の作品を読むのは初めてです。この間この作品で直木賞を取りましたね。  ちなみに、東野の作品に『探偵ガリレオ』というのがあるのは知っていたのですが、湯川学はこのガリレオか ...
容疑者Xの献身、東野圭吾 (粋な提案)
装幀:石崎健太郎。2005年ミステリ各賞1位。第134回直木賞受賞作。 「ゲームの名は誘拐」「トキオ」「レイクサイド」など作品が立て続けにドラマ化、映画化されている著者
容疑者Xの献身 (<花>の本と映画の感想)
容疑者Xの献身      東野圭吾著 文藝春秋 2005年8月 お弁当やで働く靖子に思いを寄せる高校教諭石神。 靖子と娘が、殺人を犯してしまった事を知った石神は、二人を助けようとアリバイ工作をする。 きびしい警察の追及に見破られないのは ...
「容疑者xの献身」(東野圭吾) (まあぼの交差点)
図書館にリクエストをして待つこと4か月強の東野圭吾の「容疑者xの献身」だったが,読み始めから読み終わりまではあっという間だった。待っている間に直木賞まで受賞してしまったので,結果的に「受賞作」を読むことになったが,これは自分としては非常に珍しい ...
『容疑者Xの献身』東野圭吾 (よむみるひび)
文藝春秋 2005 [評価][:星:][:星:][:星:][:星:] 読んだ人から「いいよ!」と薦められていたので、読もう読もうと思っているうちに受賞してしまいまして、図書館から連絡はまったく来ず、ようやっと仕事仲間から借りることができました! 簡単あらすじ ...
東野圭吾 『容疑者Xの献身』 (映画な日々。読書な日々。)
東野 圭吾 容疑者Xの献身 数学だけが生きがいだった男の純愛ミステリ 天才数学者でありながらさえない高校教師に甘んじる石神は愛した女を守るため完全犯罪を目論む。湯川は果たして真実に迫れるか。 図書館の予約がなかなかまわってきそうもなかった ...
容疑者Xの献身 (ろばみみ、さるみみ、mimiのみみ)
「容疑者Xの献身」 東野圭吾 高校の数学教師の石神は、アパートの隣人の靖子に密かに恋心を抱いている。 ある日、靖子は部屋を訪ねてきた元夫の富樫に復縁を迫られ、はずみで富樫を殺してしまう。 そんな靖子に石神は犯罪の隠蔽工作を買って出る。 そのトリック ...
容疑者Xの献身 (Fの系譜 ~浜松在住~)
久し振りに一日で小説を読みきった。 「容疑者Xの献身 東野圭吾」(8点/10点満点) 本ミス1位 このミス1位 ミステリチャンネル6位 ダヴィンチ・ミステリー部門1位 ここまで、今年のミステリーランキングを独占しておいてつまらないわけがない。 ...
『容疑者?の献身』 東野圭吾 (たまらなく孤独で、熱い街)
東野 圭吾 容疑者Xの献身 (文藝春秋社) 初版:2005年8月30日         去年購入したのですが、熟成させよう(?)と書棚に突っ込んでおいたら見事に熟成しましたね。 『このミス2006年版』で、ぶっちぎりの1位。 さらに、直木賞まで ...
東野圭吾の「容疑者Xの献身」を読んだ! (とんとん・にっき)
著者の東野圭吾は、略歴によると、1958年大阪生まれ、大阪府立大学電気工学科卒業。「放課後」で江戸川乱歩賞、「秘密」で日本推理作家協会賞を受賞、とあります。作家には珍しく、工学系の出身なんですね。そう、ミステリ作家、東野圭吾の代表作?と言われている ...
東野圭吾【容疑者Xの献身】 (ぱんどら日記)
表紙がいい。 黒地に深紅のバラ一輪。 シンプルで美しく、どこか哀しげな感じ。この小説の世界をうまく表現していると思う。 本の帯に「命がけの純愛が生んだ犯罪」とあるが、「純愛」なんて手あかがついた言葉を安
「容疑者Xの献身」 (月灯りの舞)
容疑者Xの献身? ? 東野 圭吾:著 ? 文芸春秋/2005.8/1600円 ?数学だけが生きがいだった男の純愛ミステリー。 これほど深い愛情に、これまで出会ったことがなかった。 いやそもそも、この世に存在することさえ知らなかった。 運命の数式。命がけの純 ...
幾何の問題に関数の解法で臨む愚か (MESCALINE DRIVE)
東野圭吾「ガリレオ」シリーズは、つい先達て単行本が2冊同時に刊行となった。私は『探偵ガリレオ』から『容疑者Xの献身』まで文庫本で揃えているので最新刊は文庫落ちを待つつもりだ。とは云っても、石神の事件の後の湯川や草薙の消息は気になる。ああ、悩ましい。
容疑者Xの献身/東野 圭吾 (日々の記録)
ドラマ「ガリレオ」がいい感じだったので、東野圭吾さんの作品で話題になっている「容疑者Xの献身」を読んでみました。 最初は「ガリレオ...
「容疑者Xの献身」【本】東野圭吾 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
歯車の使い道を決められるのは歯車自身だけ。 東野圭吾著「容疑者Xの献身」
容疑者Xの献身 (Yuhiの読書日記+α)
東野圭吾さんの本は自分でも結構持ってるし、新作が出ればすぐに読んでいるのですが、今回の本は直木賞受賞作ということで、ますます期待して読みました。 実はこの本を読む前に、「純愛小説だ」というような話を聞いていたのですが、純愛ものより普通のミステリーの方が...
東野圭吾  容疑者Xの献身 (マロンカフェ ~のんびり読書~)
今頃・・・という感じですが、やっとこの本を読みました。(^^;ゞ 第134回直木賞受賞作。 天才数学者でありながら不遇な日日を送っていた高校教師の石神は、一人娘と暮らす隣人の靖子に秘かな想いを寄せていた。彼女たちが前夫を殺害したことを知った彼は、二人を救うため...
「容疑者Xの献身」  東野 圭吾 (ルナのシネマ缶)
ガリレオシリーズの 3作目で、いままでの 短編とはちがい、 これは長編です。 既に映画化されることが 決定しているようです。 なんだろうなぁ~これはいままでのシリーズと ちょっと違う種類の推理小説になっています。 まず、事件の根底が化学がらみではない...
『 容疑者Xの献身 』  東野圭吾 (私の気ままな部屋 - ♪asitahatennki♪)
ズーっと読みたかった本でした。 図書館の順番待ちも300人から・・・ それでも4ヶ月待ちましたが、まだ130番目・・・(~_~;) とうとう 待ちきれず購入・・・ 東野圭吾は 私の好きな作家の一人です。 『白夜行』『秘密』『さまよう刃』『天空の蜂』etc・・・ と感動の...
「容疑者Xの献身」東野圭吾 (俺の明日はどっちだ)
天才数学者でありながら,否だからこそ?高校の数学教師をやっている主人公の石神。そんな彼の前に現れた女性に対しての究極の片想い、究極の献身ぶりをミステリー仕立てで読ませる恋愛小説。 さすが東野圭吾というべきか、一気に読ませるストーリー展開の面白さ、魅力溢...
容疑者Xの献身 (Akira's VOICE)
東野圭吾 著
隣人Xの犠牲~『容疑者Xの献身』 (真紅のthinkingdays)
 天才的な数学の才能を持ちながら、高校教師として不遇な日々を送る石神。 孤独に生きてきた彼はある日、アパートの隣室に住む母子が、し...
「容疑者Xの献身」東野圭吾 (本のある生活)
容疑者Xの献身 待ちに待ったこの1冊が、とうとう回ってきました。東野さんの本は、読みやすくて、遅読の私でもどんどん読めてしまうのだけれど、これはもうページを繰る手がとまりませんでした。仕事が忙しくて時間がなかったのに、気づいたら1日で読了してました。...
「容疑者Xの献身」東野圭吾 (りゅうちゃんミストラル)
先日、東野圭吾の「容疑者Xの献身」を読んだ。(この記事には一部ネタバレがある)      探偵ガリレオシリーズは、以前「探偵ガリレオ」「予知夢」の2冊を読んだ。この件については以下の記事に書いた。「探偵ガリレオ」「予知夢」東野圭吾「容疑者Xの献身」は第1...
容疑者Xの献身 (東野 圭吾) (花ごよみ)
  運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪。  これほど深い愛情に、  これまで出会ったことがなかった。  いやそもそも、この世に存在することすら知らなかった。 男がどこまで深く女を愛せるものか。  どれほど大きな犠牲を払えるものか――。 ...
『容疑者xの献身』 東野圭吾 (【徒然なるままに・・・】)
結局「探偵ガリレオ」シリーズの内、文庫で出ている作品は全部読んでしまいました。 前2作とは違って、こちらはシリーズ初の長編作品だとか。 湯川と草薙のコンビが難事件に挑むというスタイルは変りませんけれども、これまでの作品とは随分と趣が違います。オカルトじ...
容疑者Xの献身〔東野圭吾〕 (まったり読書日記)
容疑者Xの献身東野 圭吾文藝春秋 2005-08-25売り上げランキング : 1178おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ★「週刊文春 ミステリーベスト10」国内編第1位 ★「このミステリーがすごい」国内編第1位 ★「本格ミステリベストテン」国内編第1位 天才...
「容疑者Xの献身」東野圭吾 (雑板屋)
【自主的で献身的な愛に泣く・・・】 今秋は、まるっきり個人的に‘東野圭吾祭り’と題し立て続けに氏の著書を読み、心から楽しんだ。 「容疑者Xの献身」は、まさにその祭りの最後を迎えるに最適な素晴らしい長編であった。 今作にも登場のメインキャラである湯...
容疑者Xの献身/東野圭吾 [Book] (miyukichin’mu*me*mo*)
 東野圭吾:著 『容疑者Xの献身』  容疑者Xの献身文藝春秋このアイテムの詳細を見る   『白夜行』『幻夜』の読後感が好きじゃなかったこともあって、  なんとなくしばらく遠ざかっていた東野さんですが、  2005年下半期の直木賞受賞作ってことで、  読んでみまし...
「容疑者Xの献身」東野圭吾 (たちばな屋・ミステリ分科会)
「容疑者Xの献身」なんて、今更恥ずかしいんですが、やっと読了しました。 これ、叙述トリックだと聞いた覚えがあったんですが、読んでて、違うのね・・・と思ってたんですが、そういうことだったんですね。 大仕掛けなメイン・トリックは、実に素晴らしいですが、読ん...