TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT





(経済学者植草一秀氏・国民新党長谷川憲正議員とトークライブ 09年3月5日)

昨夜は、ASAGAYA LOFT A にて国民新党副幹事長の長谷川憲正参議院議員と『かんぽの宿と郵政民営化の闇』と題して、トークライブを行った。会場にはスペシャルゲストとして、ブログで「かんぽの宿疑惑」について連日、鋭い分析を加えてきた経済学者の植草一秀氏が飛び入りで参加し討論に加わるというサプライズもあった。議論は白熱し、約90人の観客が熱心に聞いてくれた。今朝になって、その様子を記述してくれた「日録(不定期)」さんがいるので、その記事をここに引用させていただく。



かんぽの宿をめぐるトークライブを聞いて

 私自身も明確に意識していなかったきらいがあるが、確かにそのとおり、日本郵政及びそのグループ会社は未だ民営化されていない。これら会社は株式会社化されたにすぎず、現時点での株主は100%日本政府であるから、これは国営企業なのである。植草氏はこの点との関連で、竹中平蔵は2007年10月1日に日本郵政及びそのグループ会社が株式会社化したことを以て民営化とし、これ以降は日本郵政及びそのグループ会社は「民間会社なのだから」何をやってもいいと錯覚しているようである(だから鳩山大臣の介入を不当と批判しているのだ)、と指摘していた。確かに植草氏の指摘は100%正しく、そして竹中平蔵は100%間違っている。

 これに関連して、長谷川氏が面白いことを言っていた。今日長谷川氏は参議院の委員会で質問に立ち、その中でも「株主権」ということに言及されたとのことだったが、すなわち、氏がフィンランドの大使をしていた時のこと、フィンランドの通信会社(日本のNTTに相当する会社ではないかと思われる)の経営陣がストックオプションの導入を決めたところ、これに対してフィンランドのメディアがこぞって「国民全体のためにあるべき会社が経営陣だけを利するようなことをするのはおかしい」と批判を行なった。すると、この会社の株式の51%を持っていた政府が臨時株主総会の開会を要求し、そして、開かれた総会に担当大臣(日本の総務相に相当する大臣だ、と長谷川氏は言っていた)自身が出席して、政府が保有する株式の力で役員を総退陣させ、ヒラの取締役だけを残してそれに経営刷新を委ねた、とのこと。同様に、日本政府も日本郵政に対して「株主権」を行使すべきだ、というのが長谷川氏の主張したかったことである。これまた極めてもっとも。さらに付け加えると、長谷川氏によれば、郵便事業を行なう会社は今や世界でもかなりの割合で株式会社化されているが、しかしその株式は基本的に政府が保有する形態となっており、そうでないのはオランダやドイツぐらいだ、とのことである(もちろん、よく知られているように、アメリカでは郵便事業は国営である)。

 また、長谷川氏はニュージーランドの郵便事業会社の経営者と話した時のエピソードも紹介しており、「なぜお国では民営化を行なったのか」と長谷川氏が質問したのに対して、先方から「我々は民営化してはいない。あなたの認識は誤っている。民営化とは株式を民間に売却することだ」とたしなめられた、とのこと。確かに、privatizationは民営化ではなく民「有」化である。字面どおりに訳せば、「私物化」する、ということなのだから。

(引用終わり)→続きは

冒頭部分の映像は→


 今日は日本郵政と郵便局会社の人たちが議員会館に来室して、ようやくオリックスとの一括譲渡契約書を受領した。分厚いものなので、これからじっくりと分析してみたい。また、東京中央郵便局の建物の内部はすでに解体が終わっていて、外壁を残しているに過ぎないという事実も聞いた。この建物の建設費を聞いて驚いた。なんと1000億円である。郵便局会社は国から土地を無償で譲り受け、38階建て1000億円のビルを無借金の手元資金で建設するのだという。大阪、名古屋も同様の規模だから、ざっと3000億円もの建設資金が投入されていくとのことだが、郵貯資金を投入するまでもなく手元資金で賄えると聞いて驚いた。

いったい、この土地と資産は誰のものなのだろうか。民営化と私物化とは違う。「国民全体の共有財産」であれば、日本郵政グループの常識を一度疑ってみる必要がある。

追記


動画で紹介した阿佐ヶ谷ロフトAのトークライヴの反響が大きく2日間で約4000のアクセスがあった。これは冒頭部分だけだったが、全編をアツプしてくれたサイトがあるのでご案内しておく。

宇宙船地球丸


 

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 19 )



« 「かんぽの宿... 罪深いメディ... »
 
森法務大臣、もう一歩踏み込んだご英断を!/人道的な「もう一つの日本」へ、カルデロン一家に正規の滞在資格を!!(5) (多文化・多民族・多国籍社会で「人として」)
2009.3.7.01:00ころ (引用ここかから) 森法相、両親の再入国は「許可」 強制退去の比家族問題 (京都新聞、2009.3.6)  強制退去処分を受けた日本生まれのフィリピン人、カルデロン・のり子さん(13)ら家族3人=埼玉県蕨市=が在留特別許可を求めている問題で、森...
 
 
 
仕掛けた国も受けた国も (お玉おばさんでもわかる 政治のお話)
戦争を仕掛けた国、とその攻撃を受けた国どちらの国にもやさしい花が咲いて、太陽があって月があって雨が降って、風が吹く。小さな子供が住...
 
 
 
西松建設巨額献金事件 自民党にも波及 自民有力議員側に 6,000万円 (ひげログ人)
本日の地方紙一面に、「自民有力議員側に 6,000万円」と大見出し。 西松関係者
 
 
 
亀井静香「東京地検特捜部に告発しますよ」 (喜八ログ)
亀井静香衆議院議員(国民新党代表代行)が、竹中平蔵(元参議院議員・経済学者)に言い放った「東京地検特捜部に告発しますよ」発言(2009年03月01日、テレビ朝日『サンデープロジェクト』)動画を紹介します。
 
 
 
選挙妨害を克服しかんぽの宿疑惑を徹底究明すべし (植草一秀の『知られざる真実』)
警察権力を政治目的に活用することは冷戦時代の東欧諸国ではよく見られる現象だった。日本でも戦前は特高警
 
 
 
土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
09年3月7日  土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・こうなったら自民・民主とは言わずとことんやれ{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・破壊と夢{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・中国と米国{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属し...
 
 
 
結局、小沢サイドに瑕疵はない&マスコミは権力に加担するものと認識しよう。 (ふじふじのフィルター)
 衆院選挙がいよいよ近い中、民主党の人気も上々となり、政権交代実現が望めるように
 
 
 
「民営化」すなわち「私物化」 (小泉政治をふりかえって (2)) (by ふじふじさん) (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
「小泉政治をふりかえって (1)」の続きです。 ふじふじさんが「小泉内閣による庶民増税が不況の元凶。その上、庶民を貧しくする消費税1...
 
 
 
明日の麻生打倒デモ参戦します (天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳)
 突然ですが、明日の麻生内閣打倒デモに参戦することにしました。いや、裁判員制度粉砕をもくろむ私の目的は麻生打倒ではなく、「日本打倒」というべきかもしれません。というのも、下記に示す「竹崎長官罷免キャ...
 
 
 
今日の論点!ブログ意見集: 東京中央郵便局で総務相と対立 by Good↑or Bad↓ (今日の論点!by 毎日jp & Blog-Headline+)
「東京中央郵便局で総務相と対立」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
 
 
 
[暴政]民主党「小沢・公設秘書逮捕劇場」の奥深くで不気味に“あざ笑う”ファスケスの暴走 (toxandoriaの日記、アートと社会)
【画像1】リブラ像(中立・公正=司法・憲法・授権規範性の象徴) ・・・この画像はtp://serendip.brynmawr.edu/sci_cult/courses/beauty/justice.htmlより 日本国民の大きな支持を集めつつあった民主党党首・小沢一郎氏の<公設秘書逮捕劇>については、余りにも多くの...
 
 
 
題無し、ではなく台無しな事 (kimera25)
なんだこのやる気のない つまんない試合は! 徴兵免除がないと 本気になれないのか? それとも 決勝までの先読みからの 様子見か? いずれにせよ 9日もぶったたけ http://www3.nhk.or.jp/news/t10014614411000.html   さて 本題に行こうか! 検察の...
 
 
 
 <柏崎刈羽原発>原子炉建屋内で火災 1時間半後に鎮火 (政治)
本ブログは、柏崎刈羽原子力発電所の廃炉、 並びに全原子力発電事業からの撤退を支持します。 こちらの署名もよろしくお願いします。 - おやすみなさい、柏崎刈羽原発 - <柏崎刈羽原発>原子炉建屋内で火災 1時間半後に鎮火 3月5日配信 毎日新聞 柏崎刈羽原発:...
 
 
 
東京中央郵便局を文化財なんて言う人には呆れる (50万円から小豆御殿 ~商品先物取引ブログ~ 只今投機休業中)
ポピュリズム政治家鳩山邦夫は、もうやぶれかぶれになってきている。 また、建築学者や政治家が妙なロビー活動までやり出す始末。河村たかし、結構好きなんだけどな。。 あの建物、はっきり言ってかび臭いの一言である。シンプルなモダニズム建築だとか、聞いて呆れる...
 
 
 
森法務大臣へ宛てたアムネスティ・インターナショナル日本の公開書簡/人道的な「もう一つの日本」へ、カルデロン一家に正規の滞在資... (多文化・多民族・多国籍社会で「人として」)
2009.3.8.12:30ころ ★カルデロン一家についてアムネスティ・インターナショナルの声明 (日本政府による子どもの権利条約の「解釈宣言」の撤回を求めます)(村野瀬玲奈の秘書課広報室、2009.3.8) が採り上げてくれていますが、アムネスティ・インターナショナル日本が...
 
 
 
西松から6000万円の裏献金を受けていたのは、二階経済産業相だった (カナダde日本語)
昨日のエントリーを書いた後、ずっとゴミ売りや産経や時事が検察からのリークを流してくれるだろうと思って待っていたんだけど、自民党の有...
 
 
 
西松から6000万円の裏献金を受けていたのは、二階経済産業相だった (カナダde日本語)
昨日のエントリーを書いた後、ずっとゴミ売りや産経や時事が検察からのリークを流してくれるだろうと思って待っていたんだけど、自民党の有...
 
 
 
【これは面白い】保坂さん、長谷川さん、植草さんトークライブ (散策)
「らくちんランプ」で【保坂展人トークライブ「郵政民営化の闇を暴く」 in 阿佐ヶ谷ロフトA録画ビデオ】を見ています。植草さんの話、面白いです。長谷川さんの海外の郵政の話も、へーと思いました。 見たほうが良いと思います。
 
 
 
徹底追及「郵政民営化・かんぽの宿」トークライブ (植草一秀の『知られざる真実』)
3月5日、阿佐ヶ谷のロフトAで『かんぽの宿と郵政民営化の闇』と題するトーク・ライブが行われた。社会民