TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




今日から3連休、天気に恵まれて行楽に出かける人や、ゆっくり過ごしている人も、相変わらず仕事の人もいるだろう。私は、やや減速しながら地域の福祉作業所のお祭りに顔を出したり、普段は出来ない雑誌からのインタビューを受けたり、打ち合わせを重ねている。昨日に続いて、国会で明らかになった内閣府の「やらせ」文書について考えてみたい。いったい、どんな文書だったのだろうか。じっくり読んでみてほしい。問題となったFAX文書は2通ある。今年の9月2日(土)に八戸プラザホテルで開催された『教育改革タウンミーティング 八戸』には、小坂憲次文部科学大臣、梶田叡一兵庫大学学長・中央教育審議会委員、ジャーナリストの細川珠生さんが登壇しそれぞれ発言をした後で、会場から意見を求めてディスカッションする形で準備されていた。この会場で、政府が推進する教育基本法改正案に賛成し、期待する意見が飛び出すように「官製やらせ」が仕組まれていたというわけだ。

[文書1]

ファクシミリ送信票 三八教育事務所
送信先 ■■■■■中学校 ■■■■校長殿
発信者  三八教育事務所

発信内容 タウンミーティングの質問のお願い

連絡事項 

いつも大変お世話になっています。
多忙の所、誠に申し訳ありませんが、御協力をお願いします。
当日に、△亮遡笋鬚願いします。
質問者のお名前をお知らせくださいますよう、よろしくお願いいたします。

   タウンミーティング八戸質問項目案

 仝什澆龍軌藉靄榾,發垢个蕕靴い發里世隼廚い泙垢、情報化、核家族化、価値観の多様化など、これだけ社会情勢が目まぐるしく変化している中で、やはり、時代に対応すべく、教育の根本となる教育基本法は見直すべきだと思います。まずは、早く教育基本法を改正して、それから、しっかりと腰を据えて教育改革に取り組むべきだと思います。大臣のご説明では、教育基本法を改正した後、教育振興基本計画を策定するということでありました。子どもたちは日々、成長しています。子どもたちの未来のために、我々大人の責任として、子どもたちに最善の教育が与えられるよう、社会全体で取り組んでいかなければないけないと強く感じています。

◆ゞ軌藉靄榾,硫正案について、「人格の完成」を目指すのはもちろんですが、「公共の精神」や「社会の形成者」など社会の一員としてという視点が重視されていることに強く共感しています。個の尊重が「わがまま勝手」と誤って考えられているのではないかという気がしてなりません。教育基本法の改正を一つのきっかけとして、もう一度教育のあり方を見直し、みんなで支えあって生きていく社会、思いやりのある社会の実現を目指していくべきだと思います。

 教育の原点はやはり家庭教育だと思います。残念なことに、親が親になりきれていない状況も目に付きます。教育をめぐる現在の様々な問題は、その多くが家庭教育に原因があるのではないかと思います。先ほどの大臣のご説明にあったように、新しい教育基本法に「家庭教育」の規定が追加されることは本当に大事なことだと思います。まずは、親がその責任をしっかりと自覚すべきだと思います。また、学校、家庭、地域が連携・協力することも重要です。教育は学校だけではできません。学校ばかりに責任を押し付けたり、人任せにしたりせず、みんながしっかりと自分の役割を果たして、みんなで子どもを育てていくという認識を共有することが必要だと思います。

[文書2]

FAX送信票   
平成18年9月1日
受信者 ■■■■中学校■■■■殿
発信者 青森県教育庁教育政策課
    情報広報グループ
通信欄
いつもお世話になっております。

「タウンミーティング」に係る依頼発言について

別紙のとおりお願いがありますので、御協力くださるようお願いします。

■■■■中学校■■■■校長殿

いつも大変お世話になっております。
このたびは、タウンミーティング開催にあたって発言者を選んでいただき誠にありがとうございます。

さて、文部科学省(内閣府経由)での依頼発言者について、内閣府から以下のとおり発言の仕方について注意がありましたので、発言を引き受けてくださったPTA会長さんにお伝えいただきたいと思います。

○依頼発言についての注意事項について

・できるだけ趣旨を踏まえて、自分の言葉で。(せりふの棒読みは避けてください)

・(発言していただく内容は別紙のとおりで、△砲弔い討任后

・「お願いされて・・・」とか「依頼されて・・・」というのは言わないで下さい。(あくまで自分の意見を言っている、という感じで)

 また、当日の受付で本人を確認し、文科省依頼の発言者については文科省の担当者が後を追っていき、座席の位置を確認します。
 なお、■■■■さんは『文科省依頼』に該当していますので、よろしくお願いいたします。

           担当:青森県教育庁教育政策課
              情報広報グループ

(衆議院教育基本法特別委員会 共産党 石井郁子議員提出の資料)

国民の声は、なんと文部科学省・内閣府が作っていたという舞台裏が分かる。発言原稿を確定して発言者も決めたが、あわてて「やらせ」がバレないように「棒読み」をやめて「自分の言葉で話すように」と注意し、また「頼まれて」などと言い出すのではないかと危惧した様子が見て取れる。当日の内閣府HPに記録されている発言要旨を見ると、に近い発言が記載されている。

「教育の原点は家庭教育だと思うが、家庭の教育力は低下している。教育を安心と温もりある場にすることを国民全員が願い、知恵を出し合っていくべきだが、国の体制はどのようになっているのか。教育基本法案には、家庭教育の規定が追加されており、大変期待している。教育は、学校、家庭、地域がその役割を明確にし、いろいろな取り組みをしていかなければいけないが、詳しい政策があればお伺いしたい」(主婦)

△糧言が実際にどのようにされたのかまではわからないが、「隣組」体制が出来つつあると書いてきたのも、あながちオーバーではないということが分かるだろう。戦前の「軍事統制型社会」と違うのは、小泉劇場下のメディアを活用した「疑似参加型社会」だということだ。疑似要旨を読むと、おそらく圧縮されたのではないかと思える「教育基本法は変える必要はないと思います」という発言も記載されている。しかし、少数意見として記載されているのみで、次のような会場からの発言が全体の議論と絡み合っていく。

教育基本法案を読み、これを実行するのは自分たちだと思った。地域の教育については、自分たちで決めていかなければ責任は持てない。預ける親として、預かる社会の一員としての住民の意思が、地域の教育の組織に反映されるために、国はどう考えているのか。また、社会教育、生涯教育が軽んじられているようだが、大切な分野だと思う。(主婦・児童館館長・市社会教育委員)

教育基本法案の教育目標の中に「我が国と郷土を愛し」とあるが、愛するのは当然であり、さらに「我が国、そして故郷を誇る」ような心を育てる施策を講じてほしい。幼児期の教育は大切であるが、幼稚園の教育はどのように変わるのだろうか。また、幼稚園の先生や保育園の保育士の力量を向上させるため、どのような研修が検討されているのか。(主婦)

当然ながら、これまで全国で「教育改革」をテーマに行われてきたタウンミーティングに同様の「やらせ仕込み」があったのではないかと、私たち野党は内閣府に徹底調査を要求している。どのような背景があったのか、来週には幾分は分かってくるだろう。官僚が作文を書いて、学校長がPTAの役員に依頼して、内閣府から発言内容と態度について指導がある。これって、全体主義国家とどう違うのか。自由民主党と公明党の3年間70回の合作作品である「教育基本法案」を税金でほめたたえる自主性を装ったタウンミーティングの「やらせ」を許してはならない。


 

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 15 )



« やらせの「教育基... 核武装議論容認論... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
《資料》教育改革タウンミーティングで内閣府が用意した「やらせ」要請文 (低気温のエクスタシーbyはなゆー)
「国民の声は、なんと文部科学省・内閣府が作っていたという舞台裏が分かる。」 ☆内閣府「やらせFAX」の全文を読む(保坂展人のどこどこ日記) http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/892f6decbde7a57b756cb5d6dd7aa115 http://www.asyura2.com/0610/senkyo ...
 
 
 
市民がちゃんと考えなければならない問題なのに… (弁護士村上英樹のブログ)
 民主主義の国で,本当にこんなことがあるなんて信じられないです。  私は,政府や与党と考えが違うこともよくありますが,でも,政府も,基本的に民主主義を尊重して,話し合いで国を動かすことを大事にしていることに変わりはないと信じていました。  なのに ...
 
 
 
「やらせ調査」陸自イラク派遣、7割が「評価」 (競艇場から見た風景)
マスコミの世論調査っうのもいい加減で信用出来ないのに・・・ 内閣府世論調査なんて「やらせ」で全然、全く全くのデタラメで信用出来ねぇ!陸自イラク派遣、7割が「評価」内閣府世論調査 陸上自衛隊をイラクに派遣して行った復其支援活動を「評価する」とする人 ...
 
 
 
政府の誘導や圧力で、国民がアブナイ方向に持って行かれないように<2> NHK命令放送の問題点 (日本がアブナイ!)
【3日は「批判殺到だけど・・・中川発言が止まらない?!+ 安倍氏の左寄り投球&太田氏 のセンター前ヒット?!」もアップしたので、よろしければお読みください。m(__)m】   前回、記事を2回に分けて書くと記したのだが、NHKの命令放送の件だけで ...
 
 
 
「日教組、自治労を壊滅できるかどうかということが次の参院選の争点だろうね。」 by 森善朗 (ミクロネシアの小さな島・ヤップより)
最近、あまりにもいろいろな事があり過ぎて、何をネタに書いていいのやら困ってしまう。新しい投稿が無いのはネタ切れかと心配されてか、こっそりネタを提供してくださる親切な読者もおられるが、実はネタが無いのではなく、取り上げたいネタはありすぎるほどある ...
 
 
 
落選運動を展開しよう! 凶悪自民党議員を 粉砕しよう! (新党を欲する人 〜 立憲平和党本部)
民主主義を破壊する 凶悪国会議員を 徹底的に落選させよう!   新党を欲する人     2006年11月4日(土)07時13分 削除  週明け 10日そして14日に 教育基本法と 共謀罪を 凶悪自民党が 強行採決してくるとの情報が流れている。 これらの法律は 凶悪 ...
 
 
 
ドクター・サーブ@福島医科大 (MERIDIANIの文体演習)
丸山 直樹 ドクター・サーブ―中村哲の15年 『外国の援助団体はジャーナリストとともにやってきて、ジャーナリストとともに去っていく』 中村哲氏講演会より 07:00 RAI RADIO DUEの「VIVA RADIO2」で起床。キムジョンイルから国際電話がかかって ...
 
 
 
さわやかな秋晴れが続く・・・日本は暗黒社会へ・・・?【やらせ問題】 (★「お役所の星」は、休職中。。。(でも、なぜか多忙な毎日。。。)
久々の休み。 昨日の好天は逃したけど、「今日は逃さないぞ!」 と、洗濯・掃除。 ・・・自由の代償でもあるけど、はやりキレイになるのは気持ちがいい。。。 <b> http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/892f6decbde7a57b756cb5d6dd7aa115 ↑ 【や ...
 
 
 
中国新聞社説:「やらせ」質問 甘く見られている国民 【+安倍は辞任せよ】 (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士)
【民主主義の行方に係わる重要情報。転載熱望。抗議先を説明するブログの紹介付き】  中国新聞(といっても、中国の新聞ではないから、早とちりしないように)が11月4日付社説で、【「やらせ」質問 甘く見られている国民】とのタイトルのもと、【政府が率先し ...
 
 
 
タウンミーティングでの「やらせ」が発覚 (S氏の時事問題)
教育基本法の賛成質問依頼か タウンミーティングで  9月に開かれた政府主催のタウンミーティングで、青森県教育委員会が内閣府の指示を受け、教育基本法改正案に賛成の立場の質問を地元の学校関係者に依頼した可能性があると、31日の衆院教育基本法特別委 ...
 
 
 
やらせ改革はいらない (海の研究者)
「高校生だけの問題ではない」と「これは耐震偽装問題と同じだ」についてはたくさんの トラックバック・コメント・Niceを頂きました。ありがとうございます。 高校の未履修・履修不足問題の発覚が一通り終わった感もあり、ニュースの方は徐々に下火に なってきま ...
 
 
 
やらせ (穴に向かって叫ぶ)
もうたくさんの方がお書きになっているので今更と思ったが、やっぱり書いておく事にする。例のタウンミーティングでのやらせのことである。 あきれた、とか情けない、とかありきたりの形容詞をいくら並べても足りない。 どなたかも書いていらしたが、「薄気味 ...
 
 
 
市民権なき国民の国/拉致問題でますます歪む日本の民主主義と、報道規制その決定的証拠 (多文化・多民族・多国籍社会で「人として」)
2006.11.06.11:00ころ 「多民族共生教育フォーラム2006愛知」開
 
 
 
官僚作文の重要キーワード (Voice of Stone)
タウンミーティング八戸で、質問者に内容を指示したことが明らかになったが、その内容がひどい。誰も反対しないようなきれい事を並べて、何かを言ったつもりになっている。.. 「見直す」「取り組む」「目指す」という言葉を使うときは具体的に言わなければ何の意味 ...
 
 
 
教育基本法の合意形成プロセスに疑義 (研究する日々)
社民党の保坂議員のblogで政府主催のタウンミーティング(TM)でやらせがあったことについて連続追求しています。昨晩,帰宅途中のクルマの中でFMラジオJ-Waveを聴いていたら電話出演されていました。 教育基本法の改正問題については無関心あるいは反対意見が多い ...