TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




 今朝、起きてみたら『どこどこ日記』へのアクセスが急増し、9942IP/31804PVでgooのアクセスサンキングで9位となっていた。このところ、連日5000IP前後なので、約2倍の人たちのアクセスに感謝したい。また、あちこちでリンクしてくれた模様で、昨日の衆議院法務委員会の「児童ポルノ」の定義をめぐる与野党の論争が他のサイト、ブログでも盛り上がっている。一方で、新聞・テレビを見ると、まるっきり低調で、「表現の自由」と「内心の自由」をめぐる重要な論争があったことで、掘り下げた報道をしているメディアは皆無に近い。だから、今日も記事を書き、情報発信していきたい。

 麻生総理の様子がおかしい……と複数のメディアから聞いた。安倍総理の末期に似ているという人もいる。そう言えば「東京都議会議員選挙の自民党候補」を短時間だが、すべて訪問していることも、不可思議だ。今の東京都議会議員選挙は、総選挙の前哨戦であり、一種の予備選挙的な色彩を深めている。麻生内閣・自公連立政権に対しての「審判」として行なわれるという位置づけであり、旗色が悪いのは読者の皆さんなら御存知の通りだ。そんな状況下で、全候補の事務所を訪問したら、都議選の敗北=退陣となるのは火を見るよりも明らかだ。そこそこに距離を置いていれば「都議選と言えども一地方選挙だ」と責任回避するいいわけも出来るが、もうそういう訳にはいくまい。

 実は、麻生総理だけが「東京都議会議員選挙に勝利する」ことを確信し、そして「引き続き総選挙にも勝利する」と信じて疑わないのだという。だからこそ、7月のサミットはもちろんのこと、来年のサミットも自分が総理で出席すると考えているようなのだ。そう考えると、自民党内が大きくあわてている7月2日解散、8月2日投票の麻生総理の意向も、すべて納得出来るではないか。ダブルで戦い、勝利する。その判断は自分が行なうと信じているが、実は自己暗示という気もする。私は、自民党議員の9割が反対する中で「麻生独走解散」でかまわないと歓迎する。

 考えてみれば「国民的な人気が高い」と麻生太郎氏が自民党総裁候補に急浮上してきた契機は、「マンガ文化に親しんでいてアキバ系の若者に人気がある」という都市伝説の力だった。その麻生内閣は、アキバ系どころか、言論・表現の自由が保証されている民主主義社会を「検閲・警察国家」に塗り替える危険性を持つ「単純所持を犯罪化」する児童ポルノ禁止法改正案(与党案)を提出して、「児童ポルノと疑わしきは1年以内に処分せよ」との主張を繰り広げた。麻生太郎氏は「アニメの殿堂」という天下り官僚が喜ぶ箱ものをひとつ創ればいいとでも考えたのか、何も考えなかったのかどちらかだろう。

 昨日の審議の前に意見を聞いたある友人は、「今回の児童ポルノの単純所持規制は、明らかにもう大きな流れになっている。選挙前にこの流れに逆らうことはリスキーじゃないか。筋を通すのもいいけど、あまり少数の立場に傾かないでほしい」との忠告だった。「規制慎重派」という烙印を押されると、「この人は下劣な児童ポルノ規制を邪魔しています」という攻撃対象となることを心配してのことだった。しかし、自問自答した。子どもの人権・子どもの権利条約と言えば、16年にわたる内申書裁判から、10年がかりのチャイルドラインの普及まで私の立場は一貫している。悪質な「児童ポルノ」の被写体となって、人権蹂躙された子どもの権利回復を徹底的に支援するスタンスに立つことは、相当程度に知られているはず。

 ならば、物言えば唇寒し的な「規制ムード」に押し流されるべきではない。10年前、20年前の写真集や古雑誌などが「禁書指定」されて、『Santa Fe』レベルの写真集ですら、「持っていることは犯罪に問われる」というのは明らかに過剰な規制暴走である。本来なら、新聞・テレビは大きく取り上げ議論する必要がある。『Santa Fe』は、発売当時に新聞に全面広告を打ったことでも話題になった。これが児童ポルノであれば、全面広告を掲載している「新聞の縮刷版」も同様だとして焼却処分しなければならない。そんなバカなとタカをくくっているのがメディアの鈍感さだ。

 昨日の参考人質疑で、児童ポルノの規制の論議にアメリカのFBI駐日代表も参加していたことが明らかになり、「児童ポルノの摘発のためには共謀罪が必要だという声もあると聞いているが」と前田雅英参考人に問うてみた。FBIの駐日代表の参加は認めたし、「アメリカに共謀罪があることもその通り」と答えるに止まったが、「児童ポルノ単純所持規制と共謀罪」の一見唐突な関係こそがすべてを解きあかす鍵になるかもしれない。銃の単純所持を野放しにしているアメリカは、兵器産業・戦争ビジネスの欲望が規制されない社会だ。イラクやアフガニスタン、パレスチナで地雷やクラスター爆弾が、どれだけ子どもたちを脅かしているかについて、ブッシュ政権はけっして敏感ではなかった。にもかかわらずシーファー駐日大使が、議員会館にまで来て、「児童ポルノ単純所持規制」の国会ロビー活動に乗り出すのはなぜかと疑問が解けないでいた。

 昨日判明したのは、「つくられた流れ」は変更可能だということだ。「言論・表現の自由」の原則を守れというのは、けっして少数派ではない。皆さんからの応援のメールも力づけてくれたし、ブログを書いている人はぜひトラックバックをしてほしい。その声はやがて力になり、乱暴な規制暴走を止めることが出来るはず。そう改めて思うのだ。

応援していただける方は、こちらへ


この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 21 )



« 『Santa Fe』... 児童ポルノ法... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
メディア研究者として、非常に不安を感じる (箇条書き日記)
 周囲の人間(オタクを含め)は楽観視or最初から興味がないという人が多いのだが、自分としては、非常に不安を覚えている。  正直な話、...
 
 
 
大事なこと、忘れていたけれど 主権在民なんだ! (whatever will be, will be)
小学校の社会の時間に習ったこと。三権分立、主権在民。なんて素晴らしいシステム、憲法ってよく考えられているんだなあと思ったのもつかの...
 
 
 
脳死という名の弱者切捨て (世界平和を実現しよう)
<font size="3" color="black"> 死人に診療行為は行われないですよね。<font size="3" color="red"> すなわち、脳死を死と判断することになれば、 脳死と判断された人には、保険は適用されず、 診療行為は行われ...
 
 
 
法務委員会での第一回審議、終了 あらためて与党案の危険性が明らかに (クリエーター支援&思想・表現・オタク趣味の自由を守護するページ)
児童買春・児童ポルノ禁止法の改正案、法務委員会での第一回審議が終了しました。即日採決、妥結などはなく、むしろ、単純所持や「三号ポルノ」などの争点で、与野党間の対立がはっきりと示されたような印象を受けました。 詳細は、「衆議院TV」の「ビデオライブラリ...
 
 
 
[児ポ法][再録](1/7)さて、今回の法改正について一年少し前に組対法とセットであると喝破していた身としては複雑な心境… (月よお前が悪いから)
スラッシュドット日本に、この問題についてトピック*1が上がった一年前の三月に、こういう書き込みを行っていました。 要は、児ポ法が制定されてからかなり早い時期から組対法とセットで運用される事が法務省内部では検討されていて、前回の児ポ法「見直し」の時点で既に...
 
 
 
続 児童ポルノ(二次元)規制に関して (ひとり井戸端会議)
児童ポルノ 与野党で法案の一本化を急げ(読売新聞社説一部抜粋)  児童ポルノに類したマンガやアニメなどについても、欧米では規制する国が増えている。  最近は、少女らをレイプして妊娠・中絶させる過程を疑似体験する日本製パソコンゲームソフトが国際的に出回り...
 
 
 
保坂議員の日記を読んで各自考えていただきたい。 (チラシの裏(3周目))
マンガ太郎の「表現規制」暴走は、なぜ? これをどう捉えるかはアナタ次第。 皆様にも良く読んで考えて欲しいです。 少なくと反対の声を止めるべきではない。 いくら筋が通った問題点でも現実の政治の場なので何が起こってもおかしくない。 事実保坂議員もリスクを...
 
 
 
最高裁入門 ~裁判員法の欺瞞シリーズ8 (よっしー道場)
 冒頭、ちょっと回りくどいハナシから‥‥。世界人権宣言を実効ならしめるために国際人権規約という国連総会で採択された条約があり、社会権規約(A規約)、自由権規約(B規約)、B規約に関する第一選択議定書および第二選択議定書で構成されております。選択議定書と...
 
 
 
民主党は検察の国策捜査・起訴に対する対策案をマニフェストに (個人発明家blog)
今、政治的な思惑で動いているとの検察批判は国民の間で強い。民主党は、マニフェストに「検察改革」を入れるべきと思う。 例えば、次のような内容だ。1. 今の検察審査会の議決は検察の処分が不当とする場合としては「起訴相当(不起訴としたのは不当で起訴すべき)」...
 
 
 
[机上の妄想]“そのまま平助”へ秋波を送り過剰規制へ暴走する“漫画太郎=カルト”の演繹証明 (toxandoriaの日記、アートと社会)
【画像】My beagle dog‘s attractive pose(2009.6.28、撮影)・・・右上の画像はhttp://bbs71.meiwasuisan.com/bbs/bin/read/dorama/1244962740/より [プロロ―グ/仮説=この世に“裸の事実”は存在しない] この世に“裸の事実”は存在しない、それを信ずるのはカル...
 
 
 
松本サリンから15年(2) (高野 善通のブログアネックス)
 まずは、お世話になっているヤメ蚊先生のブログ・橋本勝先生のマンガから。裁判員制度については「十手つきペンを持った御用ジャーナリスト・記者」だけが記事を書いている(十手つきペンに反する記事は上層部が握りつぶすのが大きな要因)実態です。  「御用ジャーナ...
 
 
 
そもそも児童ポルノとは何なのか? (不良将校日記)
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/88473224f42ffb457791462adf09403e/1a  今月の26日から国会で『児童ポルノ法改正』にむけての審査会が行われていますが、上の記事のブログにはテレビや新聞では報道されない内容や実態がきめ細かく書かれています。  衆議...
 
 
 
住みにくい世の中になりそうですね (おっさんのブログ)
おっさんです 2回目の書き込みになります 正直何を書けばいいのか分かりませんので、ネットで目についた記事にスポットを当ててみようかなと 児童ポルノ法改正 何が悪いの?って感じがしますが、実はかなり危険じゃないかなと思うのです
 
 
 
児童ポルノ禁止法改正案、もし成立したら....。 (オボコノサトリ)
今夜は現在審議中の児ポ法改正案についてお話したいと思います。 楽しい話を期待してここにいらした方には申し訳ありませんが、これは大事な話ですのでお付き合いください。 私がその内容について信頼している「硬派ブログ四天王」の一人で衆議院議員の保坂展人さんに...
 
 
 
元西松建設・国澤幹雄氏の追起訴決定 (雑感)
上脇博之氏 と 阪口徳雄氏のブログ を拝見をさせていただいた。 http://blogs.yahoo.co.jp/abc5def6/60050971.html 元西松建設社長国澤幹雄氏の 追起訴が決定 をしたとのこと。しかし二階氏の 会計責任者等は 再度嫌疑不十分 で、不起訴となり又、二階氏の 秘書は、嫌疑不...
 
 
 
リアル図書館戦争(41)マッチポンプ、そして利権のお話。 (年刊食堂)
すいません。笑おうと思っていたんですが、笑えません。 アグネスさん児ポ法強化を
 
 
 
 公的年金の積立金運用、赤字10兆円…過去最悪に (政治)
保険金としてお金を沢山プールしているのが大きな原因だと思います。 年金は保険制度を廃止し、全額国庫負担にすることを提唱します。 公的年金の積立金運用、赤字10兆円…過去最悪に 6月27日配信 読売新聞 私の現行年金制度への疑問  2008年10月07日   医療保険...
 
 
 
【ネット】「児童ポルノ単純所持」国会審議とネットの動向 (散策)
本件は、植草一秀の『知られざる真実』では、取り上げられないでしょう。本日(6月27日)最高裁判決で上告を棄却されました。嫌疑をかけられた件からも、児童ポルノ禁止法案に懸念を持たれても取り上げるのは難しいと思います。また、きっこの日記も、ご自身のつらい経験...
 
 
 
児童ポルノ禁止法は表現規制の為の法律ではない (サイバーアナーキズム)
6月26日に児童ポルノ禁止法の審議が行われ、その中でも 葉梨康弘のトンデモ規制論や 丸谷佳織の目薬演技疑惑が問題視され 野党側からの追及に対する答弁に至っては一般に認知されている宮沢りえのサンタ・フェやジャニーズの写真集すらも児童ポルノであるから与党案で改...
 
 
 
横須賀市長選挙…危うく蒲谷氏の偽装勝利に終わっていた (平和への結集第2ブログ)
今回の横須賀市長選、対蒲谷陣営で見れば、分裂選挙であったわけで、吉田票がわずかにごとうさんに流れていれば、蒲谷さんの偽装勝利(コンドルセ勝利)に終わっていた可能性が大です。 さとうしゅういちさんが詳細に分析しています。 横須賀市長選の詳細な分析 http://...
 
 
 
マジで笑えねえ (菅野航のHP)
先日「児童ポルノ禁止法改正問題」について、ちょっとふざけた記事を書いたんですが、気になっていろいろ調べてみたところ、どうやら笑い事...