TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




福島みずほさんと、ともに東京プライドパレードに参加(右は石川大我くん)

昨年に引き続き、東京レズビアン&ゲイパレードから、東京プライドパレードに名前を改めたパレードに参加してきた。去年は、「同性愛差別」と「政治」との関係について雷の中、会場にいた若者たちと話し合った。(06年8月12日『どこどこ日記』)今年は、社民党党首である福島みずほさんと、一緒に語り、一緒に歩こうという企画が持ち上がっていた。(『社民党・福島党首東京プライドパレードへ参加へ』)原宿で降りて、代々木公園の入口には社民党の車でデコレーションをこらした街宣車で、実行委員会の若者たちが呼びかけをしている。中心になったのは石川大我くんだ。

実行委員会の若者たちはずいぶんと張り切っていて、代々木公園にビニールシートとおいしい弁当に、クーラボックスで冷やしたお茶まで用意していて、一世代前の「政治おじさん」たちの気のきかない集会より、ずっと細やかかつ丁寧な準備がされていた。福島さんと私を囲んで、40人の若者が意見交換した。気温はぐんぐん上がっていて、35度を超していたのではないかと思うほどだったが、彼らが選んだ場所はちょうど木陰になる気持ちのいい場で、「緑陰政治四方山トーク」となった。私への質問は、法律を勉強している若者から「『判例百選』に載っている内申書裁判って保坂さんのことですか」だった。「ハイ、そうです。中学生の頃から政治活動していて、定時制高校を中退して『学校ルポ』を書き続けるジャーナリストになりました」と回答。

この後、友人に会って左手にまいていたリボン(パレード参加者の識別票)を見て、パレードに行ったことを話したら、「えっ、ゲイだったの?」と驚かれた。性的少数者(セクシャル・マイノリティ)の当事者でなくても、お互いが違いを承認して生きやすい社会をつくっていくために、理解ある政治家をめざしているんだよと説明した。

格差社会がいよいよ若い世代を蟻地獄のような競争・選別に追い込んでいく中で、ひとりひとりの生き方や暮らし方を相互に認め合い、より豊かな文化や人と人のつながり方をめざしていくために、「政党」の古いスタイルも思い切って変えた方がいいと思っている。一度、出来上がってしまった政治活動のスタイルは、なかなかそのパターンから抜け出せないが、今日のパレードで新鮮に感じたのは猛暑にめげてひいひい言っていいような過酷な天候の中で、誰からも強制されず、もちろん労働組合の動員もなく、みんなが生き生きと歩いていることだった。年に一回のお祭りだからか、遠く地方からバスをしたてて参加している人たちもいるという。

『どこどこ日記』を読んでいる人で知っている人は少数だと思うけど、20代前半の私は「お祭り男」と呼ばれていた。ライブハウスから、野外イベントまで主催したイベントは軽く30回を超えている。既存の政治運動の集会やデモに対して見切りをつけて、「楽しくなけれりゃ政治じゃない」と祭りをつくり続けた。今は参議院議員となっている喜納昌吉さんの東芝EMIからの再デビューを1990年にプロデュースするという役割もした。あれこれ、渋谷・原宿と昔よく歩いた町を歩きながら思い出すことも多かった。


この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
コメント ( 0 ) | Trackback ( 8 )



« 原爆症認定訴訟控... 臨時国会の焦点は... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
はだしのゲン、観たかい? (世界平和を実現しよう)
<font size="3" color="blue"> 俺は、昨日も今日も観たよ。 泣けたネェ。 その物語の中には、 国の言うことを信じて疑うことの無い人が出てきたね。 国の言うことに純情に従う人たち。 主人公の家族を非国民だと責める人たち。 歴史はも...
 
 
 
馬鹿って2回も書いちゃったよ・・・ (お玉おばさんでもわかる政治のお話)
 ちょっとお盆は旅行に行きますので、その分の記事も今から用意したり、来週末には皆さんにお伝えしたい事もあるし・・ネットの前でバタバタしているお玉です。    ←どちらもポチッとよろしくです    靖国について書くと、本気で御霊の鎮魂を願うまじめな方...
 
 
 
国民を騙すつもりだった〜佐藤正久は議員として不適切、直ちに辞任せよ! (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊))
【集団的自衛権に関する政府の有識者会合はPKO=国連平和維持活動を行う自衛隊に対して、憲法上できないとしてきた「駆けつけ警護」を認めるべきだ、という意見で一致しました】というTBSのニュース(末尾全文引用)の中で、元イラク先遣隊長の佐藤正久・参院議員が、...
 
 
 
防衛大臣は戦場を思え (とむ丸の夢)
ジョージ! ジュンイチロウ! と呼び合うのを見てフラッシュバックのように「ロン-ヤス」関係を思い出しました。 ジョージ-ジュンイチロウ関係をだいぶ忘れかけたと思ったら、今度は「ライス-コイケ」関係ですか! ヤレヤ
 
 
 
やってきましたGW (みどりのジュウータンが待っている)
やってきましたGW楽しいね
 
 
 
「マダム・スシ」小池百合子 (喜八ログ)
自称「マダム・スシ」こと小池百合子さんを日本国総理大臣にしてはいけない! 絶対に! というエントリです。
 
 
 
元自衛官・佐藤正久参議院議員は即刻辞職せよ!! (アッテンボローの雑記帳)
 先の参議院選挙で自民党比例代表で当選した、元陸上自衛隊イラク派遣部隊の隊長であ
 
 
 
本来の定義 (無期懲役刑に関する誤解の蔓延を防止するためのブログ)
本来の定義 日本においては誤った定義が多用されていますが、本来、終身刑と無期刑は全くの同義です。いずれも、刑の満期が無く、刑期が終生にわたるものをいい、その刑期途中での仮釈放のないもののみを終身刑というわけではありませんし、仮釈放の可能性のあるもののみ...