TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




藤本由香里さんと打ち合わせ90分。

 今日は、午前中から森原秀樹東京選挙区候補と握手しての写真撮影を行なった。屋上で、風にあおられてポーズをとっていたが生憎の雨。まだ、4月寒波は抜けきっていないらしくて肌寒いが、カメラマンの腕もよくて、いい写真になったかなと満足しつつ、藤本由香里さんとの打ち合わせの場に向かった。

 3月中旬、都議会を舞台に行なわれた記者会見や、会議室での緊急集会の発火点は藤本さんのツイッターだったと聞く。「児童買春・児童ポルノ禁止法案」をめぐる議論が本質的に重要であっても、なかなか新聞・テレビが取り上げなかったということを経験しているので、「マンガ・アニメに登場する『非実在青少年』の性表現規制」というテーマが大きく知られるようになったことに驚いたという話をした。

「先月から何度もこの問題での『対決討論』がテレビやラジオなどで企画されたけれど、いずれも「規制派」の論客の都合がつかないとのことで企画自体がお流れになったものが多いと藤本さんは言う。なるほど、先日私が出演したTBSラジオもそうだったよね。15~6人にあたったが、いずれの「規制派」の人たちもからも断られたとのことだった。開かれた議論で疑問点を洗い出すというのがメディアと議会の機能であり、民主主義のルールだと思う。

 国会で私がこだわった論点はふたつ。児童ポルノや性的搾取における「実在青少年」の被害は救済すべきだが、客観的な事実としてその被害者が存在しているかどうかの見極めも大事だ。ハダカンボの幼児の水浴びの写真、あるいは国会でも話題にしたベストセラーになった『Santa Fe』などを本箱に持っているからと言って、「単純所持罪」が適用出来るというフレームは、過剰規制ではないか。そのことによって、どんな被害事実を回復しようとしているのかが定かでない。

 議論をしていくと「所持の目的が問題ですね」という話になる。つまり「自己の性欲を満たす目的」などいかがわしい意図を持って所持していたかどうかが「犯罪」か「日常」かの分水嶺になるとのことだ。しかし、心の中で何を考えようとも、外側に表出する実際の世界で犯罪行為が行なわれない限り、処罰対象にならないという戦後の刑法の大原則はどこへ行ってしまうのだろう。しかも「内面のあり方」が処罰か非処罰の分かれ目になると言えば、捜査は自白に頼ることになる。「内心の自由」に大きく関わる問題だ。

 東京都青少年条例は、6月議会で再審議される。この条例が継続審議になったのも40数年ぶりということらしいが、議論がしっかり積み上げられてよい結論が出るだろうか。少なくとも3月段階の条例は「改正」されたものが提出されてくることは予想出来るが、問題はこの東京都条例が一種の「精神運動」を呼びかけていることだ。どこが問題か、その点を藤本さんと24日午後5時30分開始のシンポジウムで議論を深めることとする。

「どうする、表現規制。民主主義の使い方」

 日時:4月24日(土)17:30~20:00
 場所:東京中央日本語学院(代々木駅下車2分)
 資料代:500円

 ゲスト:藤本由香里(明治大学国際日本学部准教授)
    :保坂のぶと
主催 4・24実行委員会 協力 コンテンツ文化研究会
連絡先 保坂のぶと事務所

 そして、表現規制関係では札幌でもイベント開催が決まった。

保坂のぶと連続講演会(1)

「表現規制」と「表現・内心の自由」を考える

5月13日(木)18時30分~20時30分
札幌市民ホール2階(第2会議室)

 参加費500円(学生300円)
 問い合わせ ピースカフェ http://peacecafe.greenwebs.net

この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 8 )



« ついにツイッター... 自民分解・舛添新... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
「サンデー・フロントライン」で大塚耕平さんと野田 毅さんが消費税の話をしていた (はみ出し教師の考え)
 一昨日の「サンデー・フロントライン」に 大塚耕平さん (内閣府副大臣)と野田毅さん(自民党税調会長)が出演し、二人で消費税の話をしていた。  最初の部分はこんな調子だった。 大塚 「あのー、(民主党の財政危機に対する対応が遅れているという批判に対し)...
 
 
 
岩上安身氏の川内博史民主衆議員インタビューで普天間問題が見えてきた。 (ふじふじのフィルター)
 昨日は、「普天間基地移設問題」について、フリージャーナリストの岩上安身氏による
 
 
 
4月25日、日本全国が沖縄に呼応します! (Say Anything!)
4月25日に、沖縄で「米軍普天間飛行場の早期閉鎖・返還と県内移設に反対し、国外・県外移設を求める」県民大会が開かれます。同日、そのうねりに東京、そして全国から呼応するキャンドルアクションを行います!
 
 
 
「宮下公園野外上映会 Vol.3」(東京・渋谷、04-23) (喜八ログ)
2010年04月23日(金)19:00~、「ナイキパーク化問題」で揺れる東京都渋谷区立宮下公園で野外映画上映会が開催されます。エントリ後半には「東京都渋谷区立・宮下公園ナイキパーク化問題」とは何か?(by 喜八)があります。
 
 
 
水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
10年4月21日  水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・目で見る徳之島{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・介護保険{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)
 
 
 
[イベント][政治][表現規制]「どうする表現規制、民主主義の使い方を考えよう」に行ってきた (向こう岸)
4/24(土)に東京中央日本語学院にて、前衆議院議員の保坂展人さんと漫画評論家の藤本由香里さんの主催により開催された、「どうする表現規制、民主主義の使い方を考えよう」(http://icc-japan.blogspot.com/2010/04/blog-post.html)に行ってきた。 プログラムは以下の通...
 
 
 
リアル図書館戦争(113)大阪でBL漫画誌がみせしめに (年刊食堂)
今朝、猪瀬大先生の、http://twitter.com/inosenaoki/
 
 
 
リアル図書館戦争(114)パブリックコメントが黒塗りの嵐な件 (年刊食堂)
ふう。アニソン三昧聞いた方、おつ。ええ、楽しかったですよ。「約束の場所へ」ねじ込