TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




 鳩山由紀夫元総理が、「抑止力」という言葉は「方便」と言われればそうかもしれないと発言したことが大きな波紋を呼んだ。鳩山氏は、外務・防衛両省は新しい発想は受け入れない土壌があったのではとの質問に対して「本当に強くあった。私のようなアイデアは一笑に付されていた」と発言している。さらに、こうも語っている。

 

「(海兵隊は)沖縄にいることでパラダイスのような居心地の良さを感じている」「相手は沖縄というより米国だった。最初から私自身が乗り込んでいかなきゃいけなかった。これしかありえないという押し込んでいく努力が必要だった」

 

 「今頃になって、あまりに言葉が軽い」とこの「鳩山発言」は大変に不評だが、本質的な構図を告白している点に注目したい。私たちが、予感していた通りに鳩山元総理は「県外移設」を真剣に考えていたが、外務・防衛両省の安保官僚と背後にいるアメリカに締めつけられて屈伏したという構図だ。

 

 2010425日、私は沖縄にいた。沖縄県内の各市町村から大結集して「県内移設反対」を明確にした県民大集会が行なわれれた。全市町村長、全県会議員、国会議員が雛壇に並び、仲井真知事が挨拶するという「島ぐるみ」の意思表示だった。

 

ところが、この集会の前日に「普天間基地の移設先は辺野古に決定」というニュースが出回る。こうして、沖縄県民の意志と正反対の方向で、アメリカのコントロール下に置かれた政府は「自民党政権下の現行案に回帰」を決定していく。

 

  私から見れば、かなり穏便な鳩山民主党が掲げていた「緊密で対等な日米関係」という言い方でさえ、「とんでもない反米だ」という受け止め方がされていたのは驚きだ。「緊密」はいいが「対等」はけしからんということ。

 

基地問題で言えば、「辺野古に基地はつくれない。もう一度、再協議しよう」という政権をアメリカは認めないということなるである。これまでの自民党政権が「忠実なポチ」と信じきっていたからか、「鳩山・小沢ラインは反米」と決めつける傲岸不遜な態度に出た。

 

  沖縄基地問題の本質が見えた瞬間だった。アメリカの虎の尾を踏んだ鳩山内閣は崩壊し、小沢前幹事長も退陣する。その一部始終を見ていた菅直人政権は、「日米合意順守」「親米路線」で波風を立てないという「教訓」を汲み取ったように私には見えた。

 

  日米合意を急いだ鳩山政権から、社民党は連立政権を離脱。その数日後に鳩山総理は「政治とカネ」「普天間問題」の責任を取ると辞任表明をした。本来なら、「沖縄基地問題」の失敗を認めた退陣であるなら、後継内閣には仕切り直しが求められていたはずだ。

 ところが、連日のように「普天間はどうした」と書いていたメディアも、ウソのように静かになる。まるで、急ぐ必要もなく棚上げも容認したことのようにだ。久しぶりに「鳩山発言」で沖縄基地問題を取り上げたメディアは、後継内閣がこの問題にどう向き合っているかを検証しないまま、日米関係に悪影響と騒ぎ立てている。

 鳩山氏が語った言葉も軽いが、この問題を語らない人々の心はもっと軽いのではと思う日々だ。

〔参考記事→鳩山前総理との一問一答「47ニュース」)



この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 14 )



« アラブの春−チェ... 「石原都知事不出... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
 鳩山氏、抑止力発言「方便」認める 普天間移設断念 (政治)
この正直さ、私は好きです。 既に首相でもありません。そんなに批判すべきことでもないと思います。 それどころか、正直に話してくれたことを感謝すべきだと思います。 今後も批判を恐れず沢山話して欲しいです。日本の政治の見えない所を見せて欲しいです。 鳩山氏、抑....
 
 
 
文句言ってるならできることからやろうぜ! (ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ)
Tweet プロ野球の契約更改。選手と球団が評価や年俸をめぐってバトルを行う。年俸を上げろと要求する選手に対して金のことばっかり言うな!と思う一方で同じ労働者として正当な評価がされるのは当然だから戦うことも必要だという複雑な気持...
 
 
 
言葉狩りか?人種差別か? (「小さな政府」を語ろう)
【書き下ろし】You can be racist about any colour, so long as it's white (テレグラフ紙から)イギリスのテレビ番組で“lazyなメキシカン”という発言が人種差別として問題になった。1994年に人気バ ...
 
 
 
備忘録として共同通信の鳩山由紀夫前首相のインタビューを全文載せてみる (名無しのデムパ論)
気がつけば丸一年ブログをサボっていました。 Twitterを見始めるとブログを全然更新しなくなるというのは本当ですね・・・(苦笑) そんな自分が久々に更新するのには理由がある。 鳩山由紀夫のいわゆる「...
 
 
 
鳩山政権をふり返る(2) 沖縄米軍の抑止力 (yamachanblog)
前回の記事では鳩山政権がなにを目指していたのか、その方向性について振り返りました。その中でぼくは、鳩山政権が「日米規制改革委員会」を廃止し「年次改革要望書」を拒否したという事実をもって、鳩山氏(と小沢氏)は戦後50年間自民党政権の上で続いてきた米国依存の...
 
 
 
金曜日 02/18・各社社説 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
11年2月18日 金曜日 02/18・各社社説 18日は朝日を除いて小沢氏に近い衆院議員16人が会派の離脱届けを出し其れに関する記事で社説を賑やかした。 庶民が政党とはと考えると、同じ考えで同じ目的に向かった人々が会派を組んで集まったのが政党人だと思っていた。 しか...
 
 
 
土曜日 02/19・各社社説 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
11年2月19日 土曜日 02/19・各社社説 今日は調査捕鯨中止関連社説が3社重複していた。それと政治に関わる社説が2社あった。 庶民がこの問題について考えるに反捕鯨団体「シー・シェパード」の行為は国際法上にも許せない行為だと思う。なぜ国際法上取り締まることが出...
 
 
 
TPPにおけるアメリカの本当の狙いはモノではなく、「金融」などのサービスと「投資」 (ふじふじのフィルター)
ツィッターで、TPPについて、貴重なビデオが紹介されていたので、こちらへ御披露さ
 
 
 
日曜日 02/20・各社社説 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
11年2月20日 日曜日 02/20・各社社説 今日は中東関連と角界関連の社説が二社重複していただけだった。 日本でぬるま湯に浸かったような生活をしている日本人にとって中東とは聞かれてもピンとこない。しかし長期の独裁政治が差別を生み貧富の差が大きくなったのが現実...
 
 
 
香港のテレビ局による鳩山由紀夫インタビュー (誰も通らない裏道)
香港のテレビ局による鳩山由紀夫のインタビュー動画を見ることができた。すでにいくつ
 
 
 
毎月1兆円の郵政資産が消え、政府と霞ヶ関の電子決済は全て米国に垂れ流されているという情報 (父さんの日記)
昨日2月20日(日)の午前10時から、東京(幡ヶ谷)でシンポジウムが開かれました。シンポジウムのテーマは「不条理な公権力と社会正義」というもので、元大阪高検公安部長の三井環氏、社民党の保坂展人氏、一水会代表の木村三浩氏が、それぞれ講演されました。私は残念...
 
 
 
  23日(水) 沖縄米軍基地問題 緊急院内集会のお知らせ (政治)
東京にて2月23日、緊急院内集会が開催されます。 以下転載です。 【転送・転載大歓迎!】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ JUCON(Japan-US Citizens for OKINAWA Network) 、WWF-Japan ────────────────────────...
 
 
 
月曜日 02/21・各社社説 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
11年2月21日 月曜日 02/21・各社社説 今日は各社の社説の見出しを挙げてみる 朝日・小沢氏流を超えて―「政局」政治から卒業を 読売・G20声明 不均衡是正に指標を役立てよ    関西広域連合 分権時代を先取りする成果を 毎日・着工ダム中止 治水行政に一石投じ...
 
 
 
火曜日 20/22・各社社説 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
11年2月22日 火曜日 20/22・各社社説 今日はリビア中東関連の社説が4社あった。 エジプトから端を発し中東各地で民衆運動が飛び火している。お隣の中国では中東デモの報道を規制し権力で何とか押さえ込んでいる。中国の民衆もぼちぼち目覚めてきているのだろう。 デジ....