TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




 台風が近づいてきているために、断続的に強い雨が降っている。大雨の影響で、東北の被災地がさらなる被害を受けないことを祈りながら、こうして書いている。就任して1カ月の間に、被災地・被災者支援の強化にもささやかな努力をした。来月には、被災地から世田谷区が提供した住宅にお住まいの皆さんに会い、お話しを聞く機会をつくると共に、臨時の区政相談の場を設ける。受け入れ住宅の戸数を第2次分として増加させる。また、区民の皆さんには貸家・貸アパートの無償か低廉な賃料での提供を呼びかける。区職員の中長期派遣に向けた準備を始め、被災地支援の物産展なども企画する。起きている大きく広範囲な被害に対して、やれることは限りがある。区の行政には限りがあっても、すでに被災地に何度も入っているボランティア団体やグループとも幅広く連携して、息長い動きにしていきたい。

 原発事故の影響等にともなう節電対策について、世田谷区でも15%の削減のために、すでに「電力不足に対する御協力をお願いします」とHPで示している。この数週間、この夏の時期に、スマートメーター等の実証実験が出来ないかと下調べをしていた。各家庭や事業所に、リアルタイムの電力使用量をパソコン等の端末で表示し、電力使用の調整をしてもらうというものだ。

 目に見えない電力消費量について、真夏の消費量が上昇する時に漠然とした「心がけ」で対応するのではなくて、何らかの数値上の根拠を持って判断をするような仕組みを導入し、広報が出来たらいいのではないかと考えたからだ。「政府や東京電力が要請するから協力しましょう」という受け身ではなく、この夏の節電対策に繰り組む中で、中長期的な電力需要の抑制にむけた試みを広げたいと思っている。

 東京電力のHPを見ると、「電力の使用状況グラフ」が表示されている。これは、「当社サービスエリア内」とあるので東京電力管内のものなのだろう。このグラフを見ていて、エリア内の「総使用状況」ではなくて、リアルタイムに世田谷区内の電力使用情報が公開されれば、その数値をHP等で公開し、区民と共有しながらコントロール出来るのではないかと考えた。心配される真夏の電力需要のピーク時に、「供給量の限界」に向かう電力使用状況を把握出来れば、区民への節電を呼びかけるメール配信やその他の方法で実態に応じた節電要請をすることも出来るようになる。

 現在は、東京電力のサービスエリア内の時間ごとの使用量が公開されているものの、細かいエリア別の情報はどこにもない。東京電力の「節電要請」に積極的に応じるためにも、よりきめ細かい情報を提供してもらうことで効果的に電力需要をコントロール出来るのではないか。一方、計画停電時には、細やかな区分けが発表された。東京電力の配電網が行政区と一致していないことは判るが、例えば隣接他区も含む世田谷区全体の電力消費量を開示する方法でもいい。

 早速、明日の午前中に東京電力の支社を訪ねて、「区内消費電力の情報開示」を求めることにした。「世田谷区」及び「世田谷区各地区」の電力消費量のリアルタイムの開示、またセクター別、契約別の消費電力のリアルタイムの開示を要望したい。さらに、過去分でも、年間を通してどのような消費電力の変動があったのか、世田谷区内の電力供給の配電網等システムについても、開示を求めたい。こうした開示情報をふまえて、スマートメーターなど省エネに向けた先端技術の取り入れを促す施策の導入について検討を始めたい。そのためには、各家庭、事業所の電気メーターを所有する東京電力の積極的な協力が不可欠だと思う。

 本当にいつ、どこで、どのくらい節電する必要があるのかを開示してもらわないと、世田谷区や区内の住民や事業者に協力をもとめることは出来ない。区内の正確な電力消費量が開示されれば、事業者・区民の協力によって消費量を賢くコントロールすることが出来るはずだ。電力消費量の全体像が見えないのに、とにかく「節電」というシグナルだけを出し続けることで、猛暑日の熱中症等の被害が出てくることも心配だ。本来なら容易に超えられるハードルも、情報が乏しければ混乱も起きやすい。ピーク時間帯に、区で涼しい環境を保てる場所を表示して、コミュニティ再生につなげることも出来る。もちろん、世田谷で可能なら他の自治体に拡げてもらったら、より効果的だろう。

 原発事故の情報も、公開とはほど遠い状況で2カ月が過ぎた。東京電力には、せめて節電のための情報公開に前向きな回答を期待している。



 



この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 11 )



« 初登庁から1カ月... 世田谷区の「電力... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
日曜日 05/29-・各社社説 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
11年5月29日 日曜日 05/29-・各社社説 今日の朝日の第二社説に 「共通番号制―練られた内容と懸念と」 が載っていた。 私は共通番号制は絶対に必要だと思っている。しかし情報の漏えいを懸念する資産家達は反対するだろう。 思うに、私の様なお金も情報の持たない人間...
 
 
 
月曜日 05/30・各社社説 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
11年5月30日 月曜日 05/30・各社社説 今日は抗ガン剤の点滴を受けるために朝9時から3時頃まで病院に行って参りますので私の拙いコメントは書けそうにありませんがあしからず。 考えると病人が6時間も病院に釘付けとは何ともはや不思議な光景、病気も体力が必要。 朝....
 
 
 
政治家や官僚によるコネをどう考えるか? 「コネの経済学?」  (ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ)
Tweet なぜだかシリーズ化してしまった。笑 当初はシリーズ化する予定はなかったのだが・・・。 (参考記事→コネは既得権益であってはならないものか? 、コネ入社ほど以外と仕事ができたりしないだろうか? 〜コネの経済学?〜 )
 
 
 
ジョブ・ローテーションは本当に存在しているのか? (「小さな政府」を語ろう)
日本企業では「ジョブ・ローテーション」が存在しているから、専門性を持った人材が育たないのだ。だから、日本企業の競争力は弱い。 という解説をする人がいる。 本当にそうなの ...
 
 
 
火曜日 05/31・各社社説 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
11年5月31日 火曜日 05/31・各社社説 君が代起立命令関連が三社 内閣不信任案関連がが二社 復興構想会議関連が二社 あった 今日の関西版朝日新聞の一面に「君が代起立命令『合憲』」と大見出しで出ていた。 その左に 明日の社説をにぎわすかも分からないが、消費税「....
 
 
 
福島原発事故一号から三号機メルトダウン。 (保坂展人区長選挙勝利)
ご苦労様です。早くも六月になり暖かくなりました、しかし原発事故は収まらず被災地はいまだ体育館住まい。東北だって暑い夏がくるのに熱中症で死ぬしかないのでしょうか?全くとんでもない政府、原子力安全委員会、原子力安保院、東京電力。責任者を早急に逮捕し責を任追...
 
 
 
水曜日 06/01・各社社説 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
11月6月1日 水曜日 06/01・各社社説 毎日社説に原発事故賠償関連の社説がない日はない。 考えると東京電力福島第一原子力発電所に建設を許可したのは自民党政権だったのでは、メディアはそれを追求していない。 政治は自然災害をばかにしているから今回のよう地震と津....
 
 
 
木曜日 06/02・各社社説 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
11年06月2日 木曜日 06/02・各社社説 今日の社説は全社、内閣不信任提出関連一色、君が代起立判決関連が二社あった。 内閣不信任提出では老妻が、テレビのニュースを聞きながら、 ぽっつと「今度の地震と津波は天災だけど、後の政治は政治家が己の事しか考えていないの...
 
 
 
金曜日 06/13・各社社説 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
11年6月3日 金曜日 06/13・各社社説 今日は内閣不信任騒動の社説一色 国民から見たらバカな話で,よく見ると代議士たちは次の選挙を見つめた内閣不信任騒動の様なきがする。 兎に角、民主党の造反組は党内分裂を避けただけ,特に張本人の小沢氏は棄権という行動に出る....
 
 
 
言論弾圧のための「コンピュータ監視法」に反対するネット署名 (世界平和を実現しよう)
henrryd6 ヘンリー・オーツ さんのついーとの転載です。 署名お願いします。 【拡散希望】ただ今、5/31に衆院を通過した言論弾圧のための「コンピュータ監視法」に反対するネット署名を呼びかけています。ずっと共謀罪の成立を阻止してきた「共謀罪新設反対国際共...
 
 
 
土曜日 06/04各社社説 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
11年6月4日 土曜日 06/04各社社説 今日は昨日と違い、首相の退陣時期について鳩山前首相が約束が違うと首相をペテン師と非難した社説一色だった 私たち庶民から見ると鳩山前首相の発言がどこまで本当か,菅首相が鳩山前首相との会談でどこまでその真意が伝わったかも....