TOP PAGE BLOG ENGLISH CONTACT




統一自治体選挙、後半戦の投票が終わり、まもなく開票が始まる。沖縄・福島の参議院補欠選挙をはじめとして激戦を制するのは、どちらか。今日は、地元の世田谷区議会議員選挙、区長選挙の行方を見守るために長い夜になりそうだ。それにしても、自治体の首長選挙でマニフェストが解禁されただけで、一昨年の「自民党大勝」の後は明日にもやりそうだった「選挙活動におけるインターネット解禁」は、いっこうに進まない。支持率の低下とともに起きた風向きの変化を感じて、与党が難色を示しているからだ。

「金のかからない選挙」を理想とするなら、候補者がインターネットで政策を提示し、有権者がここにアクセスして判断材料とすることを禁止しているのは、ナンセンスだ。折しも、この統一自治体選挙の最中に伊藤一長長崎市長が銃弾を受けて殺されるという衝撃的な事件があった。私は、この事件についてブログで触れたが、候補者として活動している大多数の人たちは「街頭演説」でしか見解を語れない。こんな事件をあの人はどう感じているのかとホームページやブログにアクセスしても「更新停止中」となってしまっている。

たとえば、ブログなどにコメントに悪意の書き込みが怒濤のように集中したり、また事実に反する記事をTBされたりすることがマイナス材料だから見送るべきとの意見があるようだ。これは「事前承認制」の手続きをとっていれば解消する話だし、他のサイトで悪質な「誹謗中傷」が流された時には、従前の悪質な「怪文書」と同様の扱いで公選法違反に問うこともできるはずだ。何より、現状では選挙期間中に出所不明の「デマ」「悪宣伝」がネットに出回った時に、攻撃された候補者はネット上で反論する手段さえ奪われているということにも着目しておきたい。

「改革を止めるな」というコピーが氾濫したのは、わずか1年半前である。ブログの書き手を集めて懇親会を持ったり、「07年参議院選挙ではネット解禁」は、まるで既定事実となったかのようだった。Yafoo『みんな政治』解説記念ライブトーク(2006年3月6日)を御覧いただければ、1年前でも与野党一致して「ネット解禁」に前向きだったことがわかる。こういう問題は、選挙制度にも似て「土俵」「試合ルール」をどうつくるかという問題だ。各党の受けている風や人気の上下に左右されていいわけはない。このままでは、7月22日投票の参議院選挙も「ネット封印」のまま行われる公算が強い。

この問題は、持続して調査し声をあげていこうと思う。世界各国の状況がどうなっているのか。来週にでも続報を提示していきたい。 さて、明日はフランス大統領選挙の結果にも注目だ。



この記事をはてなブックマークに追加
コメント ( 0 ) | Trackback ( 8 )



« 「いじめ」を... 統一自治体選... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
白色テロルを認めるか否か? (アッテンボローの雑記帳)
 「白色テロルを許さない!! 伊藤一長長崎市長の死を悼む」に対して幾つかの書き込
 
 
 
「選挙活動におけるインターネット解禁」は、いっこうに進まない。 (『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu 『New Platonic Synergy Theory』   )
◆オバマ氏もヒラリー氏も、ネットで政策をアピールし、選挙資金を集めている。前近代的、或いは近代的なスピーカーで数日怒鳴るのが選挙、という手法は古過ぎる。ブログの優位を認めるべきだ。鉢巻して手で拳を突き上げる仕草を見ると、胸が悪くなる。それで、一所懸命っ...
 
 
 
やはり…おかしい?!沖縄参院補選の期日前投票はアップ、全体の投票率はダウン?! (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士)
 昨日、「明日、また、沖縄(参院補選)で不審な事前投票が多数あったら…告発しませんか?」という記事を流しましたが、なんと、期日前投票率が{/up/}する一方で、全体の投票率が{/down/}するというまか不思議な選挙だったことが明らかになった。  時事通信によると【...
 
 
 
「私たちは現日本政府による日本の体制変更(レジームチェンジ)に反対します」 (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
「そいつは帽子だ!」でおなじみの沖縄の魂の詩人、ごんさんからの提案。まず次のリンク先をお読みください。 『七色の風よ吹け』 http://teagon.seesaa.net/article/39693270.html 安倍首相が「戦後レジームからの脱却」
 
 
 
選挙へ行こう (お玉おばさんでもわかる政治のお話)
コウトさんより「精神年齢鑑定」でいつまで引っ張るんだとおしかりの声を受け・・ROMの深海から復活してきたお玉です。(^^;)   選挙へ行こうよ・・ ねえ、みんなぁ、選挙へ行こう。 お玉、選挙権を得てから行かなかったことがほとんど無いので、行かない人...
 
 
 
インターネットを利用した選挙運動はいつ解禁される? (参院選.com - 2007年参議院選挙)
参院選.comにおいても現在オンライン投票を実施中のインターネットを利用した選挙運動の件について、保坂展人議員がブログに書いています。 「公選法改正・インターネット解禁」が封...
 
 
 
「ブログには力はあるか2」返事に代えて (再出発日記)
先に「ブログに力はあるか」という悩みを打ち明けたところ、12人にも及ぶあたたかいご意見をいただき、感激している。早く返事とお礼を書かねばならないところであったのだが、実のところ、まだ悩んでいる。そもそも、私が悩みだしたきっかけは、反安倍ブロガーに共通す...
 
 
 
ネット利用の選挙運動 ─愚民集団・池田党(=公明党)─ (漆黒ノ軍皇)
ネット利用の選挙運動、参院選は解禁見送りへ(2007年4月29日読売新聞) ネット選挙、解禁へ機運 政見放送流出…政党も議論本腰(2007年4月24日朝日新聞)  漸くと言うか今更と言うか、時代の流れより10年以上遅れて方向性が見えて来たような感がある。尤も、日蓮系カルト...