== 毎晩パコパコ せっかちでドジなひらりんの言うたもん勝ち ==


ひらりん気まま日記




「御所の細道」(笑)

2/24 クラブツーリズムの歴史の旅「イケメン志士の足跡さんぽ」というツアーに参加した。
地下鉄今出川駅に集合。
京都の旅「らくたび」ガイドの山村純也さんが案内してくれる日帰り歩きツアーである。
全5回シリーズで友だちは4回参加するけど、私は今回の2回目のみ。
ツアー料金が高めだが、知らなかった話がいろいろ聞けて、歴女でない私でもとっても面白かった。

今更ながらではあるが、京都御苑(環境省)の中に京都御所(宮内庁)があるんや。
何となく区別があいまいのままだった。(笑)

これは宜秋門だっけ?

通年公開になり、いつでも入れるようになった。
いくつかの門があるが、清所門から出入りする。
荷物検査を受けて、入門証をもらう。

 
正殿の紫宸殿、左近の桜と右近の橘(冬囲い中)



清涼殿(日常の住い)の呉竹と漢竹


御池庭(公的な庭)





御所の壁、北東(丑寅)の鬼門に当たる角「猿が辻」には猿の守り神が居る。
横向きの猿が烏帽子をかぶってひらひら(御幣)を持っている。
方位の丑寅の対極になる申酉戌(猿鶏犬)は丑寅(鬼)に強いということで、桃太郎も猿と雉と犬をお供に連れて行きます。
という目鱗な話も面白かった。

御所にも御苑にも松の木がたくさん植えられている。
なんか一見ボサボサっぽいが、こういう剪定なんだそうだ。

明治天皇の生まれ育ちは御所の外の公家屋敷

皇族公家屋敷が建ち並んでいた場所が御苑として公園になっている。

蛤御門の銃弾痕


萩の花で有名な梨木神社



御所雲月で懐石ランチ


ふあとろ湯葉、鯖寿司、筍和え物、海老の蒸し物、鯛めし、わらびもち等
炊き合せにパラパラと振りかけてあった青山椒の粒がピリリと効いて美味しいね、って友だちに言ったら、「入ってへんわ」と。
お店の人に言ったら小皿に入れて持ってきてくれた。入れ忘れられたみたいだ。

相国寺と承天閣美術館

足利義光が建てた相国寺は今でも広大な境内であるが、当時はこの40倍の敷地があり、最初は京都五山に入っていなかった。
無理やり五山に入れると1つはみ出てしまうので、南禅寺を別格扱いして二番目に設定。
相国寺は金閣寺も銀閣寺も門下塔頭なのでお金持ちなんだって。

薩摩藩跡は同志社大学に

3時に解散したあと、友だちと相国寺承天閣美術館伊藤若冲展へ。
風が冷たかったけど、美味しいものをいただき、ちょっと御所ツウにもなれ、若冲の絵も見られて、充実の京都歴史歩きだった。 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





京都御所

朝一番に年1回の検診、そのあと手話サークルのひな祭り会に、午後は書道のお稽古。
久しぶりに三手こなして余裕(笑)
いろんなゲームはついつい力が入ってしまうというか、夢中になってしまうというか。
黒豆をお箸で移すゲーム、塗り箸でない柳丸箸でもなかなか難しく、30秒で21個しかできなかった。
最多勝は26個!


4つのグループに分れてのお雛様貼り絵も、工作心を刺激されてがんばってしまった。
もうじきお雛祭り、風が冷たい。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





新聞の投稿に載っていた男性の話。
「お前が生まれた日に梅の木が満開だった」と毎年言っていた母が、自分の誕生日の7日後に89歳で亡くなったと。
ひょっとしたら?と思って私も数えてみた。
昨年4月、私の誕生日の7日後に父は90歳で亡くなった。
ありふれた名前の私、自分の名前には格別の思いもないが、誕生日に関しては1年でいちばん好きな良い時期だと感謝している。
桜が終わって、戸外の日向ぼっこが気持ちよいとき、あらゆる木の葉が伸びてくる頃、そうか、父も良いときに旅立つことができたのだ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





勝手に適当にアレンジしたら不味いから止めときと娘には言われてる。
が、昨夜、畑の蕪と菜っ葉の煮物がありきたりの食べ飽き味だったので、少し白味噌を足してみた。
すると、まったりまろやかな品の良いお味になって美味しくいただけた。
今回の勝手にアレンジは○


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





千畳敷の地面模様

そろそろ花粉が飛ぶので早目の耳鼻科受診。
待合室のカメラ月刊誌「フォトコン」の付箋を貼ってるページを開いたら、私と同じくらいの歳のこのドクターが、中上級の部で入選(昨年の9月号?)していた。
以前から受付の後ろにも写真が飾ってあり、年々上手になってはるなぁとは思っていたけど、入選作は猿の親子のネイチャー写真だった。
「もっと望遠レンズで目線を大きく撮れば特選になったかも」という評が載っていた。
で、その同じ入選作に↑とそっくりの写真があり、場所が白浜になっている。
評には「足元の模様を写すという目の付け所が良い」って書いてあった。
私もやぁ!とちょっとうれしい。
もっとも、入選作は高級カメラに三脚撮りではある。
受診の際、「先生、猿の写真すごいですね」って言ったら
「あれ、ええやろ」って。
「今年は去年の5倍の花粉が飛ぶよ。いっぱい飛んだら薬飲んでも効かへんし」と。
「じゃ、どうしたらええんですか?」って訊いたら
「マスクして家の中に閉じこもって外出しないこと」だって。
早春の花の季節にそれは無理やわなぁ。
高血圧が続く毎日、隣の内科も空いていたので、受診したら、「2週間、血圧の薬を飲んでみましょうか」になった。


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ