== 毎晩パコパコ せっかちでドジなひらりんの言うたもん勝ち ==


ひらりん気まま日記



鬼無里から清里へ(1)
2011.5.15~17

5/15 朝、5時に自宅を出発。
珍しくも自力起床で予定通りの早出だった。
日曜日だけど、連休のあとは高速道路もスイスイ、名神、中央自動車道と新緑が清々しい山中を疾走。


9時には松本の豊科SAに入り、雪の残る常念岳を見上げる。
険しい北アルプスも真夏だとただの山並みにしか見えないが、雪の残る峰はまさしくアルプス、何回見てもうれしい。



終点の豊科ICで降りて、国道148号線を走り始めたら、わ、わ、わ、黄色い菜の花畑が。
後ろには雪のアルプス。これぞ安曇野。止めて止めて~
スイス村という道の駅のようなところに車を止めて、カメラだ。
他にも三脚抱えた中高年カメラグループの人達が撮っていた。
駐車場の中のおそば屋さん、朝ドラの「おひさま」のロケ収録しました、と看板が出ていた。
震災後とはいえ、少しは「おひさま」効果があるかな。
安曇野はいいです。みなさん、いらっしゃ~い。

国道を北上して白馬へ。
松本平からは遠くに望む常念鹿島も、白馬まで来ると、ぐっと山が目の前に迫ってくる。
窓から白馬の山々が見える、こんなところに別荘があればいいなぁ。
白馬から右折して少し入ると大出公園。ここは川に吊橋がかかり、背景に白馬三山が迫るという絶好のビューポイントである。




私は全く知らなかったけれど、夫がマップルのドライブガイドで見つけておいてくれた。
吊橋が見渡せるところでスケッチをしている人たちや、グループで来ている人たちなど、みんなよう知ってるのね。
左から白馬槍ヶ岳、杓子ヶ岳、白馬岳の白馬三山。
白馬岳、いつか、頂上を目指してみたい。。。

白馬から鬼無里へ向かう道の大望峠からの眺めも良いが、安曇野からずーっと見慣れた景色だから。
鬼無里方面からやってくると西沢トンネルを抜けていきなりアルプスが眼前に現れて、感動ものなんだそうだ。



少し登ると今、まさに芽吹いたばかりの木々、まだ、寒々しい冬枯れの林と、季節の垂直分布がよくわかる。
鬼無里の里へ降りると、柔らかな春の日差しに日本の山里風景が広がる。
別に何があるというわけでもないが、今回の旅のメインは鬼無里の水芭蕉園だから、途中下車は手短に奥裾花自然園に向かった。


次へ


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )



« お祝いのお箸 鬼無里~清里 2 »
 
コメント
 
 
 
この景色こそが・・・ (sagano)
2011-06-01 22:38:15
何度行っても飽きない信州の魅力ですね♪
雪の残った山が連なって・・・
幾重にも連なっていると、色も濃淡があったりして、
夕景も素敵だし。
一人で二人分払ってツアーに参加したり、同窓会の旅行も二三回はありました。
友人と行ったのが一番多いかな?
だから「止めて!」が効かない。いつも刻々と変わりゆく
山と空に見とれていました。
里の風景は 何処も大好きです♪

自力で起床、5時出発よく出来ました!賢いやん♪
 
 
 
信州キャンペーンありがとう~~ (ささゆり)
2011-06-02 10:20:47
いい宿も(悪い?宿も)ビュースポットも貴女のほうがよほど知ってる!!
皆様!信州旅行の際はひらりんさんにお聞きくださいませ!

あちこちの山の中は春から秋は本当にのどかでいいところですが、冬は大変・・・・

ひらりんさん次回の起こしもお待ちしてます!!
 
 
 
文字間違えました・・・・とほほ (ささゆり)
2011-06-02 10:22:26
次回のお越しも!お持ちしてます♪

続きの記事も楽しみにしてます!
 
 
 
皆さんへコメントです (ひらりん)
2011-06-02 18:11:44
■saganoさんへ■
何べん見ても、何度訪れても飽きない場所ってありますね。

■ささゆりさんへ■
やっぱり、冬はたいへんそうですね。別荘にしとこ。(冗)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。