== 毎晩パコパコ せっかちでドジなひらりんの言うたもん勝ち ==


ひらりん気まま日記




「あおい」

1日、家の用事で日が暮れた。
花壇を植え替えて、衣類も入れ替えて、少しすっきり。
縄文杉登山から1週間、ようやく体重が平常時に戻って、少しすっきり。
(平常時が太目なのはしようがない)
やっぱり、1週間は体に疲れがたまってむくんでいるのね。

5/26 ひらかたパークのローズガーデン

ピークが過ぎていて、咲きがらが目立っていたが、遠目には満開。

びっしり咲いた「ピエール・ドゥ・ロンサール」

一期咲きなのと香りがほとんどないのが残念のピエール。


レッド・ドロシー・パーキンス

天使像のエリアに絡まる赤いツルバラは年々大きくなった。

ラドルチェ・ヴィータ


マダム・ピエール・オジェ


今回注目のバラは緑の「わかな」


ジュビレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコ(名前長過ぎ!)


うちにもある「ニュードーン」


コーラル・クラスター


ミニバラ「ホワイト・ディック・コスター」


中国原産の「グリーンローズ」地味も地味

ここのローズガーデンは原種などが豊富で、聞いたこともない舌をかみそうなバラが多い。

「あおい」

これ欲しい!
咲き始めと咲き終わりの色が変わって、一枝でアンティーク風な色合いになる。

線路をはさんだ場所の京阪園芸

京阪園芸で「あおい」3,620円。
ちょっと豪華なランチ1回分というけど、3千円越すと手が出ない。
ひと鉢2,500円までだ。



「ジャスミーナ」可愛い!

ということで3大お気に入りは
「あおい」「わかな」「ジャスミーナ」憶えやすい名前ばっかり(笑)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





高さ5㎝ほどのフラワーバスケット

今日もキッパリとよいお天気。
本日で終了の京都文化博物館の「京都書作家協会特別展」を見るために京都に行って、昼食する間もなく折り返して大阪行の特急に乗って午後は人工内耳友の会関西の総会へ。

日比野五凰さんの字は好きです。
あと、藤原定家、本阿弥光悦、松花堂昭乗など昔の偉い人の書も展示されていた。

総会のあとの交流会では役員さん準備の手作りに体験。
半分工作みたいなもんだから、老いも若きも男も女子も一心にバスケット作り。
皆から「地味だねぇ」「渋い」とか言われたけど、いかにも造花風のケバい原色の組み合わせこそセンスがない!と感じるのは自分だけだったりして。
人の好みはそれぞれです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





ひらパーローズガーデン

慣れないスカートはいて、いざ、出かけようとしたら、ストッキングが伝線してる。
慌てて引出しから引っ張り出して履き替えて…
待ち合わせの場所で、娘が開口一番
「いつもよりおばさんや!」
もとよりおばさんに更に「あ」が付く年だから、別にいいんだけど、疲れた。


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





遅ればせながらひらかたパークローズガーデンへ。
午前中は曇りだと思っていたのに、10時頃からパカーンと晴れ渡ってしもて、バラはギンギン、目はチカチカ。
満開は過ぎていて咲きガラが目立つ。
昼食のマクドバーガーを食べて2時間ちょい喋べりながら曇り待ち。
結局、6時間半の滞在。
パソコン、立ち上がるんか?と気になりつつ面倒くさいことは先送り。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





「バレリーナ」

咲き出すと品種などあれこれ気になって、バラのサイトの人気のオススメバラに見ていたら…。
青バラの中では、よく咲く・病気に強い・香りが良いということで、ダントツdr「ノヴァーリス」が選ばれていた。
売り場にはノヴァーリスもあったのに、ブルムーンを買ってしまったのだった。
ガクッ。
あまり消毒しない家庭花壇ではやっぱり病気に強いという性質が大事だと思う。
花が終わると一気に興味が失せるので、せいぜい今のうちに買い集めとく?


コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ